ひーたむ さん プロフィール

  •  
ひーたむさん: リンゴ日和。
ハンドル名ひーたむ さん
ブログタイトルリンゴ日和。
ブログURLhttp://www.ringobiyori.com
サイト紹介文姉妹の母による、育児や日々思ったことなどをつづったブログ。
自由文姉妹の母、ひーたむです。育児や日々思ったことなどをつづります。ブログが書籍化されました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供167回 / 215日(平均5.4回/週) - 参加 2016/11/24 12:59

ひーたむ さんのブログ記事

  • 私にママ友ができない理由⑮真意
  • ↓はじめから読む。私にママ友ができない理由① 「いつでも電話してね」という言葉を、複数のお母さんから聞きます。いつも言葉通りに受け取って、失敗することもよくあります。たぶん、あいさつがわりの言葉としてつかう場合もあるのかな、と思うようになりました。だから、最近はそういうわれたときの私の頭の中はこんな感じです。「本当の本当に本当なの?」言葉通りなのか、あいさつなのか、いったいどっちなのっ!!・・・と [続きを読む]
  • 私にママ友ができない理由⑭お泊り会
  • ↓はじめから読む。私にママ友ができない理由① あるお母さんが、お泊り会をしたということを私に話してくれました。「先週の土曜日にお泊り会をしたんだよね。〇〇くんと〇〇ちゃんママがうちに泊まったの」すごく楽しかったみたいでした。私はお泊り会に誘われるということはいちどもないのですが(そもそも親密なママ友がいない)、でも誘われなくてほっとしていたりします。わが家は、部屋がちらかっているし、変な置物なども [続きを読む]
  • 育児っていつまでなのだろうとふと思ったときのこと
  • 夜の歯磨きの仕上げを、にじゅっさい(20才)までしてほしいと、娘が前にいっていたのを思い出したので確認して聞いてみました。すると、そんなこといっていないと否定されました。私の覚え違いだったのかとあやまりました。すると・・・「あのね、にじゅっさいじゃなくてね」「にじゅういっさいまでしてほしいの」ひとつ多かったです。にじゅういっさい(21才)っていったら、もう立派なレディーですけどもねっ!↓こんな記事もあ [続きを読む]
  • 娘が生まれて初めてブスといった
  • 不意に次女(3才)が、「ブス!・・・ブス!」と、連呼し始めました。近くにいたのは自分だったので、最初は私のことをブスといっているのかと思いました。それは、おそらく娘が初めてブスと口にした瞬間だったのです。それをみていた長女(7才)が冷静に答えました。「ミュージックステーションでやってた歌だよー」そういわれて、岡崎体育さんの歌にそういうフレーズがあったのを思い出しました。おそらく、歌ってただけなのだ [続きを読む]
  • 私にママ友ができない理由⑬空気感
  • ↓はじめから読む。私にママ友ができない理由① 私は「ふたりで話しているお母さんに話しかけるのが苦手だ」ということを夫に話しました。仲良さそうにふたりで話してるお母さんたちをみると・・・ふたりの周りに、入り込む余地がないような空気感を感じてしまうのです。自分はそんなふうにして、話しかけるのをやめてしまうことがあるのですが、夫はそんなことは全くないといっていました。それは気のせいだし自分なら気にせず話 [続きを読む]
  • 私にママ友ができない理由⑫電話番号
  • ↓はじめから読む。私にママ友ができない理由① すこし前の話です。あるお母さんに、電話番号をきかれたことがありました。行事のことなどわからないことなどを、私に電話してききたい、とのことでした。でも、電話がかかってくることはいちどもありませんでした。きっと、そのお母さんにとって話しやすいママ友がみつかったのだと思います。そんなふうに電話番号だけ交換した場合は、彼女はママ友といえるのか、と夫に質問しまし [続きを読む]
  • レゴランド・レポ②ミニランドで気になったブロックたち
  • レゴランド・レポの2回目になります。↓他の回はこちらです。レゴランド・レポ①ミニランドは、ブロックでイラストやキャラが表現されていて、それを1つ1つみていくのが楽しかったです。この女の子のイラストのデコトラは、昔のゲームみたいな雰囲気がありました。こちらもレトロゲームのような雰囲気です。大阪道頓堀のグリコサイン風のカンバンもありました。それから、娘たちがかわいいと声をあげるブロックがたくさんありま [続きを読む]
  • レゴランド・レポ①ミニランドで小旅行気分を楽しもう
  • 最近、こどもとおでかけするのが楽しくてしかたありません。先日、長女のゆー(7才)に、こういわれました。「レゴランドにもう1回いったらね・・・ミニランドの名古屋ドームをみたい」今年のGWにはじめてみたミニランドの名古屋ドームは印象に残っていました。小さいレゴがドーム中をうめつくす様子は圧巻でした。それで、自分ももう1度みたくなり、再びレゴランドにいってきました。レゴランドに入って少し歩くとあるミニラン [続きを読む]
  • 私にママ友ができない理由⑪ブロ友
  • ↓はじめから読む。私にママ友ができない理由① 今回は裏話的なかんじで、ママ友の記事をアップしているときに、ネットでドキッとする言葉をもらったことをかきます。ママ友の記事を公開したときに、とつぜんブロ友さんに「じゃあ私たちママ友ね」といってもらったのです。ブログで交流ある方は、自分の中ではお子さんがいらっしゃってもブロ友さんなのですが、うれしかったです。ブロ友さんが偶然引っ越してくるとか、実は近くに [続きを読む]
  • 娘にこたえづらい質問をされた
  • 長女(7才)にとつぜん質問されました。「ねえ、おかあさん、わたしとふーちゃん、どっちがだっこしててきもちいい?」どちらがというのは考えたこともなかったのですが、両方ってこたえても納得しないパターンなのかもしれないと思いました・・・すると長女は「おかあさんはわたしがのぞむこたえをくれるとしんじてるから・・・さあ、こたえて!」といいました。・・・こたえづらいと思いました(;^ω^)※2017/6/2(金)〜2017/6/ [続きを読む]
  • エアコンはもういらない・・・?
  • 最近のできごとです。じゃあ、これからはエアコンはかけなくてもいいかと思いましたが、「はやくかけて」といわれました。いつも私の背中にぴったりとくっついてねむる長女でした。↑ゆーのことばの記事一覧へ。Twitter Facebook Instagramポチっとお願いします!あのね、わたしがねちゃってても、あとででいいからだっこして [続きを読む]
  • もう結婚してるんだからはずかしがらないで!
  • 家族でとある場所にでかける前のことです。夫に「スポットがたくさんあるからブログの記事にしよう。すごく楽しみ〜」といいました。それから、「私のブログと同じ写真はパパのツイッターにのせないでね」というと、夫に激しく反論されました。「ちょっと! 俺のツイッターにブログと同じ写真はのせちゃだめってどういうこと!」そして、こうたたみかけられました。「あ、この人たち同じ場所の写真アップしてるから付き合ってるん [続きを読む]
  • 私にママ友ができない理由⑩羨望
  • ↓はじめから読む。私にママ友ができない理由① 行事で、夫と娘(6才)の小学校にいったときのことでした。娘の幼稚園時代に知り合いになったお父さんに会いました。若いお父さんです。「本当によかった。小学校いっしょですごくうれしいです」「ゆーちゃんパパ」・・・私よりも先にパパ友ができそうな夫がすみにおけないと思いました。お母さんたちと接する時間は私の方が多かったはずで、お父さん同士の時間は少なかったはずな [続きを読む]
  • 私にママ友ができない理由⑨何気ない行動
  • ↓はじめから読む。私にママ友ができない理由① 少し前のはなしです。長女の園で、顔見知りのお母さんを発見しました。話しかけようと思い、近づいてみました。すると、スッ、と身体をもうひとりのお母さんの方へ向けてしまいました。何気ない行動を見て、ひょっとしたら今会話に入られたくないのかも、と考えてしまいました。とっさにそう思いこんでしまったのです。(実際はそうではなくて、たまたまだったのだと思います。)そ [続きを読む]
  • 私にママ友ができない理由⑧昔
  • ↓はじめから読む。私にママ友ができない理由① いまだにママ友ができない私です。実際、「ママ」友に限定せず「友」ができたことがあるのかと聞かれれば、昔はどうだったかというと・・・(小学生までさかのぼります。)友達作りよりも、図書館で本を読むのに熱心な子どもでした。先生に心配されるレベルです。でもそのころは、自分から友達を作ろうとしなくても、好きな本を持っているだけで話しかけられたり・・・そうして、話 [続きを読む]
  • 食べ物の好ききらいをなおすために
  • 最近、次女(3才)の食べ物の好ききらいがはげしくなってきました。とくに、野菜を食べるのをいやがるようになってしまいました。親の自分が食べているのを見せて、彼女にも食べる気になってもらいたいと思いました。そして、「きゅうりおいしいのにー」といって、きゅうりを食べました。すると・・・きゅうりが私の好物だと思ったらしく、きゅうりをくれました。逆効果でした・・・食べ物の好ききらいを直すのは、むずかしいです [続きを読む]
  • おしゃれDIYブロガーへの道
  • 休日にふと、すのこを加工しておしゃれな棚を作りたいと思いました。よく、おしゃれなブロガーさんが低コストで作っているようなやつです。探すと材料はあったのですが、いざ、すのこを手にとってみると・・・持っただけで木のささくれが指にささりまくりました。けっきょく戦意喪失し、自作を断念してしまいました。低コストで素敵なものを作りあげるDIYブロガーさんたちは、こういう小さな大変さをのりこえているのだということ [続きを読む]
  • 「もみもみ」は、おっぱい限定の擬音語だと思っている娘
  • 次女(3才)の肩をもみもみしたときのことでした。すると、次女が「もみもみじゃなーい。おっぱいじゃないよ!」といいました。彼女は「もみもみ」は、おっぱい限定の擬音語だとかんちがいしているのだと気づきました。「もみもみっていうのは、おっぱいだけじゃないよ」といいましたが、聞かずに走り去っていってしまいました。卒乳後なごりおしいのか、おっぱいを「もみもみ」といいながら就寝前にさわってくる時期があった娘に [続きを読む]
  • 恋のおまじない、その心配ごと
  • 長女(7才)が、おまじないを教えてくれました。消しゴムに好きな人の名前を書いて、だれにも見られずに使い切ると両想いになれるということでした。でも、だれにも見られないというのは、かなり難易度が高いと思いました。しかし、娘は「ぜったいにみられないじしんがあるよ」といいました。しかしながら、そのおまじないをするにあたり心配ごとがあるようで、彼女に聞いてみると・・・書き間違いしてしまい、マス(魚)と両想い [続きを読む]
  • 子育ての正解がいまだによくわからない
  • 長女のときは、生後半年くらいから、毎日本をたくさん読んでいました。ひらがなもわりと早くから教えて、長女もすんなりと覚えました。そのおかげか、字も彼女自身で本を読んで、練習して書けるようになりました。でも、次女の場合は、長女のときのようにはしませんでした。長女のときは、小さい頃からつめこみすぎてしまったような気がしたからです。次女の小さいときは、自然な感じでマイペースに本を読んだり、ままごとなどの遊 [続きを読む]
  • 結婚する前にしておきたい質問
  • 休日に私がそうじをしていたときに、長女(7才)が話しかけてきました。「ねえ・・・、おかあさん・・・」「わたしが大きくなってだれかと結婚するまえに、おそうじとか手伝ってくれるかどうかかくにんしてから結婚するわ」私がひとりでそうじをしているのを見て、大変そうだと思ったのかもしれません。(夫は手伝ってくれるのですが、このときはたまたま私ひとりでそうじしていました。)娘も大きくなったら覚えていないでしょう [続きを読む]
  • ネットで誤解をうけないために
  • LINEBLOGで「みるみる帝国」を運営している、みるみるさんのツイッターであるつぶやきを読みました・・・昔彼女が記事を書いたとき、知人の方に「これ私のことでしょ」と勘違いされておこられたことがあるとのことでした。知人にブログが知られていると、そういうことがあるのかもしれません。でも万が一、私も誤解を受けるようなことがあるかもしれないので、必要と思われる記事には、但し書きを書いておくことにしました。・・・ [続きを読む]
  • 娘の気持ちを知りたい
  • 娘の世話をしているというわけでもない、何もしていないときのことでした。そういわれると、正直動揺します。そして、せつないです。私をためしたいのか、それともパパの気をひきたいのか・・・言葉と行動がうらはらな、娘の気持ちを知りたいと思いました。↓次女のこんな記事もあります。パンツをはかせる方法 GWにレゴランドで謎の飲み物を買って失敗!? モコズキッチン、おそるべし Twitter Facebook Instagramポチ [続きを読む]
  • 男が価値をみいだすとき
  • 夫が帰宅した時に、レゴでできた長い車が、彼のつま先にあたりました。夫は痛かったらしく、少し怒りました。長女のゆー(7才)が作ったお菓子運搬機能つきの車であることを説明しました。私がツイッターでアップしようとしたそのとき・・・夫が急に、レゴでできた長い車に価値をみいだしました。「私が」「俺が」とちょっといいあって互いにゆずらない展開になってきたので、あほらしくなり結局ふたりともアップしませんでした・ [続きを読む]