ミカエル小栗 さん プロフィール

  •  
ミカエル小栗さん: 愛と福音の泉。ミカエル小栗の随想から
ハンドル名ミカエル小栗 さん
ブログタイトル愛と福音の泉。ミカエル小栗の随想から
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/mickaels_mind-fountain_love_jesus_christ/
サイト紹介文暮らしの中でキリストの愛を感じた事、聖書の福音からの徒然の黙想、心の癒やしなどを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 127日(平均3.7回/週) - 参加 2016/11/15 14:37

ミカエル小栗 さんのブログ記事

  • 愛する基本はなんだろ?
  • 私たちが大好きな言葉と云えば多くの人々は 「愛。」と云う言葉をあげる人が多い気がします。愛を表す言葉は何だろうか?各自の思いから微妙に違いが出ませんか? その人とが重要視している価値観で左右されることもあります。クリスチャン の愛の価値の基本は、キリストに... [続きを読む]
  • 愛の一つの形は!?
  • 愛。 愛には色々語り告げられる形がありませんか?その形を現すには、人格があります。ナイチンゲールをご存じだと思いますが、戦争中に敵、身方関係なく 負傷した戦士を看病し、その思いと愛の形が赤十字を生み出しました。彼女の謙遜さに周囲の人々が感銘を受け、一つの形と... [続きを読む]
  • 父なる神が目をかけて下さる。
  • あなたには、いつも気に掛けている人がいませんか?あなたの隣人のことが気になっていますか?その気になっている人のために、何かをして上げたいと思うこともありますね。もしするのであれば、迷惑がられるのでは無くて 喜ばれることをしたいと思いませんか? ... [続きを読む]
  • 神の声が聞きたいなぁ〜。
  • ふと、思うこと!神の声が聞きたいなぁ〜! 風の中にに耳をすませば・・神の声を聞き分け知りたくて、今もその声を探してる。神に会えないのかなぁ〜?会えないのですか? そう思うほどに会いたいが大きくなってゆく海。波音の中に 空の鳥の鳴き声 森の中を通り過ぎる風... [続きを読む]
  • キリストは哀れみの神。
  • 私たちの神。キリストは哀れみ深い神です。人生・・信仰生活を続けるとき、訳が解らない・・理由が理解できないことも次々起きてきます。神に対する不信感が募ります。神がいるのに何故?と思うこともあります。一見。神が沈黙していると怒りに変わる方もいます。けれど何故?... [続きを読む]
  • NO59 この世で一番、優れた物は。
  • この世では、色々の価値観があります。けれど、神の目から見た価値は永遠に変わらず不変です。神が一番。重要になさること。それは永遠の愛です。愛。その反対は怒りと許さないことです。天地の創り主は。アダムが犯した罪を忍耐を持って完全に怒ることをなさらず、最初に神と... [続きを読む]
  • 裁判にわたされる前に・・。
  • キリストは自分のご自身の死。裏切りによって、ご自身が捕まること。パリサイの間違った律法解釈や民衆の失望感=その失望感とは、キリストはユダヤの王となってローマの圧政から救い出すと期待していたことが裏切られた為に無理矢理十字架に付けること望みました。罪の無い人... [続きを読む]
  • 神からの愛と人々。
  • キリストは私たちに 愛する形の良きお手本と成って下さいました。第一に無償の愛です。見返りを求めないが愛の深さが伝わってきます。それは十字架の私たちへの身代わりの死と犠牲です。命に勝る愛は無いです。私たちがキリストが神の子であるかを信じるか・信じないか?を... [続きを読む]
  • 神の心とその定められたこと。
  • 神は、私たちを愛しておられる。神は同時に聖なる方です。不正や罪と汚れを嫌われる方です。けれど私たちは、神の聖なる事を忘れて生活しています。私たちには生まれながらの罪を犯す性質が、アラム以来。おのずと受け継いでいるのです。神はそれを帳消しにする方法として、身... [続きを読む]
  • 人の平和と神の平和
  • 私たちの考え方は皆1人一人違います。その違いが時には争いの元も成ります。一方的な考え方を押しつけると一層 。争いの元になります。意見の違い、物の見方の違いを認め合うことは困難になってしまいます。けれど、神の前に冷静に出て意見の違い、考え方の違う方の為に思い... [続きを読む]
  • あなたの求めるものは・・?
  • 新年も明けて7日目です。通常の生活を始めた方もおられます。あなたはこの一年。何を求めて生きていきますか?あなたに取っての幸せは何でしょうか?人にはそれぞれの望みがあります。それが満たされたときは幸福感に満たされます。願ったこと・・求めていたことが実現した... [続きを読む]
  • 神の恵みと愛の中に留まること。
  • クリスマスの日が過ぎました。けれど神がこの世に人の子としてお生まれになり、私たちが人生で味会う事以上を知って、全ての苦しみと病と悲しみを一手に背負って身代わりとなり、復活しました。私たちに・・信じる者に恵と愛を与えるため、救いを与えるために 多く愛を与え... [続きを読む]