ミーゼス さん プロフィール

  •  
ミーゼスさん: 浮世離れのブルックナー
ハンドル名ミーゼス さん
ブログタイトル浮世離れのブルックナー
ブログURLhttp://vonmises.blog.fc2.com/
サイト紹介文ブルックナーについて語っています。ブルックナー好きよ、集まれ〜!そうでない人も集まれ〜!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 89日(平均3.1回/週) - 参加 2016/11/21 22:47

ミーゼス さんのブログ記事

  • Rシュトラウス アルプス交響曲 カラヤンBPO
  • 昨日、今日と春のような暖かい日が続きました。しかし、明日はまた冬に戻るようですね。寒いと、もう朝が辛くて辛くて布団から出たくないんですよね。ホントに。とは言え、後1月と少しで桜の季節になります。それが今から楽しみなことですね。Rシュトラウスのアルプス交響曲。カラヤンの十八番でした。私はアルプス交響曲を好きになったのは年を取ってからなので、カラヤンの生前から聴いていたわけではありません。ですが、色々 [続きを読む]
  • 公衆浴場の入り方
  • 一昨日の木曜日に近所の温泉に行ってきました。夜9時半ぐらいだったかと思います。もう一軒温泉浴場があるのですが、施設が出来て新しいこともあり、激混みなのです。なので、私は泉質は違いますが、空いてる方の温泉に入りに行きます。ちょっとした問題が脱衣所で起きました。私が浴場から出てきて自分のロッカーまで歩いて行き、バスタオルで体を拭いていたら、濡れてる床を見て、掃除のオヤジが「ちっ」と舌打ちするではないで [続きを読む]
  • メストのR・シュトラウス アルプス交響曲
  • 明日は温泉の曜日。今から待ち遠しい。ここまで自分が温泉を好きになるとは思いもよらなかった。温泉に入っているときと出たときのほっこり感がたまらない。やっぱ冬は温泉だなぁ。明日、露天風呂に入っているときだけ雪が降らないかなぁ。アルプス交響曲、私はこの曲が大好きである。この曲を生で聴きたくて仕方がない。だが、私の地域では東京のように実力のあるオーケストラがひしめき合っているわけではないので、なかなかこう [続きを読む]
  • ベートーヴェン交響曲第5番 ブロムシュテット
  • 先日、口内炎のことを記事にしたのですが、コメントをくださった方が乾燥対策としてマスクをして寝ていると仰っていたので、私もマスクをして寝てみました。しかし、慣れてないせいだと思います。全然寝付けなくて結局、マスクを外して寝ました。あと、口内炎対策として、サプリメントのビタミンB群を日曜から飲み始めました。すると、ビタミンB2の効果があったのか分かりませんが、昨日あたりから口内炎が治り始めました。ホント [続きを読む]
  • 理解が深まってきたブルックナー8番初稿版
  • 相変わらず冬真っ只中の寒さですね。ちょっと買い物で外に出るとブルブルとなってしまう。私は口内炎ができやすい体質でして、歯間ブラシで歯を磨こうと、歯磨き後にうがい薬でうがいと口を漱いでも、できるんです。口内炎が。特に冬。以前、歯医者で口内炎を研究している先生がいて、その先生に診てもらったときも口内炎はハッキリとした原因は分かっていないと言っていた。今日、歯石を取るために別の歯医者へ行ったら、確かに口 [続きを読む]
  • 恐ろしきかなAI
  • 先日、テレビを見ていて驚愕してしまいました。学習塾の映像だったのですが、数学の授業で塾の講師は中学生に何も教えてないんです。中学生は机に置いてあるiPADのような端末を触っているんですよ。で、中学生はその端末に表示される問題をその画面上で解くわけです。正解すれば次の問題が出てきます。間違えると、どこを間違えたかコンピュータのAI(人工知能)が瞬時に把握して、その部分の理解が深まる問題を出題するのです。そ [続きを読む]
  • ザンデルリンクのブルックナーCD
  • ここ名古屋でも昨晩どえらい雪が降りまして、朝結構積もっていました。現在は、ある程度溶けてますが。やっぱりこんな寒いときは温泉に限りますね。とは言え、金曜に行ったばかりなので、今日はどうしようか迷ってます。今日のお昼はウルフギャングパックというお店でランチを食べようと予約を入れていたのですが、一緒に食べる予定だった人がお店まで雪で行けないということで昨晩キャンセル。仕方ありませんね。先日、ザンデルリ [続きを読む]
  • 名フィル定期演奏会 感想
  • 昨日、名フィルの定期演奏会に行ってきました。曲目:ドヴォルザーク チェロ協奏曲ロ短調    フランク 交響曲ニ短調チェロ独奏:山崎伸子指揮:円光寺雅彦たいへん楽しみにしていたコンサートでした。チェロ協奏曲はドヴォルザークの最高傑作ですし、フランクの交響曲も大好きな曲なんです。フランクの交響曲をコンサートでやってくれるオケはあまりないと思うんですよね。名曲なんですけどね。循環形式というのがあまり好か [続きを読む]
  • ザンデルリンクのブルックナー4番
  • どうもまだ初稿版の4番には慣れない。改訂版をつい聴いてしまう。4番は良いCDが結構あるのだ。このザンデルリンクとバイエルン放送響のCDも素晴らしい。ザンデルリンクはメリハリを付けているのだが、付けすぎるとブルックナーの曲は壊れてしまうからさじ加減が難しいのだが、ザンデルリンクがやると結構なメリハリにも関わらず実に自然に聴こえてくる。深みも一層増す。金管がうるさくならず、弦の音色の優しさも感じることがで [続きを読む]
  • 世界情勢。。。
  • このお正月、色々な番組をやってました。NHKでは、日本を取り巻く環境が危険だとかやってましたが、一昨日だったかな、見た番組で驚きの状況にあることが分かりました。それは、日本ではなくヨーロッパです。イギリスがEU離脱を決めましたが、どうもフランスも怪しくなってきているようです。フランスの農家、特に酪農家が危機的状況に追い込まれています。どんどん廃業に追い込まれているようです。ビックリなのは、酪農家の収入 [続きを読む]
  • 初詣
  • 今日は初詣で静岡の袋井にある法多山尊永寺に行ってきました。以前行ったとき心願成就のお守りをもらってきて、それが成就した経験があったので、もう一度ご利益をいただけたらと思い、行ってきました。厄除け団子が有名で帰りに食べてきました。夏に行くと、参道の右側に太い杉?の木が並んでいるのですが、周りの樹木もうっそうと茂っていて、何とも心が清らかになる雰囲気を湛えていて気持ちがよいです。今日は雨がずっと降って [続きを読む]
  • ヤングのブルックナー3番
  • 今日から仕事が始まった。お昼を食べた後、睡魔が襲ってきた。連休明けはやっぱりツライものがある。体調を前日に整えたつもりであったが、充分睡眠をとったつもりだったが、不覚にも睡魔にやられた。慌ててコーヒーを飲んで睡魔を吹き飛ばした。自販機でブラックコーヒーを買ったのだが、生温くてイマイチだった。この演奏は初稿版を採用している。3番については初稿版を採用している指揮者は結構いる。インバル、ティントナー、 [続きを読む]
  • シャイー&ライプツィヒのブラームス交響曲4番
  • 昨年末のシャイー&ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管の第9があまりにも見事だったため、即シャイーのベートーヴェンとブラームスとブルックナーの全集を購入した。私はブラームスの交響曲の中で4番が一番好きでして、この曲の出来で指揮者の力量を見極めている。(偉そう)当然、私の中では4番について演奏の理想像は確立している。チェリビダッケ&MPOやベーム&VPOの右に出る演奏はないと思っている。チェリビダッケもベーム [続きを読む]
  • ブルックナー8番初稿版の深淵な謎
  • 最近、ブルックナーの交響曲全集を買ったところ交響曲第8番はたまたま初稿の演奏が半分を占めていた。昨日、元旦に届いたシャイーの全集は1980、1990年代にほとんどの曲が録音されており、現在のように初稿を演奏しようという機運がなかったこともあり、第2稿が採用されている。ティントナーとヤングが初稿。ボッシュは第2稿を採用。ボッシュは3番と4番は初稿。元旦に満を持して?ティントナーの8番を聴いた。大好き [続きを読む]
  • 謹賀新年2017 カノンロック
  • 明けましておめでとうございます。新年が始まりました。今年やりたいことは色々あります。私事ではチェロを始めようと思ってます。これは数年前からやりたいとは思っていたのですが、忙しい中でやれる自信がなかったこともあり、手が出せませんでした。そんなことを言っていたら一生できないので、思い切ってやることに決心しました。仕事は引き続き色々勉強を続行ですね。今年の春は一本桜を探して花見に行こうと思います。もう一 [続きを読む]
  • シャイー&ゲヴァントハウスの第9
  • よく分からなくなってきた。このシャイーの第9はどこまでもベートーヴェンの楽譜に忠実にやっているそうなのだ。第1楽章を聴き始めてすぐに感動できなさそうな雰囲気が立ち込めてきた。なので、これは一時間ツライ思いをするかもと思って聴き進んだ。だが、だんだん見えてきたのは、ベートーヴェンの真意のようなもの(ようなものというのは私がベートーヴェンの真意をどこまで理解しているか分からないのでようなものとした)と [続きを読む]
  • ミュンシュのフランク交響曲ニ短調
  • フランクの交響曲は大好きではあるのですが、ミュンシュとカラヤンしか聴いたことはありません。初めて聴いたのがミュンシュ&ボストン響のCD。正確には20年ほど前にラジオで聴いたのですが、誰の指揮だったか憶えてません。曲の印象も感動にはほど遠かったと思います。ところが、10年ほど前、親父がミュンシュ&ボストン響のサンサーンスの「オルガン付き」を買ってきまして、それが3枚組の輸入CDでして、その中にフラン [続きを読む]
  • スペシャル天丼
  • 昨夜、姉夫婦が新幹線を3時間ほど乗って帰省しまして、折角遠くから帰ってきたのだから、今夜はどこか外食に行こうということになったのです。しかし、お義兄さんは魚が好きではないのです。肉が好きなんです。親父は魚が食べたいと言う。で、肉も魚もあるお店を探したのですが、やっぱり基本的に美味しそうなお肉の店は魚がないですし、その逆も然りなんです。なので、遠くから来訪したお義兄さんを優先することになったのですが [続きを読む]
  • メリークリスマス テ・デウムを聴こう
  • 今日は昨日の予告どおり、岐阜へ行き名古屋への帰りすがら、ハーブスというお店で30分並んでケーキを購入してきました。先ほど家族で食べましたよ。買ってきたのは、ストロベリータルトとモカケーキとストロベリームース。家族には喜んでもらえた。そして、たった今ブルックナーのテデウムを聴き終えたところ。オイゲン・ヨッフム指揮の超名盤。テデウムを聴いていてクリスマスについて思ったことがあります。クリスマスはイエス [続きを読む]
  • ベルチャQのベートーヴェン弦楽四重奏曲7番
  • 正統派というか往年の演奏とは違い、今風の演奏である。力を入れるところ、抜くところ、今までとは全く違う。曲の印象がガラリと変わっている。今風の演奏は個性よりも楽譜に忠実であることを目指しているように思う。そのため、どこかクールに感じてしまうのは私だけであろうか。果たして聴衆はどちらの演奏を欲しているのだろうか。たぶん、両方であろう。楽譜の指示を守りつつ個性を出す。なかなかそれは難しいのではと思う。だ [続きを読む]
  • スイトナーのブルックナー8番ライヴ
  • もはやこの指揮者のことを知っている人はオジサンオバサン以上になってしまった。旧東ドイツで大活躍していた指揮者である。日本にも所縁が深い。NHK交響楽団を度々指揮していた。かれこれ30年ほど前の話。その当時、世界のトップクラスの指揮者がN響へ度々客演するなど、そうそうなかった。確か。だから、高校生と言えども正直驚いたものである。また、スイトナー&ベルリンシュターツカペレのベートーヴェンの田園は名盤だ [続きを読む]
  • ボッシュ&アーヘン響のブルックナー7番
  • ボッシュ&アーヘン響の響きは耳障りが良く気持ちが良い。金管と弦の垣根をあまり感じさせない。これほどの自然な融合は見事と言う他ない。金管と弦をダイナミックに融合させたのは、言うまでもなくワーグナーである。その影響を受けたブルックナーは、そのまま模倣するのではなく、独自の感性をその術に注ぎ込むべく試行錯誤する。ブルックナー会心の作である第5交響曲にて、その試みは結実する。だが、ブルックナーは更なる高み [続きを読む]
  • 牛乳の記憶
  • 今日はルーティンをこなしてきた。ラーメン屋には行かなかったが、温泉に浸かりサッパリしてきた。湯から上がったら、飲むヨーグルトを一本飲む。子供の頃、自宅の風呂のタイルを交換するために風呂が使えないことが一週間ぐらいだったか、あった。そのとき、親父に連れられて銭湯に初めて行った。そして、風呂の工事が終わるまで通った。ひとっ風呂浴びたあと、決まって親父と牛乳を飲んだ。私はコーヒー牛乳を飲みたいと言ったの [続きを読む]
  • 名フィル定期が楽しみ
  • 来年早々、名古屋フィルが私のお気に入りの曲を演奏してくれるので行くことにした。3月のブルックナー8番だけにしておこうかと思っていたが、やっぱり1月の定期公演も行くことにした。曲目は下のとおり。 ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 フランク:交響曲 指揮:円光寺雅彦(正指揮者) チェロ:山崎伸子日本のオーケストラで資金力がある楽団は、そこそこ有名な外国人指揮者を常任や音楽監督に据えている。確かに、本場で揉ま [続きを読む]