ひーたむ さん プロフィール

  •  
ひーたむさん: リンゴ日和。
ハンドル名ひーたむ さん
ブログタイトルリンゴ日和。
ブログURLhttp://www.ringobiyori.com
サイト紹介文姉妹の母による、育児や日々思ったことなどをつづったブログ。
自由文姉妹の母、ひーたむです。育児や日々思ったことなどをつづります。ブログが書籍化されました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供206回 / 269日(平均5.4回/週) - 参加 2016/11/24 12:59

ひーたむ さんのブログ記事

  • モテ女先輩のすごいテクニック⑤ケンカのあと
  • ↓最初から読む。モテ女先輩のすごいテクニック①これは私が結婚する前の、かなり昔のはなしになります。大好きだったモテモテの女先輩(モテ女先輩)と私のエピソードです。先輩といっしょに遊びに行った日のことです。先輩の電話がずっと鳴りっぱなしのときがありました。「電話さっきから鳴ってますよ」というと・・・先輩はこういいました。「さっき彼とケンカして・・・、私、ケンカしたら一晩はぜったい連絡はとらないって決 [続きを読む]
  • 私の中のブラック企業リスト①初任給
  • ブラック企業リストというのが発表されて話題になっていましたね。それをみて、ちょっと昔のことを思い出しました。当時はブラック企業という言葉が存在したかどうかわかりませんが今思えばそうだったかも、ということをちょっとお話しします・・・某企業に勤めはじめたときのことです。一番最初にもらった給料明細が、なんといわれていた金額の六割でした。もともとの金額もそれほど多くはありません。こちらも生活がありますし、 [続きを読む]
  • 親を動かす 〜親の片づけたい欲求をひきだす
  • 次女(3才)は、片づけがきらいです。最近「お片づけしよう」といったときも、イヤイヤといってしてくれませんでした。しばらくしてパパが、がまんしきれずに片づけました。パパはきれい好きで散らかっているのが落ち着かない性格なので、とても満足そうでした。それを見ていた、次女が「よし!」と、いいました。まんまと娘に動かされてしまいました。整頓されていない状態が落ち着かないパパが、片づけたいと思うまで待っていた [続きを読む]
  • 心霊体験かもと思ってゾッとしたはなし
  • 小学校の頃のはなしです。夜、父の部屋から粒子がキラキラした光が集まり、出てくるのをみました。まるで、映写機で映したほこりが、キラキラ舞いながら一定方向へ動いているようでした。そして、光が部屋の外のふすまに集まり、昔の人のような形に・・・飛鳥時代くらいの服装をした人でした。すごくびっくりしたのですが、父のいたずらだと思い、すぐに彼のところへいきました。でも、父は本気で知りませんでした。映写機もありま [続きを読む]
  • 桃をめぐるわが家の静かなる攻防
  • 桃が食卓にならぶことが多くなってきました。次女のふー(3才)は桃が大好きで、自分のぶんだけではがまんしきれません。夫も長女も、次女の気をそらすのがうまく、たいてい奪われるのは私(;^ω^)お皿に出したものは高確率で食べれないので、桃を切っているときにちょっとつまむようにしています。↑ただ娘がかわいい、の記事一覧へ。Twitter Facebook Instagramにほんブログ村ポチっとお願いします!あのね、わたしがねちゃって [続きを読む]
  • モテ女先輩のすごいテクニック④魅力の源
  • ↓最初から読む。モテ女先輩のすごいテクニック①これは私が結婚する前の、かなり昔のはなしになります。大好きだったモテモテの女先輩(モテ女先輩)と私のエピソードです。モテ女先輩が、聞こえるように陰口をいわれていたのを見たことがありました。「何かいわれてたけど大丈夫ですか」と話しかけました。すると先輩はこういいました。心ない言葉を気にするよりも、もっと大事なことのためにエネルギーを使う、と先輩はいいまし [続きを読む]
  • 結婚したんだと改めて思ったお盆の日
  • これは、私が結婚してまもないときのことです。お盆のことでした。なすときゅうりに割りばしをさしたものが出てきました。「この野菜の乗り物に、ご先祖様が乗って、あの世とこの世をいききするんだよ」と夫がいいました。私の実家ではそういう風習はありませんでした。(精霊馬、精霊牛というそうですね。)漫画でしか見たことがありませんでした。結婚したんだと改めて思った瞬間でした。↑思ったこと感じたことの記事一覧へ。Tw [続きを読む]
  • モテ女先輩のすごいテクニック③モテるオーラを出す方法
  • ↓最初から読む。モテ女先輩のすごいテクニック①これは私が結婚する前の、かなり昔のはなしになります。大好きだったモテモテの女先輩(モテ女先輩)と私のエピソードです。モテ女先輩が当時、「あのアイドルより私と君の方がずっとかわいいよ」といいました。連日先輩は同じようにいってくれたました。最初は「先輩はともかく私はどうなんだろう」と、苦笑いしていました。でも毎日いってくれたので、いつしか謎の自信を持つよう [続きを読む]
  • モテ女先輩のすごいテクニック②カクテルをたのんでから飲むまで
  • ↓最初から読む。モテ女先輩のすごいテクニック①これは私が結婚する前の、かなり昔のはなしになります。大好きだったモテモテの女先輩(モテ女先輩)と私のエピソードです。モテ女先輩と、とあるバーにいったときに、彼女が「私をイメージしたカクテルを・・・」といいました。私からしたら、「はずかしい言葉ランキング」に入るセリフです。でも、そういってカクテルを飲むまでの所作がすごく自然で可愛かったのです。赤面ものの [続きを読む]
  • 私にママ友ができない理由?ゲーム
  • ↓はじめから読む。私にママ友ができない理由① 知り合いのお母さんと立ち話をしました。スプラトゥーン2にはまっているらしいです。スイッチいいなあ・・・と思いました。本当は私もゲームが大好きだけど、いえませんでした・・・去年に出たゲーム、戦国無双真田丸の佐助にいまごろハマっているとは。流行のゲームをしない、なおかつ沼にはまっている自分をかくしてしまうのが、ママ友ができない原因なのかもしれません。・・・ [続きを読む]
  • 地震の予知か偶然か、占い師の予言
  • かなり昔のはなしです。占いをしたときに「もうすぐ大きな地震が起きるでしょう」と予言めいたことをいわれました。そのときはその言葉を1ミリも信じてなくて反論したのを覚えています。それに唐突だったので、いきなり何なの?・・・とも正直思いました。でも後日、すごく大きい地震がありました。ライトの揺れがいまだ見たこともないものでした。・・・その後すぐ、その占い師の予言を思い出しました。きっと偶然にちがいないけ [続きを読む]
  • 私にママ友ができない理由?夫のパパ友
  • ※今回は関連する記事なのでこのシリーズに入れました。↓はじめから読む。私にママ友ができない理由① 夫のパパ友に会いました。夫と仲が良いからか、すごく話しやすいです・・・ママではなくて、パパだけど私も友達になれるかも? と思いました。(友達といっても、ママ友パパ友といった種類の友達です。)しかし、彼が「あー、ゆうちゃんパパ、会いたいなあ」としみじみ情感をこめていったので、それはやっぱり無理だと思いま [続きを読む]
  • 流されて・・・、2017夏
  • 海に行ったときのことです。本当に久しぶりの海で、私は仰向けにプカプカ浮かんで楽しんでいました。浮かんで体全体を脱力するのが、すごく気持ちよかったのです。でも、ちょっと油断していたら・・・沖に流されてしまいました。気が動転してしまって平泳ぎやクロールをすることができず、必死にハアハアいいながら犬かきで戻りました。ほんのわずかな時間で沖に流されることもあると知ったので、気をつけようと思いました。↑思っ [続きを読む]
  • 母も私もそんなに変わらないということをやっぱり認めたくない
  • 実家に帰って、母といっしょにゴロゴロしていたときのことです。母がよく観るテレビの話をしはじめました。「マツコのアウトデラックスを見逃して、寝落ちするとすごく損した気がするー」私と同じような趣味の番組を観てるようでした。母も私もそんなに変わらないのかも、と思いました。話をしてなんとなく共通点を感じ、連帯感みたいな空気が生まれたとき・・・母が「あ、そうだ。いいものがあった」といってムクッと起き上がりま [続きを読む]
  • ママ友というものを考えさせられるブログ「ママゼロできるかな」の紹介
  • 私が最初に、私にママ友ができない理由①という記事をかいたのは、ママゼロできるかなというブログの、ママ友の記事を読んだのがきっかけでした。↓きっかけになったブログ。ママゼロできるかなママ友のことや、PTAの話題など、運営者のクラタイクツさんの独自の考察がすごくユニークで面白いのです。クラタイクツさんのプロフィールを読むと、「コストコにいけるママ友はいないけれど、ママの知人はたくさんいる」とかかれてあり [続きを読む]
  • 暑中お見舞い申し上げます
  • 暑中お見舞い申し上げます。毎日蒸し暑いですが、いかがお過ごしでしょうか。すいかとトウモロコシばかり食べている我が家の娘たちです。夏バテなどしないように、精のつくものを食べたいものですね。(ウナギとかいいですね。)私といえば、夏休み中で上の娘が家にいるため、いろいろ彼女にだめだしされながらもなんとかやっています。あと、最近ほったらかしにしていました「日常エッセイまとめ」もやっと更新することができまし [続きを読む]
  • 私にママ友ができない理由?小さな幸福
  • ↓はじめから読む。私にママ友ができない理由① 前回、私にママ友ができない理由? で、ママ友ではないけれど知り合いになったお母さんのことをかきましたが、その方から電話がかかってきました。最初から、私の名前はきかれませんでした。私はずっと「ふーちゃんママ」です。電話でもそう呼ばれ、そしてその電話でも私の名前は聞かれませんでした。でも、会話自体はなごやかで、話しているだけで楽しいのです。小さな幸福を感じま [続きを読む]
  • コンビニのお兄さんは私を誤解している
  • コンビニで2個入りのケーキを買いました。店員のお兄さんが「フォークをおつけしておきますね」といってくれました。そして、家に帰って中身を確認したところ・・・スパゲッティーとかに使うやたらでかフォークがひとつだけ入っていました。私は、2個入りのケーキをでかいフォークで完食しちゃうほどワイルドではありません。そう見えたということかもしれませんが。(くやしい。)↓こんな記事もあります。コンビニのおじさんは [続きを読む]
  • 夫にジェラシーを感じて思ったこと
  • 子どもが小学生になると日曜日もラジオ体操があり、朝はやく起きなければなりません。ふたりで眠い目をこすり、私と長女のゆー(7才)が起きました。その頃、夫は・・・「プリキュアの時間まで寝るわ」といってから、ふたたび眠りについていました。・・・そのとき、私はこう思いました。そうなれば、プリキュア好きな夫はその放送時間前に起きることでしょう。・・・などと、まだ寝れる彼にジェラシーを感じそんなことを思ってし [続きを読む]
  • 娘といっしょに絵本をつくりたい
  • 長女(7才)が絵本をつくろうとしていました。「ママ手伝って!」そういわれ、私は編集を担当することになりましたが、ちょっと口を出してしまいました。・・・おこられました。それからしばらくして、描いたものをのぞこうとすると、娘は「いやっ、みないでっ。はずかしいっ」といって隠してしまいました。編集できません・・・・・絵本づくりを手伝って欲しいけれど創作物をみられるのはちょっと・・・という、なんとも複雑な年 [続きを読む]
  • PTAなんてこわくない?⑨投票
  • はじめから読む。↓PTAなんてこわくない?① 昔のはなしです。PTA会長を選出しようとしたときのこと・・・選出方法は、保護者の意見を取り入れ毎年変わっていたのですが、そのときは投票で決めることになりました。私も名前を呼ばれました。ドキドキしました。名前が呼ばれるたびに、あちこちで悲鳴が聞こえました。立候補などもなかったので、みんな自分以外のだれかの名前を書いて入れたのだと思います。私にも案外票が入りまし [続きを読む]
  • 夫が愛するお洒落じゃないフレーバーウォーター
  • パパに、「自分でお茶を飲んで少なくなった時は作っておいてね」といいました。すると彼は「自分でお茶を作るのはいやだからお茶の量を減らすよ。茶1に対して水9の割合のお茶水を飲むよ」といいました。「お茶水」という、謎のワードが出てきました。香りを楽しむ飲み方なのでしょうか。「・・・でもそれまずくない?」と思いました。・・・でも、なんと! 彼はお茶水ライフを楽しみはじめたではありませんか!ふびんに思い「も [続きを読む]
  • 夫がやさしくて惚れ直してしまうかと思った
  • 私が子どもを寝かしつけた後にリビングにいくと、夫がワイングラスをふたつ用意していました。「私のも用意してくれたんだ」やさしいなあ、惚れ直してしまうやろー、と思いました。すると夫に「ちがうちがう。赤と白を飲み比べてるの。何? 欲しいの?」といわれました。1コマ前の私の気持ちをなかったことにして欲しいと思いました。勝手にかんちがいして惚れ直しそうになってはずかしいです。↑思ってたのとちがう、の記事一覧 [続きを読む]