モン子 さん プロフィール

  •  
モン子さん: 過去問子の日記
ハンドル名モン子 さん
ブログタイトル過去問子の日記
ブログURLhttp://eigokakomon.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文IELTSや英検の過去問を解く
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 205日(平均3.4回/週) - 参加 2016/11/24 09:31

モン子 さんのブログ記事

  • 英検1級(11-2)
  • 私は過去の思い出を抱いて生きる女、過去問子。今日は2011年10月16日(日)に施行された英検1級を解きました(2011-2)。リーディングは41問中41問正解で、計57分かかりました。リスニングパートを1.2倍速で聴いてみると、27問中22問正解でした。No. 6, 12, 18, 23, 24を間違いました。[1] 10分[2] Emotions at Work 6分[2] Earth's Unexplored Frontier 5分[3] The Chagos Islands and the Cold War 10分[3] Corporate Personhoo [続きを読む]
  • 1級(11-1)
  • 2011年6月12日(日)に行われた英検1級を解きました(2011-1)。読解問題は41問中39問正解でした(計60分)。間違えたのはNo. 14と29で、それぞれ単語および熟語の知識が不十分だったのが敗因です。英作文は省略。[1] 7分[2] Unexpected Economics 6分[2] The Big Burn 5分[3] Honeybees and CCD 10分[3] The Viking Invasions 14分[3] Childbirth in the United States 18分リスニング問題は1倍速で聴いてみると、27問中20問正解 [続きを読む]
  • 1級(10-3)
  • ゴールデンウィークが終わりましたが、気持ちは緩んだままです(笑)。わたしは過去問を解くだけで、実際の検定試験を受けるつもりはないので、どうしもて気が緩みがちです。もっとシャキッとしなければ。2011年1月23日(日)に行われた英検1級を解きました(2010-3)。読解問題で3つ間違えました(計62分)。問31が間違ったのはcouldn't be further from the truthの意味を取り違え、問32を間違えたのはportentの意味を知らなか [続きを読む]
  • 海外ドラマはたった350の単語でできている
  • 西東社から「海外ドラマはたった350の単語でできている」という本が出版されました(著者はCozyさん)。私はこの本のタイトルに疑問を感じました。350ワードと言えば、中学1年生で習う程度の単語です。常識的に考えて、そんな少ない単語だけで海外ドラマの数シーズン(計50話以上)を制作できるはずがありません。そこで、USAネットワークで放送された連続テレビドラマ「Covert Affairs」のシーズン1の第1話「Welcome to the CIA」 [続きを読む]
  • 1級(10-2)
  • 私は平成28年度の過去を引きずって生きる女、過去問子。ブログ更新は久しぶりです。2010年10月17日(日)に行われた英検1級を解きました(2010-2)。読解問題は全問正解でした(計65分)。リスニング問題は1.2倍速で聴いてみると、27問中20問正解です。間違った箇所はNo. 3, 8, 10, 11, 22, 24, 26でした。翌日、再度1.2倍速で解きましたが、No. 11と24を間違えました。[1] 10分[2] Ivy League Versus State Universities 5分[2] [続きを読む]
  • バングラデシュ
  • IELTSfeverのリスニングTEST 8は1回目が29/40(Band 6.5)でした。音は聞こえたのに正しいスペルが書けずに失点した問題が5つありました(託児所、プールの監視員、バングラデシュ、扁桃腺、遺伝的に)。翌日に1.2倍速で聞くと32/40でした。ミススペルによる失点のほかに、4桁の数字の聞き取りでも失敗しました。4桁といっても、3000とか4200というような大雑把な数字です。thousandという単語を聞いて慌ててしまったのです。そう [続きを読む]
  • findという名詞
  • 私は過去を捨てきれない女、過去問子。連休にもかかわらず、今日は1998年10月18日(日)に行われた英検1級を解きました(1998-2)。読解問題(1から3)の解答時間は55分で、50問中43問正解でした(62/70点)。1998年というと今から20年ちかく前になりますが、その頃は大問1の語彙セクションに計30問あります。そこで単語5つ、熟語1つ間違えました。わたしは語彙力で点数を取るタイプなのですが、今日の結果は情けないです。 [続きを読む]
  • 琥珀
  • 27/40しか取れなかったTEST 6に再挑戦しました。今度は解答時間が54分で34/40でした。模範解答に2つほど疑問に思う正解がありましたが、あまり気にしない事にします。パッセージ1(Amber)は2回目でも21分かかり、正答率もあまり高くありません。このパッセージは、今の自分の読解スピードでは20分で解くのは無理です。語彙レベルが高いのは事実ですが、それが障壁になっているわけではなく、問いが複雑なのです。1. Amber (21 [続きを読む]
  • 点数ばらばら
  • 引き続き、IELTSfeverのリーディングTEST 5を解いたら、制限時間一杯使っても34/40でした。パッセージ3は何年に何処で何が起こったか読み取る問題で、知らない地名や人名が多く頭が混乱しました。時間が足らなくて、YES/NO/NOT GIVENはほぼ山勘状態でした。TEST 51. Wildfires(17分、11/13)2. Problems with Water (20分、13/14)3. The History of Papermaking in the United Kingdom (23分、10/13)気を取り直してTEST 6を [続きを読む]
  • 天婦羅定食
  • 今日はお昼にてんぷら定食を食べました。500円なので量はあまり無かったけど、胃にもたれることもなく、ちょうど良かったと思います。えびが美味しかった。IELTSfeverのリーディング問題TEST 3は難しかったです。というか、これが通常の難易度だと思います。結果は32/40で、58分かかりました。特に、パッセージ3が難解で、25分もかけたのに正答率が低かったのですが。ただし、段落に見出しを付ける問題で、解答に納得できない箇所 [続きを読む]
  • 夏時間
  • 米国では12日未明、ハワイやアリゾナの一部地域を除き、冬時間から夏時間に移行しました。アメリカではdaylight saving timeと言いますが、ヨーロッパではsummer timeと言うそうです。IELTSfeverのリーディング問題TEST 2を解きました。成績はなんと38/40です。51分で終了しました。IELTSfeverのリスニングでは酷い目に遭っているのですが、リーディングはやさしいのでしょうか。それとも最初だけやさしくて、これからどんどん難化 [続きを読む]
  • 大隈重信
  • 1838年3月11日に生まれた有名人を紹介します。大隈重信氏は第8代と第17代の内閣総理大臣で、早稲田大学の創設者であり初代総長だそうです。それはさておき、IELTS feverのリーディングテスト1を解きました。結果は35/40で、54分で解き終わりました。詳細はPassage1: The Big Cats at the Sharjah Breeding Centre (19分、9/13)2: Insomnia - the Enemy of Sleep (16分、13/14)3: Alternative Farming Methods in Oregon (19分、13 [続きを読む]
  • 部屋の配置
  • 先日のリスニングは散々な結果だったので、すこし自信をつけようと思い、Cambridge IELTS 11 AcademicのリスニングTest 4を聴きました。地図の問題(部屋の配置)があったので嫌な予感がしましたが、予想通り、あまり良くない出来でした(30/40、Band 7の下限)。1.2倍速で聞いた2回目は34/40です。キャンパス内の建物や病院内の部屋の配置など、わたしは平面図形に弱いです。今日は美術館内の施設に関する問題が出題されましたが [続きを読む]
  • quite
  • IELTSFEVERのリスニング問題を解きました。Test 6は1回目が29/40で、2回目(1.2倍速)が32/40でした。初回で理解できない箇所は、2回目でも間違うことが多いです。特に、ひっかけ問題で失点したところは、2回目でもほぼ確実に間違います。quiteの使い方: quite goodは非常に良い(very good)ではなく、「わりと良い」という意味らしい。Test 7は1回目が29/40で、2回目(1.2倍速)でも27/40でした。冴えないなー。この問題シリー [続きを読む]
  • 平成11年の英検
  • わたしは辛い過去を背負って生きる女、過去問子。きょうは1999年10月17日(日)に行われた英検1級を解いてみました(1999-2)。読解問題(1から3)の成績は50問中49問正解で(68/70点)、計48分で解答できました。この頃の筆記試験の制限時間は100分ですから、日本語要約と英作文に52分費やすことができます。今回はなぜか非常にやさしく、少々拍子抜けです。このブログを始めた時は、英検中心で進めるつもりだったのですが、い [続きを読む]
  • 複雑骨折
  • 先日解いたTest 4は23/40でしたが、次のTest 5も25/40と低迷が続いています(2回目でも31/40)。二日続けてBand 6です。心が折れたというより、心の複雑骨折と言ってよいでしょう(laughter)。それにしても難易度が高過ぎるのではないかしら、、、というわけで、Cambridge IELTS 11 AcademicのリスニングTest 3を聴いてみたら、37/40でした(Band 8)。ナレーションの速さがゆっくりに感じましたし、ひとつひとつの単語ははっきり [続きを読む]
  • 壊滅
  • IELTSFEVERのリスニング模試を受けてみました。Test 2は1回目が29/40で、1.2倍速で聞いた2回目が36/40でした。このシリーズは話すスピードが速く、答えを書く時間が非常に限られています。Test 3は1回目が34/40で、2回目(1.2倍速)が32/40でした。もともとスピードが速いので、1.2倍速にすると聞き取りが非常に困難です。2回目でも厳しい。この模擬テストに、日本の新幹線の話が出てきました。のぞみやこだまという名称が出てきて [続きを読む]
  • 数字の混同
  • IELTS Listening Sample Test 2 (British Council)を解いてみました。通常スピードの1回目は32/40、1.2倍速で聞いた2回目は36/40でした。数字の聞き取りで2失点です。完全に聞き逃してしまう時と、13/30や18/80などを混同してしまう場合があります。数字を正確に聞き取るのは本当に難しい。別の模擬テストは1回目が30/40、1.2倍速で聞いた2回目が33/40でした。ここでも数字の聞き取りで1失点です。IELTSリスニングでは、ナレーター [続きを読む]
  • 蜃気楼
  • 振り返ってみると、このブログを始めてから、と言うより、今年になってからIELTSリスニング模試を「18回分」聞きました。問題形式には十分慣れましたし、自分の弱点も明らかになりました。今月一杯は単語のスペルと数字の聞き取り練習を地道に続けます。それにしても、なぜ私は狂ったように(苦笑)IELTSリスニングに取り組んでいるのでしょうか。以前にも書きましたが、留学予定は全くありません。実は、このテストを解いていると [続きを読む]
  • 単純な訓練
  • 以前に聞いたListening actual tests Volume 3を「1.2倍速」のスピードで再挑戦しました。おおむね点数は上がっていますが、聴解力が向上したためではなく、前回の時の記憶がまだ残っているためだと思います。Test No. (前回 → 今回)1: 33/40 → 40/402: 31 → 353: 30 → 354: 37 → 345: 31 → 366: 30 → 35それにしても、IELTSはうまく出来ているなーと感心します。わずか40問ですが点数がブレ [続きを読む]
  • 単語の勉強はじめなさい
  • IELTSリスニングでは聞き取った英単語を書く問題があります。長くても3ワード、たいてい1ワードです。日本の中学・高校で習う程度のやさしい単語です。しかし、いざ自分で書いてみると、スペルが分からないことが多々あります。そこで、アルクのSVL12000のレベル3の単語を勉強しました。それだけでは足りないので、レベル2と4も確認しました。情けないことに、私はレベル1の単語でも正しく書けない英単語がありました。レベ [続きを読む]
  • 復習
  • 以前に聞いたIELTS Listening actual testsを「1.2倍速」で再挑戦しました。その結果は以下の通りTest No. (前回 → 今回)1: 26/40 → 32/402: 26 → 323: 31 → 304: 30 → 325: 26 → 306: 32 → 35SVL12000のレベル4のうち、書き損なった単語(224 words)accessory, accuse, acquaintance, acre, admiration, admission, advanced, alien, amateur, anchor, ancient, anniversary, a [続きを読む]
  • 時刻
  • British CouncilのListening practice test 1を解いたら、32/40でした(Band 7)。今回も数字の聞き取りで失敗しました。ひとつはバスの運賃で、もうひとつは時刻です。時間の表現は確か中学校で習ったと思います。午前7時30分はseven thirtyですが、half past sevenとも言えます。この言い方に慣れていないので慌ててしまいました。そこで、時刻の聞き取り練習用の英文を用意しました。これをText To SpeechというサイトでMP3ファ [続きを読む]
  • 地図
  • IELTS listening: Recent Actual Test Vol.3のTest 4〜6を解きました。Test 4: 37/40(Band 8)Test 5: 31/40(Band 7)Test 6: 30/40(Band 7)Test 6では地図で3つ間違えました。地図の問題では、英語を聞いても頭が混乱して正解が選べません。なぜできないのか、、、SVL12000のレベル2のうち、正しく書けなかった英単語(133 words)almond, announce, apart, arrange, aware, backward, balloon, base, bay, block, bow, bow [続きを読む]
  • スペル266
  • アルクのSVL12000のレベル3(1000 words)のうち、綴りを正しく書けなかった単語が266個ありました。4つに1つは正しく書けないということです。情けない。しかし、この程度の数なら1時間眺めれば復習できます。こういう単語が、IELTSリスニングの失点につながります。このようなミスで点を失うのは金輪際止めようと思います。日本語を見て正しく書けなかった英単語adviser, altogether, announcement, anyhow, anymore, appeal, [続きを読む]