okomearubaito さん プロフィール

  •  
okomearubaitoさん: 夜勤の派遣アルバイト体験・生活日記
ハンドル名okomearubaito さん
ブログタイトル夜勤の派遣アルバイト体験・生活日記
ブログURLhttp://okomearubaito.blog.fc2.com/
サイト紹介文夜勤のアルバイトは、深夜手当など日勤に比べると時間給も高く、効率良く収入を得ることができます。
自由文実際に現場で働いてみた体験を生活日記にしました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 260日(平均1.7回/週) - 参加 2016/11/24 23:29

okomearubaito さんのブログ記事

  • 夜勤の仕事継続中2:そろそろ退職の意思を固めなければ
  • 夜勤のアルバイトは、2日のお休みを頂いて、今日の夜から出勤。6月になった。夜に出勤するのには、いまだに慣れることができない。4月から5月の間には、家族が入院することになり、夜勤の仕事をしながら、日中、病院への見舞いに通う毎日。夕方には、私が主夫になり食事の支度をして、夜勤の仕事に出かけていく。私もその間に心身共に限界状態。そして、やっと家族は、数日前に退院できた。退院したからといっても、暫くの間は、リ [続きを読む]
  • 「桜・咲く」4月になりました:夜勤の仕事継続中
  • 3月も過ぎ去り、4月を迎えました。お彼岸を過ぎても、気温が順調に暖かくなる日が少なく、寒の戻りが多く、今年の桜の開花は例年よりも遅く、やっとつぼみから花びらがこぼれはじめてちらほらと咲き始めています。派遣社員の夜勤のアルバイト体験記ブログ、久しぶりの記事の更新です。夜勤の仕事は現在も継続中です。仕事について身の振り方など、思案を重ねながら、毎日の仕事を続けています。今後の「ブログ」の方針と更新につい [続きを読む]
  • 「なるようになるさ」:夜勤の仕事継続中
  • ブログの更新がままならず、退職の予定日が過ぎて、3月に突入。2月末を持っての退職予定だったのですが事情により、夜勤の仕事を継続しています。派遣先、勤務先、現場の社員、職場の同僚、家庭の事情などなど、退職までのカウントダウンの間、様々ありました。結果として、辞めることよりも続けることを選びました。肉体的、精神的にも辛いですけれど、兎に角、この場所で、もう、ひと頑張りしてみます。今は、全てにおいて、一杯 [続きを読む]
  • いろんな「道」:夜勤の仕事体験記(退職までの日々・4)
  • 退職までの道筋は、真っ直ぐな道ではないようだ。作用と反作用。つくづく思う。どんな場所でも人間は、自分ひとりの力だけは生きることはできない。「自分ひとりの力で何でもできる」「自分の力だけで生きて来た」それは、大きな間違い。人って有り難いなあ。人の有難味(ありがたみ)。私が生きている人生にとっての節目。お金よりも大切なもの。人の情。仲間達。 [続きを読む]
  • 5日で新入りが退職:夜勤の仕事体験記(退職までの日々・3 )
  • 前日の出勤の後、昨日から今朝までに至る、本日の夜勤は、シフト制による休日。その5日前には、体調不良により、1日の休日を挟み前後を欠勤して、都合、3日連続で仕事をお休みしている。休みと休み間、一日の出勤。しかし、3日目の休みの連絡を取る時には、出勤時間前の少し前であった為に、社員さんに厳重注意を受けた。当然、私としても職場に迷惑をかけることは不本意なことであり、とても申し訳ないという気持ちである。自慢で [続きを読む]
  • 退職までの日々2:派遣社員の夜勤の仕事(アルバイト)体験記
  • 退職の意向を伝えることによって、職場の同僚達を含め、社員さん達も知ることになった。その上、日勤、夕勤の一部のアルバイト社員へも伝わっている。ホント、別に悪い事をしたわけではないのに、まるで「人の噂、千里を走る」ようだ。まあ、結局、「たった、3ヶ月で辞めるなんて」という陰口も含まれているのかもしれない。でも、夜勤の仕事を続けている職場の同僚達は、よく頑張っている。退職が決まった後、残りの日々を今まで [続きを読む]
  • 退職までの日々:派遣社員の夜勤の仕事(アルバイト)体験記
  • 体の不調は、精神の不調まできたすらしい。派遣で夜勤の仕事を始めて3ヶ月が過ぎ、後は退職までの日々を過ごすことになる。2月で夜勤の仕事を辞める。私が勤務先から一人消えて、その穴を埋める為に派遣会社から、代わりの社員が2人投入された。まだ、半月以上も退職まで在籍するわけなのだけれど、機械的な単純労働作業の引継ぎには、長すぎるだろう。まあ、引継ぎに心配が無ければ、月末まで在籍する必要も無いのかもしれない。 [続きを読む]
  • 自然に生きる:派遣社員の夜勤の仕事(アルバイト)体験記
  • 暫く、ブログの更新を怠っていました。今日は、2月の10日です。派遣社員としてアルバイトと続けてきて、3ヶ月が経過しました。食品の加工製造工場での仕事は、毎日、同じことの繰り返しです。誰だって同じことの繰り返しばかりの毎日では、飽きてくるし、面白いことだとは思えません。でも、一つ観方を変えれば、同じことの繰り返しに見えることも、少しづつ変化や違うことが起きているのです。毎日、同じことを繰り返す。同じこと [続きを読む]
  • 退職の意思表示:派遣社員の夜勤の仕事(アルバイト)体験記
  • 昨日の夜勤の仕事は、お休みでした。ゆっくりと休養することが出来ました。明日から2月になる。節分を控えて、工場の生産はフル稼働になるので、夜勤の社員もフル出勤。5日連続勤務となり、次の休みまで辛い毎日が続きそうだ。夜勤の仕事の今後、継続して続けていくかどうか、暫く考えていたのだが、来月一杯を目途に退職することにした。派遣会社に連絡して、退職の意向を伝えた。担当の社員が不在で、端的にその旨を説明した後、 [続きを読む]
  • 金曜日って何曜日なの?:派遣社員の夜勤の仕事(アルバイト)体験記
  • 昨日の夜から今日の朝にかけての夜勤の仕事はお休み。夜勤の仕事をすると2日の間に、日にちをまたぐので、曜日の感覚が鈍くなってくる。「金曜日って、何曜日だっけ?」なんてくらい、曜日なんてどうでもいいような気がしてくる。昨日の夜、出勤したのが水曜日で、夜勤明けの帰宅が木曜日。お休みは、木曜日なんだけど金曜日にまたがっている。休みと言っても基本働いている時間が休養時間ということになるので、夜行性の自由行動 [続きを読む]
  • 生きなければならない現実:派遣社員の夜勤の仕事(アルバイト)体験記
  • 派遣で夜勤の仕事を始めて、2か月半になる。あともう少しで3ヶ月だ。この先を決める選択肢をきっちり、はっきりと決めなければならない。必ず決める。中途半端な事はしない。1月中には、はっきりと答えを出すこと。お疲れ様。今日も頑張ったよ。夜勤の仕事の世界というのは特殊だ。そこで働いている人間も特殊だな。それでもみんな頑張っている。人間らしさの欠片も感じない。人間の生々しい生き様を感じる。混沌としている世界だ [続きを読む]
  • 生きるということの呪縛:派遣社員の夜勤の仕事(アルバイト)体験記
  • また、寒波がやってきました。でも先週の月曜日のように、雪が降ったりする程、ひどくはなりませんでした。1月、2月は当然、寒いですが、節分の頃までがピークでしょう。三寒四温、少しずつ寒さが緩んでほしいです。さて、土曜日の夜に出勤して、日曜日の朝に帰宅。車で通勤しており、会社までの距離は、およそ8キロ程、20分位の道のりです。日曜日の朝の幹線道路は、通勤の混雑も無くガラガラに空いているので、自宅までスイスイ [続きを読む]
  • 勤務時間の繰り下げ:派遣社員の夜勤の仕事(アルバイト)体験記
  • 今日も夜勤の仕事を終え無時帰宅することが出来た。職場から自宅までの道のりは約25分ですが、その間、何度か眠気が襲ってきて、ヒヤッとした瞬間があった。夜勤で働くというのは、相当きつい。人間ってやっぱり昼間起きて、夜は寝るのが当たり前。翌朝に帰宅して、また、その日の夜に出勤する。一日の区切りがどこなのか、昼と夜が逆転した生活リズムというのが、未だにつかめないでいる。一月も後半残り10日になってきた。生活の [続きを読む]
  • 人間って面白い:派遣社員の夜勤のアルバイト体験記
  • 夜勤明けの勤務が終わりました。これでインフルエンザ明け3日目の勤務が終わり、今日の夜勤を後一日こなせば、お休みとなります。二日間、この冬一番の寒波で、出勤の行き帰りが非常に寒くて、夜勤の疲れと供に、病み上がりの体には、とても体にこたえます。また、日曜の夜勤明けの際には寒波による雪の影響で、道が凍結していたため勤務先から自宅に帰着するまで、普段より2倍時間がかかりました。この辺りでは、雪を経験すること [続きを読む]
  • 病み上がり2号の出勤:派遣社員の夜勤のアルバイト体験記
  • おはようございます。今日の夜勤を終え無時に帰宅しました。早朝、お天気はとても良いのですが、とても寒いです。いつもなら車のフロントガラスが凍ってもおかしくないほどの気温なのですが、空気が乾燥しているからでしょうか。普段なら車のエンジンをかけて暖機運転からデフロスタを使用して、氷結を溶かすのに、5分から10分くらいかかります。その間、勤務先の駐車場でアイドリング状態で過ごさなければなりません。昨日の天気 [続きを読む]