月灯り 探歩 さん プロフィール

  •  
月灯り 探歩さん: サッカー放題
ハンドル名月灯り 探歩 さん
ブログタイトルサッカー放題
ブログURLhttp://yurulu.net/soccer/
サイト紹介文好きなサッカーやスポーツについて言いたい放題の辛口批評です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 188日(平均3.0回/週) - 参加 2016/11/15 01:48

月灯り 探歩 さんのブログ記事

  • U20W杯、日本逆転で初戦を制す。 日本2-1南ア。
  •  U−20W杯1次リーグD組初戦、日本は南アフリカと対戦した。先発メンバー。 左SB:船木、ボランチ:板倉が意外だった。 前半、日本の右サイド、初瀬が抜かれまくり。ピンチの連続。前半7分、スルーパスで抜け出した南アフリカ・マージマンのシュートがカバーに入ったCB冨安の体に当たり、ゴールへ、オウンゴール。 体に当たらなければ、外れていたんだが。オフサイドかに見えたが、わずかに初瀬が残っていたようだ。今日 [続きを読む]
  • ガンバ大阪、完勝、強い、首位に立つ。 G大阪3-0鳥栖。
  •  J1第12節、ガンバ大阪はホームでサガン鳥栖と対戦した。先発は、前節の札幌戦と同じ。  最初、ガンバが押していたが、鳥栖が盛り返し始めた、前半33分、倉田が左サイドから粘りながら中央に右にドリブル、右サイドにボールを出す、上がってきたのは、なんとCB三浦、また三浦がどんぴしゃクロス、それを長澤がヘディングシュートで決めて、先制。Embed from Getty Imagesなぜ三浦がいたんだ。三浦の上りなんて初めて見た。それ [続きを読む]
  • U-20日本代表、ホンジュラスに3-2の逆転勝ち。
  •  U-20日本代表は15日、U-20ホンジュラス代表とエコパスタジアムで親善試合を行った。選手交代制限なしの90分間の試合と、30分の練習試合。 20分経過後ぐらいから見出したので既に1-1だった。メンバーはこんな感じ。 前半31分、自陣で拾われたボールをDFの裏へ出され、スピードで中山が競り負け、あっけなく、ホンジュラスFWにフリーでシュートを決められる。中山って、足が遅かったっけ? 何かエアポケットに入ったみたいだっ [続きを読む]
  • ガンバ大阪、辛抱強く勝つ。 G大阪2-0札幌
  •  J1第11節、ガンバ大阪はアウェーでコンサドーレ札幌と対戦した。リーグ戦では、久しぶりに遠藤が先発した。赤崎が結構使われてるね。解説の吉原宏太が、前からのプレスが凄いと褒めてたけど、それが使われる理由かな。しかしなあ、後半のシュートチャンスで弱っちいシュートを打ってたけど、あれじゃあダメだ。守備で駆けずり回ってるだけのFWじゃあ、使えない。大宮戦で点を取ってたら、また違ってたと思うけど、呉屋が復帰する [続きを読む]
  • Jリーグの口が臭いのか?
  •  JリーグはJ1リーグ10節の浦和レッズ対鹿島アントラーズ戦で起きた、浦和のDF森脇良太の『口が臭いんだよ』発言について、裁定を下した。 マッチコミッショナーおよび審判員からの報告書、試合映像を基に検証し、同選手にもヒアリングを行なうなど事実確認。日本サッカー協会の競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、「他の競技者、その他の競技に立ち会っている人々に対する侮辱」に相当すると判断、2試 [続きを読む]
  • レッズ森脇良太の口は臭くないのか?
  •  J1リーグ第10節で浦和レッズvs鹿島アントラーズにの試合において、両選手がもみ合いとなる場面があった。土居と興梠がボールを奪い合い、主審の笛の直後に興梠が土居の胸を小突いたことでヒートアップ。仲裁に入ろうとしたDF森脇良太とMF小笠原満男が激しく言い争い、一触即発の事態になった。何のこともないが、その後問題が発覚した。小笠原と森脇は以下のようにコメントしている。長いが引用させてもらう(こちら)。**** [続きを読む]
  • ガンバ大阪、清水と分ける。停滞感があるな。G大阪1-1清水。
  •  J1第10節、ガンバ大阪はホームで清水エスパルスと対戦した。勝てば、首位に立てる試合。 まだ早いけど。先発は、堂安はFWでないと。 藤本も先発。 前からの守備が心配。 前半は、お互い攻めもあったが、決定機はあまりなかったかな。倉田がボランチの位置でイージーミスでボールを取られることが、3度くらいあった。致命的になりかねなかった。ガンバは攻めに停滞感があった。前半の後半はまあ良かったけど。まあ、後半仕留 [続きを読む]
  • 大一番の試合の解説を任された、戸田 和幸。
  •  浦和レッズvs鹿島アントラーズ、前半戦の天王山、DAZNでの解説を任されたのは、戸田 和幸だった。DAZNの解説は、試合チームのOBが担当することが多いような気がするのだが、今回は戸田 和幸だった。戸田 和幸の解説は、素晴らしく、今一番だと思う。現役時代は、ガットゥーゾみたいな狂犬ボランチタイプだったんだけどな。 イメージが違う。Embed from Getty Images過去記事でも褒めてきた。褒めてるのは、自分だけと悦に入って [続きを読む]
  • 鹿島が浦和とのガチンコ勝負を制す。
  •  浦和レッズvs鹿島アントラーズ、前半戦の天王山の試合が行われた。スタジアムは真っ赤に染まっていた。 鹿島も赤だからね。それにしても、観客の多くが自チームのユニフォームを着て、応援しに来る。 これは、凄いね。 森脇が問題発言をしたみたいで、「二大マリーシアチーム、鹿島が浦和との泥試合を制す」というタイトルで記事を書くつもりだったんだが、夜にDAZNで試合を見て、気が変わった。 それぐらい熱いいい試合だっ [続きを読む]
  • Jリーグも1/4が終了。 早くも強豪4チームが上位に。
  •  Jリーグも9試合が終わって、1/4が終了した。シーズン前の自分の予想は、(本命)鹿島アントラーズ、(対抗)浦和レッズ、(3番手)FC東京、(4番手)ガンバ大阪、(穴)川崎フロンターレ、サンフレッチェ広島、ヴィッセル神戸、(超大穴)セレッソ大阪 だった。今の順位は、(得失点差が0以上のみ) 優勝争いを予想した4強が、早くも上位4強を占めている。今年は、莫大な強化分配金を狙って、どのチームも気合が入っている。 [続きを読む]
  • U−20日本代表メンバーが発表された。 ついでに思い出を。
  •  U−20日本代表メンバーが発表された。ポジションに当てはめると、こんな感じかな。昨日の自分の予想はこんな感じ。メンバーが21人というのを忘れていたよ。まあ、こんなもんだろう。サプライズはなかった。もっとも、GKは自分は全然知らないので、わからないが。アジア予選に選ばれていなかったメンバーは6人。 1/3弱。 こんなもんか。GK:波多野豪(FC東京)、山口瑠伊(ロリアン/フランス)DF:杉岡大暉(湘南ベルマ [続きを読む]
  • U−20日本代表のメンバーを発表前に予想する。
  •  5大会ぶりにU−20ワールドカップに出場する日本のメンバーは5月2日に発表される。5月15日に静岡スタジアムでU−20ホンジュラス代表と親善試合を行い、韓国での本番では、1次リーグD組で南アフリカ、ウルグアイ、イタリアと対戦する。 メンバー発表前に、候補選手の活躍が目立ってきたので、予想したくなった。アジア予選決勝のサウジ戦の先発メンバー。 ()内は、アジア予選通じてのサブメンバー。 そして、こ [続きを読む]
  • ガンバ大阪、堂安の3試合連続ゴールで勝つ。 G大阪1-0横浜。
  •  J1第9節、ガンバ大阪はアウェーで横浜F・マリノスと対戦した。去年の天皇杯・準決勝では、斎藤一人にやられた。今日は封じ込めないとな。 尤も、斎藤の調子は落ちているみたいだけど。 先発は、大宮戦から金⇒ファビオに代わったのみ。遠藤は、調子が良くないのかな。藤本が出続けているし、単純なターンオーバーではないようだ。 前半は、お互いにあまりチャンスがなく、攻め手に欠いた。 後半14分に、赤崎⇒アデミウソン [続きを読む]
  • ガンバ大阪、ターンオーバー成功で大勝。G大阪6-0大宮。
  •  J1第8節、ガンバ大阪はホームで大宮アルディージャと対戦した。怪我人が多い中、長谷川監督は思い切って、大胆なターンオーバーを決行した。3バックから4バックへ。中盤を遠藤を外して、大幅変更した。フレッシュな面子で運動量豊富、プレスがよく効いた。前でボールを奪ってからのショートカウンターが嵌ったよ。大勝の要因はこれに極まる。 得点は、16分、井手口陽介のミドルで先制。41分、泉澤仁がゴール前フリーでシュー [続きを読む]
  • ガンバ、ダービーを辛うじて分ける。G大阪2-2C大阪。
  •  J1第7節、ガンバ大阪はアウェイでセレッソ大阪と対戦した。 前半は、セレッソ大阪に押されていた。セレッソ大阪に押されるのか、という感じ。セレッソは、サイド攻撃が良かった。3バックで、初瀬・藤春がサイドにいたら、サイドは抑え込まないとダメだろう。 後半もそのまま。流れを変えるために、後半10分、初瀬OUT→堂安IN。後半12分、スローインを長沢がヘディングで背後へそらして、ボールをつないで、ペナルティエリア中 [続きを読む]
  • ガンバ大阪23、5連敗で勝ちなし。 J3に参加する資格なし。
  •  ガンバ大阪23がAC長野パルセイロと対戦、0-2で負けて、開幕以来勝ち星なしの5連敗となった。しかも、得点なしの9失点。最低だろう。今年からトップチームとU23チームを完全分離したのが、大きな原因だろうな。選手のレベルが低すぎる。去年なら、出ていたであろう市丸とかが、出場していない。堂安、?木 彰人は、トップでも少し試合に出ているからいいけど、市丸は両方に出ていない。市丸はU20日本代表に選ばれていて、こういう [続きを読む]
  • 鹿島・石井監督、二兎を追うのに失敗する。
  •  鹿島アントラーズはJ1初先発のMF三竿健斗ら6人を前節大宮アルディージャ戦から替えて臨んだが、C大阪に完封負けを喫した。石井正忠監督は「メンバー選びから、すべて私が決めたこと。敗因は私の責任。中盤でボールを失う回数が多かった」とコメントした。 ふふふ、石井監督がJリーグとACLの二兎を追うのに苦しむだろうと、自分が過去予想したようになってきたな。ガンバの長谷川監督が、去年、JリーグとACLでターンオーバ [続きを読む]
  • ガンバ大阪、動き悪く広島に負け。G大阪0-1広島。
  •  J1第6節、ガンバ大阪はホームでサンフレッチェ広島と対戦した。3バックの一角に初めて丹羽 大輝が先発した。 金は怪我のようだ。 芝が雨でスリッピーなため、選手は苦労していた。前半は、全く見どころ無し。広島は、守備を固める試合運び。 後半7分、フェリペシウバがペナルティエリア手前からシュートを放ち、そのクロスバーの跳ね返りを工藤がヘディングでシュートを決めた。簡単にゴール前を崩されたのが、気に入らない。 [続きを読む]
  • 実力チームが「J1」の上位を独占する。
  •  Jリーグが開幕して、5試合が経過した。 まだ、7分の1だけど。順位表は、 ヴィッセル神戸以外は4強が上位を独占している。優勝を争うと予想していた4強が、早くもスタートから実力発揮だ。莫大な強化配分金を狙って、どこも力が入っている。 実力通りの順位なんだが、1試合1試合は接戦になっている。G大阪中心にしか見ていないが、負けたチームも実にしぶとい戦いをしている。Jリーグにやさしい試合はない、というのは、その [続きを読む]
  • G大阪、実にしぶとい守備の新潟を打ち破る。 G大阪3-2新潟。
  •  J1第2節、ガンバ大阪はアウェイでアルビレックス新潟と対戦した。G大阪は、定番の3バック。顔面骨折のGK東口がもう復帰してきた。 おめでとう。怪我の今野に代わって、井手口が出場。怪我じゃなくても、出てるけどね。 その場合、1トップになるんだろうけど。 前半9分、倉田がこぼれ球をうまくトラップして、個人技で鮮やかにシュートを決めて、先制。これで、楽な試合運びが出来ると思ったんだが。3バックからの雑なロングボ [続きを読む]
  • DAZNで南米のも欧州のも北中米のも、WC予選が見れる。
  •  ここの所、日本代表の試合に夢中になっていたので、DAZNを見てなかったんだけれど、久しぶりにDAZNを覗いてみると、南米のWC予選の試合も欧州のWC予選の試合も北中米のWC予選の試合も見れるのに気付いた。なんてこった。これは、凄いな。もっとも試合がありすぎて、全部見る気になれない。しかし、4分ぐらいのハイライトがあるのだ。これが、丁度いい。得点シーンは勿論あるし、得点にならなくても、惜しいシーンも入っている。 [続きを読む]
  • 長谷川監督、ガンバTVで「3バック」について語る。
  •  月曜深夜に、「ガンバTV」という番組をやってる。そこで、長谷川監督、「ガンバTV」で3バックについて語る、という刺激的なテーマをやってた。 まず、長谷川監督がこれまでのガンバについて語った。 これが面白かった。1年目:J2優勝。4-4-2で連動した守備の立て直し。2年目:3冠達成。 7月パトリック加入で前への推進力が出てきた。3年目:天皇杯連覇、ACLベスト4。 パトリック・宇佐美コンビで熟成期。4年目:アデミウソ [続きを読む]
  • WC・アジア最終予選、日本はほんの少し優位に立った。
  •  WC・アジア最終予選、日本は首位に立って、WCに大分近づいた気分になっているが、実はまだまだ大変なのである。 今後の星取りを考えると、残り3試合の内、3強の日本・サウジ・豪州のそれぞれの直接対決が2試合ずつ残っているのである。もし、直接対決以外の1試合を各チームが勝ったとすると、勝ち点は、日本:19サウジ:19豪州:16となる。 過去のWCアジア出場国は、2006年以降、勝ち点1.75/試合で出場できていた。今回は、10 [続きを読む]