サロン・風変わりな人材開発の宴 さん プロフィール

  •  
サロン・風変わりな人材開発の宴さん: サロン・風変わりな人材開発の宴
ハンドル名サロン・風変わりな人材開発の宴 さん
ブログタイトルサロン・風変わりな人材開発の宴
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/hke81027
サイト紹介文人の育成について、色々な視点から書いていきます。これは、体験記であると同時に、次の人材開発施策に対す
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供152回 / 150日(平均7.1回/週) - 参加 2016/11/23 09:24

サロン・風変わりな人材開発の宴 さんのブログ記事

  • 「ラインと上司のどちらが大事だ? 君たちは」と問われたら、回答は?
  • 突然、経営者たちが怒りだした。「ラインと上司のどちらが大事だ? 君たちは」と言われた管理間接部門はないでしょうか。この同じ質問をラインに「顧客と上司でどちらが大事だ」と聞くと、「そりゃ、顧客でしょう」と、いとも簡単に答えが返ってくる。勇ましいというか、望ましいです。むろん、それが「お客の言いなり」でなければ。管理間接部門は、だいたい心の中で「上司」を選ぶ。そのくせ、上司を尊敬しているわけではない。 [続きを読む]
  • 若手が育たぬ細分化と標準化の怖さ
  • 「若手が育たぬ標準化の怖さ」 何のことだか分からないかもしれないですが。すべての業務は、俗人化せず誰が見ても明確であることが望ましいです。そのため、ある形でまとまったお仕事は、階層構造を作って細分化していきます。これによって、役割分担も明確になります。そして、細分化されたお仕事の進め方は、実は、他の業務でも使えるように、業務そのものが標準化するように全体の設計がなされています。 これは、全体最適な [続きを読む]
  • そうはいっても人事部門。我こそスターの誇りを忘れずに。
  • そうはいっても人事部門。我こそスターの誇りを忘れずに。ラインからたたかれ、経営幹部からも怒られ、ひたすら忍耐している姿。立派だと思います。それに耐えられるのは管理職までか。。。叩かれている管理職をみていて、若い人はどう思っているのだろうか。「ああなりたくない」と言って辞めていくひともいるでしょう。何か人事部門が行う仕事で「夢」のように思われるものはないでしょうか。管理部門の縮小。しかし、仕事が減る [続きを読む]
  • セカンド・キャリア開発の再構築
  • 投資・社会参加・経験を活かした会社への転身。まったくそのとおりですが、それを本位と思って、取り組む人はどの程度いるのかわかりのせん。生活のために仕方なくと言っては失礼ですが、時間があるためとかの利用でやっていると思います。間違いなく、若い時のキャリア開発とは異なります。キャリア開発の視点として、「今の会社で」の視点が足かせになりますね。この視点を取っ払って考えてみる必要はあります。特にこれからは。 [続きを読む]
  • 瞬き一瞬の仕事が〇〇系のお仕事にあるのでしょうか。
  • 瞬き一瞬で勝負が決まるスポーツの世界。厳しい世界です。例えば、剣道などは、息を吐いた時が隙をつくるそうです。ですから、全日本剣道選手権の剣士で、試合中、肩で上げ下げして呼吸をする人はおりません。それをすると、隙を相手に与えてしまうからです。企業人にはそういうものはないのでしょうか。あるのではないのかと思うのですが。研究開発の世界ではありますね。それは瞬き一瞬というものだけでないかもしれませんが。( [続きを読む]
  • 「組織は、それ自体、何も解決しない」について
  • 「組織は、それ自体、何も解決しない」という言葉を聞くことございませんか。毎年、4月、新体制になって「さぁ、やるぞ」と経営者の皆さんは思っても、時間の経過とともに、「何も変わらなかった」という現象に気づき、そう思うようです。「形(組織)は作った。魂をいれるのは社員だ」と経営者の方はませんが、それは正しいと思いますが、魂が伝わらないと社員も形だけの仕事をします。魂を社員に注ぎ込むのは経営者のお仕事とは思 [続きを読む]
  • 尊敬できぬ部下の風下に立てない
  • あるご老人のお話しです。非常に高いスキルを持った方なのですが、定年後、嘱託として慰留されたにもかかわらず、退職されたそうです。「新たな会社で働くおつもりですか?」の問いに、「いゃ〜、もう年金暮らしに染まったよ」と。でも、それが本音ではないなと思い、少し深い所を突く質問をしてみました。「後進の人は、どんな人でしたか?」と。そうしたら、キラッと眼が光り、幾分、怒ったような顔され、放った言葉は。。。「尊敬 [続きを読む]
  • 人材育成の誤解----ほとんどは、その人の「小宇宙」を精緻にした程度かも
  • よく、「彼は、あるいは彼女は育った」と言う表現を聞くことがございます。どうもそれがあやしいと思うのです。確かに経験値は積詰んでいる。しかし、それは、その人の業務の中での経験値の密度を高めているにすぎない。つまり、その人の小宇宙でしかないと思うことが多いのです。マクロ観が求められるとき。そして、深い考察を必要とするとき、この小宇宙は機能しません。小宇宙を広げようと思っても、多少の周辺領域が広がる程度 [続きを読む]
  • 軍の勝敗は、その軍隊よりも、むしろ将帥に追う所大なり(『統帥綱領』より)
  • 業績不振を部下のせいにする経営者は多いです。むろん、経営者ですから、経営責任は自分にあると思っているとは思いますが、敗因の主たるものは、働きの悪い部下たちと思っているのでは?。『統帥綱領』は軍事の機密で、特定の将校だけが見ることのできた軍事のテキストと言われています。戦後、ある人が「国民の道義のすたれたのも原因のひとつ」と言ったと言われています。本当にそうなんですか? その時代のことはわからないので [続きを読む]
  • 仮説 教育に真剣な会社は、採用にも真剣です。
  • 「教育に真剣な会社は、採用にも真剣である」 これは、経験値として感じていることです。さて、少し説明しましょう。「教育に真剣」ということは、部下をよく見ているということです。部下育成しながら、どういう人材が必要かはわかる。よって、採用もその経験を通じて真剣になる。しかし、教育に真剣でない会社は、部下をよく見ていないから、教育を真剣にやっている会社にくらべて「こういう人材が必要」というのが弱いイメージ [続きを読む]
  • 造語「ボッチハラ」 人をひとりにしてはいけない。
  • パワハラ、セクハラ。マタハラ。色々な嫌がらせがあります。これ私が作った造語です。「ボッチハラ」。???なんのことかわかりますか? 要するに、一人にして、だれも声をかけないようにしてしまうこと。本人に非があるとは思います。そうでない場合、つまり本人に非がないと言えるような場合、この組織に属する人たち、そしてこの組織の長は無能と言い切って間違いないです。たいした組織成果を挙げるとは言い難い。こんな組織はけ [続きを読む]
  • 「心の修業」はできるでしょうか
  • 心の修業は難しいです。この場合の「心の修業」とは、仕事をする姿勢のことをいいます。能力開発というと、仕事のスキルのことばかり。それではいかんと言うので、研修部門は課題図書にこういうのを挙げますよね。1.「7つの習慣」 コヴイ−2.「人を動かす」カーネギー3.「道をひらく」松下幸之助読まれた方も多いと思います。この選択について、とやかくいうつもりはありません。どの本も素晴らしい本です。但し、「心の修業」とい [続きを読む]
  • 供給過剰の経済社会における戦い
  • 今のビジネスの状況は、これにつきますね。発展途上国の台頭は当然ご存じのこと。いずれ、どこの国でも、「なんでも作ることができる時代」がくるでしょう。豊かになって、世界の人口増になるものの富が一極集中しているので、なかなか貧富の差は縮まりません。しかし、それも最後の秘境、アフリカも開発されると、世界がライバル。80年代の「ジャパン・アズ・ナンバー1」は、もはや「今昔物語」へ。株式会社と言う組織が全世界 [続きを読む]
  • 新社会人の皆さん おめでとう  頑張ってください
  • 新年度の始まり 新社会人の人がんばってくたさい。思うところを申しあげたく。1.企業同士の競争が激しく、勝ち負けの明確になる時代。しかも、それが長く続かない。 「一社」懸命働く事は難しいと考えて、自己啓発+キャリア開発を。2.同じ会社にずっといられるわけでもないかも。そして、受給する年金の低さ。 「一生」懸命働く姿勢も。3.誠実・真面目はどの時代にも通用する実力。新しい門出。期待よりも不安の方が大きいかも [続きを読む]
  • 過去、リストラされた人たちから思うこと①
  • ある大手企業での昨日、つまり3月31日の話し。早期退職に追い込まれた人たちが去っていった話しをききました。「仕方がない」という気持ちで辞められた人がけっこういるそうです。「仕方がない」というのは、どんな場面を想定しているのか考えてみました。  1.会社の業績が下降している。  2.自分自身でたいした仕事をしているとは思っていない。  3.自分自身、自己の能力を向上するための努力を怠っている。  4.その割に [続きを読む]
  • 気付いていない人事部門。人事部門がダメだと会社がダメになることを
  • 業績が悪いとき、事業部が責められる。経営者から「なにやってんだ」の連発。それをみて、涼しい顔している人事部門はなさけない。人事部門の人は「そんな事は思っていない」というかもしれません。しかし、そうでしょうか。本当にまずいと思ったら、もっとラインに対してダイレクトなソリューションを行うはず。・たんなる人事事務処理屋に留まっていないか。・規則や慣習を縦にして、ラインの困りごとをほっぽり投げていないか。 [続きを読む]
  • 「日本の会社は改革者を冷遇する」というコンサルタントの嘆き
  • また、コンサルタントの皆さんの嘆きが聞こえまてきました。「日本の会社って、本当の改革者を冷遇するよね」と。これ、コンサルタントたちにしてみると困るのです。なぜならば、せっかくクライアントの中にヤル気のある人をみつけて。改革のドライブを仕かけているのに、社内の誰かが足を引っ張る。或は中途半端な気持ちで取り組まれて頓挫する。既得権力を有する人たちからみたら改革者は邪魔者。そのひとたちはマジョリティにの [続きを読む]
  • 歴史に「if」は禁物ですが、現在に「if」は重要です。
  • 歴史をみていくと、「なぜあのとき、あれをしなかったのだろう」という史実に巡り合うことがございます。いくつかの事例を挙げます。1.水戸黄門が大日本史を編纂しなければ、徳川慶喜は朝廷(薩長軍)と一戦をまじえ勝ったはず。2.上杉謙信が大酒をあおらなければ、信長を倒せたかもしれない。⇒織田討伐直前に脳卒中で死去3.まだありますが、止めておきます言ったってしょうがない。しかし、残念。過去をふり返って、何が良く、何 [続きを読む]
  • 読書 さまざま
  • 読書の習慣は小学生の頃、身につくように先生方に「厳しく」しつけられました。しかし、外で遊びたい時期に、学校の授業以外に部屋の中で本を読むこと対して、「もったいないなあ、よいお天気なのに」と抵抗感があったのは正直な気持ちです。読書には、三タイプあると思っています。1.知る読書 言い換えるならば、学ぶための読書。これが最初にきて、よい思い出がないと、あとあと尾を引きます。これはくまなく全頁を読まねばなり [続きを読む]
  • 稀勢の里は、かつての稀勢の里ではない。心、そして夢・・・
  • 横綱・稀勢の里が逆転優勝しました。一年前はなかなか優勝できず、精神面が弱いといわれていたのですが、どうでしょう。もうそんなことはございません。心・技・体がそろうのが基本ですが、今回、肩の怪我があり、そこを心と技で補った。本割では立ち合いに珍しく、右に左に変わる技(最初は待ったでしたが)がありました。左肩がダメでも、動くという戦法。多分、技もそうですが、心のほうに相当比重がかかったと思いますが。休場 [続きを読む]