家相診断室 さん プロフィール

  •  
家相診断室さん: 家相診断
ハンドル名家相診断室 さん
ブログタイトル家相診断
ブログURLhttp://xn--fctu5uppopfs.com/
サイト紹介文気になる家の間取りを家相診断します
自由文気になる家の間取りを家相診断します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 126日(平均1.4回/週) - 参加 2016/11/24 11:08

家相診断室 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 家相 正中線
  • 風水や家相を気にして間取りをする場合でもあらゆる書籍に整合した間取りを作るのはほぼ不可能どこまで間取りを家相に準じるかというのは最終的には建て主の判断になります。参考の間取りでは玄関が北西で鬼門の北東を外した位置にあります。トイレは鬼門を外しているものの真北にあり家相の本によっては正中に当たるので避けたいと書かれているものもあります。正中線というのは東西南北にまっすぐにひかれた十字の線です。それを [続きを読む]
  • 33坪4LDK、北玄関の家相診断
  • 今回の家相診断は33坪4LDKの二階建ての間取りです。玄関は北西の位置にあり北東の鬼門を避けているので方位的には良い位置になっています。欠けている状態になっているので袖壁をつけて安定した形にするか玄関を拡大、上の階も部屋にして拡大して長方形の間取りにするのもよいでしょう。トイレの位置も1階2階ともに鬼門の北東や裏鬼門の南西を避けた位置にあるので問題はないです。階段下のトイレが気になるようであれば和室を [続きを読む]
  • 東玄関の家の家相診断
  • 今回の家相診断は34坪4LDK東玄関の間取りです。道路は東道路ですので東玄関か南玄関が良いでしょう。玄関の位置は北東の鬼門の位置にあるので和室と入れ替えて南東の玄関に配置換えすると玄関を鬼門から外すことができるでしょう。1階の水回りは北西にまとめられ裏鬼門の南西も外しているのでこのままでよいでしょう。リビングダイニングも南の窓が多く明るく二階の個室もすべて南窓で明るさがあふれる良い間取です。二階のトイレ [続きを読む]
  • 34坪4LDKの間取りの家相診断
  • 今回の家相診断は34坪4LDKの間取りです。玄関の方位ですが南西の裏鬼門の方位になっています。できれば避けておきたい方位なので和室と玄関を入れ替えて、西入りの玄関で西中央から入る配置計画に変えてみます。1階のトイレは北西の方角で北東の鬼門や南西の裏鬼門を避けられているので問題のない間取り2階のトイレも北西で、北東の鬼門や南西の裏鬼門を避けられているので問題のないです。家の形に関しては玄関部分が欠けているの [続きを読む]
  • 34坪4LDK北玄関の間取りの家相診断
  • 今回の家相診断は34坪4LDK北道路の間取りです。北側玄関で量産型のプランで隙がなさそうですが家相的にはいかがなものでしょうか?まずは玄関の位置について北東の鬼門の位置になるので北道路で北西の位置に変えたほうが良い位置です。トイレの位置ですが完全に北東の鬼門にあるわけではないのですが1階二階とも北西の方向に配置換えできればしておきたい。玄関付近は欠けになっているので袖壁をつけるか玄関ホールを広くするなど [続きを読む]
  • 家相 欠け 張り
  • 今回の家相診断は35坪4LDKの二階建ての間取りです。南道路で南玄関、玄関はほぼ中央にあります。南玄関で裏鬼門の南西を外した位置にある間取りは玄関の位置は良い場所に配置されているといえます。南玄関は朝も気持ちよく明るい玄関になります。気になるトイレの位置は鬼門の北東や裏鬼門の南西など良くないとされる方位は外して間取りされています。家全体の形状もほぼ真四角になっていて安定南東の張り出しはマイナスにならない [続きを読む]
  • 33坪4LDK、北玄関の間取りの家相診断
  • 今回の家相診断は33坪4LDKの北玄関の間取りです。玄関は北西の方位にあり、北東の鬼門を避けているので玄関の方位としては問題ない方位になっています。1階のトイレの方位お北西にあり、北東の鬼門を避けているのでこれも全く問題のない位置にあります。玄関からもトイレのドアが見えにくい配置なのもよいでしょう。2階のトイレはやや北東にかかりそうな位置なので南にずらしてあげるか、北西に移動するかして鬼門の北東や裏鬼門の [続きを読む]
  • 33坪4LDK西玄関の家の家相診断
  • 今回家相診断するのは33坪4LDK西玄関の間取りです。西玄関はあまり良いとされないのは、西日の影響です。昔は木製の玄関ドアが多かったことから西日の影響で玄関ドアの狂いが生じて痛みも早く開閉も困難になる方位です。現在はアルミのドアになったことで老朽化や風化への心配は軽減それでも西の玄関ホールは玄関の温度が上昇しやすいので風通しの良い間取にしておくことが重要になります。今回の間取りは玄関が裏鬼門の南西を避 [続きを読む]
  • 33坪4LDK北玄関の間取りの家相診断
  • 今回の家相診断は33坪4LDK北玄関の間取りです。玄関の方位は北西にあり、北東の鬼門をを避けた位置にあります。問題のない間取になっています。1階のトイレは北東の鬼門や南西の裏鬼門を避けているので問題のない配置計画になっていますが、理想を言うと北東の方向へ移動します。2階のトイレは完全に鬼門の北東ではあませんが、北東を外した北西に配置換えしたほうがよさそうです。家の形はほぼ長方形で張りや欠けもなく構造的 [続きを読む]
  • 33坪4LDK南玄関の間取りの家相診断
  • 今回の家相診断は33坪4LDKの南道路の間取りです。玄関は南玄関で明るい位置にあるので方位は良いです。鬼門の北東や裏鬼門の南西に玄関がかかっていないので家相的に問題のない間取りです。ポーチ部分はくぼんでいるので平らにしてポーチを張り出すようにしてもよいでしょう。1階のトイレは北西、洗面バスも北西に位置しています。トイレなども鬼門の北東や裏鬼門の南西をさけて家相的に問題のない間取りになっています。2階のトイ [続きを読む]
  • 東 玄関 家相
  • 今回の家相診断は33坪4LDK東玄関の間取りです。東道路からの玄関は北東の位置に配置されて鬼門とされる北東に入っています。南東のほうに玄関の配置を移動して間取りを入れ替えることで玄関を鬼門の北東から避けることができて問題のない間取になるでしょう。洗面やトイレなどは北東方向からはずして北西の方角にあるので問題はないです。家の形状は南西のほうに和室の張り出しがあります。裏鬼門の南西の張り出しはできれば避けた [続きを読む]
  • 37坪4LDK西玄関の間取りの家相診断
  • 今回の家相診断は西道路37坪4LDKの間取りです。玄関は裏鬼門の南西方向にあるので北西方向に入れ替えて和室を南のほうに移動します。そのとき、玄関ポーチのあった欠けの部分をなしして長方形のととのった間取りにしていきます。長方形や正方形の間取りにすることで構造的にも安定感のある間取りになります。また欠けのある間取りは屋根にも谷ができるので雨漏りのリスクや吹き溜まりなども招きやすくなります。屋根の形状をシンプ [続きを読む]
  • 38坪5LDKの収納の多い間取りの家相診断
  • 今回家相診断する間取りは38坪5LDK北玄関です。家の形は長方形で真四角の総二階張り欠けもなく、構造的にも安定したプランです。玄関は真北にある配置され鬼門の北東は避けられています。玄関の方位的には問題のない間取です。トイレの位置は北東は避けられているので問題はないですが、家相的には階段と入れ替えて北西にあるほうが良いです。トイレだけ入れ替えるとほかの水回りと分散するので間取りを左右反転させるという方法 [続きを読む]
  • 南玄関4LDKの間取りの家相診断
  • 今回の家相診断は33坪南玄関の間取りです。南道路に対して玄関は南東の方位。南西の裏鬼門の方位を外して配置しているので位置は問題ないといえます。ポーチの部分が欠けているので、袖壁をつけて構造的に安定させるか玄関を大きくして四角い家にすると構造的にも安定します。1階のトイレや水回りは北西の方位に配置され、北東の鬼門を外した位置になっています。トイレの位置も問題ないです。2階のトイレですが位置的には鬼門の北 [続きを読む]
  • 欠けのある家の家相診断
  • 今回の家相診断は35坪4LDK二階建ての間取りです。北道路で北西の玄関の方位になります。玄関の方位自体は北東の鬼門を外しているので問題ないです。ポーチ部分が欠けているので袖壁を設けるなどして構造的にも安定させるか、玄関を拡大して総二階にすることで張り欠けのない安定感のある間取りになるでしょう。1階のトイレも北西で鬼門を外しているので方位的敵には良い位置になっています。お風呂や洗面は鬼門方位に入っています [続きを読む]
  • 間取りの家相診断、 トイレの位置
  • 今回の家相診断は35坪5LDKの書斎のある間取り南東の玄関の方位は南西の裏鬼門の位置を外してあるので問題のない配置計画になっています。トイレの方位が北東の鬼門の方位になっているので和室のスペースと洗面浴室トイレのエリアを入れ替えることで鬼門をはずした間取りに変えられます。トイレの位置は北東の鬼門と南西の裏鬼門を外すのがベストです。二階のトイレは鬼門にあるのではありませんが水回りの上の階にまとめたほうが排 [続きを読む]
  • 北西 玄関 家相
  • 今回の家相診断は35坪5LDKの間取り北西の玄関は、北東の鬼門や南西の裏鬼門を外して問題のない玄関の方位になっています。1階のトイレも北東の鬼門や南西の裏鬼門を外して家相上問題のない方位になっています。二階のトイレは鬼門や裏鬼門を外していますがダイニングやキッチンの上にあるよりは1階のトイレの上にあるほうが良いでしょう。技術的にはこの位置でも全く問題はありません。家の形はほぼ長方形で張りや欠けもなく構造的 [続きを読む]
  • 家相の良い間取り
  • 今回の家相診断は33坪4LDK南玄関の間取りです。家の形は正方形の総二階で安定しており南東のポーチ部分に小さな欠けが間取り上は見えますが、袖壁があることで構造的には真四角で欠けがない形立体的に安定している間取りになります。どうしても小さな欠けが気になるようなら玄関を広くしてなくするように変更します。玄関の位置は南東にあり、鬼門の北東や裏鬼門の南西を避けているので問題はない方位です。1階のトイレは北西に配 [続きを読む]
  • 家相 欠け 対処
  • 今回の家相診断は欠けのある間取りです。一般的に良く見られる間取りのタイプで間取り自体は使いやすく全く問題のないように見られます。1階の玄関もトイレも鬼門を外した位置にありますし、2階のトイレも少しずらせば鬼門を避けられそうな方位です。排水の関係もあるのでなくしてしまうという手もひとつです。問題になってくるのは鬼門の北東方向の欠けです。一見玄関の張り出しのように見えますが北東の欠けにみれます。鬼門の欠 [続きを読む]
  • 家相を重視するか使い勝手を優先するのか?
  • 今回の家相診断は駐車場を確保するために北側にくぼみを作った家の間取りです。家相的には駐車場部分が欠けになっています。玄関もトイレも鬼門の北東と裏鬼門の南西を外しているものの家の形が駐車場を取るために不整形になっています。四角い間取りにするためには図面の四角のラインのような長方形の総二階にする必要が生じてきます。そのとき何が起こるのかということです。駐車場の車は縦列に駐車せざるをえないということです [続きを読む]
  • 格安住宅の家相診断
  • 今回の家相診断は29坪の格安な新築住宅の間取りです。3LDKと小ぶりでローコスト住宅のためほぼ正方形玄関付近が北西に張り出す形になっています。北道路の敷地で北西の玄関は北東の鬼門を外しているので家相的には問題のない位置でよい間取りになっています。気になる北西の張り出しですが、1階と2階はほぼ総二階で安定1階のみが張り出す形でこれも鬼門を避けられています。家相的にも構造的にも問題がありません。この張り出しは [続きを読む]
  • 平屋 間取り 家相
  • 今回の家相診断は平屋の間取りの家相です玄関ホールが北東の鬼門にあるので家相的には良くないとされている位置です。でも間取り的には洋室が南窓になっているので日当たりの良い部屋ができているので良いプランです。家相を気にすることで何が起きるかというわかりやすい例です。改善策として南に窓を取らずに東窓にして玄関を南東に入れ替えるということができます。それはあくまでも家相的な改善策です。それによって日当たりの [続きを読む]
  • 鬼門 トイレ
  • 今回の家相診断は北道路の間取り玄関は鬼門を外した北西にあります。方位的には悪い位置ではないのですが少しだけ欠けているような間取りになります。欠けというのは茶碗が欠けるように正方形で安定した形から削れている状態のことポーチに袖壁をつければ四角になるので欠けがなくなり安定した構造に近づいていきます。安定した構造体になれば地震にも少し強くなるというものです。玄関は鬼門の北東を避けているもののトイレが鬼門 [続きを読む]
  • 家相診断 欠けのある間取り
  • 今回の家相診断は南玄関の南東に欠けのある間取り欠けというのは正方形や長方形の安定した形に対して間取りの端っこが欠けて削れている間取りのこと欠けは基本的には良くないとされます。良くない理由としては雨風が吹き溜まりやすく外壁もそこだけ傷んでしまう家の形構造的にも欠けがないほうがベストではあります。今回の間取りは南東に玄関が配置されて方位的には鬼門の北東を避けているので玄関の方位としては問題のない場所で [続きを読む]
  • 家相 方位
  • 今回の家相診断は鬼門の玄関のある間取り間取りの鬼門の位置北東に玄関が配置されています。東道路の想定ですから、南側、南東側に玄関を配置換えします。和室は玄関のある北東へ移動、階段はリビングを通ってから上るように変えるなど工夫します。おさまりが悪い時は玄関を南に出っ張りをつけても南東の張りなので許容範囲とします。ベストは張り欠けのない長方形か正方形の間取りが風水、家相的にはベストになります。ですから南 [続きを読む]
  • 過去の記事 …