クレヨンおばさん さん プロフィール

  •  
クレヨンおばさんさん: 茶の間でおしゃべり
ハンドル名クレヨンおばさん さん
ブログタイトル茶の間でおしゃべり
ブログURLhttp://tyanomadeosyaberi.hatenadiary.jp/
サイト紹介文お茶の間でカフェオレを飲みながら気楽におしゃべりしている気分の、年金生活者の雑談ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供201回 / 161日(平均8.7回/週) - 参加 2016/11/21 22:39

クレヨンおばさん さんのブログ記事

  • 12年前の自分と茶の間でおしゃべり
  • 本棚の奥から、昔のブログ記事を発見しました。一年間で無くなったブログです。懐かしいなあ。今は、消滅しているブログ。なくなってしまうから、書いた記事をプリントしていたんですね。けっこうマメだったんですね、私。はじめてのブログだったしね。はじめてのがなくなるって、運が悪い。無料ブログサイトって、なくなってしまうことがあるんですね。その、昔のブログ記事には、12年前の私がいました。50代に入ったばかり [続きを読む]
  • めげないで、前向きに
  • こんにちは。昨日のこと。あちこち歩き回りました。まず、連休前だから生活費をおろして来ようと、銀行へ。ATMの前に並び、財布をごそごそ。あらまあ、カードがありません。せっかく、久しぶりに通帳に記帳しようと出がけに通帳もバッグに入れたのに。肝心のカード、財布になかった。カード、いつも財布に入れておくのですが、飲み会の時は、置いてゆく。なんか、落としたらやだなあ〜〜って思って。月曜日の飲み会参加のあ [続きを読む]
  • 最高1102、最低89●アクセス数(はてな)の波
  • やっと、パソコン入力ボランティアの仕事が終わりました。後ろめたさなしで、ここに来られました。ところで、私は、算数が好きだった。数字が好きなのかも。(あ、国語も好きだった。)でも、これからは数字の話。ブログを半年続けたら軌道に乗るって、どこかに書いてあったので、11月21日に始めたこのブログをとりあえず、半年、続けようと思っていたわけです。3か月で、消えてゆくブログが多いので、それを乗り越 [続きを読む]
  • 昭和ヒトケタの母と、アラカン娘の関係
  • こんにちは。今、昼休みです。一日中、休みですが、気分は、昼休み。昨日に続き、母のことを考えてみました。基本、昼間は、母と二人です。脳味噌が足りないので、本から学んだことを書きたいと思います。私が気に入っている本の一つに、「萩を揺らす雨」(吉永 南央 著)があります。おばあちゃんが、日常の謎を解く短編集で、シリーズもの。新刊が出たら必ず読むシリーズの中の1冊です。この本のよさは、いろいろで [続きを読む]
  • 聞いてください。また、喧嘩してしまいました。  追記しました。
  • 母と、また、けんかしてしまいました。また、というのは、一か月くらい前にもしてしまっていたからです。tyanomadeosyaberi.hatenadiary.jp母は、いじっぱりなんです。私も、いじっぱりなんです。互いに、面倒かけたくないという自立心が、うまく甘えられないという悪循環になってしまっているのです。とくに母は、相手に、何かしてもらうのが申し訳ないと思ってしまう人なんです。相手に、時間を使わせたら申し訳ない。相手 [続きを読む]
  • 同姓同名の人に会ったことありますか
  • 同姓同名の人に会ったこと、ありますか。私は、とてもありふれた名前なので、何回かあります。もう、そこら中に、いると思います。はじめて「同じ名前の人がいるんだぁ」と発見したのは、中学生のとき。ラジオから、懸賞の当選者の発表が聞こえてきました。「〇〇市の、〇〇△△さん、おめでとうございます〜〜」朗らかに言う女性アナウンサーの声に、びっくりしました。だって、私は、応募していない。そして、そして、え [続きを読む]
  • 誰かが足りない  宮下 奈都 著
  • 宮下 奈都さんの、「誰かが足りない」最近、宮下さんの本を続けて読んでいる。この前読んだ、スコーレ№4より、私はこちらが好みにあっている。6つの短編が入っている。大雑把に言えば、様々な事情を抱えている人たちが、少しづつ明るい方を見て、一歩踏み出す。「ハライ」というおいしいレストランに行こうね、って約束する。物語の背景も、登場人物も、違う。認知症とか、いじめとか、家族を失ったとか、外に出ら [続きを読む]
  • おさななじみ 
  • 幼馴染。そこはかとなく、淡い思い出が‥‥‥。あるでしょ。そうよね。幼馴染って、いいんだろうなあ。先日、居酒屋で、幼馴染の話になった。そして、私には、幼馴染はいないことがわかった。一緒に飲んでた友人たちも、いないって言ってた。ウチの周りは、ほとんど、2世帯住宅。私のウチも、そう。ご近所を見れば、小さい頃から知っている、今はおじさん・おばさんになった人たちが、いっぱい、住んでいる。だが、しかし [続きを読む]
  • 記事を書く、をクリックしたけど
  • 毎朝の習慣で、惰性で「記事を書く」を したのはいいけれど、今朝はも、頭が働いていないようで。何をおしゃべりしようかなあ。やりたいことがいっぱいあって、やらなくちゃならないこともいっぱいあって。そこに億劫がる自分がいて。なかなか、カラダと頭が動かない。時間はいっぱいあるはずなのに、それでも足らないと思う時がある。これは、ある意味、ありがたいことなのか。自由に使える時間がいっぱいあって [続きを読む]
  • 人は見た目が、ブログは題名が、大事。
  • こんにちは。パソコン仕事に飽きてしまい、また、ここに来ています。今朝のブログの題名は、品がなかったようで、来てくださる方は、いつもの半分以下でした。いっぱい書いたのになあ。改めて、題名は大事なんだなと思いました。 う〇こ なんて、題名に入っていたら、そりゃ、読みたくならないんだろうなと、反省しました。あまりにも、品がなかったですね。そう言えば、いつも、題名のことなんか、適当でした。どんな題 [続きを読む]
  • 健康のバロメーターに、「う〇こ記録」を続けよう
  • おはようございます。朝から尾籠(びろう・書けないなあ、この漢字)な話で失礼いたします。日曜日だから、いいかなと。(ぜんぜん、理由になってないけど)前にも書きましたが、私は健康手帳に体のことを記録しています。tyanomadeosyaberi.hatenadiary.jp毎日血圧などを記録しているわけですが、すでに、4回測り忘れがあります。ま、そんなもんです。私が健康のバロメーターとして信用しているのが、うんこです。これは、 [続きを読む]
  • 私信・食う子さんへ
  • 食う子さん、食う子さんのブログにコメント書けないので、ここに書きます。記事を削除してしまったとか。私も先日、してしまいました。ほんとに、残念無念でございます。他人事とは思えません。ブログの中を、あちこち見たら、削除してしまった記事、復活できることを発見しましたよ。「記事の管理」のページを開いて、そこの一番右下に、「ゴミ箱」と書いてあるところを 「復元する」を で、再び記事が表せ [続きを読む]
  • 5か月続きました。感謝です。
  • こんにちは。今日は、よくここに来ています。パソコン仕事に飽きてくるからです。最近、集中力低下してますので。さっき、気が付きました。今日で5か月、ブログが続きました。飽きっぽい私にしては、偉いです。これは、私的には、すごいです。くだらないおしゃべりなので、読む人の役にはたたず、それでも、おいでくださる方がいらして、励みになっています。ありがたいことです。今日で、182個めの記事ですが、読み返し [続きを読む]
  • 指名手配かと思った
  • 今朝思い出せなかったことを 今、思い出しました。先日、郵便受けに入っていたチラシ。白黒の、画像の粗いチラシ。2人の男の人の顔がプリントされていた。おお、最近は、各家庭に、指名手配の犯人画像を配るのか。この辺りに出没する詐欺犯なのかな。それにしても、画質、悪いだろうこれは。そうして、家に入ってよくよく見れば、このチラシは、地元の信金さんのチラシであった。このたび、この地区の担当者が変わりまし [続きを読む]
  • 思い出せない
  • おはようございます。昨夜、お風呂に入っているときに、「そうだ、このことを明日のブログに書こう」と思ったのです。今、ここに来て、いざ書こうとしたら、何のことか、まったく思い出せません。大丈夫か、私。以前、何を食べたか思い出せなくても、食べたことを覚えていれば大丈夫。って 聞いて 安心したことがあります。そうすると、何を書くか思い出せなくても、何か書こうと思ったことを覚えているから大丈夫。って [続きを読む]
  • お年寄りにはつらいスクランブル交差点
  • こんばんは。スクランブル交差点が嫌いです。どっちに歩くかわからなくなるからじゃありません。そこまで、ぼけてはいません。体調が悪いときは、信号が変わってすぐスタートしないと、渡り切れません。ぼんやりしていると、渡り切れないし。手で車を押して歩いている人生の先輩方は、ぎりぎりアウトになりそうで、見ていて気が気じゃないです。見知らぬお年寄りが渡っていても、心配になって、ついつい渡り切れるのを確認し [続きを読む]
  • 恋と巡礼  吉田秋生
  • 恋と巡礼  海街diary8 吉田 秋生 著最近覗いてなかった書店のコミックスコーナーで、昨日見つけました。うれしくてうれしくて、うきうきしながらレジに並びました。このシリーズ、大好きなんです。何年か前に、映画化もされましたね。鎌倉を舞台に、4姉妹の日常が描かれています。長女の幸、看護師。次女の佳乃、信用金庫に勤めるOL。三女の千佳、スポーツ用品店の店員。四女のすず、中学生。彼女たちを囲 [続きを読む]
  • 得意なポーズは、チャイルドポーズです。
  • 5か月ぶりにジムに行った。行けた。先週から、行こう行こうとは思っていたが、どうしても腰がひけてたのだ。(休会届は3か月分しか間に合わなかった。 月1000円、出すんですよ、休会中も。)去年から、胃が悪かったり、動悸めまい息切れがしたり、血圧が上がってしまったり、夜中に震えが来て救急車にお世話になったりとさんざんな日々だったが、ここのところ体調がわりと普通に近くなってきたので、出かけた。少しづ [続きを読む]
  • 中途半端にすっきり・・・・してないんだよなあ。
  • こんにちは。昨夜(今朝?)見つけた、ブログ村へのインができない事件。どこでどうなったかわかりませんが、今現在確かめたら、インできています。バナーの貼り方が、悪かったのでしょうか。過去の3つの記事だけ、インできなかったのです。仕組みが全く分からないので、なんだか嫌な感じが残るけど、インできるようになったから、よしとしよう。しかたない、しかたない。と言い聞かせています。私は、こんな、どうでも [続きを読む]
  • お試しです、ごめんなさい。
  • 頭が痛くて、起きてしまった。眠れないので、ここに来た。そうして、自分の記事からブログ村に行った。あら、昨日のと、おとといの記事からは、ブログ村のポイントがつかない。謎だ。せっかく書いたのに。せっかくどなたかが、 してくださっているであろうに。今までも、 数が上下に変動していたけど、もしかしたら、ページによって、 してもポイントがつかない場合があったのかもしれない。もしそ [続きを読む]
  • ありがとう型?恐縮型?
  • ツバキ文具店(小川糸 著)の中に、こんなことが書かれていた。誰かに物をいただいた時、本当にすみませんと恐縮して謝るのが先代なら、笑顔でありがとうとお礼を言うのがスシ子おばさんだった。(62ページ)あなたは、どちらですか?頂く相手にもよりますよね。この人からいただいてしまっては、と恐縮したり、仲良しからだと、笑顔でありがとうとお礼が言えたり。私はね、本質的には、恐縮型です。頂いちゃって、悪い [続きを読む]
  • あのころは、上司の優しさがわからなかった
  • 春。新しい職場で、新人が、頑張っている春。遠い昔、私も新人だった。あたりまえである。あるとき、私のところにクレームが入った。びっくりである。私に落ち度はない。濡れ衣に近い。私ではないだろう、怒りの矛先。でも、まあ、相手方にはこちらの内情はわからないから、後で考えると、私あてのクレームになっても仕方なかったのかもしれない。でも、当時の私は、納得できなかった。「お詫びに行きなさい」と責任者は言う [続きを読む]
  • お客様、それは、ポンタカードでございます。
  • 病院の帰り、昼ご飯を作るのは面倒なので、地元のちょっと気取った(ちょっとお高い)スーパーに寄った。検査結果がよかったから、ちょいといいモノ買おうかなと思って。コンビニ弁当でもよかったが、ちょっとおしゃれなモノにしたい気分だったのだ。会計で、レジのところの小さいお知らせを見たら、ナナコカードが使えます、ポイントつきます。と書いてある。そうか、ここも、ナナコ使えるんだ。慌てて財布からカードを取り出 [続きを読む]
  • ツバキ文具店
  • ずいぶん前に買ったこの本。図書館から貸し出してもらった本が次々と手元にある状態になってしまって。やっとそれらが読み終わり、この本を手にすることができた。小川糸 著。ツバキ文具店。幻冬舎。もう広く知られている本で、今さらここに紹介するまでもないし、先日知ったが、NHKのドラマも始まったらしい。温かい気持ちになれる、よいお話だった。特に、257ページ以降、心にしみてきた。とても素敵なお話だった。読 [続きを読む]