キムロン さん プロフィール

  •  
キムロンさん: 気まぐれでもやっぱり猫が大好き
ハンドル名キムロン さん
ブログタイトル気まぐれでもやっぱり猫が大好き
ブログURLhttp://sukikattenaneko.blog.fc2.com/
サイト紹介文可愛い猫ちゃんの紹介をしています。 自分に合った猫ちゃんを探してください。
自由文猫の種類は、数多くあります。
種類によって性格も、運動能力も、違ってきます。
少しでも自分に合った猫と出会えるように、いろいろな猫について紹介していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 53日(平均4.6回/週) - 参加 2016/11/23 20:43

キムロン さんのブログ記事

  • 私のチイ
  • もう、しばらく昔の話です。私が高校生のころ。私の生家は、10件ばかりが寄り添っているような「、山間の小さな部落にありました。高校には、毎日駅まで約5?の道のりを歩いて通っていました。家から100m位進むと、うっそうと茂った竹藪の山道になります。更にその山道は3kmばかりの下り坂となり、河岸段丘の下の段につながります。高低差はおよそ300m以上はあるでしょうか。山道は、めったに人は通らないため、道幅僅か20c [続きを読む]
  • 人と猫の関係
  • 人と猫の関係ってどうなっていると思いますか?犬にとって飼い主は、主人であり、群れのリーダーでもあるわけですよね。だから犬は、飼い主の事を常に見ています。どんな指示をされるのか?どんな命令がくるのか?飼い主の言うことは、何でも聞いちゃうわけですね。(最近は躾をしないから、犬が奥さんや子供を自分より下に見ている例が多々ありますが!!)猫は、人間の事を同類の大きな猫くらいにしか見てないという説があります [続きを読む]
  • 猫はどうして可愛いのか 私の勝手な意見です。
  • こんな可愛い猫を見たら、思わずかまってみたくなりますよね!どうして可愛いんでしょうか?多分、顔の大きさに対して目が大きいと可愛く感じる。赤ちゃんも可愛いでしょ。やっぱり目が大きいんです。漫画の主人公を見ても、可愛い子はみんな目が大きいんですね。猫は大人になっても目が大きいんです。人間の顔の大きさにしたら、ピンポン玉位!今ピンポン玉位の目をした人がいたら、みんな逃げるでしょうね。可愛いって言わないと [続きを読む]
  • 変わった模様の猫たち
  • まるで毛を染めた見ないな模様ですね。でもこれは生まれたときからの模様なんです。「嘘だ!絶対染めたんだ」って言われそうですが、本物です。疑いたくなる模様ですよね。こちらは、豹のような模様の猫です。私は、大好きですねぇ。こういう模様!売っているのなら飼ってみたい。でも、高すぎるんでしょうね。鉄腕アトムみたいに黒くなっている耳とその付け根ぶぶんよくできていますね。  あっ!違った!!面白い模様ですね。ア [続きを読む]
  • ターキッシュアンゴラ
  • トルコの生きる国宝と呼ばれているターキッシュアンゴラ!絹のような長く真っ白な被毛はとても美しく、非常に柔らかい手触りの被毛を持っています。耳は付け根が幅広く、頭部の高い位置についています。体つきは優雅な骨格に無駄のない筋肉、首が長く胴体が細めで優雅な猫です。 性  格見た目のツンとした感じとは違って、とても愛情深い猫です。飼い主の言うことをよく聞くので、躾で困ることはまずないでしょう。ただ、そこは [続きを読む]
  • 猫を飼う時の心構え
  • 猫を飼う、ということは、命を預かるということです。動物もちゃんとした個性を持った生き物なのです。飼うからには、その猫の一生の責任を持たなければなりません。「可愛い」だけで飼うのはやめてください。「可愛い」から責任をもって買ってください。 猫を飼う条件1.猫を飼える状況ですか?猫を飼える住宅でしょうか?「ペット可」であれば問題ないのですが。こっそり飼ったりしたら、猫を不幸にしてしまいます。ほとんどの猫 [続きを読む]
  • アメリカンリングテイル
  •  歴   史アメリカンリングテイルは、1998年、アメリカのカルフォルニアの、フリーモントで発見された一匹の子猫から始まりました。子猫は、「ソロモン」という名のもとに成長したのですが、生長するにしたがって、尻尾を丸めて歩くようになったのです。調べてみたところ、医学的な奇形ではなく特有の遺伝であろうということが分かった亀、これを品種とすることにしたのです。 特徴・性格アメリカンリングテイルは、何と言って [続きを読む]
  • ラガマフィン
  •  歴   史ラグドールを元に、1994年に作られた猫です。性格や性質もラグドールに似ています。ラグドールの生みの親、アン・ベイカーが、ラグドールの繁殖、売買、名前の使用を独占しようとしたために、、一部のグループがIRCAから独立し、ラガマフィンを生み出しました。 性  格とても人懐っこく大人しい猫です。とても頭が良く、環境への適応能力があり、とても飼いやすい猫です。遊び好きな面も持っていますが、それほ [続きを読む]
  • サイベリアン
  •  歴   史ロシア東北部の猫で、1000年前から居たとと言われています。「シベリアを中心とした極寒の地を生き抜く術を身に着けた猫」で、分厚い被毛と頑丈な体を持っています。その身体能力はとても優れていて、ヤマネコを思わせる風貌がカッコよいですね。 性格・特徴サイベリアンは、長毛種で有名です。寒さに負けないダブルコートを(防寒・防水)持っています。密度が高く、まるで上着をさらに持っているようです。性格は、 [続きを読む]
  • デボンレックス
  •  特徴など1960年、イングランドのデボン地方の古鉱山付近で、チジレ毛を持つ一匹の猫を発見したことから始まりました。デボンレックスの特徴は、その牧毛にありますが、個体によってすべて巻き具合が違います。デボンレックスは、とても好奇心が旺盛で、活発な猫です。嬉しいと尻尾を犬のように振ります。そのため、犬のプードルのようだと例えられ、プードルキャットと呼ばれることもあります。鳴き声は小さく、甘えん坊な性格で [続きを読む]
  • ジャパニーズボブテイル
  •  歴   史奈良時代に日本にやってきた、尻尾の短い猫。それがジャパニーズボブテイルです。遣唐使たちが、ネズミの害から守るために、中国から連れてきたと言われています。その猫たちが、日本猫の祖先です。1968年、尻尾の短い猫を見つけたアメリカ人が、とても気に入ってアメリカに連れ帰ったのですが、尻尾の短い猫としてとても人気が出たのです。そして1976年に正式に公認されました。 特   徴特徴は、なんとい [続きを読む]
  • セルカ-クレックス
  •  歴  史1987年、アメリカ・モンタナ州の動物保護施設で偶然見つけられた突然変異の巻き毛の猫ちゃんです。巻き毛の猫を交配させたところ、6匹生まれた猫のうち、3匹が巻き毛でした。さらに、ヒマラヤン、びりティッシュショートヘアーなどと掛け合わせて、現在のセルカークレックスが誕生しました。未だあたらしい猫の種類となります。これから歴史を作っていくことでしょう。 特   徴何と言っても、羊のような巻き毛です。 [続きを読む]
  • エジプシャン・マウ
  •  歴  史エジプシャン・マウは古代エジプトの壁画に残されている最古の家猫の特徴を元に、エジプトのカイロで発見された猫から繁殖、改良されたものです。アメリカで品種として確立したため、アメリカ原産と表記される場合もあります。エジプシャンマウの反転は、ベンガルやオシキャットの斑点と違い、自然に発生したものです。 特  徴先ほども書きましたが、エジプシャンマウの斑点は、猫の中で唯一の自然発生模様です。毛を [続きを読む]
  • トンキニーズ
  •  歴  史1950年代から1970年代にかけて、カナダやアメリカのブリーダーが、シャム猫とバーミーズを交配させ、それぞれの良い所を持った猫を作ろうとし、チョコレートポイントの猫を作り上げました。それが現在のトンキニーズの原型となりました。1960年代にブリーディングが再開されると、品種改良が進み愛猫家からの人気が一気に高まりました。トンキニーズは、最初、島の名前の(ミュージカル)からトンカニーズという名前にな [続きを読む]
  • マンクス
  •  歴  史マンクスは、イギリスのマン島で、数百年前に突然変異的に発生した。島だったから、島固有の種として定着したと考えられています。尻尾の無い猫は、マンクスとキムリックだけ!!マンクスの迷信や伝説1. ネズミを追いかけていた猫が、ノアの箱舟に飛び乗ろうとして、尻尾を扉に挟まれて、無くなってしまった。1. マン島の海賊が、帽子の飾りにするため、尻尾を切り取ってしまった。1. マンクスは、尻尾を切ることを繰 [続きを読む]
  • バーマン
  •  歴  史バーマンはミャンマー西部が原産地と考えられています。釈迦が生まれる前より生存していたともいわれるほど前から生存している猫です。ミャンマーの寺院などで飼われていたことから、聖なる猫と呼ばれることもあります。第二次世界大戦で、わずか2匹だけになってしまい、シャム猫などと交配し、現在のバーマンになりました。ミャンマーで、昔生息していた白いミトンを持つ猫とは異なっています。 性  格バーマンは、 [続きを読む]
  • シャルトリュー
  •  生い立ちシャルトリューは、フランスを原産地とする猫です。ロシアンブルー、コラットと並び、ブルー(銀灰色)の御三家と言われています。顔の頬が微笑んでいるように見えることから、微笑みの猫ともいわれています。フランスでは、「フランスの宝」「生きたフランスの記念碑」などともいわれています。起源については、様々な言い伝えはあるものの、はっきりとしたことは分かっていません。16世紀には、灰色の被毛に銅色の目を [続きを読む]
  • ヒマラヤン
  •  生い立ちヒマラヤンは、ペルシャ猫とシャム猫の交配により生まれた猫です。色模様がヒマラヤウサギに似ているところから、ヒマラヤンと名付けられました。長毛種で、目はブルーです。柔らかい長い毛は、触るとシルクのような手触りです。潰れた鼻、丸くて大きな目、丸みのある小さな耳がとても可愛らしい猫です。 性  格ペルシャ猫のように、温和で、静かな猫です。遊ぶことよりも、寝ているほうが好きな猫です。マンションや [続きを読む]
  • 犬系女子
  •  犬系女子の性格犬系女子の性格は、無邪気で明るくて、社交的誰とでも楽しくコミュニケーションをとることができます。あまり一つの事に執着はしないけど、興味を持ったことには、最後まで頑張り成し遂げる面があります。 犬系女子は尽くすタイプ犬系女子は、いつもくっついていたり、イチャイチャしていたいため、行動を共にしたり、連絡を密にします。かまってもらえないと、嫉妬したり、拗ねてみたりします。好きな彼の為なら [続きを読む]
  • 今日は、猫系女子について話します。
  •  猫系女子は集団行動が苦手猫系女子は、好奇心旺盛ですが、個人行動が好きですから、待つことや、好きでないことに対する我慢ができません。だから、集団行動で、気に入らないことや、楽しくないことがあると、一人で好きなことをしていたくなります。我儘と思う人もいるかもしれませんが、自分の意思を尊重する能力があると言えるでしょう。 自分の好きになる恋愛が良い好奇心旺盛な性格は、恋愛にも表れてきます。新しいものを [続きを読む]
  • 犬系男子
  •  かまってちゃん犬系男子の典型的な特徴の1つ、かまってほしい!!初めての人にも親しげに話しかけてきます。なれなれしいと感じる人もいるかもしれません。が、それがかまってもらいたい犬型男子なんです。愛嬌だと思えば、可愛いものです。人懐っこく、第一印象が良い正にワンちゃんのようです。 甘えたがり犬系男子は、撫でられたいほど甘えたいんです。丁度ワンちゃんが頭を撫でられて喜ぶのと同じですね。犬系男子は、常に [続きを読む]
  • 貴方は猫系男子派? それとも犬系男子派?
  • 今日は、猫系男子の性格と、犬系男子の性格について、書いてみます。違っていたら、ごめんなさい。 猫系男子猫系男子とは、自分の時間を大切にし、束縛されることを嫌います。女性も、自分の時間を大切にする人だと、付き合い易いですよ。色々なことに興味を持ちますから、「自分だけ」っていう人には、ちょっと辛いかも!あまり細かいことを言わないで、大きな広い心をもって接してください。猫系男子の性格・マイペース・気まぐ [続きを読む]
  • アメリカンカール
  • アメリカンカールです。耳が後ろにカールしているのが特徴ですね。原産地は、アメリカカルフォルニアです。1981年アメリカのカルフォルニア州のルーガ家に、2匹の猫が迷い込んできたそうです。その猫の被毛がきれいで、耳が後ろにカールしていたため、交配したそうです。生まれてきた4匹のうちの2匹の耳が「カール」していたため、遺伝性のものとわかり、新品種となったものです。 性  格とっても愛嬌があり、大人しくてしつけ [続きを読む]
  • ソマリ
  • ソマリは、アビシニアンから稀に生まれる毛の長い種類からつくられた猫です。新しい種類の猫の中では、非常に人気があります。名前の由来は、ソマリア(エチオピア(旧アビシニア)の隣)からつけられたらしいです。特徴ソマリの特徴は、何と言ってもそのふさふさの長い毛です。アビシニアンのように、一本の毛が何層のも色になっているため、動きによって色が変化して見えます。首周りには、ライオンのようなたてがみ?が生えてい [続きを読む]