田端 裕司 さん プロフィール

  •  
田端 裕司さん: 恋スルBLOG
ハンドル名田端 裕司 さん
ブログタイトル恋スルBLOG
ブログURLhttp://www.koiblo2012.jp/
サイト紹介文元草食系男子が恋愛、夫婦関係、妻との日常について語るブログです。
自由文人気記事 ベスト3
結婚のメリットは、たった一つこれしかない。
http://www.koiblo2012.jp/entry/2014/06/12/224559
何でも言い合える夫婦は、破滅にまっしぐら。
http://www.koiblo2012.jp/entry/2014/09/12/234100
選択肢は2つだけ。SEXするかしないか。
http://www.koiblo2012.jp/entry/2015/05/25/120000
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供115回 / 221日(平均3.6回/週) - 参加 2016/11/17 10:35

田端 裕司 さんのブログ記事

  • 【新宿グルメ】雰囲気も、味も、価格も、スタッフさんも最高だった! ROBATA幸!
  • 東京1日目。友人と夜に食事することにしていたので、やってきました、ROBATA幸。このお店をチョイスしたのは、共通の先輩が経営しているお店だったから。予約できるかどうかちょっと不安だったけど、なんとか当日、いい時間帯に予約できた。場所は、西新宿。大きな歩道橋の近く。初めて行く人は、ちょっと迷うかも。僕もちょっと迷ってしまい、結局、スマホのGPSのお世話になった。僕が案内されたのは、炭火網焼きしているところ [続きを読む]
  • セックスから逃げないで。
  • 「セックスしよっ」アラフォー世代なら、誰でもわかってもらえる、人気ドラマの名言です。そして、それを人気の女優さんが言ったから、当時、めちゃくちゃインパクトがあったんですね。これを読んでくださっている若い女の子には、「そうなんだ」としか思えないかもしれませんが。時は移り変わって、2017年。ネットや雑誌に代表されるメディアでは、セックス、SEXという文字が飛び交い、昔に比べてセックスはオープンなものにな [続きを読む]
  • 告白して振られたとき、片思いをし続けてチャンスを待つという選択
  • 「ごめん、やっぱり付き合えない」「他に好きな人がいるから」「今は、他にやりたいことがあるから」告白したけど、うまくいかなかった。恋愛だから、うまくいく確率をあげる方法はあっても、100%うまくいく方法はありません。だから、告白するのはいいけれど、失敗するリスクもある。だから、恋愛って、楽しくて、そして、切ないんですけれど。振られたときの選択肢告白した結果、振られてしまった場合、振られたあなたが取る [続きを読む]
  • 新宿の静かな隠れ家的カフェ BEANUS CAFE でくつろいで来た!
  • 僕は新宿が苦手です。なぜなら、人が多くて疲れるからです。田舎者だから、慣れてないんですね。そんな人混みが苦手な僕がくつろげた新宿のカフェを紹介します。僕がこのカフェを知ったのは、まとめサイトにまとめられていたからです。他にもいくつか候補があったのですが、自分の予定を照らし合わせた結果、ここをチョイスしました。入り口も写真を取れば良かったのですが、ちょうどカフェが2軒並んでいます。知らなければ、隣 [続きを読む]
  • 重い女のメンタルとその脱出方法についての考察
  • ここ数日、LINE@で「重い女」について、いくつかご相談を受けました。だから、今回は、過去のブログとは別の視点で、「重い」ということについて、書いてみます。www.koiblo2012.jp重いどうかは彼が決めること過去のブログで、「重い」かどうかは、最終的には彼が決めることとお伝えしました。だから、あなたがこんなことして、重いと受け取られないかあと思って悩むのは、ある意味、時間の無駄なんですね。なぜなら、あなたが [続きを読む]
  • 彼にモヤモヤしたときに読みたいエントリー
  • 「そんなこと、言ってもいいんですか?」「それを言ったら、嫌われると思うんですけど。」個別のカウンセリングや LINE@で、ときどきこんなお話になることがあります。で、実際、勇気を持って言ってみると、すんなりお願いが叶ってしまったというご報告をいただきます。もちろん、お願いの大小はありますけれど。彼とコミュニケーションを取るときに、一番大きな障害になることって、やっぱり思い込みなんですね。前回、勝手な思 [続きを読む]
  • 彼とのケンカを減らすには、勝手に決めつけるのをやめなさい。
  • 「ねぇ、もっと分かってよ」「えっ、何のこと?」「ホントは分かっているでしょ?」「分かんないよ」「ホントに分からないの?」「分かんないって、教えてよ」「あなたって人は、ホントに…」こんな感じの会話をしたことがある女性は、必ずいると思います。もしかしたら、あなたもそうかもしれません。ちょっと、デフォルトしているので、伝わりにくいかもしれませんが。たいていの場合、この後、彼女は、彼に怒ってケンカになり [続きを読む]
  • なぜ、男は若い女が好きなのか?
  • 「男性は、どうして若い女性を選ぶんですか?」LINE@で、こんな質問がいくつかあったので、ブログを読んでくださっている方にもシェアします。とにかく男は外見重視初対面のときに、男が女性を判断するときに、まず何よりも重視するもの、それは、やっぱり外見なんですね。この外見の中でも、まず重視されるのが、顔で、その後、スタイルや雰囲気と続いていきます。女性の方は、ムカつくかもしれませんが、これは本能的なもので [続きを読む]
  • 彼が別れたくなる女子の特徴
  • 「でも、やっぱり気になるんですよ」「〇〇だから、大丈夫ですよ」「だったら、ここはどうなるんですか?「そこは△△だから、問題ないですよ」「でも、◇◇もひっかかるんですよね…」「……」新しく彼ができてもすぐに別れてしまう人。日々、恋愛相談をしていると、そんな女性とお話することがたびたびあります。恋愛だから、うまくいかなくなることは、当然、あります。もちろん、お付き合いしてみたけれど、違ったということ [続きを読む]
  • 都合のいい女? 彼に尽くさせる彼女? あなたはどっち?
  • 「その人とは、結局、付き合っているの?」「うーん」「でも、エッチしたんでしょ?」「そうなんだけど・・・・。彼に聞いてみたの。私たちってどういう関係?って」「それで?」「友達って言われた」セックスしたのに彼が付き合ってくれないんです。ときどき、こんなご相談をいただきます。大人の恋愛にはセックスは外せないもの。女性の立場からみれば、セックスしたんだから、当然、彼は付き合ってくれるはずと思ってしまう。 [続きを読む]
  • 重い女を卒業するはじめの一歩を踏み出せ!
  • 恋愛で、NGになる女。重い女。「こんなこと言って重く思われないですかね」「私のやっていること、重いですか?」「私って思い女でしょうか?」恋愛相談、個別カウンセリングをしていますと、よくこんなご相談をいただきます。もちろん、「それはちょっと彼がしんどいのでは?」と思うときもありますし、「別に全然そんなことないし」と思うときもあります。そもそも、思い女の意味を取り違えていると思うときすらあります。とり [続きを読む]
  • 片想いの女子に告ぐ、「好き、好き」言わないと伝わらないよ。
  • 「彼と会っているんだけど、なかなか進展しなくって。」「デート中はどんなことを話しているの?」「たわいもない話。普通の話よ。」「それで、盛り上がるの?」「うーん、そこそこかなあ」彼と関係が進展しない。会う回数もそれなりにある。LINEの返信もちゃんとある。でも、誘うのは私ばかりだし、LINEも私からばかり。彼はその気がないのではと思ってしまう。日頃、相談を受けているとこんな悩みを持っている女性が増えている [続きを読む]
  • おごってもらう女とセックスさせてくれる女、愛されるのはどっち?
  • 「好意を持ってもらいたい」「好かれたい」「愛されたい」大好きな彼ができたら、当然だと思う。そして、「彼に好かれるために何ができるの?」って、考えるよね。例えば、ごはんを作ってあげるLINEを即レスする好き好き光線を出すスキンシップを許すセックスを許すプレゼントをあげるまだまだいろいろあると思うんだけど、僕が今思いつくのはこのくらい。こんな感じのことを彼に与えてあげた結果、彼とうまくいった人はどのくら [続きを読む]
  • あなたが忘れているいい男、いい夫の条件
  • 「心が折れて、30歳手前で転職する人が多いみたいだよ」「なんかもったいないねえ、せっかくガンバって入った会社なのに」「彼女ができてもデートもできないくらい忙しいらしいよ」「そうなんだ」「で、結局、彼女から別れを告げられるらしいんだって」そう、結局、時間なのだ。結婚相手に求めたいものは、時間しかない。彼は、イケメンで、収入もあって、育児も家事もやる気はあるかもしれない。けれど、時間がない男は、あなた [続きを読む]
  • 女は、こんな男に出会ったら、結婚を決意せよ。
  •   離婚が全く珍しいものではなくなったのはいつの頃からだろうか。このブログを書いている間にも、1組くらいは離婚が成立している世の中である。離婚の理由はいろいろある。価値観の不一致、浮気や不倫など、離婚するカップルがいればいるだけ理由があるだろう。結婚生活に失敗するのは仕方がない。なんせ、初めて相手と一緒に暮らすのだ。暮らしているうちに一緒にいられないという気持ちになってしまうのも当然かもしれない [続きを読む]