yuki さん プロフィール

  •  
yukiさん: インシャラ(旧・たゆたう)
ハンドル名yuki さん
ブログタイトルインシャラ(旧・たゆたう)
ブログURLhttp://inshaallah.asia/blog
サイト紹介文秘境・辺境を愛し、度々旅する女子のブログ。パキスタンから帰国しました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供77回 / 235日(平均2.3回/週) - 参加 2016/11/20 23:44

yuki さんのブログ記事

  • タジキスタンe-Visaを取得。2017
  • 2017.07.12 記載次は、タジキスタンのEビザを取得しました。信じられないくらい簡単に取得できました、Eビザ。ここに情報書くまでもないほど簡単ですが、一応載せますね◎ *** 現在、日本国内でのタジキスタンビザ取得方法は2つ。 1つ目◇在日タジキスタン大使館に直接行って取得。ポイント!・ゴルノ・バダフシャン自治州の入域許可証が同時に無料で取得できる。・ビザ種類(シングル・ダブル・トリプル・マルチプルエント [続きを読む]
  • パキスタンビザを郵送で取得。2017
  • 2017.07.05記2017年、2度目のパキスタン観光ビザ申請をしました。仕事でもないのに、1年に2度パキスタンビザを申請する人ってなかなかいないんじゃないでしょうか。情報が少ない国なので、ビザ情報載せたいと思います! 1度目は、パキスタン大使館に直接行って申請しましたが2度目の今回は、郵送で申請しました。 ↓↓以下、郵送でのパキスタンビザ申請についてです↓↓ <パキスタン・イスラム共和国 / 観光ビザ / ダブル> [続きを読む]
  • イスラム暦の新年を祝う日。
  • 2017.03.21 この日は、イスラム暦での一年の始まりの日。パキスタンでも、日本で言う正月のような感じで家族で新年を祝うらしい。各家庭では普段よりも豪華な料理が振る舞われ、親戚の家に挨拶に行く習慣があるのも日本の正月と同じだ。 「パーティーするから遊びにきてね」と以前お世話になったシャーマB.Bとヒナに呼んでもらい、彼女たちの家を再訪。 約束していた午前11時に家に行くと、既にご飯の準備をしていた。チキンビリヤ [続きを読む]
  • パキスタン映画『娘よ』
  • 日本初公開のパキスタン映画、『娘よ』長野で上映中の劇場で観てきました。 この映画は、パキスタンの村で起こった実話を元に、10年の準備期間を経て完成。監督・脚本・プロデュースは、パキスタン出身の女性監督です。すでに海外でも高い評価を受け、第87回アカデミー賞外国語映画部門のパキスタン代表にも選出されました。その後世界20カ国以上で上映され、クレテイユ国際女性映画祭観客賞を始め、ソノマ国際映画祭最優秀作品賞 [続きを読む]
  • フンザが一望できる、イーグルネストへ。
  • 2017.03.19 体調も回復してきたし、天気もまあまあ良さそう。この日は、カズさんとイーグルネストを目指すことにした。 : カリマバードから北東に2時間ほど山を登った所に、デュイケルという村がある。その中でも一番高くて展望の良い場所にあるのが、イーグルネスト・ホテル。旅人の間でこの場所は“イーグルネスト”で通っている。カリマバードに滞在する旅行者の多くが訪れる場所だ。 宿の人が、『現地人ならゼロポイントから [続きを読む]
  • 天然プラネタリウムのフンザ。
  • 2017.03.16パキスタン滞在も半分が過ぎた。思えばあっという間! 実はパキスタン入国初日からずっと体調を崩しています。そもそもは、日本出発1週間前になって風邪を引いてしまったことが原因。ただの風邪。たいしたことないと思っていたので仕事もギリギリまで普通に出ていたし、薬も飲まなかった。そんなことをしていたら気管支がやられ、咳が止まらなくなってしまったのだった。クリニックに行くと、気管支喘息を起こしている [続きを読む]
  • アルチット村とナウシカの城。
  • フンザ滞在中に、2回訪問したアルチット村。カリマバードのお隣の村で、歩いて30分くらいで行ける。ほとんどの旅行者はホテルが集まっているカリマバードに滞在しアルチット村へは足を伸ばさずにこの地を去ってしまうようなのだけど私個人的には、カリマバードよりもアルチット村の素朴な雰囲気の方が好き。カリマバードに滞在するのならば、お隣のアルチット村へも足を伸ばしてみることをオススメします!観光客が少ないので、人 [続きを読む]
  • 長寿の里と、106歳のおじいちゃん。
  • 2017.03.13カリマバードから徒歩で10分くらい少し下った所にガニシュという村がある。 私が宿泊しているオールドフンザインのオーナーやスタッフのほとんどがこのガニシュ村に住んでいるらしく、「のどかでいい村」らしいのでこの日はガニシュ方面に歩いて行ってみることにした。 : こんな感じの静かな農道をのんびり進んでいたら小川に水汲みに来ていた女性に声をかけられた。 その女性は英語がほとんど話せなかったのだけど女 [続きを読む]
  • フンザの王様の古城、バルチットフォート。
  • 2017.03.10 朝起きて部屋の外に出てみると、雪が少し積もっていた。雪が降るのはこの時期では珍しいらしい。杏の開花も遅れそうな予感…。でも、雪で覆われた山々の景色は、それはそれは美しいものでした。 : この日は、バルチットフォートへ。 バルチットフォートへは、ゼロポイントからは歩いても15分くらい。メインバザールを通り、フォートチョークを右に進み坂を暫く登っていくと到着する。(↓この坂を登っていく) このあた [続きを読む]
  • カリマバードバザール巡り。
  • カリマバード滞在の前半は、暇さえあれば(と言うか、暇だったので)せっせとバザール巡りしていました。 フンザの中心となるカリマバードには、沢山のお土産やさんがあります。もともと買い物好きでお店やさん巡りが好きなのだけどここのバザール巡りは格別に楽しくって… どんなものがあるのかと言うと、 可愛い刺繍小物がたくさん置いてあったり 刺繍ショールが素敵だったり 天然石ルース天国だったり アンティーク調のアクセサ [続きを読む]
  • パキスタンのごはん特集。
  • 今日は、パキスタン(主にフンザ)の“食”について、私がフンザで食べて美味しかったものについて、そしておすすめのお店なども紹介したいと思います。 : パキスタン料理は、お隣インドとよく似ています。違うところは、パキスタンは肉料理が中心ということ。あと、インドでは辛いものばかりだった気がするけどパキスタンは全体的にマイルドで優しい印象。ただ、とーってもオイリーです! それでは、ジャンルごとにパキスタンの食 [続きを読む]
  • ホパル氷河トレック。
  • 2017.03.07 カリマバードからフンザ川を挟んで、反対側に見えるのがナガール地区。 この日は、ナガール地区の最高所・ホパル村の氷河へ。 : ホパル村は夏は避暑地となり、トレッキングの拠点にもなるのでたくさんの旅行客で賑わうと言う。しかしこの時期はホパルへの定期バスもなく、宿もやってないので旅行者がアクセスするにはジープやタクシーを個人でチャーターすることになる。 私と王さんは、宿のツアーでホパル氷河へ行く [続きを読む]
  • フンザでウルドゥー語講座。
  • 2017.03.06この辺りから数日間のメモがほぼ一言日記のようになっている…。ので、ブログも簡単に、思い出せる範囲で。笑 : “フンザに行ったら、ポストカードを送ってよ”と友人からリクエストがあったので今日はお土産屋さんでポストカードを買って友人や家族に向けてたくさんメッセージを書きました。 カリマバードに一軒ある小さなポストオフィスに持っていき 切手を貼ってもらったら完了。一か所につきRs40。安い! ※実家 [続きを読む]
  • 民族衣装、シャルワールカミーズ。
  • 2017.03.05この日、フンザに来て初めての快晴となりました。太陽が出ているので少しばかり温かくなり、気分も上々! いつものように宿で朝食を済ませ昨日オーダーをお願いしたテイラーショップへ。(パキスタンの民族衣装)シャルワールカミーズを受け取りに行く。 作ってくれたのは、こちらの女性。足踏み式ミシンを使い、フンザのローカルスタイルに仕上げてくれた。充電式?のアイロンで綺麗にしわを伸ばして渡してくれて仕立て [続きを読む]
  • パキスタンで民族衣装を作る。
  • 2017.03.04 「シャルワールカミーズを作りたい」という話をしたらホテルのスタッフの一人であるアリーにアーリアバードまで連れていってもらえることになった。 : シャルワールカミーズは、パキスタンの民族衣装。パキスタンには様々な人々が住んでいて、パンジャーブ・シンド・バローチ・パシュトゥーン人たちなど地域や民族によって独自の衣装をまとっていたりもするけれどおおむね、パキスタンの“国民服”であ [続きを読む]
  • フンザのNGOを訪ねて。
  • 2017.03.03 PM: 午後は、 フンザのKADOというNGOにお邪魔させてもらった。 日本にいるときから連絡を取り、ホテルの紹介もしてくれたガイドの通称メダカちゃん(日本語も話せる)が、自分の働いてるNGOに遊びに来なよ、と誘ってくれたのだ。メダカちゃんは夏の間はガイドもするみたいなんだけど、今は観光客も来ないので、ここのスタッフとして働いているようだった。(上の写真に写っているのがメダカちゃん。)  [続きを読む]
  • ハセガワメモリアルスクール。
  • 2017.03.03 AM:この日は午前中、ハセガワメモリアルスクールの見学に。ホテルのあるゼロポイントから歩いて15分くらいの場所にある。 ハセガワスクールは、登山家でウルタル2峰登山中に雪崩に巻き込まれて亡くなった長谷川恒男さんの妻が、夫の意志を継いで造った私立学校だ。 男女共学で、地元の幼稚園児から高校生までがここで教育を受けている。カリマバードには他にもいくつも学校があるけれど、中でもここは設備が [続きを読む]
  • 家庭訪問とイスラムの話。
  • 2017.3.2この日は、宿のスタッフで料理人のアバースがカリマバードのローカルな農道を案内してくれた。 ここの農道から見る景色が、本当に素晴らしかった!今は冬の終わりで殺風景な感じはあるけどこれからどんどん杏が花を咲かせ木々が緑に色づいて行ったらどれだけ美しいのだろうか。想像するだけでため息がこぼれた。心配性の私にとってパキスタンに来るのはとても怖かったけど勇気を出して一歩を踏み出してみ [続きを読む]
  • 風の谷、フンザ。
  • 2017.3.1 ( 2 ) 本や写真で何度も何度も目にしていたフンザ。その場所に自分が立っていることが変な感じだった。すぐには実感が湧かなかった。 : ミニバスでカリマバードのゼロポイントに降ろしてもらう。 そこですぐに、カリマバードの有名安宿であるオールドフンザインとハイダーインの看板を発見!私は事前に、めだかちゃんトレック&ツアーズのHPよりめだかちゃんというガイドさんと連絡を取りオス [続きを読む]
  • フンザを目指して。
  • 2017.3.1 / 1 朝8時半、ホテルをチェックアウト。タクシーやスズキを拾える場所まではホテルから離れていたので、ホテルのオーナーさんに「ジェネラルバススタンドへ行きたいのだけど車で連れていってもらえませんか?」とお願いし、バススタンドへ送ってもらう。 ジェネラルバススタンドは地球の歩き方によると(10年前の)ギルギット市街地の東の外れの方なはずなのだけどオーナーが連れて行ってくれたのは、市街 [続きを読む]
  • 北部拠点の町、ギルギットへ。
  • 2017.2.28 朝早くにホテルを出発し、再びイスラマバード国際空港へ。 心配していた天候も、大丈夫そう。良かった。 チェックインを済ませ、搭乗時刻になり飛行機に乗り込んだのだけどどうやら故障が見つかったようで全員一度降ろされ、待合所で待つことに。それでも2時間後くらいには何とか直ってくれたようで、再搭乗。 そして、離陸。離着陸の時は、心臓バクバクだった。“ちゃんと飛んでくれますよう [続きを読む]
  • パキスタンへ、出発の日。
  • 2017.2.27ついに出発の日。 前日は、ドキドキして眠れなかった。ずっと憧れ続けたパキスタンへ行ける嬉しさとパキスタンの治安に対する不安。二つの感情が入り混じる。 パキスタンの治安についてはニュースや新聞で取り上げられている以外にもいろんなところで情報を見るようにしてきていたのだけど調べれば調べるほど、不安が募っていった。 2月に入ってからもパキスタン国内ではシンド州やラホールで自爆テ [続きを読む]
  • ウズベキスタンビザ+memo+
  • しばらくの間(3ヶ月くらいかな?)日本にいるつもりなのだけど少しずつ、次の旅の情報収集も始めている。夏からは、パキスタン再訪も含め中央アジアの国に行きたいなあ、と考えていてそのことであれこれ調べたりしてる。 : 去年、“2017年4月から日本人は、ウズベキスタンの観光ビザが免除になる”という情報を入手して「それなら中央アジアは(私の場合)タジキスタンビザだけで良さそうだ」(トルクメニスタンに行 [続きを読む]
  • 日本一のあんずの里。
  • “地球に残された最後の桃源郷”と言われるパキスタン・フンザ。桃源郷であんずの花を見てきた後は、今度は日本一のあんずの里へ。故郷。千曲市の森地区。今年は4月2日から4月16日まであんずまつりが開催されています。上平展望台に登れば一目十万本といわれている日本一のあんずの里が見渡せる。 4/13  晴れ何年ぶりだろう…この日、杏の花が満開となった森地区へ行ってきた。長年、森地区の農協で働いていた父に、オススメ [続きを読む]
  • 旅ブログここに復活。
  • 旅の記録用として立ち上げたブログ『たゆたう』は慣れないHP作成中の事故でデータが消えてしまい(苦笑)今まで書いた記事も全て見れなくなってしまいました。記事がなくなってしまったショックと応援してくれた人への申し訳なさでしばらく呆然としてしまっていたのだけど気持ち新たにここで書き綴ってゆきますのでみなさま懲りずに覗いてやってくださいませ。パキスタン旅行中、ネット環境が悪いことを言い訳に更新が止まっていたブ [続きを読む]