古都子 さん プロフィール

  •  
古都子さん: ピアノとシネマとポメのこと
ハンドル名古都子 さん
ブログタイトルピアノとシネマとポメのこと
ブログURLhttp://kotokodays.blog.fc2.com/
サイト紹介文再開ピアノ練習記録と独断的な映画感想日記。最愛の犬との暮らしのことも。
自由文仕事とピアノとペットの犬と、もうひとつの趣味である映画鑑賞が生活の中心のアラフィフ会社員です。ピアノは高校生まで習っていました。弾きたい曲を死ぬまでに全部弾くことが夢ですが、弾きたい曲が多すぎて、そして難しすぎてどこまで実現できるやら。今は地道に練習あるのみで頑張っています。好きな作曲家はショパン、シューマン、ラフマニノフ。憧れの曲はシューマンのソナタNo.2とショパン舟歌。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供120回 / 271日(平均3.1回/週) - 参加 2016/11/23 13:44

古都子 さんのブログ記事

  • ちょっと練習をサボると・・・
  • 夏季休暇の最終日、ピアノスタジオを2時間借りて練習しました。そのスタジオはよく使うのですが、今回のYAMAHA C3の部屋は初めて。YAMAHAらしいきらびやかな音。鍵盤が軽くて弾き易かった。バラードのいつもは弾けないところも軽やかに弾けて、音もすごく鳴って、まるで一気に上手になったような気分。錯覚だけど。次の日は休み明けの初出勤日。すごく疲れておなかがすいたので、会社帰りに一人飲みして帰って来ました。ピアノは [続きを読む]
  • バラ1特訓中〜20年前の音源を聴いてみた
  • バラード1番は20年前に発表会で弾いたことがあるのですが、そのときの音源(なんとカセットテープ!)を聴いてみました。当時は割と暇だったので練習もたくさんしたし、本番でもなぜかあまり緊張することもなく「普段通りに弾けた」という印象で、自分ではそこそこ満足のいく出来でした。今聴いてみると・・・「こんなだったっけ?」といろいろと不思議です。まず、全体的にメトロノームに合わせたような弾き方になってる。テンポ [続きを読む]
  • バラ1特訓〜苦手箇所の攻略方法
  • 私は結構な記録魔です。仕事で使っている手帳に『いつ誰が何を言ったか』まで書いていて、「日記みたいですね〜」と後輩に笑われたことがあります。これは『言った、言わない』で揉めたときに、「あんた、何時何分何曜日に、こんなこと言うたで」と攻撃するためです。メモ書きでも証拠になりますからね〜。ほほほ。ピアノのレッスン内容は、ブログに書くだけでなく、ノートにも記録しています。先生は指摘事項を全部楽譜に書いてく [続きを読む]
  • 8月9日のレッスン(雑念や邪念が多すぎる話)
  • うちの会社は業種的にお盆休みと年末年始の休みが長いです。きょうから7連休! ひゃっはー!昨日会社帰りにレッスン行ってきました。■モシュコフスキ 20の小練習曲 7番チェルニーをやりたくなくて、かといってショパンのエチュードは難しすぎて、モシュコフスキ「15の練習曲」もちょっと難しそうだし、その前準備として「20の小練習曲」をやっているわけですが、これも決して楽には弾けない。楽譜だけ見ると初見でも弾けそう [続きを読む]
  • 『宇宙人オチ』の映画を見てしまった
  • 映画のオチで嫌がられるのは「夢オチ」と「宇宙人オチ」です。理由は言うまでもなく「何でもアリ」になってしまうから。※いろんな映画のネタバレしてます。注意!昨日、晩酌をしながらdTVで典型的な「宇宙人オチ」映画を見てしまいました。題名は「ノウイング」。ニコラス・ケイジが主演です。途中までは謎解きが面白い展開なのですが、結末は「宇宙人のしわざでした。ちゃんちゃん!」ネットでは酷評されていますが(無理もない [続きを読む]
  • ペットを想う気持ち
  • 昨日、バス停から家に帰る途中の道で、犬を散歩させているおばあさんに出会いました。シーズーみたいな犬で、すごく可愛かったので思わず「可愛いですね〜 なんていう種類の犬ですか?」と声をかけたら、シーズーとポメラニアンのミックスとのこと。たしかに、身体はシーズーだけど尻尾がポメラニアンみたいにクルッと巻いてる。シーズーよりは少し小さめ。綺麗にトリミングされてて、すっごく可愛い。おばあさんは『ココちゃん』 [続きを読む]
  • ピアノって、突然・・・
  • 全然弾けなかった練習中の曲が、ある日突然、弾けるようになったりしませんか?昨日までは弾ける手ごたえが全然なかったのに、今日になったら「あれ、この曲、弾けるようになるかも?」くらいになってるような。時々そういう急激な変化を感じることがあります。今レッスン中のバラード1番ですが、3ヶ月練習しても、通して弾くと途中で息切れして最後まで集中力がもたなくて、「本当にいつか通して弾けるようになるんやろか?」と [続きを読む]
  • 横山幸雄さん コンチェルト4連発!
  • ピアノの鉄人、横山幸雄さんのコンサートに行ってきました。間に20分の休憩をはさんだだけで、コンチェルト4曲ぶっ続けです。場所は大阪のシンフォニーホール。3階席までびっしり満員。補助椅子みたいなものまで出ていたような。曲目は以下の通り。・モーツァルト ピアノ協奏曲 第26番「戴冠式」・ベートーベン ピアノ協奏曲 第5番「皇帝」・チャイコフスキー ピアノ協奏曲 第1番・ラフマニノフ ピアノ協奏曲 第2番楽し [続きを読む]
  • 管理職候補から外れたらしい
  • なんか今週は立て続けにいろんなことが起こる。勝手に部長に面談予定を入れられて、何の話かと思ったら、そういう話だった。少し前から、うちの部署の次期管理職候補を模索しているような気配があったので、何となく予感はしてたんだけど。管理職に限らず、昇格には上長の推薦が必要なので、必然的に「上長に気に入られている人」が候補になる。どこの会社でも同じなのかな?そして基本的に「飛び級」は無いので、これも必然的に、 [続きを読む]
  • 分かってたけど、ちょっとだけショックだった
  • ちょっとだけショックなことがありました。ピアノとは全く関係の無いことです。詳細を書く勇気はないので、訳が分からないと思います。ごめんなさい。後で読み直して恥ずかしいと思ったら、記事削除するかもです。きょうは少しだけここで吐き出して、気持ちの整理をしたいです。自分でも半分くらい分かってたことだけど、いや、100%分かってたことだけど、目の前に突きつけられると、やっぱりキツイかな。自分のせいでこうなって [続きを読む]
  • 7月19日のレッスン
  • 昨日、梅田で2時間ほど時間をつぶさないといけなかったので、スタジオ借りてバラード練習しました。そこはバンド練習用スタジオがメインだけど、ピアノスタジオも2部屋あって、それぞれYAMAHA C5Xが入っています。同じC5Xなのに、音が全然違うんですよ。1台はYAMAHAらしい、きらびやかで華やかな音。もう1台は静かでまろやかな音。私はまろやかなほうが好きです。こういう良質なピアノで練習すると、なんだか上手になったよう [続きを読む]
  • シナモン、16歳おめでとう!
  • きょうはシナモンの16歳のお誕生日でした人間の子供だったら高校生になってる。すごいなー。↓洗ったソファカバーをセットするのを邪魔しているところ1年前、15歳を迎えたときも嬉しかったですが、16歳はその30倍くらい嬉しいです。(^^)いつ何が起きてもおかしくない、と心の準備を毎日していますが、有難いことにまだ自分の脚で歩いてお散歩にも行けるくらい元気。いつも近所のおじさんに「まだ歩けるの?すごいね〜。」と感心さ [続きを読む]
  • 雨女、シナモン
  • きょう夕方、シナモンと散歩に出たら10分くらいで雨が降って来ました。こういうこと、よくあるんです。きょうは確かに雲行きが怪しかったけど、「さっきまで晴れてたのに!」ってことも多々あり。シナモン、絶対、雨女、と思います。「あ、降ってきた」と思って、シナモンを抱えて家に戻ろうとしたら、少しの時間で本降りに。家まで歩いて5分くらいのところだったのですが、雨足が強かったので、近所の家のガレージの軒先で雨宿り [続きを読む]
  • 【映画】ハクソー・リッジ
  • 昨日見た映画、残りの1本。■ハクソー・リッジのっけから戦争とは関係ない話ですが、先日部下の一人と「会社にいる困った人」の話になりました。私の部署では長い間、ごく一部の人が自分に都合のいいように組織を動かしてきたという経緯があります。それを何とか抑えていた部長が東京本社に転勤になってからは、「暴走」と呼んでもいいような状態になっていました。彼女たちはややこしい仕事は人に押し付け、誰かがミスをすると、 [続きを読む]
  • 【映画】「歓びのトスカーナ」「残像」
  • 昨日は映画3本はしごしました。まず2本分。■歓びのトスカーナ最近この人、やたら見るわー。「イタリアン・マダム」という言葉がぴったりのヴァレリア・ブルーニ・テデスキ。何回聞いても名前が覚えられないんだけど。胸や背中の開いたドレスがやたら似合うボディに、無造作なようで計算し尽された髪型。そしてあのハスキーボイス。今回は医療施設で暮らす女性ベアトリーチェ役。施設の人も手を焼くほどおしゃべりで、何かと仕切 [続きを読む]
  • 【映画】22年目の告白−私が殺人犯です−
  • きょうは一日休みを取って、いろいろと用事を済ませました。あと遊びも。1.メガネ新調(老眼入ってると何かと大変)2.1dayコンタクトレンズ購入(映画見るときとピアノレッスン用)3.コメダ珈琲にて昼食(シロノワールは食べなかった)4.満期になる定額貯金の継続手続き5.ひとりカラオケ!6.映画!朝から詰め込んで動くと、何か充実しているような気がするのは、きっと貧乏性なんだろうと思う。土日のひとりカラオ [続きを読む]
  • イ・ムジチ合奏団の四季(ヴィヴァルディ)
  • ザ・シンフォニーホールにイ・ムジチ合奏団を聴きに行ってきました。ヴィヴァルディの『四季』を聴きたくて。前々から思っていたのですが、この編成はなんていうんでしょう?オーケストラというには人数が少ないし。村上春樹の「騎士団長殺し」に、主人公が車を運転しながらイ・ムジチ合奏団のCDを聴くシーンがあります。そこには『弦楽四重奏団がそっくり2つ分入った奇妙な編成』と書かれていました。確かに。『四季』の中では [続きを読む]
  • バラード1番 意外な難所
  • きょう家でピアノを弾いていて、突然「あー疲れたなー」と思ったときには、弾き始めてから2時間経過していました。そら疲れるわな。(^^;)先週調律してもらったばかりで、あまりに音が気持ちよくて2時間あっという間でした。バラード1番、前回のレッスンでようやくペダルを入れてもいいことになりました。ただし前半だけ。最初のほう、この曲の中では一番簡単そうな箇所なのに、いつも先生からの指摘がたくさんあります。和音の2つ [続きを読む]
  • 自分の暗譜のやり方が意外だった
  • きょう会社で後輩と話をしていたときに、こんなことを言われました。「私、ちょっと複雑な指示を受けるとき、聞くだけでは理解できないんですよね。紙に書かないと何を言われているか分からないんです。」ほお。そうなのか。会社でたくさんの人と接していると、本当にいろんな人がいるって思います。「個人差」ってとてつもなく大きい。物事のとらえ方や感じ方、反応の仕方、同じ人間なのにこんなに違うものかと思います。持って生 [続きを読む]
  • メールでバトル
  • きょうは仕事の話。うちの会社の東京本社のシステム担当はどうもイケてないので、新しいことをやるときはいつも不安。本人は自信満々なのだが、ミスは多いし、検討不足も多いし、最後にはシステムの不備を現場の運用や手作業でカバーさせられる。社歴が長いというだけでこの野郎が情報システム室を牛耳っているので手に負えない。今期もまたシステム上で何やら新しい業務が始まり、私のチームが巻き込まれるのは確実なので、とりあ [続きを読む]
  • 6月28日のレッスン
  • レッスン行ってきました。■モシュコフスキ 20の小練習曲 6番通して弾いたら、1箇所ミスしたけど奇跡的にうまく弾けた。アクセントも割とうまくつけられた。17〜18小節目でテンポが遅くなるという指摘をもらい、あと2回ほど弾いたけど、どんどんミスが増えていって、結局1回目が一番上手かった。(^^;)よく練習できているということで合格。次は7番。■ショパン バラード1番208小節目の難所のところから。ここはテンポを一定に [続きを読む]
  • 【映画】ありがとう、トニ・エルドマン
  • 主要な賞は取ってないけど、あちこちでそこそこ評価が高い映画です。昨日会社帰りに見ました。すっかりだまされました。とんでもない「クソ映画」でした。こんなにつまらない映画って、めったに無い。どこにも共感できない。そんでもって長い!162分もあるってことを、知らないで見てしまったんです。「お願いだからこのシーンで終わりにしてくれ」と、ずっと思っていました。父親っていうのは、いつまでも娘が10歳だと思ってるも [続きを読む]