ユイオトヤ さん プロフィール

  •  
ユイオトヤさん: スピリチュアル詩人ユイオトヤ作品集
ハンドル名ユイオトヤ さん
ブログタイトルスピリチュアル詩人ユイオトヤ作品集
ブログURLhttps://ameblo.jp/hitoyasumisirou/
サイト紹介文ライトワーカーのみなさんへスピリチュアル詩人ユイオトヤが詩や作品を通して宇宙からの情報を伝達します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供231回 / 277日(平均5.8回/週) - 参加 2016/11/21 23:54

ユイオトヤ さんのブログ記事

  • 純粋な人々との出会い OSHO日本語通訳DVDの紹介
  • 僕が自分の人生でものすごく恵まれていると思うことはとても純粋な人間関係に恵まれていることです。昨日はだんだん親友化してきたSWさんとごはんを食べながらえんえんといつもの宇宙的無駄話をしました。 今朝はお祈りの会のIさんが整体に来てくれました。この人は日本中の神社、実に3000千社以上を回って人類救済次元上昇の印を組み続けた、ちょっと人間離れした人で、その神徳が実り、糖尿病と喘息というきわめて完治し [続きを読む]
  • ゆいおとや自選詩集7 夕焼け小焼け
  • 夕焼け小焼け          ゆいおとや 夕焼け小焼けはやさしいな影のせたけが伸びたもの夕焼け小焼けはやさしいな川のひかりがにじんだもの夕焼け小焼けはやさしいなお山を赤く焼いたもの夕焼け小焼けはやさしいなかあさんやさしくなったもの たぶん私の書いた詩では一番か二番にきれいな詩だと自分でかってに思っています。誰か作曲してくださいね。きれいな童謡になると思います。 [続きを読む]
  • ゆいおとや自選詩集6 空を見ていると
  • 空を見ていると         ゆいおとや 空を見ていると気持がいいいつでもどんな時でもしあわせで私も空になる白い雲や夕焼けになる白く降り積もる雪にもなる空を見ていると私はたましひになるたましひになって飛んでゆく青く透き通った美しい光になって飛んでゆく空を見ていると私はきれいなたましひになって永遠の中へ飛んでゆく たった今書いた詩ですがとっても気に入ったので自選詩集に入れました。シンプルで簡潔な作 [続きを読む]
  • 泥で作った泥人形
  •   泥で作った泥人形         ゆいおとや 空にゃお星が光ってる海にゃおさかな泳いでる私は地べたに座り込み泥で人形作ってる 泥でこさえた泥人形まっくろけの泥人形私みたいに不細工で役にも立たない泥人形 作って壊し壊して作り無限億光年の歳月を泥にまみれて作ったのしまいにゃ疲れて眠ったの したら夢を見たの きれいで真白いカモメのうえに泥人形のわたくしは金のころもにくるまれてお日様めがけて飛んでいます [続きを読む]
  • Love is the fire 愛は炎
  • Love is the fire 愛は炎           ゆいおとや 愛は炎愛は炎愛は炎 私は火私は情熱私は輝き 燃える世界燃えるハートゆらめききらめく宇宙 愛は炎愛は炎愛は炎 私は炎 Love is the fire                 * あるサニヤシンのマ(OSHOの女弟子のこと)と知り合ったことでまたOSHOの世界に浸っています。自分の人生を交響曲とすると主旋律が世界平和の祈りで [続きを読む]
  • ゆいおとや自選詩集5 観音さま
  • ゆいおとや自選詩集5 観音さま                ゆいおとや 観音さまが僕を見て白いみ手をさしのべた僕は観音さまをじっと見てわざとみ手につかまらなかった 観音さまが悲しそうな顔をしてさらにみ手をさしのべた僕はさらにひねくれて走って観音さまからのがれようとした 僕はすぐにこけた観音さまはすぐに助けてくれた 僕は笑った 観音さまも笑った僕は泣いた 観音さまも泣いた 人ってせっかく神仏が助けてく [続きを読む]
  • 義務よりも愛からの創造 なにかとても美しいもの
  • 義務よりも愛からの創造 なにかとても美しいもの       ゆいおとや 義務という言葉は好きじゃない義務という言葉には本当は好きじゃないのに無理にはっぱをかけてやるというひびきがある神様は宇宙を義務で創ったのではないと思う神様は宇宙を創造するのが楽しくて愛しているから創ったのだと思う義務からではなく愛から創造したいなにかとても美しいものを愛から生み出したい [続きを読む]
  • ゆいおとや自選詩集3 ところ
  • ゆいおとや自選詩集3 ところ          ゆいおとや たかいところ たかいところ のぼっておりて おりて のぼって きれいなところすまして こころ うれしいところやさしくひかる あかるいところ [続きを読む]
  • 夏の太陽に照らされてずっとずっと歩き続けたい
  • 夏の太陽に照らされてずっとずっと歩き続けたい           ゆいおとや 僕の前に道がある僕のうしろにも道がある まっすぐに歩きたい            *どこを歩いているのかわからないただ歩かなければという強い意志に促されて歩いている森の奥深くから見上げれば木の葉のむらがりから一筋の光が見える僕の前を黒いカラスが飛び立ち僕を何処かへ案内してくれるかささぎが鳴くざわざわと音がする 歩こう     [続きを読む]
  • 白いカモメと波乗り
  •       白いカモメと波乗り                ゆいおとや 昔無鉄砲に夏の終わりの人気のない海に入り遠くまで泳いで戻れなくなったことがあった海岸に向かって必死で泳いだけれども強い波に押し戻されてどうしても戻ることができなくなったもう死ぬのかなあと思って諦めて仰向けになって浮かんでいると空から白いカモメが舞い降り僕の目を覗き込んだするといつのまにか波の流れが変わって自然に海辺に戻されて [続きを読む]
  • ゆいおとや自選詩集2  ガラスの宝石
  •  ガラスの宝石         ゆいおとや るぴー とぱーずえめらるど 真珠インドで買ってきた宝物お店で指輪にしてもらいましたそしたらおじさんがお嬢ちゃん、これガラス玉だよごめんねってううんいいの私はこたへました私が思いっきり愛したらきっとほんものの宝石になるからすてきな指輪に作ってね たとえば誰かと知り合って、なんて素敵な人なんだろうってその人のことが大切なダイヤモンドみたいに思えていたの [続きを読む]
  • ゆいおとや自選詩集1 悲しみの向こうにあるものを見つけたいな
  • 悲しみの向こうにあるものを見つけたいな         ゆいおとや 悲しみの向こうにはいったい何があるのだろう悲しみの向こうには透き通った青い空があるのかなそれとも深い海があるのかな ううんきっと悲しみの向こうにはあのやさしいなにかがにっこりほほえんでくれているような気がする 悲しみの向こうにあるものを見つけたいな これまで書いた詩の中から気に入ったものを自選詩集にして再アップします。この詩はこれ [続きを読む]
  • 2017年8月8日の不可解日記 草間弥生さんに触発されて
  • 2017年8月8日の不可解日記 草間弥生さんに触発されて                  ゆいおとや おととい読んだ草間弥生さんの自伝(無限の網)があまりにも面白かったので図書館で5冊くらい彼女関係の本を借りて一気読みしましたが、本当に久しぶりに強烈な感動を受けて自分にとってはちょっとしたカルチャーショックでした。 僕が草間さんのことを知ったのはNHKスペシャルで精神病院の中で暮らして製作に没頭し [続きを読む]
  • 2017年8月5日の不可解日記 幻想的な一日
  • 2017年8月5日の不可解日記 幻想的な一日          ゆいおとや 今日はものすごく幻想的な一日だった。朝早く4時に目が覚めてもう眠れそうにもないのでユーチューブで遊んでいたら急に昔大好きだった(タンジェリンドリームのタングラム)という曲を思い出してあるかなあと思って検索したらやっぱりあってものすごく久しぶりに聞いてみた。僕がこの曲にはまっていたのはまだ20歳のころだから遠い遠い昔である。 [続きを読む]
  • なみだと愛と僕
  •     なみだと愛と僕                ゆいおとや なみだが空にのぼり雨になった なみだが川をくだり海になった なみだがハートにはいって愛になった 愛があふれてなみだになった なみだと愛がいっしょになって僕になった 僕となみだと愛がいっしょになった美しさに 僕は泣いた 僕は泣いて きれいななみだが金色に光った 今日ブックオフに本を売りにいったら500円になったのでそのお金で三島由紀夫の豊穣の [続きを読む]
  • 海のエチュード 海を見つめながら僕はたたずんでいた
  • 海のエチュード 海を見つめながら僕はたたずんでいた     ゆいおとや 海のエチュード1 海を見つめながら僕はたたずんでいた僕の人生のなんてちっぽけだったこと 海のエチュード2 海に夕陽が射して砂浜が赤くなった誰もがそうであるように僕も時々血を流しながら海辺を歩いていた僕の流した赤い血は貝がらや壊れかけたヨットにくっついて暗くよどんでいたけど光る夕陽に照らされていつか目立たなくなりむしろ美しい星のよ [続きを読む]
  • 蛍 僕たちは愛になった
  •      蛍  僕たちは愛になった           ゆいおとや 僕が僕であることよりも美しいことは何もなくあなたがあなたであることよりも美しいものも何もない僕は僕であることの中にしずみこみあなたはあなたであることの中にしずみこむその極限までに凝縮された僕たちの中にあの不思議な何かが炸裂して僕たちをこなごなにする僕が誰であったのか僕にはもうわからないあなたが誰であったのかあなたにもきっとわからな [続きを読む]
  • 瞑想とは内的空間の美しさに目覚めること
  • 瞑想とは内的空間の美しさに目覚めること          ゆいおとや 瞑想とは内的空間の美しさに目覚めることだと思います。こないだ親友のSWさんと話していて、生真面目な彼女は(愛とは自分のすべてをかけること。それに相手にもすべてをかけてほしい)と言うので僕は(そんなすべてをかけるとかすべてをかけてほしいとか熱いこといったらくたびれるよ。 愛とはすべてをかけることと言っているマインドとそれを見ている奥 [続きを読む]
  • バラはバラはバラ 独りあることの美しさ
  • バラはバラはバラ 独りあることの美しさ          ゆいおとや 二日連続テレジア様のことを書いたら詩人ガートルードスタインの有名なフレーズ(バラはバラはバラ)を思い出しました。 この言葉はOSHOがまだバグワンシュリラジニーシと呼ばれていた1980年に出版されたスーフィーの神秘家シリーズの(あなたは死ぬまでは)という素敵な本の中で紹介されていてとてもこころに残る言葉です。 当時OSHOは大ブー [続きを読む]