月灯り 探歩 さん プロフィール

  •  
月灯り 探歩さん: サッカー放題
ハンドル名月灯り 探歩 さん
ブログタイトルサッカー放題
ブログURLhttp://yurulu.net/soccer/
サイト紹介文好きなサッカーやスポーツについて言いたい放題の辛口批評です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 223日(平均3.1回/週) - 参加 2016/11/15 01:48

月灯り 探歩 さんのブログ記事

  • ガンバ大阪、川崎と分ける。両者譲らず。 G大阪1-1川崎。
  •  J1第15節、ガンバ大阪はホームで川崎フロンターレと対戦した。先発メンバー。 中盤の4人がやっと揃って、どんな先発メンバーになるか、楽しみだったのだが、予想通りだった。しかし、今野がまだ復調しておらず、2インナーシステムは機能してなかったな。井手口もこなせる能力は十分あると思うのだが、ボランチに戻ってからの方が生き生きとプレーしていた。 前半の立ち上がりは、ガンバのプレスが良くて、押していたんだが、し [続きを読む]
  • 海外移籍は、2年は活躍してからにしてくれよ。 
  •  G大阪は23日、堂安律のオランダ1部フローニンゲンへの期限付き移籍を発表した。7月1日から来年6月30日までの1年間。 ほんと、いい加減にして欲しいね。堂安は、まだガンバで活躍していない。育ててもらった恩を返していない。慈善事業じゃないんだから。最低2年は、活躍してからにして欲しいね。それか、大量の移籍金が発生するか。ガンバは、育成に投資している。チームに還元してくれるからだ。堂安の成功の裏には [続きを読む]
  • 浦和、ジュビロに粉砕される。 磐田4-2浦和。
  •  J1第15節、浦和は磐田に2−4で敗れた。ガンバファンだけど、浦和vs磐田、FC東京vs横浜FMのどっちを見ようかと迷って、ジュビロが先週ガンバに勝ったので、もしかしたらいい試合をするんじゃないかとこちらを見ることにした。 試合開始早々、いつの間にか眠ってしまって、目覚めたら、1-1だった。浦和が猛攻を仕掛けていた。 関根と宇賀神の両サイドからの単独突破が半端ない。これだけ、1対1で勝てたら、苦労しないよ。 [続きを読む]
  • ガンバ大阪、ラストパトリックで勝つ。 G大阪1-0神戸。
  •  J1第14節、ガンバ大阪はアウェーでヴィッセル神戸と対戦した。先発メンバー。 ニュースで知っていたが、契約延長をしないパトリックの先発起用には驚いた。しかもワントップ。 4-2-3-1の布陣。 久し振りじゃないかな。 神戸のプレスが厳しく、またこぼれ球をことごとく神戸に拾われたため、ガンバはなかなかリズムに乗れなかった。パトリックは、らしさが出ていたねえ。スピードとフィジカル。 1年ぶり近くなので、点は取れ [続きを読む]
  • WC予選、日本代表、イラクと分けてしまう、痛い。日本1-1イラク。
  •  ロシアW杯アジア最終予選B組、日本はイラクとアウェーのイランで対戦した。日本の先発メンバーは、こうなった。今野・山口蛍が使えないなら、こうなるな。ただ、なんでトップ下が本田でなくて、原口なんだ。これは、大きな采配ミスだと思う。右から、久保・本田・原口としておけば、何の問題もなかった。 前半の立ち上がりからまあ日本は攻めていたと思う。前半8分、右CKをニアサイドに飛び込んだ大迫がヘディングシュートで [続きを読む]
  • 日本代表、イラク戦の先発メンバーを予想してみた。
  •  W杯ロシア大会アジア最終予選B組の日本は13日、テヘランでイラクと対戦する。そのメンバーを予想してみた。まあ、あまり奇をてらった物はないと思うけど。CB昌子は失点に絡んだと言っても、その他のプレーは全然合格なので、失点は授業料みたいなもんで、当然起用。ワンボランチには、シリア戦の出来から言っても、体調から言っても、井手口。山口蛍は、怪我もあるし、シリア戦の不出来は怪我が原因みたいだけど、今回は井手 [続きを読む]
  • 4-1-2-3システムの危険性。
  •  サッカー日本代表は、WC予選のUAE戦に続いて、シリア戦でも4-1-2-3システムを採用した。シリア戦の記事では、このシステムについて書き足らなかったので、補足しておきたいと思う。シリア戦のメンバー。 このシステムの特性は、2ボランチの一人を前に置いたことから生まれる。ボランチを一人削って、攻撃選手を一人増やしたと考えると、とんでもない目に会う。より前の位置でプレスをかけて、ボールを奪い取り、ショートカウン [続きを読む]
  • WC予選、豪州がサウジに勝って、大混戦。残念。
  •  ロシアW杯アジア最終予選グループBの試合が8日に行われ、オーストラリア代表がホームにサウジアラビア代表を迎えた。試合は、オーストラリアが3-2でサウジに勝った。サウジが勝つか引き分けで、3位のオーストラリアの勝ち点が伸びないのが、理想だったのに。最悪の結果となった。これで、順位表は、日本、サウジ、オーストラリアが勝ち点16で並んだ。残り、日本は、イラク、オーストラリア、サウジ。サウジは、UAE、日本オースト [続きを読む]
  • 日本代表、シリアと分ける、何だかな。 日本1-1シリア。
  •  [キリンチャレンジカップ2017]で、日本はWC予選イラク戦前の親善試合をシリアと対戦した。先発メンバー。 先発がどんなメンバーになるか、興味深かったが、対UAE戦と同じメンバーだった。ガチだった。 前半10分、香川がいきなり肩の怪我で、倉田に交替。どういう影響を与えたかは、何とも言えない。前半は、シリアのプレスや攻撃が良かったせいもあるのか、まったりとした戦いになった。まあ、早く言えば、調子が出ず、0-0で [続きを読む]
  • ガンバ大阪、完敗。 G大阪0-3磐田。
  •  J1第13節、ガンバ大阪はアウェーでジュビロ磐田と対戦した。最近は、ずっとこのメンバー。 赤崎を使うかね。 磐田は、中村俊輔が怪我から復帰。磐田は、三浦の裏へロングボールを放りこみ、川又とアダイウトンがフィジカル勝負を挑んできた。それに、苦戦する。前半28分、ゴール前でFKを与える。 ガンバは、何度も中村のFKにやられている。恐れていたんだが、スピードのあるFKは、バーに当たって、助かる。しかし、前半31分、 [続きを読む]
  • G大阪のパトリック、退団。
  •  G大阪は1日、ブラジル人FWのパトリック(29)と6月30日で契約満了となり、今季中の契約更新をしないことを発表した。昨年10月に右前十字じん帯損傷、右外側半月板損傷で全治8か月の重傷を負い、リハビリを経て、5月28日のJ3・C大阪戦で試合復帰を果たしていたというのに。 2014年の国内三冠への大貢献を考慮して、大怪我をしても、温情という形で契約延長をしていた。昔、中東への移籍話もあったみたいだけど [続きを読む]
  • 余裕がなくなった鹿島アントラーズ、石井監督解任。
  •  鹿島は31日、石井正忠監督(50)の解任を決定した。全タイトル奪取を掲げた今季だったが、ACLは30日に広州恒大(中国)に敗れて決勝トーナメント1回戦で敗退。連覇を目指すJ1は7勝5敗で7位と失速中で、交代に踏み切った。後任には大岩剛コーチ(44)が就任する。Embed from Getty Images 昨年、クラブの日本人監督として初のJ1年間優勝、さらにクラブW杯準優勝、天皇杯優勝へと導いた。2015年7月、トニーニ [続きを読む]
  • U20W杯、日本、延長戦の末惜しくも敗れる。 日本0-1ベネズエラ。
  •  U-20W杯決勝トーナメント1回戦でU-20ベネズエラ代表と対戦した。先発は、前日記事の予想通りだった。高木のFW起用と両SBを当てた。 さすが、俺。 前半、ベネズエラに押し込まれる。4-2-3-1の両ウィングがかなり強力とのことだったが、両SB藤谷壮と杉岡大暉が見事な対応を見せ、抑え切った。素晴らしかった。拮抗した試合になったのは、二人の頑張りの御蔭だ。特に、藤谷は粘り切り、一度抜かれてもスピードで追いついたり、こ [続きを読む]
  • U20W杯、日本のベネズエラ戦のメンバーを予想してみる。
  •  U20W杯、日本の決勝トーナメント1回戦(30日)の相手はベネズエラ。中2日の戦いが続き、体力的には、相当厳しい。先発メンバーを予想しよう。 というか、こうすべきというメンバーを書こう。1次リーグ3戦のメンバーは、こうだった。 GK以外のフィールドプレイヤーは全員起用した。この出来るだけ全員起用するというのは、日本の育成年代における方針のようだ。U-16もU-19もアジア予選では、そうだった。 控えGKまで使って [続きを読む]
  • U20W杯、日本の決勝トーナメント進出の可能性。
  •  さて、日本はいよいよ明日決勝トーナメント進出を賭けて、イタリアと対戦する。その前に、決勝トーナメント進出の可能性について検討してみた。日本は、勝てば1位または2位で決勝トーナメントに進出できる。しかし、引き分けまたは負けでも3位で決勝トーナメント進出できる可能性がある。そこで、各グループの3位の勝ち点と得失点差をある程度予想してみた。グループA,Bは、試合が終わっているので決定済み。こんな感じかな。3位 [続きを読む]
  • 驚きの日本代表メンバー発表。 ガンバから5人も。
  •  日本サッカー協会(JFA)は25日、ワールドカップ アジア最終予選イラク代表戦に臨む日本代表メンバー25名を発表した。発表メンバーを大体のポジションに当て嵌めてみた。 驚きのメンバーだよ。まず、GK西川周作とCB森重真人を外した。 まあまあか少し調子悪いくらいだと思うが、それを外す思い切りの良さ。これは、なかなか出来ない。刺激を与える意味でも素晴らしい決断だと思うし、イラク戦1試合で思い切り良くメンバーを変 [続きを読む]
  • U20W杯、日本、惜しくも敗れる。 日本0-2ウルグアイ。
  •  U−20W杯1次リーグD組第二戦、日本はウルグアイと対戦した。先発メンバー。 初戦から3人を入れ替えた。こちらの方がベストメンバーだな。 立ち上がり、ウルグアイの前からの厳しいプレッシャーに苦しむが、徐々にペースを握る。やはり、市丸がいると、縦にパスが出せるので、攻撃がスムーズになる。サイドを崩して、FW小川へのもうちょっとのセンタリングとかもあった。しかし、前半20分、小川が相手選手と接触してピッ [続きを読む]
  • U20W杯、日本逆転で初戦を制す。 日本2-1南ア。
  •  U−20W杯1次リーグD組初戦、日本は南アフリカと対戦した。先発メンバー。 左SB:船木、ボランチ:板倉が意外だった。 前半、日本の右サイド、初瀬が抜かれまくり。ピンチの連続。前半7分、スルーパスで抜け出した南アフリカ・マージマンのシュートがカバーに入ったCB冨安の体に当たり、ゴールへ、オウンゴール。 体に当たらなければ、外れていたんだが。オフサイドかに見えたが、わずかに初瀬が残っていたようだ。今日 [続きを読む]
  • ガンバ大阪、完勝、強い、首位に立つ。 G大阪3-0鳥栖。
  •  J1第12節、ガンバ大阪はホームでサガン鳥栖と対戦した。先発は、前節の札幌戦と同じ。  最初、ガンバが押していたが、鳥栖が盛り返し始めた、前半33分、倉田が左サイドから粘りながら中央に右にドリブル、右サイドにボールを出す、上がってきたのは、なんとCB三浦、また三浦がどんぴしゃクロス、それを長澤がヘディングシュートで決めて、先制。Embed from Getty Imagesなぜ三浦がいたんだ。三浦の上りなんて初めて見た。それ [続きを読む]
  • U-20日本代表、ホンジュラスに3-2の逆転勝ち。
  •  U-20日本代表は15日、U-20ホンジュラス代表とエコパスタジアムで親善試合を行った。選手交代制限なしの90分間の試合と、30分の練習試合。 20分経過後ぐらいから見出したので既に1-1だった。メンバーはこんな感じ。 前半31分、自陣で拾われたボールをDFの裏へ出され、スピードで中山が競り負け、あっけなく、ホンジュラスFWにフリーでシュートを決められる。中山って、足が遅かったっけ? 何かエアポケットに入ったみたいだっ [続きを読む]
  • ガンバ大阪、辛抱強く勝つ。 G大阪2-0札幌
  •  J1第11節、ガンバ大阪はアウェーでコンサドーレ札幌と対戦した。リーグ戦では、久しぶりに遠藤が先発した。赤崎が結構使われてるね。解説の吉原宏太が、前からのプレスが凄いと褒めてたけど、それが使われる理由かな。しかしなあ、後半のシュートチャンスで弱っちいシュートを打ってたけど、あれじゃあダメだ。守備で駆けずり回ってるだけのFWじゃあ、使えない。大宮戦で点を取ってたら、また違ってたと思うけど、呉屋が復帰する [続きを読む]
  • Jリーグの口が臭いのか?
  •  JリーグはJ1リーグ10節の浦和レッズ対鹿島アントラーズ戦で起きた、浦和のDF森脇良太の『口が臭いんだよ』発言について、裁定を下した。 マッチコミッショナーおよび審判員からの報告書、試合映像を基に検証し、同選手にもヒアリングを行なうなど事実確認。日本サッカー協会の競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、「他の競技者、その他の競技に立ち会っている人々に対する侮辱」に相当すると判断、2試 [続きを読む]
  • レッズ森脇良太の口は臭くないのか?
  •  J1リーグ第10節で浦和レッズvs鹿島アントラーズにの試合において、両選手がもみ合いとなる場面があった。土居と興梠がボールを奪い合い、主審の笛の直後に興梠が土居の胸を小突いたことでヒートアップ。仲裁に入ろうとしたDF森脇良太とMF小笠原満男が激しく言い争い、一触即発の事態になった。何のこともないが、その後問題が発覚した。小笠原と森脇は以下のようにコメントしている。長いが引用させてもらう(こちら)。**** [続きを読む]