sms2001 さん プロフィール

  •  
sms2001さん: 亡き人に会うために
ハンドル名sms2001 さん
ブログタイトル亡き人に会うために
ブログURLhttp://sms2001.hatenablog.com/
サイト紹介文最愛の人との再会|そのための方法を本気で考えている人間が綴る、死別経験者へのヒントや日々の雑感。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供149回 / 190日(平均5.5回/週) - 参加 2016/11/14 07:10

sms2001 さんのブログ記事

  • ごあいさつ
  • 多忙のためしばらくブログを休んでおりますが、おそらくこのまま終了することになりそうです。ということで、短い間でしたがありがとうございました。拙いブログにもかかわらず、大勢の方にお読み頂いたことを大変感謝しております。みなさんの悲しみが和らぎ、穏やかな気持ちとともに前を向ける日が訪れることを願っています。sms2001 [続きを読む]
  • 頂いたコメントへの回答と、亡き人に会うためにとは
  • はじめまして私も先日旅立ってしまった父に会いたくて会いたくて…話をしたくて…たまらないです どうしたらいいのですか?拝見して、同じ思い!と、いてもたってもいられず、コメントさせていただきました。上のコメントは以下の記事に対して頂いたものですが、こちらのコメントへの返答も兼ねて、亡き人に会うということへの私なりの見解を書いておきます。ただ、読む方によってはショックを受ける可能性もありますので、そ [続きを読む]
  • 不思議な一日
  • それにしても、死別後に迎える「大切な人の誕生日」というのはなんとも不思議なものですね。だって、生まれてきたことを祝ってあげようとするその日に、その想いを伝えるべき相手はもうこの世にいないわけですから。そんなことを考えていると、「生まれてきてくれてありがとう」といった素敵な言葉でさえも、亡くなった相手に伝える言葉としてはどこかしっくりこない気がしてきます。とはいっても、誕生日の訪れを皮肉に感じて [続きを読む]
  • 後ろを向くことで前を向く
  • 故人のことを忘れることはできませんし、忘れたいと思う人はおそらくいないでしょう。かといって、大切な故人のことを考えれば頑張れるかというと、そんな簡単なものではありません。なぜなら、故人のことを考えるたびに死別の事実を突きつけられ、悲しみに沈むわけですから。では、悲しみが癒えるまで前を向くことは諦めるしかないのか…というと、それはそれでまた違うような気がします。第一、それではあまりにも先が見えず、 [続きを読む]
  • 人のために生きる
  • 今回は、故人のホームページやお墓の件から離れて、普通の記事です。少し考えてみてください。みなさんは、誰のために生きていますか?自分のためですか?亡き人のためですか?それとも、他人のためですか?おそらく、人それぞれにいろいろな答えがあると思います。当然ながら、家族のためにという答えだってあることでしょう。しかし、中にはこういった答えを持っていない方々もいらっしゃいます。つまり、何のために、 [続きを読む]
  • 読みましたよ
  • 今回は個人的な記事になります。読みましたよ、ブログ。わざわざありがとうございます。私はもう何も気にしていませんので、そちらも気になさらないでください。ちなみに、どうでもいいという意味で言っているのではなく、本当に気にしていませんので念のため。なお、前向きの件ですが、「前向きなんて必要ない…」と言いながらもあなた様が前向きであることは知っていましたよ(笑)そして、その姿勢が周囲の方々にいい影響を [続きを読む]
  • 満たすべき条件(前回の続き)
  • 前回の記事の中で、お墓には疑問に感じる点や問題となる点がいろいろとあるといったことを書きました。今回はそれを受けての記事になるわけですが、簡単に言うなら、お墓以外の方法を考えようということです。もう少し正確に言うなら、問題の多いお墓に代わって、お墓以上に故人を大切にする方法、お墓以上に現代人に合った方法を考えようということです。では、まず新しい方法が満たすべき条件をいくつか挙げていきたいと思いま [続きを読む]
  • お墓に感じる疑問
  • 以前に、私には大切な人のお墓や遺骨がないという話をしました。sms2001.hatenablog.com今回はこの内容に関してもう少し書いてみたいと思います。なぜ私にはお墓や遺骨がないのか…それは、私の大切な人が日本人ではなかったことや、当時の私が分骨などの知識を持ち合わせていなかったことが原因です。そして以前の記事でも触れているとおり、死別してしばらくはお墓や遺骨がないことを気にしていました。ただ、今とな [続きを読む]
  • 心配事…
  • 「故人にもっと光が当たり、故人を社会全体の想い出として大切にしていくような世界」私は、こういった世界が訪れることを願っていますし、ここ最近そういった内容の記事をかいています。しかし、私が生きている間にこういった世界が実現することはないような気がしています。これは漠然と感じています。ただ、これから先も「大切な人を亡くしては悲しむ」ということが当たり前のように繰り返されてしまうのも、人としてあまりに [続きを読む]
  • 「故人のために」は自分のために
  • ここ最近、「故人のために何かできる」「故人のために何かしよう」といった記事を書いていますが、中には、自分のことで精一杯で、「故人のために…」といったことを考える余裕なんかないという方もいらっしゃると思います。そんな方のために、少しだけ書いてみたいと思います。自分のことで精一杯。一口に言っても、これにはいろいろなケースがあることでしょう。やることが多くて物理的に手一杯のケース、大切な人を亡くして精 [続きを読む]
  • ほんの少しの努力が、大切な人の生きた証を残す
  • 有名人でもなければ、その名が後世に語り継がれることはありません。著名人でもなければ、その人生が注目を浴びることもありません。しかし、誰にでも誇るべき人生があり、語るべきドラマがあるはずです。これは私が常々思っていることです。とはいっても、大切な人の名を後世に伝えたいと考えているわけではありませんし、何かに取り上げてもらいたいと考えているわけでもありません。そんな大それた話ではなく、それぞれがも [続きを読む]
  • 故人に関する情報の重要性
  • みなさんもご存知のとおり、死別経験者が抱える悲しみというのは、故人との関係性などによって左右されるものです。ですから、他人の悲しみを理解したり、逆に自分の悲しみを理解してもらったりする上では、故人との関係性などをはじめとする「故人に関する情報」が非常に重要だと言えます。逆にこういった情報が少なければ、悲しみを理解することも、理解してもらうこともなかなか難しくなることでしょう。ここで、故人に関する [続きを読む]
  • ありがとうございました
  • 昨日は多くの方からコメントを頂き、大変感謝しております。おそらく、あの子もきっと喜んでくれていることでしょう。それにしても、自分の大切な人に対して温かい言葉をかけてもらえるというのは嬉しいものですね。それは、上手く表現できないほどの感情であり、「こういった言葉を聞けただけでもあれから生きてて良かった」とか、「あの子と一緒にここまで頑張ってきてよかった」とか、そういったことまで感じることができるも [続きを読む]
  • こんな感じです
  • はじめにご報告です。いつもみなさんが してくださるページ下部のバナーですが、そこから発生するポイントがここ数日間反映されない状態となっていました。対応をしたため現在は問題ありませんが、ここ数日間の については反映されずじまいです。せっかくご厚意で してくださったのに、このようなことになってしまい申し訳ありませんでした。と同時に、これからもよろしくお願い致します。この [続きを読む]
  • 故人のホームページについて
  • 前回、故人のホームページを作ろうという記事を書いたわけですが、みなさんはいったいどんな風に感じていらっしゃるのでしょうか?故人のことをより多くの人に知ってもらいたいのか、それともそっとしておきたいのか…ここは、人によって意見の分かれるところだと思います。ただ、「故人の生きた証を残したい」という点については、おそらく多くの方が考えていることであり、望んでいることでもあるでしょう。そしてその方法のひ [続きを読む]
  • 大切な人の「生きた証」を残す
  • 「故人をいつまでも忘れたくない」「ともに過ごした日々を忘れたくない」大切な人を亡くした人間がこのように思うことは、ごくごく自然な感情です。おそらく、これはすべての死別経験者に共通する感情と言ってもいいのかもしれません。しかし、自身のこういった思いとは裏腹に、記憶というものは少しずつ薄れていくものです。当事者である自分自身の記憶でさえ薄れていくわけですから、周囲の人間に関しては言うまでもありません [続きを読む]
  • 死別経験者が気をつけるべきこと②(再掲載)
  • ここ数日間は、わけあって以前の記事を再掲載しております。 今回は、「死別経験者が気を付けるべきこと」について書きます。(念のためお伝えしておきますが、私も死別経験者です)ご存知のように、よほどの人物でもなければ後世にまで名が残ることはありません。これは当たり前のことです。では、あなたの大切な人はどうでしょうか?果たして、あなたの大切な人は後世に語り継がれるでしょうか?おそらく、なか [続きを読む]
  • 薄れていく記憶(再掲載)
  • ここ数日間は、わけあって以前の記事を再掲載しております。 ふと気付いたのですが、当時の細かな出来事や物事について、私の記憶はかなり薄れています。とはいっても、すべての記憶が薄れているわけではありません。交わした会話の内容や、一緒にしたことなど、大切な人に直接かかわっているようなことに関しては、今でもはっきりと覚えています。ただ、周辺情報とでも言えばいいのでしょうか、そういったものに関し [続きを読む]
  • 故人を大切にするということ(再掲載)
  • 「故人を大切にしたい」この感情はおそらく誰もが持っていることでしょう。しかし、その表現の方法となると、それはもう人によってそれぞれです。お葬式を例にとっても、豪勢なお葬式とすることで故人を大切にしようとする方もいらっしゃるでしょうし、故人に合ったオリジナルな形式を選ぶことで故人を大切にしようとする方もいらっしゃるでしょう。逆に、お葬式以外の部分で故人を大切にしようと考える方であれば、お葬式 [続きを読む]
  • 後悔を減らすためには(再掲載)
  • わけあって、数日間以前の記事を再掲載します。大切な人を亡くして、何か後悔していることはありますか?私にはたくさんあります。細かいことで言うなら、面会時間を目いっぱい使わなかったこととか、シーパラダイスに連れて行ってあげられなかったこととか…大きなことで言うなら、やっぱり助けてあげられなかったこと…まぁ考え始めるとキリがないのですが、やはり後悔することはたくさんあります。さて、この後悔 [続きを読む]
  • 故人の無念は残された人間が晴らせばいいだけ(再掲載)
  • 本日から数日間、わけあって以前の記事を再掲載しますので、その旨をお伝えしておきます。大切な人を亡くした時、やはり多くの人は「さぞ無念だっただろうに」と思うことでしょう。亡くなった相手が若ければ若いほどこのように考えてしまうでしょうし、故人と今後について何か約束をしていた場合や、故人が夢を語っていた場合などは特にそのように感じることでしょう。もし本人が生前に「まだ死にたくない」などと言っ [続きを読む]
  • 他人の門出を祝える喜び
  • 昨日のニュースで知りましたが、昨日は東大の入学式だったみたいですね。非常におめでたいことですので、私からもお祝いを申し上げておきます。将来、彼ら彼女らの中から官僚や研究者、起業家、実業家が出てくることを考えると、まさに未来の日本を背負って立つ人間たちの新たな一歩と言っていいのでしょう。夢を抱き、希望に溢れた表情でインタビューに答えている新入生の姿を見ると、なんとも清々しい気持ちになりましたし、心 [続きを読む]
  • 決まりごと
  • 法律やルール、マナーなどを想像して頂ければわかりますが、世の中には「こう考えなければいけない」「こう行動しなければならない」といった決まりごとがたくさん存在しています。おそらく、大勢の人間が滞りなく共同生活を送るためには必要なものなのでしょうし、たとえ個人を対象とした決まりごとであったとしても、人間が人間らしく生きるためには必要なものなのでしょう。さて、では死別に関してもこういった決まりごとが存 [続きを読む]
  • マスターズに思うこと
  • 私事ですが、昨日は朝までマスターズをテレビ観戦していました。ゴルフに興味のない方にとってみれば「何それ?」といった感じでしょうね(笑)気になるようでしたら検索してみてください。すごく簡単に言うと、男子ゴルフの最高峰の大会(年に4つの大会があり、メジャーと呼ばれます)のひとつです。ちなみに、今回のマスターズでは今までずっとメジャーで勝てなかった選手が優勝したわけですが、その選手が今まで苦しんできた [続きを読む]
  • 頂いたコメントへの回答
  • 今回、以下のようなコメントを頂いたため、その回答を記事とさせて頂きます。主さん、こんばんは。失念YOMEと申します。先日は、不躾な質問にお答え頂きまして、ありがとうございました。前を向く、立ち直る。どう言う状態が、前を向いているのか?立ち直っているのか?表面的にそう見えるようにしているだけの人も、多いと思います。でも、心の中は、鉛のように重く苦しくもがいているけれど、悟られないようにしている人もいる [続きを読む]