KaChi さん プロフィール

  •  
KaChiさん: 月光石箱
ハンドル名KaChi さん
ブログタイトル月光石箱
ブログURLhttp://moonlightonice.blog.fc2.com/
サイト紹介文BL小説・アニメいろいろ
自由文はじめまして!よろしくお願いします!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 127日(平均1.4回/週) - 参加 2016/11/17 11:45

KaChi さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 長い初恋が実ったら 3
  •  今まで彬にそんなことなどされたこともなければ、されるなんて想像もしていなかった理世は、突然のことで動揺を隠せなかった。「…あっくん?」「そうそう。その呼び方やめてくれないかな。社会人にもなって、それはないだろ。もう友達じゃないんだし」「え……?」「俺のことは七瀬でいい。呼び捨てで構わないから。後輩なんだし」「そんな呼び捨てって……そんなことできないよ……でもせめて、さん付けで……」「いいよ何でも [続きを読む]
  • 幸せは花束と共に 3
  •  言われた通り分厚いコピー用紙の束を30部作り終えた春海は、デスクの上に綺麗に積み上げた。仕事が終わったことを伝えようとすると、隣の席に座ってこちらを見ていたらしい加勢と視線がぶつかった。加勢に真っ直ぐに見つめられて、なぜか心臓の鼓動が早くなってくる。もしかして仕事が片付くまで、ずっと見つめられていたのだろうか。そう思うと更にどきどきが早まったような気がした。こんなことは、初めてだった。目が合うこ [続きを読む]
  • 長い初恋が実ったら 2
  •  ようやくいつもの自分を取り戻した理世が自分の机のある営業部へ向かうと、研修担当の先輩が来ていて理世を見つけて手招きした。 後ろには一目惚れした彼がいた。せっかく平常心を取り戻したというのに、また鼓動が早くなりそうだ。顔を上げられない理世を構うことなく先輩は、用件を話し出した。「いきなりで悪いけど、今日から彼に仕事を教えて欲しいんだ」 僕がですか? と問う時間も与えずに先輩は続けた。「本当は違う人 [続きを読む]
  • お久しぶりです
  • ご無沙汰しております (^-^)/『新人後輩』を最終話に向けて執筆頑張っております!その前に、『長い初恋が実ったら 』をUPしていますので、こちらも楽しんでいただけると嬉しいですo(^▽^)o『長い初恋が実ったら 』次話は、3/21を予定していますのでお楽しみに♪ [続きを読む]
  • 長い初恋が実ったら 1
  • 「凄い新人が入ったみたいだぜ」 同僚である中原の凄いという言葉を、安藤理世は小首を傾げて(期待の新人ってことかな?)と頭の中で変換してから相槌を打った。 どこがどう凄いのかを聞き出そうとする前に、「噂をすれば、おいでなすった」と中原は理世に目配せした。 まるでカルガモの親子のように研修担当の後ろを4月に入社したばかりの新人達がぞろぞろとついて行く。 さきほど研修を終えたばかりの彼らは、これから各々 [続きを読む]
  • 新人後輩のいきすぎた愛に困ってます。 9
  • 「形に……形に拘るに決まっているじゃないですか。俺には、その形に縋るより他ないんですから」 俺は何も言い返せずに言葉に詰まった。 ここに来て、俺と沢原や黒崎との気持ちの重さの違いに気が付いたからだ。 お互い男だからなのだろうか。 俺は今までのような付き合いが続くものだと思い込んでいた。 その延長線上に好きだと言う感情が乗っかっているだけだと。 身体の関係も、気持ちがいいならいいんじゃないかなんて、 [続きを読む]
  • 新人後輩のいきすぎた愛に困ってます。 8
  •  肌触りが良くふわふわでさらさらな毛に頬を摺り寄せると同時に、心地よい温もりを抱き寄せていた。「ん…大和さん」 沢原がまだ一緒に寝ていようというように抱き付いてくる。 そんな甘えた仕草が可愛くて、胸に抱いたまま眠気眼で視線を彷徨わせて時計を探す。 外はすっかり明るくて、窓から高く上った太陽とすがすがしい青空が見えた。 そしてどこからか美味しい香りが漂ってくる。ここにはいない黒崎がどうやら何かを作っ [続きを読む]
  • 新人後輩のいきすぎた愛に困ってます。 7
  •  少しずつ出しては入れてを繰り返しながら、けれども着実に黒崎が中に入って来る。 狭隘を拡げられ、内臓を押し上げられるような苦しさに眉間に深い皺を刻んでしまう。「くっ」と息を詰めると、下から沢原が愛おしそうに優しく頬を包み込んできた。 「大和さん、ゆっくりでいいです。さっきのように息を吸って…吐いて…」 沢原がするように、同じように呼吸をしたい。 でもそれが上手に出来ない。 沢原の顔が滲んでよく見え [続きを読む]
  • 謹賀新年!!
  •  新年あけましておめでとうございます!! 2017年どうぞよろしくお願い申し上げます! 2016年、思えばユーリ!!!オン アイスというアニメからブログを再立ち上げして始まりました! そこからBL小説を書き、2017年を迎えました。 ここを訪れてくださって本当にありがとうございます! これもご縁かと思いますので、どうぞよろしくお願いします! ユーリのBD買ってきました! 缶バッジ?があったみたいな [続きを読む]
  • 新人後輩のいきすぎた愛に困ってます。 6
  •  黒崎にされるがままに腰を落としてゆく。 大きく脚を開いた沢原の後孔に先端をぴたりと当てると、そこが誘うようにひくひくと食む様に開閉した。 後孔に、ちゅっとキスして、ゆっくりと黒崎に腰を押される。 すでに柔らかな沢原のそこは、抵抗なく俺のモノを飲み込んで行く。 纏わりつくようにぴったりと包み込まれて、まるで自分のために存在しているのかと錯覚してしまいそうなほど、沢原の中はきっちりとはまり気持ちが良 [続きを読む]
  • 新人後輩のいきすぎた愛に困ってます。 5
  • 「初めは俺達は抜け駆けしないように二人で牽制し合っていたんですけど」「そんなことをしても、俺達にメリットなどないことが解ったんです」 沢原の言葉を引き継ぐように黒崎が言った。 そうして二人は納得し解り合った同士のように頷きあい、黒崎は言った。「沢原と付き合う大和さんを見守り続けることも、祝福することも俺には出来ないからです」「それは俺もです」と沢原が頷いた。「どうして俺が沢原と黒崎どちらかと付き合 [続きを読む]
  • 新人後輩のいきすぎた愛に困ってます。 4
  •  バレたものはしょうがない。 目を開けて、まずは拘束された両手首を見る。そこには手首を傷つけないためのクッション付きの手錠がはめられて、テーブルの脚に固定されていた。 どこで買って来たんだよという言葉を飲み込んで二人を睨みつけた。「ですよねじゃねーよ!さっさと手錠を外せ!!」「嫌です」「出来ません」  二人の即答に頭に血が上る。けれどもそういう時にこそ冷静になれと、これまで培ってきた理性が怒りにブ [続きを読む]
  • 新人後輩のいきすぎた愛に困ってます。 3
  •  真っ暗な暗闇の中で、跳ねた水の音がする。 後輩の家で酒を飲んでいたなとゆっくりと思い出した。 身体は浮遊感に包まれているが、覚醒に近づくにつれて頭がずきずきと痛くなっていく。 ゆっくりと重い瞼を持ち上げると途端にまぶしい光が視界を遮って、思わず目を閉じた。 その間にも水音はやまない。 どこから聞こえてくるんだろうかと耳をすませば、それは俺のすぐ頭上だった。 うっすらと目を開けると、二人の人間が顔 [続きを読む]
  • 新人後輩のいきすぎた愛に困ってます。 2
  • 「さてと始めるかー。会議室どっか空いている所あったか?」 資料を小脇に抱えている黒崎が、「C―1なら空いてるみたいです」という。「沢原、頼んでたやつまとめられたか?」「はい。あと営業成績もあったらいいかと思いましたので、頼んでコピー貰ってきちゃいました」「お前仕事早いな」 褒めると、殊更嬉しそうな顔をする。 男だと解っていても、にこにこしていると本当に可愛いから、大和もつられて笑って機嫌がよくなっ [続きを読む]
  • 新人後輩のいきすぎた愛に困ってます。 1
  • 「おはようございます。大和さん」 身長188cmの長身にロングコートを羽織り、爽やかなマスクで現れたのは、社会人1年目の黒崎誠一郎(くろさき せいいちろう)だ。 入社当初から何でもそつなくテキパキとこなして物覚えが早い。 その上、出来る男を鼻にかけない後輩だ。 人格良し、かつ羨ましいほどのルックスを併せ持つ黒崎がいる先々では、常に女性陣の熱い視線が付きまとっている。 まぁ、顔面偏差値『中』くらいの [続きを読む]
  • 愛へのプロローグ
  • 暖色系の柔らかな明かりに浮かび上がる二つのシルエットが重なりあうと、部屋の空気が一気に濃密なものへと変わった。ビジネスマンがよく利用するホテルのシンプルな部屋にはシングルのベッドが二つ並んでいるが、片方は使われた様子はなく乱れた所などない。だが、そのもう片方のシーツは大きく波打ち、ベッドはまるで悲鳴のような軋みを上げていた。ベッド向かいの部屋中央にある鏡台には几帳面に分けて並べられた二人分の時計、 [続きを読む]
  • 次はマリッジリングですねわかります
  • こんばんはテンション上がったり下がったりな日々を送ってます。渦中のご本人の口からエンゲージリングという言葉を頂きましたが、やはりゆうりは金メダル取ったら別れを告げるつもりのようですね。「婚約おめでとう!」からのあの展開はナイス(笑)あの場に居たかった。GPFで一番滑走に笑ってしまいましたが、彼からのリングへのおまじないのキスに、ゆうりもキス重ねてたのが良かった。あれでしょうか。金メダル取ったら、彼の方 [続きを読む]
  • HPのグッズと11話の解説にも注目
  • こんにちは何だか主人公の口から引退の言葉を聞いて落ち込んでました。でも最初に言ってました。すでに布石は打たれてましたもんね。競技人生は短いのだと。自分でも何でだよ!?っていうくらいには落ち込んでいたようで仕事でポカして挽回するのに必死だったよ(笑)あぁーもう一番やったらあかんヤツです。社会人として。アニメ見てショック受けてやっちまうとか、ないわーHPのグッズだったかな?ケーキあったよ!黒バスとかの時 [続きを読む]
  • 第一話から見直す
  • 初めは芋っぽいコブタちゃんが、まるで人を誘惑する魔性の鱗粉を振り撒く蝶のように変化を遂げたみたいだと、第1話から見て思う。例の、滑走終わったゆうりに抱きついてキスしたシーン。ゆうりが驚かなかったことから、二人はそういう事なんだと思う。あれは、何度もしとるから驚かなかったんです。もし初めてだったら、ゆうりのことだからパニックになりそうだと思うから。ゆうりが驚かなかったからキスしてないという、そんな選 [続きを読む]
  • 切なる願望
  • リビングレジェンドを跪かせ靴にキスをさせてしまうほどに、魔性に羽化したゆうり。きっと優勝して別れがやってくる。復帰した彼と、夢にまで見た同じリングで優勝をかけて闘うのかな。表彰台は1つしかない。だからこそ、同じ台に二人で肩を並べて欲しいなと切に願う。引退したら泣く。絶対泣く・゚・(つД`)・゚・リンク先を追加したよ!遊びに行ってみてね。くれぐれもマナーを忘れずに! [続きを読む]
  • ホントに好きなのね
  • 足の甲へのキスは『隷属』だそうです。頬を染めながらも、まんざらでもないようなゆうりにドキドキ(〃ノωノ)ヨダレ垂らしてたマッカチンがカワイイなんて思っていたら大変な事に。゚(゚´Д`゚)゚。大好きだから助かって欲しい(T_T)待て次週!ですね。 [続きを読む]
  • 迷う……!!!
  • TVアニメ『ユーリ!!! on ice』のHP見に行って……BD全巻購入特典に迷う☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆全巻入れるboxも欲しい。とらのあな……(*´ρ`*) 二人のLOVELOVEな入浴シーンなんて見てませんよ(*´ρ`*)マッカチン!マッカチンが可愛すぎ!!!PCだとマウスで項目選ぶときにマッカチンが現れてカワイイ(ノ´▽`*)b☆クリスマスに向けて、小説を作成中です。オリジナル リーマン小説の3pモノ連結系です。Y [続きを読む]
  • 滾ってるっっ!!!
  • はじめましてKACHI こと カチ と申します。以前ブログしていましたが、閉鎖しました。が、スケートアニメを見て再び、ブログを立ち上げてしまいましたぁ〜!!毎週楽しみに見て、公式ありがとう!と心の中で呟いておりましたが第7話 を見て。公式ーー!!!ありがとう!!!と叫んでしまいました。もう各国公式公認ですねコレ!!!キスしてましたもんね!!公衆面前で!!!挙式はいつですか。大会が落ち着いてからです [続きを読む]
  • ご協力お願いいたします
  • *・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・゜・*男性同士の恋愛(女性向き要素)が含まれたオリジナルBL小説サイトです。JUNE、ボーイズラブといった言葉をご存知でない方、ご理解が得られない方、そういったものに嫌悪感を抱かれる方の閲覧はご遠慮下さい。 18歳未満(高校生含む)の方は閲覧を禁止しております。18歳未満(高校生含む)の方は、画 [続きを読む]
  • 過去の記事 …