masashi さん プロフィール

  •  
masashiさん: オヤジ、トランペットはじめました
ハンドル名masashi さん
ブログタイトルオヤジ、トランペットはじめました
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kazewokanjite2-trumpet/
サイト紹介文52歳にしてトランペットに挑戦することにしました。ニニ・ロッソの「夜空のトランペット」が目標。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 302日(平均1.4回/週) - 参加 2016/11/19 20:41

masashi さんのブログ記事

  • スイカの種を飛ばすイメージで
  • 昨日もこのブログでご紹介しましたが、唇の姿勢として『スイカの種を飛ばすイメージ』というのがありましたので、今日の練習で試してみました。今までは、なんとなく唇をマウスピースにくっつけていたのですが、今日は、マウスピースから唇を離す度に、『スイカの種を飛ばすイメージ』を意識して吹いてみました。高音が出たわけではないのですが、中低音がいつもよりきれいに出たような気がします。まだまだ改良の余地はあると思う [続きを読む]
  • 唇の姿勢がバチッと決まらないと進歩はないと気づいた
  • 昨日は雨天でしたので、サイレントブラスを使って室内練習。唇の調子が悪く、音が出ず。ハイノートはもとより、中音・低音も出にくい状態。もう一度、教則本を読み返してみました。今使っている教則本には、唇の姿勢の項で、『唇の左右は、あまり引かずに、軽く前歯に密着する程度』と書かれています。唇に関しては、折に触れ、『唇は引いてはいけません。むしろ、唇の中央に寄せるような感じで、筋肉を作ってゆきましょう』と書い [続きを読む]
  • 唇の調子ってあるのか?今日はすんなりソが鳴ったよ
  • 昨日は、高音が全くと言っていいほど出なかったのですが、今日は、この練習で、あっさり「ソ」まで出ました。決して、良い音とは言えないのですが、とりあえず、でました・・・「ソ」です。上の写真の一番下のレッスン。今日は、なんとなくですが、唇とマウスピースの当たり具合が良かったように思います。日によっては、あきらかに高い音が出ないだろうと分かる当たり方があります。これって何なんですかね〜?根気よく続けていれ [続きを読む]
  • 昨日と今日は調子が悪いです
  • いつもながらの教則本練習。目下の壁はこのレッスン。ソから半音ずつ1オクターブ上のソまでスラーで上げていくのですが、いけてファ♯、調子が悪いとミ止まり。たまにソも出るのですが、かろうじてっていう感じ。いつどんな状態でも、ソ〜ソまで吹けるようになるには、どうすればいいのか・・・下の注意書きに、「決してあせってはいけません。短時間で出来るものではありませんから、何日かけても根気よく続けましょう。」と書か [続きを読む]
  • 『365日の紙飛行機』のお手本
  • 前回、練習する曲の中に『365日の紙飛行機』を加えたと書きましたが、トランペットで吹くとこんな感じです。お手本を見て頂きましょう。使っておられる楽器も相当高そうですし、音響設備もすごいですね。そのうちYoutubeにアップしようと思っていますが、私の撮る動画は、ハンディビデオカメラですので、下手な上に音も悪いので、相当なハンデですが、この方に一歩でも近づけるよう、頑張ります。最後まで読んで頂きありがとうござ [続きを読む]
  • 新練習曲投入・・・365日の紙飛行機
  • 毎日練習しているわけでもなく、練習するといっても同じ教則本を繰り返し繰り返し・・・ですので、ネタがほとんどないのです。ブログの更新ができないのは、その辺が理由。全く練習していないのかというと、そんなことはなく、平日は1回か2回。土日はほぼ毎回練習しているんですよ。で、最近の調子なのですが、相変わらず高音が出せずに苦労しています。教則本には焦らないことと書いてありますので、焦らないようにしていますが、 [続きを読む]
  • 上手い下手は別にして、TPスカッとしますね
  • 今日の高島市、残暑が強烈です。昼間はものすごい日差しでしたね。琵琶湖は水遊びをする人で賑わっていました。そんな中で、練習していたのですが、琵琶湖岸は松林があるので、意外と涼しいんですよ。心地よい風も吹いていますし・・・ところで、水遊びをしている方々は、私の吹奏をどう思っておられるのでしょうか?「やかまし〜ワイ!」「ヘタやな〜」「しずかちゃんか!」てなところでしょうか(笑)でも、こっちは、琵琶湖に向 [続きを読む]
  • クリーニング
  • 今日は、トランペットの大掃除。本当は1ケ月に1回はした方が良いそうですが、なかなか手が回りません。ピストンバルブを抜いて、抜差管も全部はずし、専用の洗剤を使ってゴシゴシ。もちろん、マウスピースも。抜差管にはスライドグリスを塗って、ピストンにはバルブオイルを点して、仕上げは表面をラッカーポリッシュで磨いて完了。これで次回から気持ち良く練習できます。諦めずに繰り返す。これが大事。最後まで読んで頂きありが [続きを読む]
  • 舌を上顎に密着させる感じかな?
  • 舌を上顎に密着させるようにすると、空気のとおり穴が狭まり、息を吐くスピードが上がるはず。そして、唇の形を工夫すれば、更に息のスピードは上がる。つまり高音が出る。理屈から言えばこういうことになるんだろうけれど、なかなか上手くいかない。唇の筋力強化が不足しているせいもある。それから、教則本には上の歯と上唇の間には空気を入れてはいけないと書いてある。エリック宮城さん の吹奏動画を見ると、頬は膨らんでいる [続きを読む]
  • 今日は調子が悪かった
  • 前回の練習から少し時間が経ってしまいました。本来は毎日練習しないといけないんでしょうが、なかなかそうはいきません。自分に甘いっていうこともあるのですが(^^;今日は夕方からいつもの湖岸で練習。いつもどおり教則本から始めたのですが、なんか唇の振動がイマイチ。音は掠れるわ、汗はかくわで、直ぐにバテテしまいました。結局今日は『糸』の練習まではいけませんでした。少ない練習日なのに、ちょっともったいない気が [続きを読む]
  • 練習場所が酷いことに・・・
  • いつも練習で使っている琵琶湖岸の休憩所は全部で3ケ所。キャンプやBBQなんかで使っている方がいらっしゃるので、3ケ所のうち空いているところを使わせてもらっています。今日も2ケ所はテントが張ってありましたので、残る1ケ所に行ったのですが・・・目の前にこの看板があるにもかかわらず・・・酷すぎると思いませんか。これでは、食べた物以外全部捨てて帰ったようなものですよ。琵琶湖岸に設置されている休憩所は、県内 [続きを読む]
  • ほんの少し持久力が・・・唇の話です
  • 今日も琵琶湖岸でガンガン吹きまくった(笑)ガンガンといっても、地味に教則本だが・・・。ほんの少しだが、唇のバテも遅くなってきたようだ。唇に持久力があるとするなら、持久力がついてきたということか。とは言うものの、まだまだ1時間とちょっとでバテる。毎日練習すれば、もっと持久力が着くのだろうが、現状はこれが精一杯。加えて、音符も少し読めるようになってきた。極々簡単なやつだけどね(^^;いつか夕暮れの琵琶湖 [続きを読む]
  • 教則本が面白くなってきた
  • 初めのうちは退屈だった教則本ですが、ページが進むにつれ、吹き応えのある課題になってきました。徐々に高音を出せるような内容になっています。ですが、ちゃーんと焦らないで、繰り返しやる。出来なかったら元に戻る。根気よく、筋肉が発達してくるまで練習しましょう、と書かれています。筋肉なんてそう簡単に発達するわけないですから、これは相当根気よく、かつ、繰り返し練習しろということですね。その先には、何かいいこと [続きを読む]
  • 立つか座るか
  • トランペットを吹くとき(練習するとき)、立って吹くべきか、それとも座って吹いても同じか。トランペットを始めて8ケ月ちょっと。我流でやっているにもかかわらず(我流だからこそか^^;)ずっと座って練習していました。オーケストラなんかを観ても、皆さん座ってらっしゃるし・・・ところが、昨日の練習で気づきました。お腹にも肺にも、とにかくいっぱい空気を吸い込むためには、肩甲骨を寄せた方が良いということを。で、 [続きを読む]
  • 中低音は良い音だったのに、高音が・・・
  • 今日の琵琶湖岸、やや風が強めだったのですが、そのせいかどうかはわかりませんが、いつになく中低音が良い音に聞こえました(←自画自賛^^)一方、高音はどうかというと、全く出ませんでした。高音を出そうとすると、力んでしまって、息が出ていないような気がします。腹筋が固まって止まってしまっています。教則本には、基本はいっぱい吸って、いっぱい吐くと書いてありますので、基本ができてないということになりますね。楽 [続きを読む]
  • 飽きずに繰り返しやる事が大事・・・と自分に言い聞かせています
  • 今日はランオフにつきTPの練習日です。練習内容は、教則本、スラー、『糸』。毎回この繰り返し。ただ、教則本にしろ、『糸』にしろ、完璧に吹けているわけではないので、繰り返しやるしかない。もちろん、低音重視です。ハイノートの壁は相変わらず高く、例の『糸』に出てくる、ファ→ファがすんなりとは吹けません。唇の形(アパチュアというのでしょうか?)、舌の使い方、息を吐くスピード。この3点が重要なのはわかっているの [続きを読む]
  • 今日は練習したぞ
  • 今日はランオフにつきTPの練習。といっても、いつものルーティーン。基本低音重視。高音を出すのは、後半の『糸』を吹くときだけ。教則本を繰り返し練習する。今のところ、これしか思いつきません。室内、サイレントブラス、教則本ときたら、ちょっと退屈ですね。明日は、屋外で吹きたいところ。これといったネタがなくてすみません。最後まで読んで頂きありがとうございます。よろしければ1 お願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • TPの練習は気持ちE〜
  • 今日も昼食後、琵琶湖岸で練習。教則本といつもの『糸』。唇が疲れてくるので、練習時間は1時間ちょい。暑さで汗が噴き出てくる。首からのタオルと水筒は必携。なかなか上手くなれないけれど、琵琶湖に向かって吹いていると、なんだかスカッとする。TPの練習、意外と楽しいです。最後まで読んで頂きありがとうございます。よろしければ1 お願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 今日はいつになく良い音が出ていた気がする
  • 夕方、琵琶湖に向かってフォルテ。教則本で練習しているときから、良い音が出ている気がした。気のせいかもしれないけれど・・・「糸」の練習の際も、いつも音の出ないファ→ファも比較的楽に出た。もしかして上達したのか(^^)取り敢えずこの調子で行ければ良いな〜という今日の感想。最後まで読んで頂きありがとうございます。よろしければ1 お願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 低音域重視で・・・
  • 今日はランオフの日なのでTPの練習。といっても、あまり時間がなく、実質40分くらい。低音域を中心に、この教則本をじっくりと。【送料無料】<楽譜>【ドレミ】トランペット&コルネット教本【楽器de元気】高音を出すために低音の練習を・・・的なことが書いてあります。信じる者は救われるのでしょうか。家の中での練習では、YAMAHAのサイレントブラスを使っていますが、短時間で唇がバテテきます。時間があってもなくても、長く [続きを読む]
  • 低音域をフォルテで・・・
  • 今日の練習のテーマです。低音域を(自分が思う)フォルテで、ひたすら吹きました。もちろん教則本で。しかし、今日の音、なんか良くなかったな〜同じように吹いているつもりなのに。教則本の後、いつものとおり『糸』を。案の定、ファからファへオクターブ上げるところで、上げられませんでした。良い音色と高音。永遠の課題です。最後まで読んで頂きありがとうございます。よろしければ1 お願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ハイトーンを出すためには
  • 今日、練習中っていうか、途中の休憩で、教則本を読み返していると、高音を出す前提として、低音をフォルテで吹く、と書かれてありました。やはり低音の練習が大事なんですね。しかも、低音をフォルテで吹く。これから意識します。最後まで読んで頂きありがとうございます。よろしければ1 お願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 高音が出ませんなぁ〜
  • 今日の練習も、教則本を40分ほど。その後、『糸』です。『糸』の中で一番高い音はファです。ドレミファソラシドレミファのファです。これが出ない。出てもかすれた音。教則本には、低音を練習し続けると高音が出せる唇になるようなことが書かれていますが、本当でしょうか。信じる者は救われますかね・・・信じて練習を続けるしかないのですが・・・最後まで読んで頂きありがとうございます。よろしければ1 お願いします。 [続きを読む]
  • 教則本も意外と楽しい
  • 初心者向きの教則本を使っていますので、今のところ低音ばかりのオンパレード。難なく音が出せますので、楽しく吹けています。ただ、自分が理想とする音とはかけ離れているのが難点。楽器やマウスピースのせいもあるかもしれませんが、トランペットらしくない優しい音が出せません。先日、こちらの動画で、楽器の種類によってかなり出る音が違うことがわかりました。もし次買い替えることがあるとすると、楽器選択に悩みそうです。 [続きを読む]
  • 良い感じで楽しめています
  • 今日も琵琶湖岸で地味に練習(^^;どんな所で吹いているのかというと、こんなところです。防音設備のあるスタジオやホールで練習するよりは、こちらの方が性に合ってます。冬は寒くて無理ですけど・・・で、今日も教則本の後、例の『糸』です。現在一番難しいと感じているところは、やはり高音ですね。『糸』で一番高い高音は、ファなのですが、下のファから上のファにイッキに上がるところが最大の難所です。下の動画でいうと1分12 [続きを読む]