努力家 さん プロフィール

  •  
努力家さん: 未成年でもできる!現役慶應生がFXに挑戦。
ハンドル名努力家 さん
ブログタイトル未成年でもできる!現役慶應生がFXに挑戦。
ブログURLhttp://fanblogs.jp/zaigobulogu/
サイト紹介文主にFXや、考えさせられる深い話もしていきたいと考えています(о´∀`о)
自由文現役慶應生がFXに挑戦して、これから億万長者を目指していきます。その経過や努力をブログにしているので、株やFXに興味がある方は是非みてください٩( ᐛ )و
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供181回 / 126日(平均10.1回/週) - 参加 2016/11/21 00:29

努力家 さんのブログ記事

  • スプレッド損
  • FXには通貨ペアというのがあります。例えばドルと円、ユーロと円、ポンドドルと円などがあります。他にも、トルコの通貨であるトルコリラと円や南アフリカの通貨であるランドと円などもあります。これらの新興国通貨は、流動性が少ないために、金利が高いです。つまり、日本の金利とトルコの金利の差分が毎日スワップ金利として付くのです。しかし、スプレッドが高いというデメリットもあります。スプレッドというのは、証券会社に [続きを読む]
  • 失敗を成功につなげる
  • FXトレードで生計を立てるということができれば、かなり自由な時間を手に入れることが出来ますよね。これはかなり夢のような話ですが、実際に継続的にプラスを出し続けることができる人はたくさんいます。そして、安定的にプラス収支なのはトレード歴が5年〜10年という方がほとんどです。つまり、FXを始めたいと思う方が最初に考えるべきなのは退場するほど大きな損失を出さないことだなとつくづく感じています。しかし、私自身FX [続きを読む]
  • スワップ金利
  • FXは外貨の交換をするので、国同士の通貨の金利の差分が毎日付きます。そして、日本は世界的に見ても超低金利なのでどこの通貨を買っても金利が付きます。例えば、高金利で人気のオーストラリアドルを日本円で1万通貨買うと、SBIだと毎日40円の金利が付きます。1万通貨とは、1円動くことに1万円の変動です。つまり、為替変動により一時的に損失を出すリスクもありますが、スワップ金利は固定なのでずっとそのポジションを保有して [続きを読む]
  • フィボナッチ
  • FXには様々な分析手法があります。今回はフィボナッチについて書いていきます。フィボナッチは黄金比率という意味合いがあります。これは、ピラミッドやパルテノン神殿、雪の結晶、星の配置など様々なところで使われている比率で、これがFXの世界でも適用されます。とても不思議な話ですが、この比率は自然現象として実際にあるようです。また、相場の世界も参加者の思惑で動いていて、ある意味自然現象と言えるのでこの比率が意識 [続きを読む]
  • 逆張りするときの注意点
  • トレードをするときに、感情こそが正常な判断を妨げます。負けた時に、すぐ取り返さないとと焦ってトレードを繰り返して何度も負けてしまうというのがFXで一番多い負けパターンです。これがいわゆるポジションを持たないと気が済まないというポジポジ病ですが、これを防ぐためには長期足でスイングトレードを行うと防げます。というのは、スイングトレードは短期トレードと違って、損切りの幅も広がり、すぐには決済されないからで [続きを読む]
  • 資金管理
  • トレードをする時に、私自身大切にしていることがあります。それは、とにかくトレードの世界から退場せざるを得ないような大負けをしないことです。というのは、トレードはトレード歴が長ければ長いほど精神力も、技術もついてきます。そして、95%の人が負けるトレードの世界で、その多くの人達は、大負けして退場せざるを得ない状況になっています。欲を出して、自分の資金の大半を突っ込むと、勝てば大きく儲かりますが、負ける [続きを読む]
  • FXに興味のある方へ
  • もし為替取引に興味があるという方に向けて書いていきます。為替取引、いわゆるFXは実戦経験を積めば積むほど成長していくということは間違いないです。しかし、安易な考えで大きな金額で取引をすると必ず負けます。そして、1回は必ず大負けします。実際に現在勝っているトレーダーも大負けしたことがないという人は一人もいないです。また、最低でも3、4ヶ月は失っても痛くないくらいの資金で実践経験を積まないといけないと思い [続きを読む]
  • FXで勝てるようになるまでにやったこと
  • 為替取引で、どの時間足を主に使うのかはとても重要です。私は、最初は5分足などを見てトレードをしていました。しかし、全然勝てませんでした。そして、15分足にしてみたら少し勝てるようになりました。その後、2時間足、日足、週足とどんどん広い視野で相場を見ていくことを心掛けていったら勝てるようになってきました。基本的に週足も1分足も同じ相場で、動くスピードと狭いか広いかの違いだけなので、負け越したトレードも相 [続きを読む]
  • レバレッジ
  • 為替取引をするときに、レバレッジというものを上手く使いこなす必要があります。レバレッジはてこの原理という意味で、為替取引では、実際にある以上の金額で取引をすることができるということです。これを聞くと、損をだして借金を負ってしまうというようなイメージを抱く人も多いと思いますが、自分のお金以上の損をすることはあり得ません。例えば、100万円で為替取引を始めたとして、レバレッジを25倍(日本では最大のレバレッ [続きを読む]
  • 現実的に利益を上げられるトレード方法
  • 私はスイングトレードで取引をしていますが、主にレンジ相場を狙っています。週足でレンジ相場があるかどうかを確認して、あったらエントリーして逆指値注文と指値注文を入れます。そして、どちらかにかかるまでひたすら放置する。驚くほどシンプルですが、これが私が最終的に行き着いた方法です。今まで、1日のトレード回数が多すぎるという、いわゆるポジポジ病になっていたのですが、スイングトレードにすることでこれがなくな [続きを読む]
  • モチベーションを維持するためには
  • 私は現在20歳ですが、将来的に経済的な自由を手に入れたいと考えています。やはり、自由な時間が自分の人生の中で一番大切だと思うし、就職をすることでそれが奪われてしまうからです。そして、トレードによってお金を稼ぐスキルを一旦身につければ、将来的にみて大きなリターンとして返ってくると思っています。失敗して、落ち込むこともありますがそんな時に将来自分の住みたい場所や、やりたいことを調べたり、動画で見たりする [続きを読む]
  • スイングトレードの分析
  • スイングトレードに手法を変更したことによって、相場を見続ける必要もなくなりました。そして、スイングトレードをする時に大切なのが、週足などの大きな足をみて、しっかりとその後どのような動きをするのかを分析することです。ボリンジャーバンドやRSIなど色々な分析手法はありますが、基本的に長い上ひげや下ひげがトレンド転換の目印になるのでレンジ相場を中心にその後の動きの分析をしていくのが良いと思います。これは、 [続きを読む]
  • スイングトレード
  • 今まで、デイトレードをしてきましたが、ついつい相場が気になってしまって、余計なトレードをして損失を出してしまうという悪循環になっていました。しかも、デイトレードだとあまり大きな値幅は狙いにくいです。そこで、相場を見るのは1日3回とルールを決めて、またトレード手法も一回エントリーしたら1週間以上放置するスイングトレードに切り替えます。これによって、ついつい無駄なエントリーをしてしまうということをなくせ [続きを読む]
  • 負けた後のメンタル
  • FXで負けてしまうトレーダーに共通するのは負けた後に、損失を取り返そうと思ってズルズルと負けてしまうということです。私もこれをやってしまって、連続で負けてしまったこともあります。しかし、負けた後はどうしても取り返したいと思ってしまうものです。ではどうしたらこれをなくすことができるのか考えました。1番有効なのは、相場を見ないで他のことに注意を向けることです。そうしたら、無駄に連続で負けてしまうというよ [続きを読む]
  • ルールを決める
  • 昨日は結果として6000円の利益でしたが、無駄なトレードをしていなかったら30000円の利益でした。損失を減らすために損切り幅が狭いので、エントリーのタイミングが重要なのに、利益が出ているので適当にエントリーして連続で負けてしまったのが原因です。かなり勿体無いことをしたので、エントリーする前には1回1回よく考えて、「負けたら一旦トレードをやめる」というようなルールを自分で作るといった工夫が必要だなと感じまし [続きを読む]
  • 金額よりpipsを見る
  • pipsというのは、為替取引を行う際に用いられる単位で100pipsは1円です。そして、当然、金額が変わってもpipsの数は不変です。掛ける金額を上げると、すぐに利益確定をしたくなってしまいますがpipsで見たら意外と小さいということもあります。したがって、金額に惑わされないように毎回pipsを参考にして利益確定などをした方が良いです。こちら応援 して頂いたらとても励みになりますm(_ _)m為替・FXランキングへFX・学生 [続きを読む]
  • リスクゼロのトレード
  • FXでトレードをする時に「途中から」リスクゼロ、つまり損失は必ずゼロで利益は伸ばしたいところまで伸ばすというトレードは可能です。「途中から」というのは、注文してすぐに上がるか下がるかは、ある程度トレンドを見て予測は出来ますが100%当てることはできないからです。しかし、トレンド通りに行った時に、ここが重要ですが、損切り幅を0のところまで移動させればいいのです。あるいは、ある程度利益が乗ってきたら、損切り [続きを読む]
  • マクロ的に相場を見ることが大切
  • 為替取引を行う時に、つい1つの時間足のみを見てしまいがちです。しかし、マクロ的に(広い視野で)相場を見ないと重要なラインを見逃してしまうことがあります。こちらはオーストラリアドル円の4時間足ですが、4時間足だけを見ていると高値のように見えるので逆張りをしたいと考えてしまう人もいるでしょう。しかし、同じオーストラリアドル円の8時間足を見ると大きな上ひげを出しているローソク足があり、多くの投資家が意識するラ [続きを読む]
  • 利益を伸ばすためには
  • 私は、主にSBIとDMMFXの2つの口座でトレードをしているのですがこちらがDMMFXのドル円の4時間足でこちらがSBIのオーストラリアドルの2時間足です。普段はドル円のみで、オーストラリアドルで取引をしないのですが、明らかに下げるサインが出ていたので上の方で売りました。高いところで売って、安いところで買い戻すと利益が出るのですが、この利益を伸ばすためには自分の目標とした位置までくるまで「待つ」ことが大事です。始め [続きを読む]
  • 反転のサイン
  • 大きな値幅をローリスクで狙いたい時は値動きが反転するところをピンポイントで狙う必要があります。相場を作っている一つ一つの棒のことをローソク足といい、長く飛び出ているのを下ひげとか上ひげと言います。そして、先ほどの画像の黄色い丸で囲ったところは長い上ひげや下ひげを出しているのでトレンドが転換しているサインだと言えます。つまり、長いひげが出た時にそれに乗るような形でエントリーして、同時にストップ注文を [続きを読む]
  • 2月10日には要注意
  • 今日が2月8日ですが、明後日2月10日には日米首脳会談があります。安倍首相が数兆円規模の米雇用対策を用意しておりまた、ムニューチン米財務長官はドル高がアメリカの利益になるというスタンスなことから、一時的にドル高円安に向かう可能性もあります。しかし、トランプ大統領自身がドル安志向なために、年内で1ドル=100円を割る可能性も指摘されています。いずれにしても、2月10日の日米首脳会談で相場が動く可能性は高いので、 [続きを読む]
  • トレード数を減らす。
  • 為替取引に慣れてくると、一回一回のエントリーが雑になってくることがあります。しかし、よく考えずにエントリーすると大抵は負けます。これは私自身の経験なのですが、1日のなかで100回以上トレードをしたことがあります。もちろん、トータルでは負けます。ですが、ちょくちょく勝ってしまうのでまたすぐにエントリーしたくなってしまいます。これがエントリーし過ぎてしまう落とし穴です。したがって、トレードの絶対量を減らさ [続きを読む]
  • 感情を挟まない
  • 為替取引を行う上で、負けてしまう人の原因はメンタルによるものが多いです。負けてしまった時に熱くなって負け越してしまったり、勝った時に欲を出して自分の得意なポイントでもないのに仕掛けてしまったりなどです。私もこのようなミスを何度もしてきました。最初はずっとポジションを持ち続けると決めたのに、大きな下げがきただけで怖気付いて利益確定してしまい、その後どんどん上昇してしまったということもありました。した [続きを読む]
  • 損切り幅は場合によって使い分ける。
  • 損切りとは、損が出ている時にそれ以上の損失を避けるために、現時点での損で取引を終了させることです。そして、今日の自分の取引を通して、場合によって損切り幅を変えることの必要性に気が付きました。例えば、高値や安値をそれぞれ平行線で結ぶことができるような状況では、その線の少し上や少し下に損切りラインを設定すればローリスクでハイリターンを得ることができます。それが上の画像のような状況ですが、黄色い線がレジ [続きを読む]
  • 90%の人がFXで勝てない理由
  • FXとは為替取引のことですが、90%の人は負けていると言われています。私も今まで負け続けていましたが、最近は平均して毎日1万円ずつ勝っているので自身の経験を踏まえて書いてみようと思います。多くの人が勝てない最大の理由は、損失をズルズルと引きずるのに対して利益をすぐ確定したがるからです。「損小利大」という言葉がありますが、それとは正反対の行動をとってしまうのです。私は為替取引を始める前にこのことについて知 [続きを読む]