サプクリ さん プロフィール

  •  
サプクリさん: 科学的根拠のある健康・栄養情報ならサプクリ
ハンドル名サプクリ さん
ブログタイトル科学的根拠のある健康・栄養情報ならサプクリ
ブログURLhttp://supplementclinic.jp/
サイト紹介文専門家の意見&エビデンスに沿った使える情報をお伝えします。 日々の健康管理、活気あふれる生活に
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供152回 / 274日(平均3.9回/週) - 参加 2016/11/15 04:22

サプクリ さんのブログ記事

  • アミノ酸って本当に体脂肪燃やしてくれるの?
  • アミノ酸はダイエットに有効なのか?一時期アミノ酸というと体脂肪を燃焼してくれるというイメージがありましたが、実際アミノ酸で体脂肪は燃えるのでしょうか?アミノ酸について正しい知識を持てばダイエットに活かす事が出来るので、是非読んでみてください。アミノ酸ってなに?そもそもアミノ酸は体内においてはタンパク質をつくることが一番重要な役割です。人体においては20種類のアミノ酸によってタンパク質を生成していま [続きを読む]
  • α-ヒドロキシ酸の科学的に有効性がある効果とは?
  • α-ヒドロキシ酸の実際に期待できる効き目・効果は?α-ヒドロキシ酸の働きとは?α-ヒドロキシ酸はフルーツなどの食べ物に含まれる酸で、クエン酸、グリコール酸、乳酸、リンゴ酸、酒石酸などがあります。体内では、死滅した皮膚の上層部の古い皮膚細胞を除去します。ピーリングや化粧品など美容関連の商品に良く使われており、シワを薄くしたり、美白効果が期待できます。また肌のシミやくすみなども薄くする効果があります。α- [続きを読む]
  • ビタミンAの科学的に有効性がある効果とは?
  • ビタミンAの実際に期待できる効き目・効果は?ビタミンAの働きとは?ビタミンAのうち生理活性作用を発揮する物質は主にレチノールとマルチカロテノイドの中のカロテンです。体内では主にこのような働きをしてくれます。粘膜の強化、ガン予防改善、皮膚や骨の老化抑制・再生、視力の強化改善、生殖機能の維持、成長促進作用、味覚聴覚機能に関与、抗酸化作用、などがあります。出典:栄養医学ガイドブック ビタミンAの科学的に期待 [続きを読む]
  • ブルーベリーは本当に目に良いのか?検証
  • ブルーベリーは目に良いのか? ブルーベリーのアントシアニンが眼に良いという知識はかなり一般的に広まっていて、関連の健康食品も出回っております。しかし、実際摂取して眼精疲労が回復したとか、視力が回復したなどを実感した人はいるでしょうか?実際どの程度研究されているのか?効果を期待できるのか?今回、そのあたりを調べてみたいと思います。ブルーベリーが目に良いというのはどこから来たのか?ブルーベリーの目への [続きを読む]
  • 赤ワインは本当に体に良いのか?
  • 赤ワインの健康効果のホントとは? 赤ワインと言えばポリフェノールによる健康効果が有名ですが、そもそもどこからこのような赤ワインの健康効果が言われるようになったのでしょうか?赤ワインの健康効果について調べてみました。そして1つの結論を出してみました。赤ワインの健康効果はどこからきたか?赤ワインが注目を浴びたのは、「フレンチ・パラドックス」という言葉がはじまりです。動物性脂肪の摂取が多いと心臓病のリス [続きを読む]
  • 適度な飲酒で糖尿病予防が出来る可能性が?!
  • 飲酒で糖尿病のリスクが低下したことが判明南デンマーク大学国立公衆衛生研究所教授のJanne Tolstrup氏の研究によると、ワインやビールを週に3〜4杯飲む人は、週に1杯しか飲まない人よりも2型糖尿病リスクが約30%低下するという報告が7・27の「Diabetologia」オンラインでありました。どのような研究か?2007〜2008年のデンマーク健康調査に参加した成人7万6,484人(うち男性は2万8,704人)を対象に、まず健康状態や飲酒習慣を [続きを読む]
  • メタボ対策中にカップ麺食べても大丈夫かどうか?
  • カップ麺の塩分は実は表示以上だった?!メタボでダイエット中の人で、たまにはカップラーメンのような高カロリーで、塩分の多いもの食べたくなりますよね?1個くらいなら大丈夫かなって。一般的なカップラーメンでそのあたりを検証してみました。まず、カップラーメンに表示されている塩分量を見る時、ナトリウム量を見ると思います。しかし、ナトリウムと言うのは食塩に含まれる成分の1つでしかないのです。つまりナトリウム以 [続きを読む]
  • 実際は、食べ物で血がサラサラになる事は医学的にない?!
  • 血がサラサラになるとは?よくテレビ番組で血液の粘性を示すために血流を調べる映像が良く使われます。あれを見て血がサラサラだとかドロドロだとか判断しているのですが、実際、本当に血がサラサラ、ドロドロと言えるのでしょうか?まずテレビなどで行われている検査方法は実は不確かな方法だと言われています。その理由を2点ご紹介します。検査の不明な点1つは、採血した血液に抗凝固剤を使用するため採血した血液を観察する場 [続きを読む]
  • 【医師推奨】生活習慣病を予防する発酵食品ベスト4
  • 注目の発酵食品で生活習慣病予防するには?今様々な発酵食品が健康に良いとして注目されていますが、発酵食品だけでも様々な病気の予防改善が期待されています。今回は、順天堂大学教授の白澤卓二医師著の「100歳まで病気知らずでいたければ「発酵食」を食べなさい」で提唱している生活習慣病予防が期待できる発酵食品をもとにご紹介したいと思います。 その前に、そもそも発酵食品とは何なんでしょうか?発酵とは、微生物が人間の [続きを読む]
  • 【医師推奨】長寿遺伝子を活性化させる食事とは?
  • 長生きのポイント!長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)とは?近年老化を遅らせ、寿命を延ばすサーチュイン遺伝子というのが注目されています。実はこの長寿をつかさどるサーチュイン遺伝子を活性化させる食事方法というのがあります。それは順天堂大学教授の白澤卓二医師著の「100歳まで病気知らずでいたければ「発酵食」を食べなさい」で述べられているので、こちらをもとにポイントご紹介します。まずは長寿遺伝子と言われるサー [続きを読む]
  • 【医師が警鐘】腸内環境の悪玉菌を増やす4つの習慣とは?
  • 腸内環境が悪いだけで病気を招く近年発酵食品が注目されていますが、発酵食品を食べる事で、健康にどう良いかというと結局腸内環境が整うというのがポイントとなります。ここで順天堂大学教授の白澤卓二医師著の「100歳まで病気知らずでいたければ「発酵食」を食べなさい」で述べられている腸内環境が乱れる4つの要因をご紹介します。その前に、腸内には3つの菌があります。それは善玉菌、悪玉菌、日和見菌です。善玉菌は食べ物 [続きを読む]
  • 「そのサラダ油が脳と体を壊してる」の要約
  • 「そのサラダ油が脳と体を壊してる」の要約 購入はこちら↓ 著者:山嶋 哲盛初版発行:2014年6月 著者:山嶋 哲盛とは脳科学専門医、医学博士。金沢市生まれ、1975年、金沢大学医学部卒業、1979年、金沢大学大学院医学系研究科修了。1985年、金沢大学医学部附属病院医局長。1990年、金沢大学医学部助教授。現在、金沢大学大学院医薬保健学総合研究科・再生脳外科科長、「海馬と高次脳機能学会」会長、「高峰クラブ」会長。概要 [続きを読む]
  • 【医師が警鐘】サラダ油が体と脳の健康を壊していたとは?
  • サラダ油が体に悪い理由とは?一般的にサラダ油は動物性脂肪の油よりは健康的だと思っている人が多いのではないでしょうか?しかし、脳科学専門医の山嶋哲盛医師によると普段のサラダ油は体や脳を壊していると言います。今回山嶋医師著の「そのサラダ油が脳と体を壊している」からサラダ油の危険性を解説していきたいと思います。半世紀前まで日本は動物性脂肪を摂っていましたが、健康に良くないという事で、動物性脂肪を減らし、 [続きを読む]
  • 【医師推奨】体に良い油の摂り方とは?
  • 理想の油の摂り方とは?現代人はサラダ油などのオメガ6系の油を多く摂り過ぎており、健康を害している言われています。ではどのように油を摂れば健康に良いのでしょうか?そのあたりを脳科学専門医である山嶋哲盛医師著の「そのサラダ油が脳と体を壊してる」で推奨している理想の油の摂り方を元に解説していきたいと思います。 理想はオメガ3とオメガ6のバランス簡単にオメガ3とオメガ6について解説したいと思います。オメ [続きを読む]
  • 核酸とは?分かりやすく解説
  • 細胞レベルで若返える成分核酸とは核酸は動植物すべての細胞に含まれる有機化合物です。核酸とは生存のための遺伝情報をつかさどるDNA(デオキシリボ核酸)とその情報を読み取って、たんぱく質を合成するRNA(リボ核酸)を言います。核酸は細胞の核となる重要な成分です。つまり、細胞分裂と再生をつかさどる重要な成分です。核酸の効果・働き新陳代謝を良くし細胞レベルで老化を防ぐ核酸は細胞の新陳代謝をスムーズにする成分で、細 [続きを読む]
  • 肥満は遺伝するのか?やっぱり痩せられない理由はここにあった
  • 肥満は遺伝するが、痩せられない訳ではないよく親が太っていると、子供も太ると思っている人がいますが、肥満は遺伝するのでしょうか?結論から言うと肥満は遺伝すると言えます。太っている親の子供の太り方が、親と似た太り方をしているケースは良く見かけると思います。これは、肥満が遺伝していると言えるでしょう。しかし、太った原因が肥満が遺伝したからという訳ではありません。例えば、太っている親と同居している子供が、 [続きを読む]
  • 前立腺がんの予防ならピザを食べると良い理由とは?
  • ピザのトマトで前立腺がんの予防になる研究結果が実はイタリア人の男性には前立腺がんが少ないと言われていました。その理由として、トマトのリコピンが関係していると言われています。イタリア人はトマトソースを使ったピザなどトマトを使った料理が多いので、イタリア人は前立腺がんが少ないと考えられています。実際にトマトを1日2個以上毎日食べえる人は前立腺肥大になりにくく、前立腺がんにもなりにくいと、泌尿器学会でも報 [続きを読む]