retro.game さん プロフィール

  •  
retro.gameさん: レトロゲーム冒険記!
ハンドル名retro.game さん
ブログタイトルレトロゲーム冒険記!
ブログURLhttp://retrogame412.blog.fc2.com/
サイト紹介文ファミコン、スーファミ、64、プレステなどのレトロゲーム紹介記事を掲載しております!
自由文ファミコン、スーファミ、64、プレステなどのレトロゲーム紹介記事を掲載しております!レビューもしてます!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供121回 / 159日(平均5.3回/週) - 参加 2016/11/23 13:25

retro.game さんのブログ記事

  • 『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』
  • 1991年11月21日に任天堂から発売されたスーパーファミコン用ゲームソフト『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』ゼルダの伝説シリーズの3作目にあたる光と闇の2つの世界を行き来しながら、ハイラルを救うこと、そしてハイラル地方を我が物にしようとする司祭アグニムを倒し、捕らえられた娘たちなどを救うことがゲームの目的である。主人公ら登場人物に扮した人々が曲に合わせて踊った。主人公役は少年ではなく当時オーディション [続きを読む]
  • アクトレイザー
  • 1990年12月16日にスーパーファミコン(以下、SFC)用のソフトとして発売された。アクトレイザーエニックスとしては初のSFC用ソフトとなる。アクションゲームに分類されるが、横スクロールアクションパートとクリエイションモードと呼ばれるライフスケープ形式のシミュレーションゲームパートに分かれており、厳密にはアクションシミュレーションといえるストーリーは神と魔王サタンは互いに対立していた。サタンは神の統治する地上 [続きを読む]
  • エルファリア
  • 1993年1月3日にハドソンから発売されたスーパーファミコン用のロールプレイングゲーム『エルファリア』当時の一般的なRPGとは変わっており「モンスターを倒してレベルを上げる」「モンスターを倒してお金を稼ぎ、そのお金でアイテムを買う」という概念が存在しない。またプレイヤーキャラが16人も登場するなどかなり奇抜な内容だ魔物によって占領された町や砦へ向かい、魔物のリーダーを倒すことで解放していく。基本的にはこの流 [続きを読む]
  • 『ゼルダの伝説』
  • 1986年2月21日にあの有名タイトルが発売された!『ゼルダの伝説』である!ファミリーコンピュータ ディスクシステム用として発売された今作は剣と魔法のファンタジー世界観を持つアクションRPGが人気を博しており、『ゼルダの伝説』はパソコンのフロッピーディスクの容量に対抗できるディスクシステムを生かしたゲームとして開発された8つのカケラになってしまった知恵のトライフォースを完成させなければ、力のトライフォースを持 [続きを読む]
  • ニンテンドーDS専用のゲームソフト『マリオカートDS』(ニンテンドーWi-Fiコネクションの実装によりインターネット接続を用いて世界中のプレイヤーと対戦が行えたコースは新作から過去シリーズのものまでが登場し、数は左右反転コースを別々に数えれば64・GBA版に次いで多い。また、新たなモードとして「ミッションラン」が登場。マップ表示は、従来のコース全体を大まかに写すものではなく、DSの下画面全体を使ったより詳細なもの [続きを読む]
  • 『キングダム ハーツII』
  • 2005年12月22日にスクウェア・エニックスより発売されたPlayStation 2用ゲーム『キングダム ハーツII』第1作目の『キングダム ハーツ』の続編であるが、シナリオは『KH』→『COM』→『KH2』と連続しているため、『COM』との関連性も強く、また『COM』で起こった出来事の詳細は『KH2』上においては省略されている発売後3日で出荷枚数100万本突破という記録を残し、シリーズの人気を印象づけさせる結果となった日本国内で本作がシリ [続きを読む]
  • 『ウィザードリィ』
  • 現在の家庭用とパソコン用ロールプレイングゲーム(RPG)の発展に大きく影響したシリーズをご存知だろうか?『ウィザードリィ』1981年、アメリカにおいて発売されたコンピュータ・ロールプレイングゲームである。観視点で表現される迷宮を探索し、目的の達成とキャラクターの成長を楽しむ事がプレイの目的となるウィザードリィのオリジナル版は、ゲーム雑誌『ソフトーク』の売上調査によれば、発売9ヶ月の1982年6月には24,000本を [続きを読む]
  • 『メタルギアソリッド ポータブル・オプス』
  • コナミより発売されたPlayStation Portable『メタルギアソリッド ポータブル・オプス』「メタルギアシリーズ」本編の時系列に連なる正統続編として制作された。しかし、ストーリーは監督の小島秀夫が担当したものではないゲームシステムも、従来の『メタルギアソリッド』シリーズの流れを汲む「戦略諜報アクションゲーム」となっている。本作ならではの要素として敵兵を拉致して味方にし、スネーク以外のキャラクターに交代してプ [続きを読む]
  • 『バイオハザード3 LAST ESCAPE』
  • 1999年にカプコンよりPlayStation用として発売されたアクションアドベンチャーゲーム『バイオハザード3 LAST ESCAPE』1998年発売の前作『バイオハザード2』(以降『2』)から約1年振りであり、シリーズで初めて現実の時間帯よりも過去を描いたこととなる。プレイヤーはジル・バレンタインとカルロス・オリヴェイラを操作して、クリーチャー達と謎の追跡者(ネメシス)から逃れつつ、困難を乗り越えながらラクーンシティからの脱出 [続きを読む]
  • 『ファイナルファンタジーIX』
  • 2000年7月7日にスクウェアから発売されたファイナルファンタジーシリーズのメインシリーズ9作目に当たる。『ファイナルファンタジーIX』数々の賞を受けている。第5回日本ゲーム大賞において優秀賞、グラフィック賞、サウンド賞を、PlayStation Awardsにおいてユーザー大賞、グラフィック賞、サウンド賞、シナリオ賞、キャラクター賞を受賞し2000年「ザ・プレイステーション・オブ・ザ・イヤー」において、第1位に輝いた。本作にお [続きを読む]
  • 1999年2月11日に発売されました。『ファイナルファンタジーVIII』日本での販売数は約369万本。PlayStationソフトとして販売本数第2位である『ファイナルファンタジーVII』が初のPS版作品として商業的成功をおさめたことを受け、本作品は予算が前作から倍以上になり、ハリウッドとの連携やスタッフ200人体制などが採られた。独特なキャラクターカスタマイズシステムやPS史に残る美麗なムービー、シリーズ初の生オーケストラ起用本作 [続きを読む]
  • 『バイオハザード2』
  • 1998年にカプコンよりPlayStation(PS)用として発売されたホラーアクションアドベンチャーゲーム『バイオハザード2』前作と目的は変わっておらず前作の閉鎖的だった洋館から一転して外へ開放的な、より規模の大きいラクーンシティへ変わっているが遭遇する様々なクリーチャーに対処しつつ、様々なアイテムを駆使して街からの脱出が目的となっている前作『1』同様に2人の主人公が存在するが、どちらかを選択して一度ゲームクリアす [続きを読む]
  • 『バイオハザード4』
  • 本編シリーズとしては、2002年発売の前作『バイオハザード0』より約3年ぶりとなる作品『バイオハザード4』GC版の初回特典である「シークレットDVD」には、開発途中でボツとなったバージョンの動画が収録されている。人形が突然動き出し襲って来る、「封印されている」という理由で開かない扉、実体の無い敵が絵の中から抜け出てくる等オカルト的な要素を含んでいたり、逆に視点は(肩越しのTPSではなく)従来の仕様のままなど、完 [続きを読む]
  • 『ギフトピア』
  • 、2003年4月25日に任天堂より発売されたニンテンドーゲームキューブ用ロールプレイングゲーム。隠れた名作『ギフトピア』「ギフト」と「ユートピア」をあわせた造語である。「ゲーム内時間があり、その時間に沿ってキャラクターが行動する」「架空の言語を喋る」など、ラブデリック系と呼ばれる作品に共通する特徴を有する。キャラクターはトゥーンレンダリングで描かれており非常に可愛らしい。物語はナナシ島では「大人式」とい [続きを読む]
  • 『星のカービィ スーパーデラックス』
  • 『星のカービィ スーパーデラックス』スーパーファミコン用に作られた『星のカービィ』シリーズのアクションゲーム。シリーズの生みの親である桜井政博ディレクターが手がけた作品で、「万人向け」というコンセプトがより推し進められた内容となっており、下記のように遊び方をプレイヤーに委ねることで初心者から上級者まで楽しめる作りになっている。本作品は当時としては珍しい「2人同時プレイのできる横スクロールアクションゲ [続きを読む]
  • 『ロマンシング サ・ガ2』
  • 1993年12月10日にスクウェアから発売されたスーパーファミコン用コンピュータRPG。『ロマンシング サ・ガ2』ストーリー面、戦闘面両方において前作同様に高い自由度を有するシステムになっている。自分なりのストーリー展開を作り出せる本作では皇位継承システム(後述)によって、核となるキャラクターが任意で(あるいは強制的に)交代していく。年月の経過による様々なイベント変化もあり、歴史群像のような物語性を持つ。日本 [続きを読む]
  • パーフェクト・ダーク
  • イギリスのレア社によって開発されたNINTENDO64用スポーツ系FPSですレア社とはいまでも高価格のゴールデンアイ007を発売している会社です。パーフェクト・ダーク西暦2023年、科学者キャリントンが設立した技術開発監視組織「キャリントン協会」の新人エージェント「ジョアンナ・ダーク」が兵器関連企業「データダイン」での救出任務をきっかけとし、世界中でさまざまな任務をこなしていく作品。武器の種類が前作に比べ大幅に増え多 [続きを読む]
  • 『アサシン クリード』
  • 「ユービーアイソフトモントリオール・スタジオ」が発売した大ヒットタイトル!「潜入アクションゲーム」『アサシン クリード』人混みに紛れて監視の目をくぐり抜けながら、アサシン教団(十字軍時代に活躍した暗殺者集団)の一員アルタイルとして任務を遂行する。美麗なグラフィックとオープンワールド型のマップを縦横無尽に駆け回る高いアクション性である。このアクションはフリーランニングが元となっており、壁をよじ登る、 [続きを読む]
  • グランド・セフト・オート・サンアンドレアス
  • ロックスター・ゲームズ社が発売されたオープンワールド型クライムアクションゲーム。グランド・セフト・オート・サンアンドレアス本作のPS2版は全世界で最も売れたPS2用ソフトであり約2300万本以上と言われている。作の舞台は1992年のアメリカ西海岸の架空の州「サンアンドレアス」である。州内には3つの大きな都市(「ロスサントス "Los Santos"」、「サンフィエロ "San Fierro"」、「ラスベンチュラス "Las Venturas"」)があり [続きを読む]
  • グランド・セフト・オートIV
  • 2008年10月30日に販売されたグランド・セフト・オートIVアメリカ東海岸の架空の都市「リバティーシティ」を舞台にしている実際のニューヨークの地理に携帯電話に通話をはじめとする様々な機能が盛り込まれており、ストーリー上の重要な要素のひとつとなっている。登場人物に電話をかけることによって(サブ)ミッションやアクティビティを発動させることができる。また、今作では特定の電話番号を入力することでチートの効果が出る [続きを読む]
  • 「モンスターファーム2」
  • 1999年2月25日にテクモからPlayStation用のゲームソフト『モンスターファーム2』が発売された!!音楽CD(またはPlayStationやセガサターンのゲームディスク、パソコン用のCD-ROMなど)からモンスターを誕生させることができ入手したモンスターをファームで育成し、大会に出場させて闘うゲームである。PS(PS2も含む)シリーズ中最多の全408種類のモンスターが登場する(ただしそのうち17種は敵モンスターとしてのみ登場し、プレイ [続きを読む]
  • 『グランディアIII』
  • 『グランディアIII』 (GRANDIA III) は2005年8月4日にスクウェア・エニックスより発売されたPlayStation 2用RPG。本作は「空」を舞台に描かれる大冒険活劇である。本作では3Dグラフィックスに力が入れられており、非常にクオリティの高い物になっている。キャラクターの声には、映画や舞台、ドラマで活躍する役者をキャスティングしているこれだけ聞けば非常に評判のよさそうな感じだが世間ではかなり酷評されている。まずは戦闘シ [続きを読む]