ema さん プロフィール

  •  
emaさん: えまノート
ハンドル名ema さん
ブログタイトルえまノート
ブログURLhttp://emadake.top/
サイト紹介文グラフィックデザインの仕事や転職のこと、勤め人だった頃からフリーになった現在のことなど
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 2日(平均42.0回/週) - 参加 2016/11/15 02:49

ema さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 解雇理由で、考えた方が良いもの考えてもしょうがないもの
  • 会社を解雇されて失業したとき、「何故クビになったのだろう?」と、かなり深刻に悩みましたが、後から考えると、考えてもしょうがない解雇理由と考えた方が良い本当の原因があることに気づきました。考えてもしょうがない理由「○○だからもう来なくていい」と言われた直接的な理由は、考えてもしょうがない理由です。ある会社をクビになるということは、恋愛で言えば、「フラれた」ようなものです。「フラれた」理由を考えてもし [続きを読む]
  • ポートフォリオの表紙デザインの一例(転職活動に使ったもの)
  • 過去にわたしが転職活動で使ったポートフォリオの表紙です。わたしは、レイアウトの中で、小さな手描きのイラストを使うことがあり、仕事上反応が良かったので、過去のイラストをまとめてこのような表紙を考えて使っていました。また、デザイナーはイラストを描ける必要はありませんが、ちょっとしたイラストは描けた方が、経費削減につながり、何かと重宝されます。そのアピールにもなるのではと思っていましたが、わざわざこの表 [続きを読む]
  • 会社をクビになったら、解雇理由はどうあれ自信回復が先決
  • もし会社をクビになったら、解雇理由についてあれこれ思い悩むよりも、自信回復を先にしましょう。相応の理由はあったとしても、もう過ぎたことです。失恋と同じだと思えばいいと思います。…というのは、「その理由を正したところで、復縁するわけではないから」です。クビになるのには、何か解決しなければならない、自分独自の問題があるかも知れませんが、クビになり、失業し、次の仕事に向かわなければならないときは、自分の [続きを読む]
  • 至急の小さな沢山の仕事を引き受けると運が良くなる
  • 例えば、何か会社で仕事をしているときに、「これ、急ぎだからスグやって!」と言ってやってくる小さな至急の仕事って、結構あると思います。これ、個人的には引き受けるべき仕事だと思っています。何故ならば、「運が良くなるから」です。それが、たいてい、「断る方が良い」という方向に考えがちで、気が強い人であれば「今これをやっているので。」とハッキリつっぱねたり、気が弱い人であれば断れずにウジウジしながら仕方なく [続きを読む]
  • 著作権があるのは会社? それともデザイナー?
  • 自分が仕事でデザインした作品の著作権は、誰にあるのかと悩んだことがあります。色々調べましたが、「会社に勤めていればその会社に著作権があり、個人ならば自分に著作権がある」というのが正しい理解のようです。クライアントがデザイン会社に依頼し、デザイン会社が社内のデザイナーに頼んだら、著作権はデザイン会社にあります。クライアントがデザイン会社に依頼し、デザイン会社が外注デザイナーに頼んだら、著作権は外注デ [続きを読む]
  • フリーランスの為の仕事がないときのメンタルコントロール法
  • フリーランスで在宅で仕事をしていると、忙しいときは良いのですが、仕事が一段落し、ふと、「今日は何も仕事がないな」と思った瞬間、不安や恐怖があたまをかすめ、それに飲み込まれるとトンデモない気分のダウンに突入してしまうことになります。そうならないためメンタルをコントロールする方法について書きたいと思います。仕事がないことでメンタルがヤバくなるのは、ごく自然なことだと思います。これは勤め人が失業するのと [続きを読む]
  • フリーランスのデザイナーにクライアント3人必要か?
  • 以前、勤めていた頃、フリーランスのデザイナーになりたいと思って、「独立するには」とか「フリーになるには」みたいな本を色々読んでいたことがありました。でも、そういう本を読んでいた当初は、全くフリーになるなんて無理に違いないという感じだったのですが、実際フリーになったときには、その手の本は一冊も読まなかったので、本はあまり参考にはならないのだと感じました。とくに「クライアント3人必要」という定説は疑わ [続きを読む]
  • ウェブ媒体をやるならデザインの仕事よりブログが面白い
  • ウェブ媒体にしても紙媒体にしても、媒体というものにとても興味もってます。わたしは紙媒体のデザイナーですが、ウェブ媒体をやるなら、デザインの仕事をするよりも、むしろブログが面白いです。なぜならば、有名人でも作家でもライターでもないのに、個人が自分の言いたいことが言える、書きたいことが書けるというところに色々な可能性を感じるからです。「表現したいことができる」って、やっぱりすごく魅力的なことだと思うか [続きを読む]
  • 過去の記事 …