Re'BEAR さん プロフィール

  •  
Re'BEARさん: Re'BERAのブログ
ハンドル名Re'BEAR さん
ブログタイトルRe'BERAのブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/orute-2014/
サイト紹介文ハンドメイドテディベアを作ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供138回 / 214日(平均4.5回/週) - 参加 2016/11/23 12:23

Re'BEAR さんのブログ記事

  • 次の生地
  • さあさあ、続けて次の仔にはいります。自分的にLサイズモードなのでこのままLサイズ仔を作りますが、よろしいでしょうか?(なんだかコンベンションはLサイズだけになりそうで恐い?)今回はアンティーク調のくすんだ淡いピンクといった味わい深い生地です?? [続きを読む]
  • 爪つけ
  • こぐまくん的にとって最後の難関「爪つけ」です。やっぱり恐いのか、見ないようにしています。こぐ「もーいーかい??」Re`B「まーだだよ??」こぐ「クスクス。。」( *´艸`)。。。あ、笑ってるし??そんなこんなで、はい完成?? [続きを読む]
  • あとちょっと
  • 手足もくっつき胴体に綿も入りました。もうすぐ本体の方は完成になります。。。この段階になるととたんに表情が生き活きしてくるから不思議です。。。 [続きを読む]
  • 素朴なカントリーベア
  • たまに作っていたカントリーベア。自分の中ではカワイイと思ってるけど、あまりに素朴すぎて出していいものかと迷っていましたが、今回思い切って蓼科テディベア美術館の「特別展」に出品させて頂きます。 「ナガハナちゃん」素材:麻綿混合生地・プラスチックアイ・ポリエステル綿・ボタン・マフラー(麻)ヨーロッパの田舎を思わせる素朴なデザインにしてみました。 「カスリちゃん」素材:古布(本藍染絣紋様+更紗 [続きを読む]
  • 新しい感じの仔
  • 人と人が交流することで本人も予測してなかった新しい何かが生まれる時がある。この仔もそんな風に人との交流の中から、僕の予想をいい意味で裏切り、生まれつつあります。実は、他の仔を製作する合間にコツコツとあるお方にアドバイスを頂きながら(本当にありがとうございました?)新しい表現方法を模索し進めて来ました。昨日、そろそろ完成させてあげようと思い立ちました。先日「次の生地」という記事で作り始めた仔は(勝手な [続きを読む]
  • 次の生地
  • 次はベージュ色のこぐまくんを作ります。この生地も優しい素敵な風合いなのでどんな感じになるのか今から楽しみです??気合い入ってます?\(^-^)/ [続きを読む]
  • も〜い〜かい
  • こぐまくんは、爪付けがちょっと苦手です。 でも爪があるとお菓子の箱が上手に開けれるので目をつぶってがんばります??(^^)dこぐ「もーいかい?」Re ' B「まーだだよ??」(*^^*) [続きを読む]
  • お城ピンスタンド
  • 今まで使っていた針山さん。ごちゃごちゃして、小さな針が探しにくかった。そこで。。。新しいのを自作してみました??お城風。高さの違うピンスタンドを3つ作ってマスキングテープで合体?支柱の材料はサランラップの芯です。(*^^*)針を刺すと、こう↓なります。高い→糸つきの縫い針用中→まち針用低→長い特殊な針用こうしておけば、探しやすいかも。。。 [続きを読む]
  • 次の仔
  • お早うございます?次の仔は金色こぐまくん Lサイズ?(^_^)/身長30?くらいになる予定です??お顔の材料入荷待ちのため、ボディの縫製などを先に進めています。それにしても大きいな。。。(^_^;) [続きを読む]
  • 本体完成 その2
  • 爪がついて、一応本体完成です??あとは、コンベンションまでじっくりと仕上げてゆきます。(^.^) [続きを読む]
  • 本体完成?
  • こぐ「できたー??」こぐ「あれ?」こぐ「ねー、爪がない?」(T_T)Re 「は〜い、ちょっと待っててね。(気付いたか)」・・・(^_^;)・・・ [続きを読む]
  • 大きい?
  • いままでより大きめのこぐまくん。各パーツが出来上がって来るに度にこの大きさに半分驚き、半分嬉しがる。(*^^*)これなら、ムギューしてもらえるかなー。。。( ̄ー ̄)。。。 [続きを読む]
  • 次の仔
  • 次の仔は淡い黄色のクシュ毛こぐまくん??型を起こしなおして、いつものMサイズよりひとまわり大きくしてみました。出来上がりが今から楽しみ〜??\(^o^)/ [続きを読む]
  • 心を濁らせている場合ではない
  • 昨日、近所のブルーベリーの灌木が満開で花を咲かせていた。あまりの見事さに思わずシャッターを切り、それをちょっと加工したところ、物凄く豊かな色彩を持っていることに気付いた。。。本当は、僕らが見逃しているだけで世界は極彩色に溢れているんじゃなかろうか。。こんな凄い世界を視ずして逝く訳にはいかない。もったいなさすぎる。。。僕達には心を濁らせている暇はないかも。アスファルトのひびも、剥げかけたペンキの壁 [続きを読む]