砂糖クツログ さん プロフィール

  •  
砂糖クツログさん: お父さんは働かないで飯が食いたい!
ハンドル名砂糖クツログ さん
ブログタイトルお父さんは働かないで飯が食いたい!
ブログURLhttp://unearnedincome-please.com/
サイト紹介文胆道閉鎖症の息子を持つ仕事をしたくないサラリーマンが息子の病気や育児、お金のことを書いていくブログ。
自由文不労所得を夢見ているけど所詮はただのサラリーマン。
当面は貯蓄や家計管理、資産運用、住宅ローンの事などのマネーに関することについて書いていこうと思っていたら、息子が胆道閉鎖症という難病に。
今は息子の病気や育児についての記事を中心に書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 247日(平均1.9回/週) - 参加 2016/11/17 17:39

砂糖クツログ さんのブログ記事

  • 胆道閉鎖症の息子が飲んでいる薬一覧。効用や飲ませ方について解説!
  • 過去の記事で何回も紹介してきましたが、わたしの息子は胆道閉鎖症という病気で現在、長期入院しています。1万人に1人の病気で難病指定されている大きな病気です。当然、症状を改善させるために薬を飲んでいるのですが、その薬の多いこと多いこと…。特にわたしの息子は、同じ病気でも肝臓の状態が他の子と比べて悪く、薬の種類も多いんです。病院の先生からもほぼフルコースに近い薬の数ですと言われるほど…(笑)そこで今回はわ [続きを読む]
  • 胆道閉鎖症の息子の入院生活で持っていって良かったもの14選!
  • わたしの息子は 胆道閉鎖症 と診断され手術を受けました。手術は無事成功しましたが、現在はその後の経過観察のため入院しています。手術をした時点で、だいぶ肝臓が傷んでいることから術後の経過も良いとは言えず、もう間もなくで入院してから4ヶ月が経過します。当然、妻もずっと付き添いで病院に寝泊まりしている状況です。当然わたしも休みの日は交代で泊まったりしますが妻への負担はかなりのもの。少しでも負担を軽減しよう [続きを読む]
  • ビリルビンとアルブミンとプレドニンとマーライオン
  • yuniming / Pixabay先日久しぶりに妻に代わって病院での付き添いをしましたが、今週は2日間の有給も申請していたので再度付き添いをしました!胃腸炎の時の失われた時間を取り戻しますよー!と思っていた付き添い日の前日。妻から連絡がありました。マーライオン再び。検査とドラ○もんの手妻「またマーライオンしちゃった」なんと再びマーライオンしてしまったとのこと!前回の記事で書いたように、乳鉢まで使ってすりつぶし、飲 [続きを読む]
  • 久しぶりの病院の付き添いと息子の笑顔
  • melindarmacaronikidcom / Pixabay今回は久しぶりに妻に代わって病院に泊まることになりました。私が胃腸炎になる直前に泊まって以来ですから、約3週間ぶり位でしょうか。そのため、勘を取り戻すために朝から病院へ向かって息子の面倒を見ることにしました。え?いつも朝から病院へ向かってるだろうって?その通りです(笑)もちろん、3週間前と同じであれば全く問題はなかったのですが、前回の記事でも書いたように、今回はリー [続きを読む]
  • 息子が退院したあとのことを考えて。私が妻で妻が私だったら良かった。
  • jarmoluk / Pixabay前回、息子が早ければ7月上旬に退院できるかもしれないという話をしました。今回はその後の話と退院という説明を受けて退院後の生活等について考えた話を書いていきたいと思います。 面会が解禁となって初めての土日。当然のごとく息子の面倒を見るために、土曜日の朝から病院へ向かいました。病棟に着くと、ちょうど息子がお風呂に入る準備をしていて、私も久しぶりにお風呂に入れる手伝いをすることに。ご機嫌 [続きを読む]
  • 胆道閉鎖症と診断された息子。手術後の経過について その6
  • stux / Pixabayいよいよ6月に入りました!私の胃腸炎もすっかり治りましたので、私の面会も解禁となり早速息子に会ってきました!(笑)約2週間ぶりの対面。心なしか息子の顔付きが変わったように感じましたね。実際はミルクの量は増えたとはいえ、それでも通常の量よりは少ないですし、身長も体重も2週間前からそんなに変わっていないんですけどね(笑)プレドニンの副作用2週間ぶりに息子に会って顔つき変わったなぁと書きましたが、 [続きを読む]
  • 胆道閉鎖症と診断された息子。手術後の経過について その5
  • Alexas_Fotos / PixabayGWは育児に勤しんだ毎日でしたが、実はその後に悲劇が待っていました…。今回は、GW後の事件を中心に書いていきたいと思います。大学病院内で流行していたもの…GWの後、別の病棟から元の病棟に戻り「やっぱり元の病室がいーね!」と病室のお母さん達が話している日にある報せが届きました。それは別の病棟へ移っているときに友だちになった3歳の女の子とそのお母さんについてでした。内容はその3歳の女の子 [続きを読む]
  • 胆道閉鎖症と診断された息子。手術後の経過について その4
  • Tumisu / PixabayGWが終了して5月ももう後半へ、休みボケもすっかり抜けきりましたね。皆さんはGWをどう過ごしたのでしょうか。私はもちろん病院での育児の毎日でした。せっかくの長期休暇なので多めに病院に泊まって妻を休ませることができたのは良かったです。また、息子とも病室ではありますがゆっくり過ごせたのは非常に楽しかったですね。初めての家族3人でのGW内視鏡検査も終わり、食道に小さい静脈瘤はあるもののただちに影 [続きを読む]
  • 子どもの進学費用に使える学資保険。我が家で加入を見送った理由
  • geralt / Pixabay子供の教育資金として積立が可能で、大学や専門学校の進学費用などに利用できる学資保険。子供がいる家庭にとっては非常にメジャーな金融商品だと思います。我が家でも子どもが生まれたので、当然加入を検討しました。しかし、様々な点を考慮した結果、我が家では保険に加入しないことにしました。と言うわけで、今回は学資保険の内容についてふれた上で、なぜ我が家で学資保険の加入を見送ったのか説明したいと思 [続きを読む]
  • 胆道閉鎖症と診断された息子。手術後の経過について その3
  • stevepb / Pixabay先日、ミルクを50ccに増やしたことで再び腹水が出てきてしまった息子。腹水を治めるために40ccに逆戻りとなりました。ミルクを50ccに増やした付近での採血の結果では、総ビリルビンが4.2、直接ビリルビンが2.6と直近の結果よりも若干悪化。(とは言え、葛西手術前はどちらも二桁の数値なのでそれと比べればマシですが…)その結果を踏まえて、病院の先生から合併症が発生していないか一度検査してみましょうとの [続きを読む]
  • 胆道閉鎖症と診断された息子。手術後の経過について その2
  • Pexels / Pixabay手術後徐々にミルクの量を増やしてもらった息子ですが、90ccまで増やしたところ腹水でお腹がパンパンになってしまい30ccに戻されました。その後、様子を見て40ccに増やしたところ、一時的にお腹が膨れかけましたが、その後数日したらお腹の張りは治まりもとに戻り安心していたのもつかの間、またよろしくない状況が発生しました。またもや腹水が治まらない…。40ccのミルクでも容態が安定しているのでいよいよミル [続きを読む]