茶々 さん プロフィール

  •  
茶々さん: 潮鼓庵 茶々日記
ハンドル名茶々 さん
ブログタイトル潮鼓庵 茶々日記
ブログURLhttp://choukoan.blog.fc2.com/
サイト紹介文ひよっこ茶人が日々の稽古、茶事、懐石、陶芸、茶杓削りなどなど茶の湯にかかわるあれこれを綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供128回 / 299日(平均3.0回/週) - 参加 2016/11/21 14:24

茶々 さんのブログ記事

  • 小学校の蹲を修繕して頂きました
  • 小学校の蹲経年劣化で竹のあちこちから水漏れが学校の備品ですが、授業で使うものでも全校生徒が利用するわけでもないので修理をお願いしても良いものか躊躇して、そのまま使っておりました。夏休み前のお教室の日、たまたまお父様方の活動に顔見知りの方がいらしたのでちょっと相談してみたところ・・・・その場ですぐに作業出来そうなお知り合いの方に連絡を取ってくださりなんと、夏休みあけのお教室では新しい蹲を使うことが出 [続きを読む]
  • 秋の七草
  • 昨夜の稽古で使った棗は秋の七草が描かれた尻張棗。ふっくらした形も可愛らしく(写真だとちょっとわかり難いですね)お気に入りの一品です。春の七草に比べて影の薄い秋の七草ですが女郎花、薄、桔梗、撫子、藤袴、葛、萩の七種。『おすきなふくは?』と覚えると良いと教わりました裏千家茶道教室『潮鼓庵』のHPはコチラ潮鼓庵にほんブログ村 [続きを読む]
  • 小学校茶道体験教室
  • 夏休みも終わり、小学校での茶道体験教室も再開いたしました。1.2年生のクラスは基本のおさらいから。お茶碗の扱いはまだまだ難しいようですが、お茶を点てるのはみんな上手になりました。経験者の子供達は自分達でお菓子を盛り付けたりいつも賑やかな少年たちも、こうして見るとすごいお行儀良くみえますねー5.6年生はさすがお姉さん、みんな落ち着いています。初めて柄杓でお湯を汲んでみました(ポットですが)現代では柄杓を使う [続きを読む]
  • 神社の秋祭りでお呈茶をさせて頂きました
  • 今年も月見岡八幡神社の秋祭りでお呈茶をさせていただきました。今年はお天気が良かったせいか(雨は降らず、かといって暑すぎず)呈茶席が定着してきたせいか沢山のお客様にお茶とお菓子を楽しんで頂けました。ちなみにお菓子は『萩の露』お茶は『松柏』でした。保育園の園児さん達のシャカシャカ体験(このネーミングも定着しちゃいましたね)も絶賛継続中自分で点てたお茶を大事そうにお母さんに運ぶ様子は、こちらまで幸せな気 [続きを読む]
  • 入子点の稽古
  • 先日の夜の稽古は男性オンリー。男性の多い社中ではありますが、男性だけというのは珍しいことでたまたま女性の方のご旅行が重なったり、フリーの男性がいらしたりと偶然男子教室になったようです小習をされている方ばかりでしたので、科目は入子点にいたしました。手順は特別難しいことも新しいこともありませんが、実は色々と学べるお点前です。普段は水屋で行う茶巾を絞る、畳むという所作が点前の中に入っていて日頃きちんと正 [続きを読む]
  • 濃茶の割稽古
  • 今年初めに入門されたHさん、学生時代に少し経験がおありでしたが割り稽古→盆略点前→薄茶点前と順調にステップアップしていよいよ濃茶点前です。薄茶は炉から濃茶は風炉から始めると取り組みやすいということもありこの時期にスタートいたしました。濃茶点前の前には私の方でプチ割稽古をさせていただきました。仕覆の扱い、紐の結び方、帛紗の捌き方など、新しい学びがいくつかありますね。これらはこの先のお点前の基礎となり [続きを読む]
  • 羽田空港にて呈茶のお手伝い
  • 週末は青年部の呈茶席のお手伝いに。千葉県佐倉市にある歴史民俗博物館とのコラボで「羽田×歴博 Time Travel with REKIHAKU」という日本の伝統や文化を紹介するイベントが開催されていましてその一端として26日27日の二日間呈茶席を設けさせていただきました。日本橋の下です。炭も電気も使えず、当然水回りもないので、なかなか難易度の高いお席でしたね。しかも、水屋は幕で覆われているので(上は橋があるし)暑かった〜それで [続きを読む]
  • 富士五湖の花火と大石紬 〜夏合宿2017〜
  • 富士五湖では毎年8/1〜5、毎夜どこかの湖で花火が上がります。今年は西湖、精進湖、河口湖の3つの花火に出かけました。西湖はこじんまりしていますが、その分渋滞などもなく、目の前で打ち上がるのでとても見やすかったです。何故か父達は来賓席みたいな所に座ってましたし待ち時間もなく一番快適でしたね。精進湖はライブ会場から離れた場所だったのでちょっと様子が解り難かったのですが湖畔から見ていたので遮るものもなくて花 [続きを読む]
  • 久保田一竹美術館とオルソンさんのいちご 〜夏合宿2017〜
  • 観光とお勉強(?)を兼ねて久保田一竹美術館にも行きました。建物はガウディ風で学芸員の方のお話では、ガウディ好きなご本人の設計で建てられてたもので門やその他の建具などはインドネシアやアフリカなどから取り寄せたものだそうです。和洋折衷とも異なる独特な雰囲気でした。着物の展示会で久保田一竹の辻が花のゴージャスな着物を見たのははるか遠い昔。こちらの本館にはそれらを上回る豪華な辻が花が飾られていました。私は [続きを読む]
  • 浅間神社と秀年窯見学 〜夏合宿2017〜
  • 北口本宮富士浅間神社にもまいりました。パワースポットらしいですが我らは全然わからず・・・でも可愛らしい花嫁さんをお見かけして幸せをおすそ分けして貰いました〜その後、ご希望の方があり秀年窯へ。油滴の綺麗な天目茶碗や茶入れを作られた先生ですがもっとずっと以前(たぶん祖父の頃?)の薄いピンクの茶碗も繊細でお気に入りです突然お邪魔したにもかかわらず色々説明しながら工房を見学させて頂きました。お隣で古美術も [続きを読む]
  • 茶花散策 〜夏合宿2017〜
  • 山の家は山野草の宝庫です。皆さんは山野草マスターの案内で早朝茶花散策に出かけました(私は朝寝中)帰ってからもこの花は○○ですね〜と確認したり、図鑑を調べたり、すごくお勉強になったようです。正面の庭の玉椿つぼみ咲き掛け東京でも育ててみたいということで皆さん色々お持ち帰りになりました。過去に持って帰ったものも、根付いた子もいればダメになってしまったものも・・・今回は上手にいくでしょうか?裏千家茶道教室 [続きを読む]
  • ブルーベリー狩りとブラウニー 〜夏合宿2017〜
  • もやは夏合宿恒例となりつつあるブルーベリー狩り。今年はなんと地主さんの御好意で狩り放題食べ放題!ブルーベリーにも様々な種類があって大きい実のなる木もあれば、小さい実でも甘いものも。私は甘〜いのが好みでしたが、酸味があるほうがブルーベリーらしいという方も。それぞれ好みの木を見つけては夢中で食べる!狩る!食べる!狩る!お腹もいっぱい!笊や籠もいっぱいになりましたブルーベリーを満喫しすぎたおかげでA班は [続きを読む]
  • 棗の蒔絵 〜夏合宿2017〜
  • 8月前半、涼しい山の家で夏合宿(という名の避暑)をいたしました。来年の参考に少し内容など書き残しておきます。一応『合宿』と銘うっておりますので、たいてい一つは講習をすることにしています。今年は棗の蒔絵に挑戦まずは下絵を棗に写し取ります。下絵に沿って一色ずつ色を乗せていきます。これが結構難しいある程度乾かしてから金だったり銀だったりを刷いていきます。すると・・・あ〜ら不思議、なかなか見れる物に大変身 [続きを読む]
  • 湿し灰造り
  • 梅雨明けしたというのに、不安定なお天気が続いていますね。この時期に灰造りされる方が多いと思いますので、さぞや皆さんやきもきされていることかと。 潮鼓庵も、お天気を心配しながらも他に日も取れませんので灰造り強行!天気予報が嘘のような夏晴れの時間帯もあり、社中の皆さんは汗だくになりながら頑張って下さいました。 乾燥を待つ間は花月の稽古を。初めて花月をされる方や久しぶりの方もいらっしゃいましたが先輩方の [続きを読む]
  • 今年の夏合宿には蒔絵講習を
  • 社中の皆様限定ですが、今年も富士山の麓で夏合宿(という名の避暑)をいたします。今回は以前よりご希望の多かった蒔絵の講習をしたいと思いま〜す。素材は棗(黒・赤・朱)か干菓子器(四角・丸)からお選びいただけます。材料は数に限りがありますので、ご希望はお早めにご連絡くださいませ。合宿の日程ですが、A日程(8/3・4・5)はすでに満員御礼(狭くてごめんなさい)B日程(8/5・6・7)でしたらまだ大丈夫ですので、参加希 [続きを読む]
  • 夏の着付は・・・
  • 連日、真夏日だとか猛暑日だとか暑苦しい単語が聞こえてきますね.水着で過ごしたいようなお天気ですが、お茶をしていると着物は必須です。勿論、クーラーの効いたお部屋で着付をするのですが、汗っかきの私はその段階で汗びっしょり、という事も。補正もほとんど無くし、紐も出来る限り減らしているのですが・・・。そこで週末は、前夜からクーラーをつけっぱなしにして、直前に設定温度を下げてみたら珍しく汗をかかずに着付が出 [続きを読む]
  • 準備は早すぎてもダメなのです
  • 先日の朝茶事の稽古で気が付いたことがあります。スムーズな進行を心掛けるあまりだと思いますが、準備が早すぎる〜!茶事では水を打つにはじまり、炭をつぐ、釜を掛けるなどタイミングが大切なことが沢山あります。一番良い姿をお客様にご覧いただきたいのに、早すぎては様子が変わってしまいますね。今回は木地の物が多かったので、いつも以上に目につきました。素早く丁寧な支度は日頃の稽古で身につけるしかありません。まずは [続きを読む]
  • 朝茶事の懐石は・・・
  • 朝茶事の懐石はこんな感じでした。備忘録として載せておきます。汁は小茄子、赤だし仕立て。プロが作ると味噌の使用料がすごーく少ないのは何故でしょう?朝茶事の向付には生物を使いませんので、先日教えて頂いた長芋寒にしました。しゃきしゃきした食感が涼やかで楽しい夏にぴったりの一品です。美味しそうだからってお酒が出るまで箸をつけてはいけませんよ〜実は注文した八百屋さんに花穂を忘れられるというアクシデントがあり [続きを読む]
  • 稽古茶事(朝茶事)をいたしました
  • 7月の三連休、朝茶事というには少し遅い時間でしたが稽古茶事をいたしました。猛暑日でしたが、涼しげな演出(とクーラー)のおかげで気持ちの良い時間を過ごすことができました。初日のお客様は色とりどりのお着物が美しい〜蛍籠の炭斗は夏らしくて大好きです。朝茶事は初炭からなので火の管理がしやすいですね。二日目はお詰に若い男性でしたので、お料理の器類は全て綺麗に返ってきました。暑い中、庭のお掃除から懐石の仕込み [続きを読む]
  • 稽古茶事をいたしました 〜干菓子準備編〜
  • 毎日暑い日が続いておりますが、三連休に朝茶事の稽古をいたしました。つらつらとその様子などあげていきたいと思いますのでお暇な方はお付き合いくださいませ。今回の稽古茶事は、秋にはママになる方が産休前の最後のお茶事とご亭主をされることになりましたので御祝のお干菓子を用意したいなぁというところから買いに行く時間が取れない→じゃあ手作りしてみよう♪と一念発起!ネットで色々調べて作ってみました〜御祝の気持ちを [続きを読む]
  • 銀盌裏盛雪
  • 毎日暑い日が続いていますね。お稽古場では涼しさを感じて頂きたいとガラスや木地などのお道具を使用しております。軸も今週は『銀盌裏盛雪』実は解釈がすごーく難しくて、私の中では未だ納得のいく答えの出ない軸ですがまずは真っ白な銀世界を想像して頂けたら、気持ちだけでもひやっとしませんか?裏千家茶道教室『潮鼓庵』のHPはコチラ潮鼓庵にほんブログ村 [続きを読む]
  • 七夕の設え
  • 今日は七夕ですね。今週のお稽古は七夕の設えでいたしました。宮中では詩歌や裁縫の上達を願って星に祈りをささげ、梶の葉に和歌をしたためてお祀りしていたそうなので梶の葉を使う葉蓋点前は七夕にぴったりのお点前ですねー。七夕と聞いてまず思い描くのは風炉先に描かれているような図柄ですが願い事を短冊に書いて笹に吊るすようになったのは江戸時代からだそうです。牽牛の茶碗と天の川に見立てた銀河の棗を取り合わせて。茶杓 [続きを読む]
  • 文月の懐石
  • 7月も懐石料理のお教室に行ってまいりました。正午の茶事の献立ですが、向付は豆乳の滝豆腐。暑い時期は生ものよりつるっと食べられる方が喜ばれるようですね。 ところてんのようににゅうっと押し出します。ぐっと素早くしないと形が崩れてしまうようで、私はちょっと失敗してしまい他の方のを写真に撮らせてもらいました。 夏には定番(社中ではややトラウマ気味の)の冬瓜も。皮目が固くて上手にお団子にならずやはり難しい〜 [続きを読む]
  • 小学校茶道体験教室2
  • 小学校茶道体験教室の2回目を開催いたしました。前回はどの回も同じくお辞儀の仕方、座り方、立ち方、歩き方など和室でも立ち居振る舞いやお菓子やお茶の頂き方を学びましたが低学年のお子さんと高学年のお子さんでは習熟度がかなり違いますので今回、高学年には蹲から席入り、床の間の拝見の仕方をお教えしました。高学年は女の子が多いこともあって落ち着いていますし、所作も綺麗です暑い日だったので冷茶にも挑戦してみました [続きを読む]