茶々 さん プロフィール

  •  
茶々さん: 潮鼓庵 茶々日記
ハンドル名茶々 さん
ブログタイトル潮鼓庵 茶々日記
ブログURLhttp://choukoan.blog.fc2.com/
サイト紹介文ひよっこ茶人が日々の稽古、茶事、懐石、陶芸、茶杓削りなどなど茶の湯にかかわるあれこれを綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供114回 / 247日(平均3.2回/週) - 参加 2016/11/21 14:24

茶々 さんのブログ記事

  • 今年の夏合宿には蒔絵講習を
  • 社中の皆様限定ですが、今年も富士山の麓で夏合宿(という名の避暑)をいたします。今回は以前よりご希望の多かった蒔絵の講習をしたいと思いま〜す。素材は棗(黒・赤・朱)か干菓子器(四角・丸)からお選びいただけます。材料は数に限りがありますので、ご希望はお早めにご連絡くださいませ。合宿の日程ですが、A日程(8/3・4・5)はすでに満員御礼(狭くてごめんなさい)B日程(8/5・6・7)でしたらまだ大丈夫ですので、参加希 [続きを読む]
  • 夏の着付は・・・
  • 連日、真夏日だとか猛暑日だとか暑苦しい単語が聞こえてきますね.水着で過ごしたいようなお天気ですが、お茶をしていると着物は必須です。勿論、クーラーの効いたお部屋で着付をするのですが、汗っかきの私はその段階で汗びっしょり、という事も。補正もほとんど無くし、紐も出来る限り減らしているのですが・・・。そこで週末は、前夜からクーラーをつけっぱなしにして、直前に設定温度を下げてみたら珍しく汗をかかずに着付が出 [続きを読む]
  • 準備は早すぎてもダメなのです
  • 先日の朝茶事の稽古で気が付いたことがあります。スムーズな進行を心掛けるあまりだと思いますが、準備が早すぎる〜!茶事では水を打つにはじまり、炭をつぐ、釜を掛けるなどタイミングが大切なことが沢山あります。一番良い姿をお客様にご覧いただきたいのに、早すぎては様子が変わってしまいますね。今回は木地の物が多かったので、いつも以上に目につきました。素早く丁寧な支度は日頃の稽古で身につけるしかありません。まずは [続きを読む]
  • 朝茶事の懐石は・・・
  • 朝茶事の懐石はこんな感じでした。備忘録として載せておきます。汁は小茄子、赤だし仕立て。プロが作ると味噌の使用料がすごーく少ないのは何故でしょう?朝茶事の向付には生物を使いませんので、先日教えて頂いた長芋寒にしました。しゃきしゃきした食感が涼やかで楽しい夏にぴったりの一品です。美味しそうだからってお酒が出るまで箸をつけてはいけませんよ〜実は注文した八百屋さんに花穂を忘れられるというアクシデントがあり [続きを読む]
  • 稽古茶事(朝茶事)をいたしました
  • 7月の三連休、朝茶事というには少し遅い時間でしたが稽古茶事をいたしました。猛暑日でしたが、涼しげな演出(とクーラー)のおかげで気持ちの良い時間を過ごすことができました。初日のお客様は色とりどりのお着物が美しい〜蛍籠の炭斗は夏らしくて大好きです。朝茶事は初炭からなので火の管理がしやすいですね。二日目はお詰に若い男性でしたので、お料理の器類は全て綺麗に返ってきました。暑い中、庭のお掃除から懐石の仕込み [続きを読む]
  • 稽古茶事をいたしました 〜干菓子準備編〜
  • 毎日暑い日が続いておりますが、三連休に朝茶事の稽古をいたしました。つらつらとその様子などあげていきたいと思いますのでお暇な方はお付き合いくださいませ。今回の稽古茶事は、秋にはママになる方が産休前の最後のお茶事とご亭主をされることになりましたので御祝のお干菓子を用意したいなぁというところから買いに行く時間が取れない→じゃあ手作りしてみよう♪と一念発起!ネットで色々調べて作ってみました〜御祝の気持ちを [続きを読む]
  • 銀盌裏盛雪
  • 毎日暑い日が続いていますね。お稽古場では涼しさを感じて頂きたいとガラスや木地などのお道具を使用しております。軸も今週は『銀盌裏盛雪』実は解釈がすごーく難しくて、私の中では未だ納得のいく答えの出ない軸ですがまずは真っ白な銀世界を想像して頂けたら、気持ちだけでもひやっとしませんか?裏千家茶道教室『潮鼓庵』のHPはコチラ潮鼓庵にほんブログ村 [続きを読む]
  • 七夕の設え
  • 今日は七夕ですね。今週のお稽古は七夕の設えでいたしました。宮中では詩歌や裁縫の上達を願って星に祈りをささげ、梶の葉に和歌をしたためてお祀りしていたそうなので梶の葉を使う葉蓋点前は七夕にぴったりのお点前ですねー。七夕と聞いてまず思い描くのは風炉先に描かれているような図柄ですが願い事を短冊に書いて笹に吊るすようになったのは江戸時代からだそうです。牽牛の茶碗と天の川に見立てた銀河の棗を取り合わせて。茶杓 [続きを読む]
  • 文月の懐石
  • 7月も懐石料理のお教室に行ってまいりました。正午の茶事の献立ですが、向付は豆乳の滝豆腐。暑い時期は生ものよりつるっと食べられる方が喜ばれるようですね。 ところてんのようににゅうっと押し出します。ぐっと素早くしないと形が崩れてしまうようで、私はちょっと失敗してしまい他の方のを写真に撮らせてもらいました。 夏には定番(社中ではややトラウマ気味の)の冬瓜も。皮目が固くて上手にお団子にならずやはり難しい〜 [続きを読む]
  • 小学校茶道体験教室2
  • 小学校茶道体験教室の2回目を開催いたしました。前回はどの回も同じくお辞儀の仕方、座り方、立ち方、歩き方など和室でも立ち居振る舞いやお菓子やお茶の頂き方を学びましたが低学年のお子さんと高学年のお子さんでは習熟度がかなり違いますので今回、高学年には蹲から席入り、床の間の拝見の仕方をお教えしました。高学年は女の子が多いこともあって落ち着いていますし、所作も綺麗です暑い日だったので冷茶にも挑戦してみました [続きを読む]
  • 絽の着物
  • 単衣の季節はあっという間でしたね。6月中は着付けで汗をかくことはありませんでしたが、7月はさすがにクーラーなしで着たら暑かったですこの着物と帯は母の茶友の方がお譲りくださったもので、なんとお揃い勿論別々に使うこともできますが、珍しいので小学校の体験教室に着て行ってみました。さすが女の子はよく見ていて『同じ柄だ可愛い〜』と言ってくれて、ちょっぴり嬉しかったです6年生の女の子からは『前と違う着物だけど [続きを読む]
  • 葉蓋
  • 7月に入って急に暑くなったようで、夏らしいお点前を稽古しております。この日は葉蓋のお稽古。勝手口の側ですくすく育った梶の葉が使われるのを待っています〜 [続きを読む]
  • 許状引次
  • 先日、社中最年少のM君に許状の引次をいたしました。裏千家に入門されると割稽古に始まり、盆略点前、薄茶平点前・・・と段階を追って稽古を進めていきますが学ぶことをお許し頂く『許状』を頂かなければ次の段階へ進むことができません。と言っても最初の許状だけは頂戴する前に稽古を進めていますけれど最初に頂く許状は入門・小習・茶箱になりますが、実はお点前の数が多くそれも道具の扱いによって変化する場合が多いので、一 [続きを読む]
  • 中学生茶道体験教室
  • 私の母校でもある地域の中学校の生徒さん達が茶道体験にいらっしゃいました。最近は地域の方にご協力頂いての放課後学習が充実しているようですね。私の頃にはなかった制度で羨ましい私が度々お邪魔させて頂いている小学校でも茶道経験のあるお子さんが多いのに驚きましたが放課後や夏休みなどに体験教室のようなものが開かれており、様々な体験が出来るそうです。気軽に習うことができるワークショップなども増えているようで茶道 [続きを読む]
  • 今年最後の夏単衣
  • 更新出来ないまま、6月が終わり絽の季節になってしまいましたが今年最後の夏単衣はこんな感じで。先週の着付けがとても上手くいったので、同じ着物にしてみたのですがこの日は何故かイマイチ・・・なかなか安定しませんね。汗っかきなので暑い時期はつい洗える素材のものばかり着てしまいますが化繊は暑いので、より汗をかいてしまうという・・・帯は同じように見えますが、先週よりも透け感のある薄手の物にいたしました。 [続きを読む]
  • セーラムからのお客様
  • 先日、姉妹都市セーラムからの訪問団の皆様が当庵にお越しくださいました。私達母娘がセーラム市を訪れたのはざっと25年前。それ以来の長〜いお付き合いです。まずは社中最年少M君のお点前で一服召し上がって頂いて今回の訪問団の皆さんは和菓子OKだったようで良かったです過去の経験からアメリカの方は餡子が苦手な方が多いのかなぁと思っていましたがピーター氏がお菓子も抹茶もNGなだけのようですねお茶を点てる体験もして [続きを読む]
  • 7月の稽古日のお知らせ
  • 7月の稽古日をお知らせいたします。火曜日 4・18・25金曜日 7・14・21(28日から14日に変更になりました)土曜日 1・8・29稽古茶事を16・17に行います。亭主・水屋の皆さんは15日の準備にお越しくださいませ。29日にお天気が良ければ湿灰作りをいたします。お天気によっては30日に延期いたします。ご都合のよろしい方は是非参加してくださいね [続きを読む]
  • 朝茶事の懐石料理
  • 先日の懐石料理のお教室では朝茶事のお献立を教えて頂きました。7月に朝茶事を予定していましたので、なんてタイムリーなんだ!と感動しましたがこの時期に朝茶事をされる方がそれだけ多いって事ですよね。利休さんの時代には一年中朝茶事はされていたそうですが(正午の茶事よりポピュラーだったとか)最近は暑い夏の時期の早朝涼しいうちに行うものとされています。稽古茶事では遠くからいらっしゃる方の事を考えて、なかなか定石 [続きを読む]
  • 素焼き
  • 先週から父達が素焼きをしておりました。しばらく父の体調が優れず、かなり溜まってしまっていたようで連日釜仕事をしております。陶芸やったのに作品がまだ!という方が万が一いらっしゃいましたらご連絡下さいませ。 [続きを読む]
  • 夏単衣3週目
  • 6月も半ばを過ぎますと小物類はすっかり夏物に。この日着た着物は、若いお嬢さんの付き添いで何故か一緒に作っちゃった色無地。若気の至りでツボツボ紋を入れてしまい、恥ずかしくてあまり外には着れないのですが(って着ちゃいましたが)着る度にその当時の事を懐かしめる思い出深い着物です。 いつもと違う呉服屋さんの仕立てなのですが、思ったより着付けがしやすかったので仕立て的には相性が良かったみたいです。呉服屋さんに [続きを読む]
  • 尾上釜
  • 先週末から稽古に使っている釜は尾上釜と言います。神戸の尾上神社の鐘を模して作られたので尾上釜というそうです。釣鐘の形をしていて、胴正面に「播州」と「高砂」、裏側に「尾上」の文字が描かれています。共蓋ですので男性も帛紗を使用しますが、普段やり慣れないので皆さん難儀されていますね〜。いつも男性が素手で釜の蓋を取るのは、手の皮が厚いからでも罰ゲームでもなく女性は素手で触ってはいけないところを素手でもOK! [続きを読む]
  • 四方卓
  • 四方卓が新しく仲間入りいたしました〜炉、風炉どちらにも使えますが杉木地が清々しくこの時期にぴったり〜濃茶の後の柄杓の荘方に特徴があり、水次の時の動きが面白いですね(今までやった事がないので)もちろん通常通り荘ることもできますが、是非一度挑戦してみて下さーい。 [続きを読む]
  • 風炉の初炭手前
  • 昨夜の初炭手前は初めて炭手前をされる方でした。初炭手前は最初に稽古にいらした方しか出来ませんので、今までなかなかチャンスがなかったようです。母が野暮用で席を外した時だけ私がみせて頂いたのですが、回数が少ないということは指導の回数も少なく・・・どうしても口より先に手が出てしまう口頭だけで伝えるのって実はかなり技術のいることなのです。教えなれた点前とそうでないもの、そんな事のないように全ての科目を万遍 [続きを読む]