サプクリ さん プロフィール

  •  
サプクリさん: 科学的根拠のある健康・栄養情報ならサプクリ
ハンドル名サプクリ さん
ブログタイトル科学的根拠のある健康・栄養情報ならサプクリ
ブログURLhttp://supplementclinic.jp/
サイト紹介文専門家の意見&エビデンスに沿った使える情報をお伝えします。 日々の健康管理、活気あふれる生活に
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 147日(平均3.9回/週) - 参加 2016/11/15 04:22

サプクリ さんのブログ記事

  • 【医師推奨】骨粗しょう症の治療に必要な栄養とは?
  • 骨粗鬆症の治療に必要な栄養素とは?骨粗鬆症とは?そもそも骨粗鬆症とはどのような病気なのでしょうか?簡単に言うと骨密度低下し、骨がスカスカの状態となり骨折しやすくなる状態のことを言います。骨粗鬆症になると、くしゃみ程度の衝撃で骨折する事があります。自覚症状が無く、高齢者は骨折によって介護が必要な状態となるケースも多くあります。骨粗鬆症の原因は?骨粗鬆症の中でも骨の新陳代謝がうまくいかなくなる事でなる [続きを読む]
  • 【医師推奨】糖尿病の治療に必要な栄養とは?
  • 糖尿病の治療に必要な栄養素とは?糖尿病とは?糖尿病とは、血糖値をコントロールする「インスリン」というホルモンが減少したり、うまく機能せず血糖値が高い状態が続く病気を言います。糖尿病は大きく分け「1型糖尿病」「2型糖尿病」があります。1型は小児期に発症し、ウィルス感染などが原因でインスリンが欠乏する事をいいます。2型は中高年に多いタイプでインスリンは欠乏しないものの、うまく機能せず血糖値が調節できず [続きを読む]
  • 【医師推奨】低血糖症の治療に必要な栄養素とは?
  • 医師が薦める低血糖の治療に必要な栄養素とは低血糖とは?まず最初に低血糖とは何か、理解しておきましょう。低血糖症は現代病の1つで血糖値が急激に低下し、その状態が続くことで身体的、精神的にダメージを受ける病気の事です。現代病と言われる所以は、栄養の偏りや、糖分の摂り過ぎによって低血糖になる事から言われています。具体的な治療法はなく、砂糖を多く含む清涼飲料水や炭水化物を減らすなどして、栄養療法で治療する [続きを読む]
  • 長生きには食べない事?!少食のメリットとは?
  • 食べない方が長生きできる?!なぜ少食が健康に良いのか?健康でいるためには、少食が良いと言われていますが、これについて岡本裕医師は、食べない方が長生きできると極端ではありますが、食べない事のメリットを著書「それをやめれば、健康になる」で述べているので、ご紹介したいと思います。ご紹介の書籍「それ」をやめれば、健康になるまず大前提として様々な研究でもカロリー制限は健康に良いというデータは数多くあります。 [続きを読む]
  • 糖尿病患者に!高齢者の血糖コントロールには他者との交流が有効
  • 高齢者の血糖コントロールには人との交流が有効 高齢者は血糖コントロールが難しくなる現実そもそも加齢によって身体機能や認知機能が低下したり、血糖降下薬による低血糖リスクが高いことなどから、高齢者の血糖コントロールは難しいと考えられています。糖尿病患者にとって血糖をコントロールする事は非常に大事な事です。今まで高齢者が他人とのコミュニケーションによって血糖コントロールに影響がある事は分かっていたも [続きを読む]
  • 糖尿病患者は寒い時期は足病変の危険に!足のケアが必須
  • 糖尿病患者は冬場に足の病変に注意!アメリカ、ミシガン州の足病外科医のMichael Ambroziak氏が警鐘糖尿病は血行不良や神経障害を起こしやすく、これにより特に寒い時期には足病変になる可能性があるので足のケアが必要だと、ミシガン州の足病外科医であるMichael Ambroziak氏は、米国足の外科学会(ACFAS)のニュースリリースで警鐘しています。つまり、寒い時期には、糖尿病患者は足のケアが必須とのこと。 なぜ寒い時期に [続きを読む]
  • 健康の為に走るのは体に悪い?!ジョギングに潜む体への危険とは
  • 走る事をやめれば健康になれるとは健康の為にジョギングなどしている人が多いと思いますが、岡本裕医師によると走る事は病気や老化を促進すると言います。今回、岡本裕著の「それをやめれば、健康になる」から、特に走る事のデメリット、走らない事のメリットのポイントをご紹介します。ご紹介書籍「それ」をやめれば、健康になる 走る事による体へのデメリットとは?健康の為に運動をする場合、多くの人は走る事を考えます。 [続きを読む]
  • 心臓病、脳卒中で死ぬリスクを下げる食べ物とは?
  • 唐辛子と死亡率低下との関連性が判明アメリカ、バーモント大学の研究米国国民健康栄養調査(NHANES) IIIのデータを使用して、アメリカ人16000人のデータを解析。研究では赤唐辛子を食べる人は、若い男性で、白人、メキシコ系米国人、既婚者、喫煙者、飲酒者、野菜や肉の摂取量が多い傾向にあり、彼らは、赤唐辛子を食べない参加者と比べ、HDLコレステロールが低いことが分かりました。この研究では平均18.9年間の追跡中に4,946名が [続きを読む]
  • 子供の喘息リスクを下げるにはオメガ3の摂取を
  • 妊娠中のオメガ3系脂肪酸摂取が子供の喘鳴・喘息のリスク低下に デンマーク・コペンハーゲン大学の研究論文で判明デンマーク・コペンハーゲン大学のHans Bisgaard氏の研究によると、妊娠24週以降にn-3系長鎖多価不飽和脂肪酸(LCPUFA)を摂取することで、出生児の持続性喘鳴または喘息、および下気道感染症のリスクが絶対値で約7%、相対的には31%低下することが分かりました。つまり、妊娠24週以降にオメガ3系のEPAやDHA [続きを読む]
  • 温州ミカンが生活習慣病を改善、老化予防に
  • 農業・食品産業技術総合研究機構は、浜松市での10年間の追跡調査の結果、温州ミカンに含まれる「β-クリプトキサンチン」を多く摂取すると、2型糖尿病や脂質異常症などの生活習慣病の予防に有用であるという研究を発表した。研究では血中β-クリプトキサンチンが高濃度のグループにおける2型糖尿病の発症リスク(ハザード比)は、低濃度のグループを1.0とした場合0.43となり、有意に低い結果となった。他にも脂質異常症の発症リスク [続きを読む]
  • 肺がん死亡は1日1本未満の喫煙でもリスク9倍
  • 米国国立がん研究所のMaki Inoue-Choi氏の研究によると、たとえ1本/日未満でも長期喫煙者は非喫煙者より死亡リスクが高く、禁煙すればベネフィットがある可能性が示されました。このことから、タバコの煙への曝露には安全というレベルはないことが分かりました。つまり喫煙は多かれ少なかれリスクしかないという事が言えます。 By CareNet [続きを読む]
  • 実は犬や猫も糖尿病のリスクが!その徴候、対策は?
  • 飼い主からの質問でペットにも糖尿病があるの?という質問が多いようなのですが、実はペットにも糖尿病はあります。糖尿病の初期によく起こる変化としては、多飲多尿の他には多食(食欲が増すこと)が認められることがあります。初期にはそのくらいしか外見的に見える変化はありません。つまり元気具合はいつもとあまり変わりないのです。このため糖尿病は見逃されやすいんです。本来はエネルギーとして有効に使うはずの糖が使えな [続きを読む]
  • 研究で分かった早期死亡リスクが最も低い人の特徴とは?
  • ワシントン大学のNicola Veronese氏の研究によると、BMI値範囲が18.5〜22.4で、代替健康食指数(AHEI)が高く、身体活動度が高値で、飲酒は適度、たばこは吸わない人が、最も早期死亡リスクが低いことが分かりました。また、BMIが高値でも、1つでも低リスクの生活習慣因子を有していれば早期死亡リスクは減らせることも判明しました。研究者は「BMI値と死亡との関連の評価では、食事と生活習慣因子を考慮することが大切である」と [続きを読む]
  • 子供の時に太陽を多く浴びた人は近視予防になる?!
  • 年少期に屋外で過ごす時間が長いと、近視をいくらか予防できる可能性があることが、英キングス・カレッジ・ロンドンのKatie M. Williams氏らの研究で示唆された。同氏らは、太陽の紫外線B波(UVB)が近視の軽減に役割を果たす可能性があると考えている。 研究では、65歳以上の欧州人で、近視の371人と近視でない2,797人について検討し、14〜29歳の頃の日光曝露、特にUVB(太陽の紫外線B波)曝露の量についても推定した。その [続きを読む]
  • 男らしさがある人はメンタルが不健康な傾向に
  • アメリカのインディアナ大学ブルーミントン校准教授のY. Joel Wong氏の研究によると男らしさの基準に当てはまる人はメンタルヘルスが悪い、つまり精神面で不健康である傾向があるという研究が「Journal of Counseling Psychology」オンライン版で発表されました。11種類の「男らしさの基準」勝利にこだわる感情を表に出さないリスクをとる暴力的である支配的な態度をとる性的に遊び人である人を頼らない仕事を最優先にする女性の優 [続きを読む]
  • スルフォラファンがうつリスクを低減に
  • 千葉大学社会精神保健教育研究センターは、ブロッコリーなどの野菜に含まれる「スルフォラファン」が、うつ病の予防や再発防止に効果があることを解明した。脳内の抗酸化作用をもつ遺伝子の転写因子「Nrf2」が低下すると炎症やストレスがあらわれ、うつ症状が起こると推測されていますが、スルフォラファンは、「Nrf2」を活性化し、脳の血管を保護すると考えられている。 By 保健指導リソースガイド [続きを読む]
  • 実は飽和脂肪は健康に悪くない?新たな研究
  • ノルウェー・ベルゲン大学の研究で行われた無作為比較試験では、腹部肥満を持つ男性38人を対象にして、高炭水化物食 または高脂肪食を12週間摂してもらった所、総脂肪摂取量および飽和脂肪摂取量が非常に多くても、推定される心血管疾患のリスクは上昇しませんでした。脂肪の質が良好であり、かつ総エネルギー摂取量がさほど高くない限り、ほとんどの健康的な人にとって飽和脂肪の摂取量が多くても問題ないという事が分かりました [続きを読む]
  • 睡眠不足は太りやすくなる事実が解明
  • 筑波大学は12月7日、レム睡眠量を減少させると、ショ糖や脂質など、肥満につながる食べ物の過剰摂取が引き起こされる原因の一端を明らかにしたと発表した。睡眠不足の人は、十分な睡眠をとっている人に比べて、体重を増加させる嗜好性の高い食品をより多く摂取し、太りやすくなる傾向があり、睡眠の成分の中でも特にレム睡眠が不足すると、体重が増加することも報告されている。年齢を重ねると浅い眠りでありるレム睡眠は減少しま [続きを読む]
  • ラケットを使うスポーツは長生き傾向に?!
  • 長生きしたいなら、ラケットを使うスポーツが役立つ可能性がある―こんな研究結果が、「British Journal of Sports Medicine」オンライン版に11月28日掲載された。オーストラリア、シドニー大学准教授のEmmanuel Stamatakis氏らの研究。イングランドとスコットランドの30歳以上の成人8万人(平均年齢52歳)を対象とした大規模調査。その結果、バドミントン、スカッシュ、テニスなどのラケットを使うスポーツをする人では全原因死亡 [続きを読む]
  • 人生を楽観視出来る人は長生きの可能性が
  • ハーバードT.H.チャン公衆衛生大学院からの報告によると、人生を楽観的に見ることは長生きにつながる可能性があるという。今回の研究は、2004年から2012年、米国看護師健康調査に登録される70,000人の女性のデータを分析した大規模な研究。最も楽観的な認識の女性は、最も楽観的ではない女性と比較して、いずれの疾患による死亡するリスクがおよそ30%低かったという。楽観的な認識と心血管疾患以外の疾患とのリスクの関連を示した [続きを読む]
  • 市場のED薬の4割は偽医薬品という実態が判明
  • 国内でED(勃起不全)治療薬を製造・販売している製薬企業が合同で、インターネットから入手したED治療薬の調査を実施し、その結果を11月24日に都内で発表した。今回入手した医薬品を調査・分析した結果、4割が偽造医薬品であることが判明した。これらの偽造医薬品服用による医学的懸念としては、承認用量以上の有効成分や不純物により予期せぬ副作用が起こる可能性であると佐々木氏は説明した。2011年には国内の医療機関において [続きを読む]
  • 炭水化物の制限でインスリン抵抗性が改善?
  • 米ミシガン大学運動生理学部教授のKatarina Borer氏の研究によると、炭水化物を制限した食事をとると、炭水化物を制限しなかった場合にはみられない健康的な代謝変化が得られる可能性が、小規模な研究で示された。低炭水化物ダイエットの有効性を高めるには、運動を行うタイミングも影響を及ぼすという。ちなみに、インスリン抵抗性になると糖尿病前症や2型糖尿病のリスクが高まるとされています。運動に関しては、食後に運動する [続きを読む]
  • たっぷり寝ると糖尿病リスクが低下。日本人は世界的に寝不足傾向に
  • 国立精神・神経医療研究センター(NCNP)は、多の人が自覚できない睡眠不足(潜在的睡眠負債)を抱えているおそれがあることを明らかにした。この「潜在的睡眠不足」を解消すれば、眠気のみならず、糖代謝、細胞代謝、ストレス応答などに関わる内分泌機能の改善を得られるという。睡眠は生活の3分の1を占める必要不可欠な生活習慣だが、十分な睡眠時間を確保できない人が増加している。 日本人は世界的にみても睡眠時間が短いことが知 [続きを読む]
  • 喫煙だけではない。食事で肺にダメージを与える可能性も
  • 食事が肺機能に対して与える影響はあまり知られていない。肺機能低下の主な原因は喫煙だが、食習慣との関連も示唆されている。野菜や果物に含まれる抗酸化ビタミン(C、D、E、β-カロテン)や各種ミネラル、食物繊維、フィトケミカル、そして魚介類に含まれるオメガ-3脂肪酸の摂取が呼吸器の健康と関連するとされる一方で、加工肉や過度のアルコール摂取は肺機能低下と関連するという報告も存在する。とスペインのSorli-Aguilar M [続きを読む]