茶々 さん プロフィール

  •  
茶々さん: 潮鼓庵 茶々日記
ハンドル名茶々 さん
ブログタイトル潮鼓庵 茶々日記
ブログURLhttp://choukoan.blog.fc2.com/
サイト紹介文ひよっこ茶人が日々の稽古、茶事、懐石、陶芸、茶杓削りなどなど茶の湯にかかわるあれこれを綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 186日(平均3.0回/週) - 参加 2016/11/21 14:24

茶々 さんのブログ記事

  • 小学校茶道体験教室
  • 今年も小学校のお茶室での茶道体験教室が始まりました。私が担当させて頂くのが第3小学校、母が新たに頼まれたのが第2小学校文化協会にもいくつかの学校から茶道体験の依頼があったようで子供の頃から日本文化にふれ、体験するということの大切さが浸透してきたようで嬉しいですね。今回は初回ということで座り方、立ち方、お辞儀の仕方、お菓子やお茶の頂き方など最も基本的な動作を学びました。今年は一回1時間になってしまいま [続きを読む]
  • 志ま亀の帯が出来上がりました〜!
  • 前から雑誌などで可愛いなぁと思っていた志ま亀さん展示会に行ったのは、はや数ヶ月前のこと。鼓の柄の名古屋帯がなかなか好みではあったものの、菊が目立って(勿論他の花も描かれているのですが)季節が限定されるものは贅沢だし、菊地紋の色無地には締められないし・・・と思っていたら花を変更して新たに染め直してくださるとのこと。せっかくなので3シーズン使えるように色々な花を描いて頂いてオリジナルの一本を作って貰いま [続きを読む]
  • 四滴茶入
  • 今週は四滴茶入れを使用してお稽古しています。水滴、油滴、手甕、弦付扱いはさほど難しいわけではありませんが、忘れた頃に登場するせいか長くお稽古されている方でもハタと迷われたりすることもあります。しっかり手と身体に覚えさせて身につけておきましょうお稽古を始めると最初に割稽古で基本を身につけてから、盆略点前、千歳盆、薄茶平点前と続きます。特に薄茶点前は1年間(昔は3年でしたが)繰り返し繰り返し稽古するよう [続きを読む]
  • 美濃忠の初かつを
  • 社中のK瀬さんが名古屋のお土産にと美濃忠の初かつをを届けてくださいました〜!料理教室で話題になったばかりでしたので、本物が頂けて嬉しい〜K林さんが美味しい外郎、という絶妙な表現をされていましたが本当に上品な甘さでとても美味しかったです。見た目もホント美しいですね御馳走様でした。昨年は社中の男性が初かつをもどきを作ってくださった事を思い出しました。その時の記事はコチラ→初かつをやはり、食感は柔らかく、 [続きを読む]
  • 皐月の懐石
  • 懐石料理のお教室に行って参りました。茶道では今月より風炉となりますが懐石でも炉と風炉やでは明確な区別があるそうです。本日の向付は鰹のタタキ。関東では初鰹が喜ばれますので5月のお茶事ではよく見かけますね。最近話題のアニサキスがいたりするので注意が必要です。煮物椀は青豆胡麻豆腐以前に翡翠真蒸を教えて頂いて社中の茶事で作った(もちろん皆さんが)ことを思い出しました。見た目は似ていますが今回は胡麻豆腐の緑 [続きを読む]
  • 小学校茶道体験教室
  • 今年度も小学校での茶道体験教室をさせていただく事になりました。なんと!今年は昨年の2倍以上の応募があったとか。去年来てくれた子供たちが卒業生以外みんな参加してくれると聞いて楽しいよーとお友達に話してくれたのかなぁと思ったら嬉しくなりました。小さい茶室では人数に限りがありますから4回に分けて(それでも狭いと思いますが)開催いたします。今からどんなことをしようかとワクワクしますねお手伝いして下さる社中の皆 [続きを読む]
  • 山の家の茶花たち
  • GW後半は山の家で過ごしました。なかなか茶花が覚えられないので自ら育ててみたら良いかもと思い、良い場所に植え替えたりしてみました。春蘭延齢草去年植えた山芍薬には蕾が付いていました〜山野草は東京へ持って帰るとダメになってしまう確率が高くて暫くは山で育てていきたいと思います。蛇足ですが、洗面台を新しくしましたThe 昭和な洗面ボールがこじゃれたカフェ風にどうぞ暑い夏には遊びにいらしてくださいね。裏千家茶道教 [続きを読む]
  • 三峯神社 朔日参り
  • 急に一日がお休みになったので、以前テレビで見た三峯神社の朔日だけ頂けるという白い氣守りを頂きに秩父へ行って参りました。事前に少し調べたところ、山の一本道の先に駐車場があるため駐車場渋滞で路線バスなども全然時間通りに運行できないらしいということがわかり早めに行って駐車場で仮眠すれば良いよね〜と午前3時に出発!道中は渋滞もなく、2時間45分ほどで目的地付近まで到着・・・・したのですがここからが長かった〜ナ [続きを読む]
  • 茶の湯展 in 東京国立博物館
  • お茶会の後、東京国立博物館の茶の湯展に行って参りました。GW中の日曜日ということで大混雑が予想されましたが、それほどでもなく心ゆくまで名品を眺めることができました。稲葉天目とは久しぶりの再会小さい頃祖父が連れて行ってくれた静嘉堂文庫で初めて拝見した時の感動は今でも覚えています。ちなみに甥っ子達にもそうした経験をしてほしくて、今回誘ってみたのですが振られてしまいましたこの日はブロック研修の一環で青年部 [続きを読む]
  • 新緑の清々しいお茶会
  • 毎年、昭和の日前後に行われる叔父(正確には違いますが)の社中のお茶会に青年部のお友達と一緒にお邪魔して参りました。 叔母が大学の茶道部に教えに行っているので、社中には学生さんが沢山。皆さんキビキビと一所懸命で初々しく、拝見している私達も襟を正したくなるような五月晴という言葉がぴったりの気持ちの良いお茶会でした。点心席でお写真を撮ってくださったので裏千家茶道教室『潮鼓庵』のHPはコチラ潮鼓庵 [続きを読む]
  • 風炉のお稽古始まりました!
  • 金曜日から風炉のお稽古が始まりました。炉からの切り替えの時期は、長くお稽古されてきた方でも少し戸惑いますね。 K林さんがお出かけ前で素敵なお着物をお召しでしたので美人さんは絵になります〜? 端午の節句の取り合わせはこの2日間だけの限定です。菖蒲の風炉先、兜釜、鎧櫃の水指、兜の棗など見逃してしまった方は来年のお楽しみで?? 4/30から5/7はお休みで、次のお稽古は5 [続きを読む]
  • 炉のわかれ
  • 先週末、稽古終わりに炉を塞いで頂きましたので(男性の皆様ありがとうございました)今週から風炉の稽古が始まります。例年ですと5月のGW後半には初風炉の茶事をしておりましたが今年はしっかり基本の風炉のお稽古をしたいと思います。思えば11月に茶会があった為、一月早く炉の稽古に入りましたのでいつもより長〜く炉の稽古をしてしまいました若干、風炉に頭を切り替えるのが難しそうな予感・・・個人的には、相変わらず基本姿 [続きを読む]
  • 茶の湯展 in 東京国立博物館
  • お茶をされる方達の間で話題になっている茶の湯展私も行きたいと思っていますが、一足早く両親が行ってきたのでどんな様子か聞いてみましたとにかく見所が多くて時間がかかるとのこと。両親は10時〜4時まで、ランチもせず6時間あまりひたすら見て歩いていたそうです。熱中しすぎ〜日にちによっては呈茶席が設けられていますが、こちらは朝のうちに1日分のチケットが完売してしまう人気っぷり。両親が行った日は平日でしたが10時の [続きを読む]
  • 卯月の懐石料理教室
  • 4月も懐石料理のお教室に行ってまいりました。炉も残りわずか味噌汁の色からも季節がぐっと移り変わっていることがわかります。この日は1Kg超の立派な桜鯛をさばいて向付と焼物にいたしました。春は桜鯛、秋は紅葉鯛と名付けた日本人の季節感覚って素敵ですねいつも、不器用な私は大きな魚の時はこっそりと逃げていたのですがこの日は先生に見つかってしまい私も少〜しさわりました焼物は葛を打って、シンプルにお塩で頂きました [続きを読む]
  • 京王百貨店添え釜
  • 先月のことになりますが、母が京王百貨店の展示会にて添え釜をさせていただきました。私自身は仕事の関係で伺えなかったのですが、備忘録として道具類など記録しておきます。ひな祭りの趣向が良いかしら?と話していたのですが、残念ながら前日が旧暦3月3日でしたビルの中の茶室なので、点前座の正面に照明が水指は祖父の作で、とてもきれいな緑色地に桃が描かれた大好きな一品です。茶杓は茶碗に伏せていると黒、清めて棗に乗せる [続きを読む]
  • I さん邸茶席披
  • 先日(だいぶ時間が経ってしまいましたが)社中の方の茶席披にお招き頂き、両親と共にお邪魔致しました。ご亭主は稽古を始めて2年ほど(?)30代前半とこの世界ではお若い男性ですが勉強熱心かつ大変芸達者な方で料理、陶芸、蒔絵、そして裁縫までなさる不器用な私の対極にいらっしゃるような方ですその日の道具類も炉縁の蒔絵から香合、水指、茶入に茶碗、茶杓や建水までご自作でそのどれもが玄人はだし!お料理は本職ですから勿 [続きを読む]
  • 利休忌 in 大徳寺
  • 今回の京都旅行、もう一つのお目当てが利休忌に参加することでした。と言っても今日庵で行われている利休忌ではなく、大徳寺聚光院で毎月行われている御法事。以前、裏千家が御当番の時に伺ったことがあるのですが、3月は官休庵さんの御当番。裏千家とは少し様子が違うとも聞いていたのですが、とりあえず伺ってみることに。相変わらず我が家は朝がゆっくりなので9時半頃大徳寺に到着。聚光院の門前には『在釜』の文字と官休庵さん [続きを読む]
  • AWOBM
  • お夕飯はネットで検索して、今一番並ぶという手織り寿司のAWOBMに。ランチだと2時間並んだ〜という話もあるようですが、夜は予約出来るので年寄りでもOK!と思ったら行ってびっくり!お客さんは女子大生とか若いOLさんとか、可愛い女の子ばっかり!カップルで来ている男性はいますが、我々のような年代のお客さんは皆無!超場違いなおじいちゃん、おばあちゃん達でしたが、お食事内容は少な目&色取り取りで年寄りにもぴったりでし [続きを読む]
  • 虎屋茶寮
  • 両親(高齢者)との観光は無理せず、のんびりとが肝要です。早めに切り上げてホテルに戻るところで、母のお友達が虎屋でお茶されてるという事で合流しました。表通りから少し入った所にあるせいか、落ち着いた雰囲気でゆっくり寛げます。テーブルから中庭を眺めてのんびり。席の間隔もゆったりしていて、ついつい長居しちゃいますお汁粉我が家の大好物、黒糖羊羹のおもかげと抹茶草餅美味しく頂きました!もちろん食後には表通りの店 [続きを読む]
  • 東福寺
  • 午後からは東福寺へ。拝観していない塔頭に可愛らしいお地蔵さんを見つけました。こちらは家康討伐の謀議を石田三成、宇喜多秀家がはかったと言われる退耕庵この日は公開されていませんでした。東福寺と言えばの通天橋。紅葉の時期はびっしり人で埋まるようですがこの日はゆったり歩けました。実際に行ってみて、サスペンスなどでもお馴染みの場所だ〜と改めて認識。実は私、東福寺もお初でございます。橋の先には開山堂が。中では [続きを読む]
  • ランチとお買い物 (辰むら 村上重本店 ゑり萬)
  • ランチは祇園の辰むらさんへ。お昼は点心とミニ懐石がありますが11時半の予約ですと点心のみのようで点心をお願いしました。東寺で時間をとられ12時近くになってしまったので、結果ミニ懐石でも良かったかも・・・細い路地にあるのでちょっとわかり難いです。お料理はどちらも美味しくて、両親も完食!デザートは桜のケーキでした。路地の入口付近には村上重本店があります。デパートなどでも購入できますが、私はこちらの樽出しの [続きを読む]
  • 真正極楽寺 真如堂
  • 金戒光明寺を後にして、お隣の真如堂へ。あまりお天気がよくありませんので、さらっと拝見して早々に本堂の中へ。涅槃会の期間でしたので、お釈迦様入滅の様子を描いた涅槃図を拝見しました。長さ約6メートル、幅約4メートルの極彩色の涅槃図は2010年に修復されたものだそうです。多くの動物や魚類・昆虫などが描かれいて、その数は127種類!数えるのも大変ですね涅槃絵の期間には参詣者に花供曽(はなくそ)と言われるお菓子が授 [続きを読む]
  • 東寺
  • 観光二日目は両親と三人だけで春期特別公開中の東寺へ行ってみました。何故か私は今までに東寺を訪れる機会がなかったので、初東寺。も〜講堂の大日如来に心奪われました立体曼荼羅になっているということは聞いていたのですが、中心の大日如来の美しさ、存在感に圧倒されました。大日如来だけで大満足でず〜っと眺めていたい気分でした。もう一つ心に残っているのが食堂に安置されている四天王像。昭和5年の火災で食堂は全焼、ご [続きを読む]
  • 金戒光明寺
  • 京都旅行の記録です(備忘録)2日目のお昼は金戒光明寺で。特別公開の時期は終わってしまったので中には入れないものだと思っていましたがこちらのランチをお願いすると、なんと金戒光明寺の特別拝観も出来るのです〜内容はこんな感じ??15名からですが、ホテルからデリバリーしてくださったお食事を清和殿のお部屋で頂けます。規格の大きなお部屋で、襖も一枚が大きくて全身で開け閉めするほど重かったです。食事の後にはお坊さま [続きを読む]
  • 馬込文士村大桜祭り呈茶
  • 4月1週目の日曜日は毎年恒例の馬込文士村大桜祭りが開催され今年も桜並木公園にて呈茶をさせていただきました。生憎満開とはいきませんでしたが久しぶりにお天気が良く、風もない呈茶日和でした。小学校の茶道体験教室に通っている子供たちもお手伝いに来てくれました。なんと半数以上の子供が着物を着てきてくれて、びっくりそれぞれ御園棚でお茶を点てて貰って、保護者の方に召し上がって頂きました。じーっと見つめるのはお母様 [続きを読む]