ゴンチチの親戚 さん プロフィール

  •  
ゴンチチの親戚さん: シニアーライフ
ハンドル名ゴンチチの親戚 さん
ブログタイトルシニアーライフ
ブログURLhttp://masumitsu1951.blog.fc2.com/
サイト紹介文趣味は陶芸、家庭菜園を行なっています。静岡県内情報を発信したいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 156日(平均1.8回/週) - 参加 2016/11/16 10:21

ゴンチチの親戚 さんのブログ記事

  • ほったらかし温泉
  • 小倉山のザゼンソウを見た帰り道に笛吹き川フルーツ公園奥の小高い山の上に建つ、美肌の湯として知られるほったらかし温泉に寄ってきました。特色は海抜700mから臨む開放感あふれる絶景露天風呂。富士山、甲府盆地に連なる山なみ、新日本三大夜景である甲府盆地の夜景を一望できる。また日の出の光を浴びながら、極上の朝風呂を楽しめることでも知られる。なお入湯券1枚につき入れる湯はどちらか1湯。その日の気分で、あっちにす [続きを読む]
  • クマガイソウ
  • クマガヤソウの花が咲きました。クマガヤソウは清水区和田島の友人に8年前1鉢頂いた後、坪庭に植え替えたのが多数増えました。クマガイソウ(熊谷草)は、ラン科アツモリソウ属に分類される多年草の1種。大きな花をつけ、扇型の特徴的な葉をつけます。和名の由来は、アツモリソウともに、膨らんだ形の唇弁を昔の武士が背中に背負った母衣に見立て、源平合戦の熊谷直実(くまがい なおざね)と、平敦盛(たいら の あつもり)にあ [続きを読む]
  • ザゼン草の小倉山(山梨県甲州市)
  •  山梨県甲州市塩山の玉宮地区(小倉山に登る途中)にはザゼンソウの群生地があります。今回の目的は1.ザゼンソウを見ること 2.小倉山に登こと 3.時間があったら帰りに「ほったらかし温泉」に寄って帰宅すること(付録で後日UPします)。 自宅を6時30分に出発し友人の家に立ち寄りザゼンソウ公園に到着したのが10時頃でした。公園の入り口付近の空き地には数十台の車が駐車してあって、ダメもとで公園の中に入りましたら運よ [続きを読む]
  • 河津桜 朝比奈川土手の左岸
  • 毎年2月中旬ごろから3月上旬にかけて、朝比奈川左岸の全長約2kmにわたり、約200本の山の手さくら(河津桜同種)を地元山の手未来の会が植え育ててきました桜が見ごろになってきました。来週末には満開になると思います。また、桜の木の下には越前水仙が盛りを過ぎていましたが見られました。桜のピンク色・菜の花の黄色・水仙の白色とコントラストが綺麗です。 なお、駐車場(多少あります約50台)は余りありませんので、公共交通機 [続きを読む]
  • カゴメ静岡工場(岡部)撤去作業始まる
  • 藤枝市岡部町内谷のカゴメ静岡工場が2017年3月末で撤退することに伴い今週から撤去作業が行われています。工場跡地は更地にする予定だが、その後の利用方法は未定とのことです。 静岡工場は1968年に東海飲料がペプシコーラの受託工場として設立。75年にカゴメが東海飲料から買収し「カゴメ岡部工場」とした。敷地面積は約1万5千平方メートル。ペットボトルの野菜ジュース生産ラインを中心に年間約300万ケース、1 [続きを読む]
  • 里山の道 岡部支所〜巨石の森
  • 岡部支所付近から巨石の森までに里山の道があります。約1時間位です。途中萬松院・常願寺・長屋門等が見られます。萬松院萬松院の境内に紅梅の花が綺麗に咲いていました。常願寺のカヤの木 藤枝市指定天然記念物 根回り5.3m 目通り4.5m 樹高20m 枝張り東西28m 南北25m近くで見ますと迫力があります。長屋門 藤枝市指定有形文化財この長屋門は、安政五(1858)年に鴫谷家14代鴫谷一元により建立されました。平屋造りの [続きを読む]
  • 満観峰 富士山が綺麗でした
  • 天気が良かったので友人と満観峰にハイキングに行ってきました。焼津市花沢の駐車場に車を預け約4時間の行程です。(山頂で約1時間位食事等のため休憩しておりました)下山コースは日本坂峠(アップダウンがかなりありました)を経由してきたので、膝が少し痛くなりました。 焼津市花沢の里 富士山及び静岡市街地が良く見えました。南は駿河湾及び伊豆半島が見え、西側は志太平野が見えました。 雪に覆われた富士山が綺麗でした [続きを読む]
  • 井伊直孝産湯の井
  • 下段に記載した解説文が記載されていました。 焼津市中里(自称 高草街道沿いにあります。)  井伊直孝(1590〜1659)は徳川幕府の政治を主導した江戸時代前期の大名です。徳川家康・秀忠・家光といった歴史の将軍から大きな信頼を得て、後に譜代大名のなかではもっとも広い領土を与えられました。剛直な井伊直孝の性格や、大阪夏の陣での大活躍、招き猫の由来となった東京の豪徳寺の話など多くの逸話が残っていますが、ここ焼 [続きを読む]
  • 東京防災
  •  新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。 1月3日小・中学校の同級会が行われました。その際、ビンゴゲームの参加賞の中に上の東京防災の本が入っていました。 東京の地域特性や都市構造、都民のライフスタイルなどを考慮し、災害に対する事前の備えや発災時の対処法など、今すぐ活用でき、いざというときにも役立つ情報を分かりやすくまとめた完全東京仕様の防災ブックです。 2 「東京防災」の内容 [続きを読む]
  • 百年の孤独
  • 百年の孤独は、宮崎県高鍋町に本社を置く酒造メーカー (株)黒木本店より発売されている麦焼酎の銘柄である。蒸留後にそのまま瓶詰めして出荷される一般的な焼酎とは異なり、ウイスキーと同様に蒸留した焼酎をホワイトオークの樽で熟成させ、3年もの・4年もの・5年ものをブレンドしたものが「百年の孤独」として出荷される。従って、色は薄い琥珀色で香りもウイスキーなどの洋酒に近く、味わいは強いアルコールの中にも甘みが感じ [続きを読む]
  • オリーブ園進出(藤枝市仮宿地区・静岡大学藤枝農場の南側)
  • 静岡県内陸フロンティア地区(藤枝市が全面バックアップ)に指定された、仮宿地区に株式会社クレアファーム(代表取締役社長・藤枝市出身)が静岡をオリーブの産地にと言うことで、約50,000m2(約15,000坪)の内、約8割に当たる40,000m2については地権者との賃貸借契約が終わり、その一部分につきましては来年1月頃から水田を埋め立ててオリーブの苗木を植栽する計画です。オリーブの木が成木になると約3m位になり、風景が一変 [続きを読む]
  • つたの細道公園の紅葉
  • 岡部町の東側、静岡市との境にあり、明治時代に建設された砂防施設(兜堰堤)を中心とした公園芝生広場や水車小屋、休憩所があります。藤枝市側から行くには、道の駅の駐車場に入り駐車場出口を左側の坂を下って国道1号線のガードをくぐったらT字路を右に進みます駐車場があります。静岡市側から車で行くには、国道1号線の宇津ノ谷トンネルを抜けてすぐ左側(下り坂でスピードが出ますのでゆっくり走らないと行き過ぎてしまいます [続きを読む]
  • さるぼぼ
  • さるぼぼは、飛騨高山など岐阜県飛騨地方で昔から作られる人形。 飛騨弁では、赤ちゃんのことを「ぼぼ」と言い、「さるぼぼ」は「猿の赤ん坊」といわれている。 近年では、土産として飛騨地方の観光地で多く見られる。サルが9匹おり「苦難がさる」と言われ縁起の良いものであります。上段のさるぼぼは知人が手間ひまかけて作成した物を頂きました。下段の台座は南天の枝になっておりますが、知人(男性・71歳)の物は桜の木ででき [続きを読む]
  • 紅葉の京都に行こう(醍醐寺)
  • 醍醐寺 秀吉が待った醍醐の紅葉 京都駅南口から京阪バスがでていますが、本数が1時間2本程度で不便ですので、地下鉄で行った方が良いと思います。境内が広いので見学時間を3時間ほど見た方がベターです。金堂 平安時代(国宝) 醍醐天皇の御願により延長4年(926)に創建された建物。当時は釈迦堂といわれていましたが、永仁、文明年間に二度焼失しました。現在の金堂は豊臣秀吉の命によって紀州(和歌山県)湯浅から移築が計画さ [続きを読む]
  • 紅葉の京都に行こう(東山)
  •  銀閣寺(東山慈照寺) 臨済宗相国寺派に属する禅寺で、建立は1482年室町幕府八代将軍足利義政による。哲学の道  東山のふもと、若王寺神社から法然院下を銀閣寺に至る水べりの小道約1.8km。哲学者西田幾太郎が散策、思索にふけったといい、この名がついた。両岸に関雪桜があり春の桜の時期の方が良いと思いました。禅林寺(永観堂)  正しくは禅林寺といい浄土宗西山禅林寺派の総本山。853年空海の弟子真起が藤原関雄の山 [続きを読む]
  • 紅葉の京都に行こう (嵯峨野編)
  • 「そうだ京都に行こう」と言うCMに負けて急遽京都に1泊2日の旅行にいって来ました。急遽(1週間前)京都に行くことにしたので、紅葉のこの時期宿を取るのに大変でした。嵯峨嵐山駅 渡月橋 大勢な人で歩くのも大変でした。 渡月橋からみた嵐山 今年のJR東海のCMは天龍寺ということです。 竹林の小道 天龍寺から大河内山荘まで続いています。竹林の中は都会並の人の多さで、本来の静寂を期待したのですが時期が悪かったよ [続きを読む]
  • ざる菊
  •  藤枝市仮宿地区(中正寺付近)の休耕田(この地域は源頼朝の御家人、足利尊氏の家臣として知られた岡部氏一族の館があった場所)でざる菊が約1500本ほど植えられています。 「ざる菊」とは、ざるを伏せたような丸い形であり、2〜3cmの花が一株に数千個も咲きます。色はピンク・黄色・赤・白色ですが白色は今週末には満開になるということです。 ざる菊は日本古来の菊や西洋に渡って日本に戻った菊などあり、その呼び名も、ち [続きを読む]
  • 静大教養部OB会
  •  浮月楼は徳川幕府15代将軍徳川慶喜の旧住居として使用されていました、浮月楼で10月15日静大教養部OB会が行われました。教養部廃止から20年以上がたち、年々参加者は高齢になりましたが多くの方が参加し、楽しいひと時を過ごしました。戦災の後、建てられたお茶室です。池に浮かぶ風情が美しいです。本日は大安で結婚式が行われていました。上段の書は慶喜公の書です。 千巻の富を賞でる縁起のよい言葉です。下段の書は伊藤博 [続きを読む]
  • 丹波黒大粒大豆(枝豆)
  • 丹波黒大粒大豆の種を7月初旬に近くの園芸店に買いに行ったところ、在庫がないと言われてメーカーに注文すれば3〜4日で入荷できるということで予約しました。それから4〜5日たってから園芸店に行ってみると違う商品が入っていたので、再度取り直してくれるということで、また4〜5日たってから行ってみると前回同様違う商品が来ていたので、再度取り直してくれるということでした、また入荷したら電話をくれるということでし [続きを読む]
  • みくりやそば
  • 御殿場地方では古くから祝い事の際などに客人への御馳走料理として手作りのおそばを出す習慣があります。その、そばこそが「みくりや」そばであり、そのつなぎに「山芋」や「自然薯」を使うのが特徴であります。出し汁の具材として「鶏肉」、「しいたけ」、「にんじん」を使用したものが基本レシピとして受け継がれています。小生は御殿場のそばの有名店「金太郎」で食べようかと思いましたが、いつも混雑していて、また時間もな [続きを読む]
  • 東山旧岸邸及び虎屋
  • 岸邸宅の門ツバキの銘木 太郎冠者虎屋工房虎屋工房ラウンジ 東山旧岸邸は、首相を務めた岸信介の自邸として1969年に建てられました後、御殿場市に寄贈された後一般公開されました。2009年からは和菓子の虎屋グループ会社が管理運営を行なっています。(門から岸邸までは竹林の中を歩いていきます。静かで風情があります。)元首相の所望のツバキの銘木「太郎冠者(400年近く花を咲かせていました)」が庭の中央に移植されていまし [続きを読む]