ゆうパパ さん プロフィール

  •  
ゆうパパさん: 日本酒好きの記憶がなくなる前の覚え書き
ハンドル名ゆうパパ さん
ブログタイトル日本酒好きの記憶がなくなる前の覚え書き
ブログURLhttp://sake-bibouroku.hatenablog.com/
サイト紹介文日々の晩酌の覚え書きブログです。主に日本酒の吟醸酒の紹介と感想・批評を。十四代、獺祭、鳳凰美田、他
自由文現在30代後半のおっさんになり、日々の晩酌と子供の成長だけが楽しみな日々を送っております。
段々記憶力がなくなっており、このお酒呑んだことあったような・・・
とお酒の味を忘れてしまうこともしばしばと
これはいかんとブログを開設してみました。
同じようなお酒好きの方の参考情報になれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 271日(平均0.4回/週) - 参加 2016/11/13 21:00

ゆうパパ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 謙信 純米吟醸 愛山 生酒
  • <スポンサードリンク> 久しぶりの更新となってしまいました。1月に子供が生まれて以来多忙な日々で更新が滞ってましたが少しずつ更新していきたいと思います。ちなみに4人目で初男の子です。将来は一緒に日本酒が呑めることを期待しています(笑)今回は新潟県の池田屋酒造さんの謙信です。謙信については今まで認識なかったのですが、小山商店さんで推しているようでしたので手に取りました。ラベルはシンプルでなかなかの [続きを読む]
  • くどき上手 しぼりたて 純米大吟醸
  • <スポンサードリンク> 今回は山形県の亀の井酒造さんのくどき上手です。くどき上手は自分の中では居酒屋さんでも比較的見かける知名度高めのお酒かと思います。くどき上手には特別思い入れはないのですが、一度は純米吟醸以上のお酒を飲んでみたい銘柄として自分の中にインプットされており、浮世絵を模したラベルの印象も強く残っており、なかなかブランディング力のあるお酒ではないかと感じます。また、出羽の里という [続きを読む]
  • 鍋島 純米吟醸 生酒
  • <スポンサードリンク> 今回は再び佐賀県の富久千代酒造さんの鍋島です。前回生酒はしばらく入荷がないとのことでしたが、意外と早く入荷しており偶然にも店頭にて見つけられるという僥倖があり今回はこちらのお酒を購入しました。今回は五百万石を酒米として使用しているオレンジラベルの純米吟醸であり、前回の山田錦を使用したパープルラベルとは少し異なる純米吟醸です。(生酒で並んでいたのはこちらのオレンジラベルだ [続きを読む]
  • 南部美人 純米吟醸
  • <スポンサードリンク> 今回は自分的には知名度が高い南部美人の純米吟醸です。かつて、あまり日本酒に目覚めていない時代に居酒屋にてよく注文していた記憶があります。その当時よく飲んでいたのはどちらかといえば甘口のお酒で香りも良かった記憶です。【顔】ちょっと懐かしい感じがします【ラベル】炭素ろ過はしていないようです 【色合い】色はやはりちょっと黄色がかっています今回も仕事帰りにふらりと [続きを読む]
  • 獺祭 純米大吟醸50
  • <スポンサードリンク> 今回はかなり知名度が高いと思われる旭酒造さんの獺祭です。一時期はスーパーなどで「獺祭あります」や「獺祭はお一人様ひとつまで」などの記載をよく目にしました。何か話題になるきっかけがあったのかなと思います。世情に疎くて申し訳ない(笑)【顔】とても立派な獺祭の文字【裏書】獺祭命名のネタ元が書いてあります! 【色合い】とりたてて特徴はない?今回は仕事帰りによったス [続きを読む]
  • 鼎 限定大吟醸
  • <スポンサードリンク> 今回は長野県の信州銘醸株式会社さんの鼎です。いつもの小山商店さんでお酒を選んでいると必ず目を引くお酒で、利き酒会でも常に上位にいるお酒でして、かなり小山商店さん推しの銘柄かと思います。鼎は必ず飲まなきゃいけない課題だと思っていましたので、まずはその第一歩です。やはり日本人らしく「限定」という文字に弱いので、買っておかねばと手に取りました。【顔】目を引くラベルに鮮や [続きを読む]
  • 鍋島 純米吟醸 山田錦
  • <スポンサードリンク> 今回は佐賀県の富久千代酒造さんの鍋島です。鍋島は会社の同僚がお気に入りのお酒ということもあり、ちょっと気になっていたお酒です。名前も聞いたことがあったため、知名度は高めなのでしょうか?日本酒の銘柄の知名度について、実はあまり知りません(笑)というか、どこでも置いているような定番品以外の地酒は、地域やお店によってだいぶ偏りがありますから、知名度なんて正直良くわかりませんよ [続きを読む]
  • 大信州 別囲い 純米吟醸 番外品 生
  • <スポンサードリンク> 今回は長野県の大信州酒造さんのそのままズバリの大信州です。大信州、実は初見のお酒でして、全く予備知識はありません。別囲い純米吟醸 番外品 と書いてありましたので、なんとなく少数生産の限定品みたいな感じがして、興味本位の購入です(笑)【顔】非常にシンプルですが大信州の青が綺麗【裏書】非常にそそる内容ですよね【タグ】でっかい注意書きのタグ付いています【封印】重々しい厳封 [続きを読む]
  • 十四代 醸造 本丸
  • <スポンサードリンク> 今回はついに手に入れることができた!十四代です。おそらく日本酒好きであれば一度は手に入れて、家でじっくりと味わいたいと思うお酒の一つであり、非常に入手困難な銘柄のお酒です。そのプレミアっぷりといえば、ヤフオクを見ると2万円!の高額取引されていることからもはかり知ることができます。【全体】上方に本丸の文字【ラベル左方面】創業元和元年!っていつ?【ラベル右方面】秘伝玉返し【裏 [続きを読む]
  • 鳳凰美田 純米吟醸酒 無濾過本生
  • <スポンサードリンク> 鳳凰美田といえば自分の中では有名なブランドなんですが、一般的な知名度ってどうなんですかね?最近だと獺祭が人気のようですが、世間一般では意外と日本酒の銘柄で知られているものは少ないような気がします。世界の誇れるほど、熟成された文化を持ったお酒ですので、日本酒ももっと日本人に飲んでもらいたいなと思っています。【顔】輝く美しさ【色合い】無濾過のため若干黄色がかった色今回も [続きを読む]
  • 澤乃井 本醸造 大辛口
  • <スポンサードリンク> 今回はちょっと変わって大衆的なお酒です。澤乃井の小澤酒造さんは東京都青梅市の酒蔵で東京都の多摩方面では、地域の地酒として親しまれているお酒です。私も近所のスーパーや居酒屋でもよく見かけます。【顔】堂々としたラベル【裏書】粋な説明で呑む前から楽しくなります正直な話、日本酒といえば吟醸酒こそが真髄だと思っていたのですが、燗となると事情が異なります。冷酒で飲む分には吟醸最 [続きを読む]
  • 久保田 翠寿
  • <スポンサードリンク> 今回は私の思い入れのあるお酒を紹介します。久保田は有名ですが、「翠寿」を見ることは稀ではないでしょうか?居酒屋ではそうそうお目にかかれない(あっても大体びっくりするぐらい高い)酒屋さんでも置いてあることは珍しいのではないかと思います。【顔】安心のずっと変わらないラベル【裏書】大吟醸です。純吟かと思ってた。【色合い】ちょっと黄色がかっているかな今回は良く行く聖蹟桜ヶ [続きを読む]
  • 真澄 山廃純米吟醸 ひやおろし
  • <スポンサードリンク> あくまで個人的な批評です。備忘録ですので・・・。【顔】シンプルだが上品な装い【裏書】わかり易くて良いのではないでしょうか【色合い】澄んだ色をしています某成城石井にて購入した「真澄」のひやおろしです。ひやおろしの季節ですから、たまには家呑みでしんみりと行きたいですね。評価お気に入り度 ★★★香  ・・・ 3甘味 ・・・ 3酸味 ・・・ 3価格 ・・・ 1,600(四合瓶 [続きを読む]
  • はじめまして
  • はじめまして、ゆうぱぱです。現在30代後半のおっさんになり、日々の晩酌と子供の成長だけが楽しみな日々を送っております。段々記憶力がなくなっており、このお酒呑んだことあったような・・・とお酒の味を忘れてしまうこともしばしばとこれはいかんとブログを開設してみました。同じようなお酒好きの方の参考情報になれば幸いです。よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …