ナラ さん プロフィール

  •  
ナラさん: 表情恐怖症! 表情恐怖症から解放された私の記録
ハンドル名ナラ さん
ブログタイトル表情恐怖症! 表情恐怖症から解放された私の記録
ブログURLhttp://blackstar114.blog.jp/
サイト紹介文表情恐怖症、対人恐怖症、社交不安障害を7年目でやっと克服できました。その記録をブログで発表しています
自由文表情恐怖症、視線恐怖症、赤面症、対人恐怖症といった社会不安障害(神経症)の体験記。
表情恐怖症を苦節7年ようやく治すことができました。
無意識から心の根底から原因を治していくことができる方法に出会えました。
それ以外で表情恐怖症や対人恐怖症から抜け出せる道は殆ど無いと思います。
同じ症状の方は幸せに生きるために一刻も早く解決を図って下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 27日(平均2.3回/週) - 参加 2016/11/19 14:31

ナラ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 表情恐怖と対人恐怖治療で催眠療法に通った話
  • 私は自分でも治せない、カウンセリングでも治らない、本を読んでも無理ということで、表情恐怖症を何とか治そうと今度は催眠療法に通うことにしました。お金は親が出してくれました。東京の有名な催眠療法を受けに行った時の話です。私はもう無意識の根底から解決するしか無いと思いました。これだけ何をやっても治らないのだから。緊張しながら東京で催眠療法を受けてみましたが、催眠状態に入ることができませんでした。親からお [続きを読む]
  • ドリームアートの神経症克服プログラムを受けた話
  • 催眠療法への期待を無惨に打ち砕かれた私は、次の希望の光を東京に再び見出しました。日本一と受けた方が口をそろえて言う岩波先生がやられているドリームアートの神経症克服プログラムです。新宿と大阪でやっている心理プログラムで、超催眠状態で心の根底を洗い出して、神経症を解決していくやり方です。私が受けた催眠療法よりはるかに威力があり、別次元の実感がありました。催眠状態の浅いのすら一度も入れなかった私でも強烈 [続きを読む]
  • 表情恐怖のトラウマ 顔がひきつっていると言われたこと
  • 高校生の時、色々な対人恐怖の症状で苦しんでいましたが、何とか学校生活を無理矢理にでも送れていました。苦しかったことは間違いないけれど、友達に「顔がひきつっているよ」と立て続けに二回言われたことがショックで、表情恐怖が劇的に悪化していきました。私はその子とは友達だと思っていたので、苦手な人ほどは表情が強張っていなかったと思います。自分でも意識していなかったから、「ひきつっているよ」と指摘されるほどじ [続きを読む]
  • のちの表情恐怖症に繋がったある出来事
  • 私が対人恐怖(表情恐怖、視線恐怖、赤面症)になってしまったのは中学生の時でしたが、小学生の頃にその原因がありました。他にも多くのことが重なって神経症になってしまいましたが、大きなトラウマと表情への異変への気づきが起きてしまった出来事なので、書いておきたいと思います。                      人前で歌のテストをした時に、私はすごく緊張してしまい、顔の筋肉が硬直してきたのを感じま [続きを読む]
  • 表情恐怖症の始まりから悪化していくまでの話
  • 最初は表情恐怖は、苦手だな、恐い人そうだなと思う人と話してる時になりました。心臓がドキドキしたり、顔がひきつったりして、話もぎこちなくなります。それを気にするようになってからは、ちょっと苦手だと思う人にも出るようになってしまいました。凄い緊張して顔が強ばっていき、愛想笑いもできなくなり顔がひきつりだけ意識してしまって、うまく話せなかったり、赤面症がぶり返したり異常に汗をかいてしまうようになっていき [続きを読む]
  • カウンセラーの力を借りて表情恐怖症を治そうとした話
  • 私は表情恐怖症や対人恐怖症を治すために、心理カウンセリングや心理相談室のような所に通っていました。カウンセラーの人はすごくいい人でした。ちゃんと悩みを聞いてくれて一生懸命になってくれるので、私の心の支えになっていました。表情恐怖症解決という意味では力になれなかったけれど(その人のせいではありません。全部神経症があまりに治すことが難しいのが悪いのです)最初はカウンセリングをしていけば「いつかきっと治 [続きを読む]
  • 表情恐怖症だった過去の私を振り返ってみます
  • 私は小さい頃から外ではおとなしく、緊張しがちな子どもでした。青春期からは自分の赤面や視線が気になって仕方が無く、表情恐怖症も次第に生じてきました。常に人の目を気にし、自分の表情に意識が過大に向くようになって、表情も硬くなり、こわばりがちになりました。自分の表情、視線が相手にどういう風に思われるかをいつも意識してしまう為、気を自分にも人にも許せなくなりました。いつも心に引っかかるものが有る感じで、皆 [続きを読む]
  • 表情恐怖症に悪化していくまでの経緯
  • 多くの対人恐怖症、表情恐怖症の方々と同じく、私も中学時代から症状がではじめました。青春期に入ってからです。でも、最初は表情恐怖症ではなく、赤面症です。赤面症。最初は意識をしてしまった人間に対して赤面症が出てしまいましたが、次第に相手が誰であるかに関係なく、急に話かけられると顔が真っ赤になりました。汗も嫌なぐらい出てくるし、そんな自分が嫌だったし、人から変な眼で見られることを恐れるようになりました。 [続きを読む]
  • 表情恐怖症から解放された 最後の心理療法体験記録
  • 私の表情恐怖症(無事かつての症状となりました ホッ)人と話すと顔がこわばってしまう。好きで表情が固くなるわけじゃない。勝手になってしまう。だから人と接するのが恐怖だ。笑顔ができないので、人に緊張感や不安感を与えてしまい、つらい。無理に笑おうとして顔がひきつり、自己嫌悪に陥る。毎日毎日、顔の表情筋のストレッチをする。家で鏡を見ながら表情の練習をして、柔和な表情を作ったりするけれど、その時は大丈夫!  [続きを読む]
  • 過去の記事 …