砂糖クツログ さん プロフィール

  •  
砂糖クツログさん: お父さんは働かないで飯が食いたい!
ハンドル名砂糖クツログ さん
ブログタイトルお父さんは働かないで飯が食いたい!
ブログURLhttp://unearnedincome-please.com/
サイト紹介文胆道閉鎖症の息子を持つ仕事をしたくないサラリーマンが息子の病気や育児、お金のことを書いていくブログ。
自由文不労所得を夢見ているけど所詮はただのサラリーマン。
当面は貯蓄や家計管理、資産運用、住宅ローンの事などのマネーに関することについて書いていこうと思っていたら、息子が胆道閉鎖症という難病に。
今は息子の病気や育児についての記事を中心に書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 306日(平均1.9回/週) - 参加 2016/11/17 17:39

砂糖クツログ さんのブログ記事

  • 生体肝移植を受けた息子。その後の様子について その6
  • 前回の記事を書いたときも引き続き熱とビリルビン、CRPが上昇したままでした。ですが、息子本人の機嫌は良い方で親としてはその点は少し安心できるのも事実。今回はその後の様子などについて書いていきたいと思います。24時間看護は助かるけど寂しいその日も朝から退院した妻と一緒に息子のもとへ向かいます。病室に着くと息子は嬉しそうにニコニコ顔で迎えてくれます!ほんとにこの瞬間は親として嬉しい限りです。本来であれば、 [続きを読む]
  • 生体肝移植を受けた息子。その後の様子について その5
  • 熱が出てビリルビンも上昇した息子。3歩進んで2歩下がるような状況が続きますが、少しずつでも進んでいければと思います。今回は、その後の様子について書いていきます。ついに妻が退院!先日、妻の退院予定日が決定したと書きましたが、予定通り退院することができました!以前も書きましたが、ドナーの平均入院期間は14日間なのですが妻は9日間で退院と非常に早い期間での退院です。妻の回復力も凄いのでしょうが、先生も上手に [続きを読む]
  • 生体肝移植を受けた息子。その後の様子について その4
  • 生体肝移植を行い、母子ともに順調に回復していると伝えていました。しかし、ここに来て息子の体調に変化が出てきました。妻の退院日が決定妻のところへお見舞いへ行くと嬉しいニュースが。なんと妻の退院日が決定したとのこと。退院予定日は術後9日目です。平均で14日前後での退院が多いようなので比較的早い方ですね。ほんと、妻の回復力には驚かされます。ただ、それでもお腹を開いたわけですから退院後はしばらく大人しくして [続きを読む]
  • 生体肝移植を受けた息子。その後の様子について その3
  • 妻がドナーとなり、生体肝移植を行った息子。術後の経過は妻も息子も比較的順調に進んでいるようです。そして、様々な進展もありましたので、それらについて書いていきたいと思います。ついにPICUから一般病棟へついに息子がPICUから一般病棟のリカバリー室へ移動することが決定しました!看護師さんが言っていたんですが、結構早い方みたいです!採血の結果、肝機能の数値は比較的落ち着いてきているようで、炎症の程度を表すCRP [続きを読む]
  • 生体肝移植を受けた息子。その後の様子について その2
  • 移植手術を行った次の日は、息子は比較的順調でしたが、妻の具合はよくありませんでした。その後の経過として、今回は生体肝移植後2日目以降の様子について書いていきたいと思います。術後2日目の様子について前日は息子が目を覚ましていたのでついつい遅くまで一緒にいてしまいました。しかし、妻の具合は良くなさそうだったので術後2日目は最初に息子のもとへ顔を出した後は看護師さん達に任せて、わたしは妻に付いていようと決 [続きを読む]
  • 生体肝移植を受けた息子。その後の様子について
  • つい先日、生体肝移植を受けた息子。手術は無事に終わりましたが、やはり気になるのはその後の経過について。なんと言っても臓器を入れ換える大手術なわけですから、それなりに合併症のリスクも多いです。それらに気を付けながら息子の世話をしていくことになります。と言っても、しばらくはPICUのスタッフの方にお任せする形になるんですけどね(笑)術後の予定PICUではまず呼吸や血流について確認をしていきます。術後すぐは呼吸 [続きを読む]
  • ついに生体肝移植を実施。とても長い1日となりました。
  • つい先日、ついに生体肝移植を行いました。結果を先に述べますと、ドナーの妻、レシピエントの息子ともに手術は成功しました!息子の方なんかは予定よりも2時間ほど早く終わったので、ほんとに先生達に感謝です。手術に向けて手術日の2日前。職場での引き継ぎを終えて自宅へ戻ったあとすぐに着替えて、あらかじめ用意しておいた荷物をもって車で病院へ向かいました。夜だったこともあり、3時間半程で病院で用意してくれた住宅へ到 [続きを読む]
  • 胆道閉鎖症の息子のその後。生体肝移植へ向けて。その3
  • 新しい病院へ転院し、移植へ向けての準備を進めていくことになった我が家ですが、やらなければいけないことが多く非常にバタバタしています。やはり移植と言うものはそれだけ大変なことなんですね…今更ですが。とりあえずは、先日話した経皮経肝胆道ドレナージの処置が終わりました。そしていよいよ移植をする日も決定。本格的に準備を進めていくことになります。移植への道のりまずは、経皮経肝胆道ドレナージの結果についてです [続きを読む]
  • 胆道閉鎖症の息子のその後。生体肝移植へ向けて。その2
  • さて、前回の記事でわたし達の息子に肝臓移植を受けさせる決断をしたことを書きました。その後は、あっという間に話がすすんでしまって既に移植を受ける病院への転院が完了しています。わたし達も迷いがなかったとは言え、正直展開が早すぎて付いていくのがやっとと言った感じです。更に、思いのほか早く移植を行うことにもなりそうです。それだけ息子の肝臓が傷んでいるということ。今できることは移植に向けて準備をすすめること [続きを読む]
  • 胆道閉鎖症の息子のその後。生体肝移植へ向けて。
  • 久しぶりの更新です。7月下旬から色々なことがありすぎてバタバタしてしまい、更新する暇がありませんでした。色々とは私自身のこともありますが、一番は胆道閉鎖症の息子のことです。一時は退院間近にまで回復してきたのですが、その後再び体調を崩し採血結果が悪化。退院が延びただけではなく、いよいよ次の治療法にまで話を進めなければいけなくなりました。そう、次の治療法とは生体肝移植のことです。生体肝移植の決断まで一 [続きを読む]
  • 胆道閉鎖症の息子が飲んでいる薬一覧。効用や飲ませ方について解説!
  • 過去の記事で何回も紹介してきましたが、わたしの息子は胆道閉鎖症という病気で現在、長期入院しています。1万人に1人の病気で難病指定されている大きな病気です。当然、症状を改善させるために薬を飲んでいるのですが、その薬の多いこと多いこと…。特にわたしの息子は、同じ病気でも肝臓の状態が他の子と比べて悪く、薬の種類も多いんです。病院の先生からもほぼフルコースに近い薬の数ですと言われるほど…(笑)そこで今回はわ [続きを読む]
  • 胆道閉鎖症の息子の入院生活で持っていって良かったもの14選!
  • わたしの息子は 胆道閉鎖症 と診断され手術を受けました。手術は無事成功しましたが、現在はその後の経過観察のため入院しています。手術をした時点で、だいぶ肝臓が傷んでいることから術後の経過も良いとは言えず、もう間もなくで入院してから4ヶ月が経過します。当然、妻もずっと付き添いで病院に寝泊まりしている状況です。当然わたしも休みの日は交代で泊まったりしますが妻への負担はかなりのもの。少しでも負担を軽減しよう [続きを読む]
  • ビリルビンとアルブミンとプレドニンとマーライオン
  • yuniming / Pixabay先日久しぶりに妻に代わって病院での付き添いをしましたが、今週は2日間の有給も申請していたので再度付き添いをしました!胃腸炎の時の失われた時間を取り戻しますよー!と思っていた付き添い日の前日。妻から連絡がありました。マーライオン再び。検査とドラ○もんの手妻「またマーライオンしちゃった」なんと再びマーライオンしてしまったとのこと!前回の記事で書いたように、乳鉢まで使ってすりつぶし、飲 [続きを読む]
  • 久しぶりの病院の付き添いと息子の笑顔
  • melindarmacaronikidcom / Pixabay今回は久しぶりに妻に代わって病院に泊まることになりました。私が胃腸炎になる直前に泊まって以来ですから、約3週間ぶり位でしょうか。そのため、勘を取り戻すために朝から病院へ向かって息子の面倒を見ることにしました。え?いつも朝から病院へ向かってるだろうって?その通りです(笑)もちろん、3週間前と同じであれば全く問題はなかったのですが、前回の記事でも書いたように、今回はリー [続きを読む]