n-hayataro さん プロフィール

  •  
n-hayataroさん: 釣・食・感
ハンドル名n-hayataro さん
ブログタイトル釣・食・感
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/n-hayataro
サイト紹介文釣行記録と釣魚料理、雑感等をつらつらと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 124日(平均3.5回/週) - 参加 2016/11/23 06:18

n-hayataro さんのブログ記事

  • 【釣】アマダイ 3/19(萬司郎丸) 「高級魚が揃ったけど」
  • 今回お初の萬司郎丸さんは、江ノ島のすぐ脇にある片瀬港に店を構える船宿。片瀬港は、船釣りを始めたばかりの2013年の暮れにカワハギ釣りで訪れた島きち丸さん以来だから、3年チョイ振り。(お初。ちょいピンボケですが。)片瀬港の船宿は、まず店の前に車を停めて受付を済ませ、その後に港内の駐車スペースに停める。船が目の前だから車に荷物を積んだままで、乗船時に下ろせば良いから楽だね。萬司郎丸さんは、クーポン割引きにネ [続きを読む]
  • 【釣】釣行前記 3/19(萬司郎丸)
  • 3月は卒業シーズン。わが家では次男が中学を、T1さん家は末っ子が小学校を卒業だから、3月釣行はお祝いのための赤い魚、アマダイと決めていた。アマダイは既に終盤戦に入っていて、本来ならもう少し早い時期に狙うべきなんだけど、どうしてもアカメフグを優先しちゃうから仕方がない。船宿は巳之助丸さん、一俊丸さんと迷ったけど、今回は初見参の萬司郎丸さんに決めた。萬司郎丸さんは、最近は都合が合わずご一緒してないT2さんが [続きを読む]
  • 【食】コモンフグとシロギスの刺身
  • 11日(土)の野毛屋さんでのアカメフグ午後船はオデコ※で終わった。二年連続で最後の最後が締まらない結果のアカメシーズンだったけど、潮がユルかったし、一年で海水温が一番低い時期で浅場の釣りは厳しい頃だから、まあ仕方ないかな。 ※オデコ : 本命は0だけど他は釣れた意味の釣り用語ですね。本命も他も釣果0は「ボウズ」と言い、ダメージがでかいですね。(左上がシロギス。)貴重な釣果だったコモンフグとシロギスは1日寝かせ [続きを読む]
  • 【釣】午後アカメフグ 3/11(野毛屋) 「あなたに会いたくて」
  • お別れを告げたはずなのに未練がましく追いかけてしまうのは性なのか、野毛屋さんでアカメフグの午後船に乗りました。いや。未練じゃなく、翌週に来る母親たちにフグを振る舞ってあげたいという純粋な思いからなのに、なぜ、釣りの神さまはそっぽを向くのでしょう。そう。見事にオデコを喰らいましたよ。。。( T ^ T )(午後船は12:30出船。)天候に恵まれたポカポカ陽気の11日(土)、10:00に家を出て、軽い渋滞があったものの11:30に [続きを読む]
  • 【釣】釣行前記 3/11(野毛屋)
  • 3月20日は親父の命日。今年は祝日だから当日に母親、妹夫婦らと墓参りで集まる予定。その後は我が家で夕飯の食卓を囲むのが恒例だ。昨年はフグを振る舞ってあげようと野毛屋さんでショウサイフグを狙ったところ、潮がなくて連日出撃しても3匹という貧果だった。(毎度お世話になります。)現在、野毛屋さんでは健船長の1日船はショウサイに切り替わったものの、俊船長の午後船はアカメが続いてる。3月19日(日)にT1さんとアマダイ釣行 [続きを読む]
  • 【感】卒業式
  • 本日3月10日は次男の中学校の卒業式。3年間はあっという間で、節目節目の式に参加するたびに子供の成長の早さを実感する。会社勤めだと、特に何の代わり映えもせずに平気に数年が経過しちゃうし、あの案件はいつだったかなー。なんて考えても3〜5年くらいの幅でしか思い出せない。数年なんて誤差の範囲という感覚になる。式には両親揃っての参加が多くて、自分が子供の頃とは違うけど、当然、今の方が良いに決まってる。もう1つ違 [続きを読む]
  • 【食】アカメフグ南蛮・フグ出汁湯豆腐
  • 野毛屋さんのラストアカメで揚げた5匹のアカメフグは8日間の熟成で開封、ガッツリいただきますよ。(熟成アカメが整列。)ぎりキープサイズだった最小の1匹は刺身用に薄く下ろす。5匹分のうぐいす骨が乗ってるのは、ある目論みがあるから。(うぐいす骨も添えてね。)その目論みとは、愛車レヴォーグでドライブの際、思い立って寄った大山の小出とうふ店さんで買ってきた豆腐にある。この大山豆腐をアカメフグの中骨で取った出汁で湯豆 [続きを読む]
  • 【食】ショウサイフグの刺身
  • 野毛屋さんでのラストアカメフグはアカメ5匹、ショウサイフグ2匹の釣果。アカメは1週間以上熟成させるから、当日からいただけるショウサイを刺身でいっちゃうよ。八景沖のショウサイは他産のに比べて旨いのか?刺身にするのは、この検証のためでもある。(1日目のショウサイ。)釣行当日の晩にチャッと下ろしていただくと、25cmくらいの個体だったからなのか、少々水っぽく感じる。旨いんだけど、以前食べた八景沖の感動的なヤツには [続きを読む]
  • 【釣】アカメフグ 2/25(野毛屋) 「さらば愛しきアカメよ」
  • 今季のアカメフグもいよいよラスト。湾フグ釣りに誘いこんでこの道にハマったものの、お悩み中でリベンジに燃えるT1さんと共に今季最後のアカメを狙います。前日の釣果が良く、波風ない晴れ予報で、しかも大潮とくれば満船を覚悟してたのに5:15着で14番目。ほとんどのお客がマダイ船だから、フグ船は予想外にがら空きで右舷艫3、4番の並びをゲットした。結局、右舷は6名だけで、釣り座を調整したらみよし寄りの胴の間になったよ。( [続きを読む]
  • 【釣】釣行前記 2/25(野毛屋)
  • ガツン!ときてゴンゴン引く、堪らない釣り味の東京湾のアカメフグ釣りは、秋から冬の期間限定。健船長のブログで今季は2月26日(日)までと宣言されたから、いよいよ最後。ラス前の25日(土)に出撃しますよ。(毎度です。)今季のアカメは好調続きでトップがツ抜けはザラ。型も良くてキロオーバーがポンポン揚がる当たり年。春一番、二番が吹き荒れた以降の釣果が落ち込んでるのが気になるけど、ラストアカメを堪能しに行きますよ。? [続きを読む]
  • 【食】アカメフグの刺身・漬け
  • しゃぶしゃぶ、漬け炙り丼、唐揚げと堪能してきたアカメフグも残りは素と漬けが半身づつ。最後はストレートに味わいましょう。(2色盛に。)この時点で熟成9日だったけど、まだ身がコリコリであと数日は寝てられるんじゃないの。という状態。透けるほど薄く下ろす技量がないからかな。フグ引き包丁が欲しいな。旨いんだけど、家族は数切れ食べておしまい。残りを一人で引き受けて、あごが疲れちゃうから、最後はお茶漬けにした。ほん [続きを読む]
  • 【食】アカメフグの漬け炙り丼・唐揚げ
  • アカメフグ釣果をいただく2日目は、前日に仕込んだ丸ごと漬けが主役。1週間熟成させた中・小型4匹を三枚に下ろして薄皮を引いた身をタレに浸けていた。(漬け中。)冷蔵庫で1日寝かせた漬けの半身を取り出し、ダイソーで100円で買った金串を打ち、コンロの直火で、ちょっと焦げて芳ばしくなるものの中はミディアムレアかな。くらいの頃合いを見極めて両面を炙る。炙り終えたら、熱々のところを削ぎ切りにして、ご飯を盛って刻み海苔 [続きを読む]
  • 【食】アカメフグのしゃぶしゃぶ・ラーメン
  • アカメフグはトラフグと同様に熟成が必要。釣りたてだと、身が固くて旨味もない。釣行から毎日毎日、アカメの身欠きのキッチンペーパーを取り換えて、期待しつつ待った1週間、ようやくその封を解く。アカメはデカイのを含めて8匹だから数日は楽しめるでしょう。(熟成明けの身欠き。)1日目はやはり、しゃぶしゃぶ。準備が楽、調理にも手間が掛からず、温かヘルシーで満足度も高い。我が家ではすっかり定番になりましたよ。今季は既 [続きを読む]
  • 【食】コモンフグの刺身・ムシガレイの唐揚げ
  • 2月4日の釣果をいただく2日目は、コモンフグとゲストで揚がったムシガレイの出番。真打ちのアカメはまだまだ熟成中ですよ。コモンフグは1日寝かせたのを刺身に下ろして、前日のショウサイと食べ比べてみる。(コモンの刺身。)これまでいただいたコモンの身は灰色っぽかったのに、今回のコイツは透けるように白くて綺麗だ。これまでのより型が良くて成長した個体だからなのか、地域差なのか、個体差なのか、はたまた育ちの差なのか、 [続きを読む]
  • 【食】ショウサイフグの刺身
  • 2月4日の釣果のフグ系10匹のうち、ショウサイフグが1匹揚がった。アカメフグは1週間以上熟成が必要だから、釣行当日にいただけるショウサイは嬉しいお土産。(晩酌のお供に。)身欠きから血や膜を取って水洗い。キッチンペーパーで水気を拭き取り、三枚に下ろして薄皮を引く。最近は刺身包丁で引いちゃうよ。薄く下ろしてお皿に盛り付け、薄皮は湯引きにして添える。毎度、ちゃちゃっと手慣れたもんですぜ。今回の猿島付近のショウサ [続きを読む]
  • 【釣】アカメフグ 2/4(野毛屋) 「進撃のデカメ」
  • 2月4日(土)の野毛屋さんでのアカメフグ釣行は、天候に恵まれ、前日釣果のトップが16匹、しかも船中デカメ揃いとなれば混むのは必然。5:10着で右舷艫4、5番を並びで押さえたけど、右舷13名、船中28名の大盛況でほぼ満船。やっぱ、そうなるよね。(正に釣り日和。)準備しながら、今年初釣行のT1さんと目標を確認し合う。自分は当初5〜7のところを、この混雑で3〜5に下方修整した。ビギナー期間が空けて、悩み始めたT1さんはその半分だ [続きを読む]
  • 【釣】釣行前記 2/4(野毛屋)
  • 今年2度目の釣行も野毛屋さんでアカメフグ。本当は1月27日(金)か2月3日(金)の平日釣行を計画してたんだけど、海が悪い、業務都合で休めない、で2回見送って4日(土)に決定。(良い予報じゃないすか。)晴れで気温も暖かめ、波・風も穏やかな予報。この時期では絶好の釣り日和だ。昨年末からフグに恋い焦がれたT1さんは、今年初の釣行でうずうずしてる。前日のフグ船の釣果が好調で混みそうな気がするから、ちょっと早めに出ますか。? [続きを読む]
  • 【感】恵方巻きを食べて豆を撒く
  • 本日2月3日は節分。家に帰るとキッチンでかみさんが太巻を作ってた。我が家では毎年豆撒きはするけど、恵方巻きは初めて。関西が発祥だそうで、これまでは縁がなかったけど、ここ何年かは関東圏でも話題になるし、スーパーでも売られてるのを見る。そういえば今日、社食でも限定販売されてたな。(1人1本。)海苔の全型1枚で1本を仕立てて、各自に1本を用意したけど、さすがに無言で一気には食べられない。そこで4切り海苔でカッパ巻 [続きを読む]
  • 【感】御徒町で新年会
  • 毎年恒例となった、学生バイト時代の仲間との忘年会は、昨年末に皆の都合が合わず、新年会で集まることになった。前回は松戸だったけど、メンバーの居住地が都内2人、神奈川2人、千葉4人だから、間を採って御徒町で開催。(店で写真を撮り忘れたから店の前で。)2人急用で欠席になって、合計6名で大衆ワインビストロ ガルニに集合。時節柄、子供の受験や進路の話から始まって、近況を語り合い、昔話にも花が咲く。利害関係がない昔な [続きを読む]
  • 【感】ジャパンフィッシングショー 2017
  • 今年も行ってきました。ジャパンフィッシングショー。(電子チケットが便利。)愛車で乗り付けようかと思ったけど、会場のパシフィコ横浜の駐車場は1日2000円近くするし、満車の懸念から断念。電車を乗り継いで会場入りしたら、案の定11:00時点で駐車場は満車だった。(テンションアップ。)会場入りしたら、屋台併設のテーブル席が混み合う前にと、真っ先に腹ごしらえをすることにした。(今年は屋外屋台もあったぞ。)並みいる屋台から [続きを読む]
  • 【食】アカメフグのしゃぶしゃぶ・ラーメン
  • 1月6日の釣果のアカメも残すところ2匹。デカイのを残したから、この2匹でも家族4人で十分な量のはず。いよいよアカメのしゃぶしゃぶですよ。(集合写真から。)毎日毎日キッチンペーパーを替えて9日間寝かせたアカメは、身に柔らかさが出てきて丁度良い頃合い。楽しみですな。(9日熟成もの。)型が良いから、三枚に下ろした片身を更に半分に割っておろし身にする。それを毎度のこと頑張って下ろし、大皿に盛り付ける。(毎度の写真だな [続きを読む]
  • 【食】アカメフグの刺身・唐揚げ
  • 1月6日の初釣りでの釣果、6匹のアカメフグ(1匹はリリース)は、毎日毎日キッチンペーパーを替えて寝かしつけ、8日間熟成の土曜日に封を解いた。(たっぷり寝たアカメたち。)本来はしゃぶしゃぶの予定が、長男がセンター試験の体験受験で帰りが遅くなるそうなので、日曜日に持ち越しして、メニューを見直す。高2での体験受験は、場馴れの目的もあるのだろうけど、自分が挑むだろう高い壁を1年前に経験しておくのは良い試みだね。今の [続きを読む]
  • 【食】コモンフグ入りおでん
  • 1月6日の釣果のアカメフグは、毎日キッチンペーパーを替えて熟成中。コモンフグは2日続けて刺身で食べ比べて、残りの1匹もそうなるはずだったんだけど、3日目の晩が鍋物-おでんとなると話は変わる。それなりの型の1匹なんで、おでんの具の仲間に加わっていただくことにした。身欠きを中骨付きのまま4つにブツ切りにして前日までの中骨も共に、仕上がり間近の鍋で大根や玉子、練り物の隙間に収まって汁に浸ってもらった。(大根の上 [続きを読む]
  • 【食】コモンフグの刺身
  • 1月6日の野毛屋さんでの初釣りはアカメフグ7匹にコモンフグ3匹の釣果。アカメはじっくりと最低1週間は熟成させるとして、コモンはとっとといただいちゃいましょう。先の釣行で身欠きに捌いてもらう時に、コモンは身がしっかりしてるけど刺身だとどのくらい寝かせたら良い?と健船長に聞いたら、「コモンは唐揚げにしちゃうから、刺身で食べたことがないんだ。」という回答で、ちょっと驚いた。釣らせる側だから、そうそう食べる機 [続きを読む]
  • 【釣】アカメフグ 1/6(野毛屋) 「2017初釣り」
  • 正月休みから中2日空けた1月6日(金)に2017年の初釣り。予報では陽が出るけど気温が上がらないそうで、荒行になる予感。ブレスサーモにヒートテック極暖を重ね着した、完全防寒で臨みますよ。(日の出前の朝焼けが綺麗だ。)5:30着で宿並びの駐車場に停められたし、お客が少いのか、左舷艫2番目をゲット。(お年賀をいただきました。今年も宜しくお願いします。)凍える寒さの船上で準備してても、お客が乗って来ない。このところの金曜 [続きを読む]