岡山県社会保険指導協会 さん プロフィール

  •  
岡山県社会保険指導協会さん: 岡山県社会保険指導協会ブログ
ハンドル名岡山県社会保険指導協会 さん
ブログタイトル岡山県社会保険指導協会ブログ
ブログURLhttp://yaplog.jp/okayamakyoukai/
サイト紹介文労働保険・社会保険についてのブログです。
自由文事業所案内
・岡山県社会保険指導協会
住所:岡山県岡山市北区西崎本町13-14
TEL:086-250-8812
FAX:086-250-8896
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 298日(平均1.0回/週) - 参加 2016/11/25 14:22

岡山県社会保険指導協会 さんのブログ記事

  • 在職老齢年金
  • 岡山県社会保険指導協会です。本日は、在職老齢年金についてご説明させていただきます。在職中に受ける老齢厚生年金(在職老齢年金)を受給されている方の年金額は、受給されている老齢厚生年金の月額と総報酬月額相当額により、年金額が調整されます。今回は、その中の「60歳台後半の在職老齢年金」「70歳以上の在職老齢年金」についてお話いたします。○対象者在職老齢年金の規定の対象となる者は、次のいずれかに該当する方です [続きを読む]
  • 国民年金の被保険者
  • 岡山県社会保険指導協会です。本日は、国民年金の第1号被保険者、第2号被保険者、第3号被保険者、任意加入被保険者についてご説明させていただきます。①第1号被保険者次のすべてを満たすと第1号被保険者となります。・日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満・第2号被保険者及び第3号被保険者ではない・政令で定める老齢退職給付を受けられない※老齢退職給付を受けられる人は、任意加入できます。※国籍は問わないため、外 [続きを読む]
  • 就業手当
  • 岡山県社会保険指導協会です。本日は、雇用保険の就職促進給付のうち、「就業手当」についてご説明させていただきます。就業手当は、基本手当受給者の多様な就業形態による早期就業を促進することを目的とした給付です。基本手当の支給残日数が所定給付日数の3分の1以上、かつ、45日以上である受給資格者が再就職手当の支給対象とならない常用雇用等以外の形態で就業した場合において、一定の要件を満たしたときに支給されます。 [続きを読む]
  • 教育訓練給付制度①
  • 岡山県社会保険指導協会です。本日は、教育訓練給付制度についてご説明させていただきます。この制度は、労働者や離職者が、自ら費用を負担して、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し修了した場合、本人がその教育訓練施設に支払った経費の一部を支給する雇用保険の給付制度です。○給付金の種類について・一般教育訓練の教育訓練給付金受講開始日現在、在職者であって、雇用保険の被保険者期間が3年以上(初めて支給を受 [続きを読む]
  • 任意継続被保険者
  • 岡山県社会保険指導協会です。本日は、健康保険の一般の被保険者以外の任意継続被保険者についてご説明させていただきます。〜任意継続被保険者とは〜健康保険では事業所に使用されている人が被保険者となりますが、例外的に、会社を辞めても最長2年間引き続き個人で加入できる「任意継続被保険者制度」があります。この制度は、一定の要件を満たす個人が任意で加入するものであり、届出・保険料の納付などの義務を加入者自らが負 [続きを読む]
  • 健康保険の取得・喪失
  • 岡山県社会保険指導協会です。本日は、健康保険の被保険者資格の取得と喪失についてご説明させていただきます。(1) 資格の取得被保険者(任意継続被保険者を除く)は ①適用事業所に使用されるに至った日 ②その使用される事業所が適用事業所となった日 ③適用除外事由に該当しなくなった日いずれかの日から、被保険者の資格を取得します。※「使用されるに至った日」とは、事実上の使用関係の発生した日をいいます(勤務すべき辞 [続きを読む]
  • 健康保険の適用除外
  • 岡山県社会保険指導協会です。本日は、健康保険の適用を除外される人についてご説明いたします。次のいずれかに該当する者は、日雇特例被保険者となる場合を除き、適用事業所に使用される場合であっても、被保険者とされません。①船員保険の被保険者(強制被保険者)例外:疾病任意継続被保険者は、適用事業所に使用されれば、被保険者となります。②臨時に使用される者で、(a)日々雇い入れられる者例外:1月を超えて引き続き使用 [続きを読む]
  • 被扶養者
  • 岡山県社会保険指導協会です。本日は、健康保険の被扶養者についてご説明させていただきます。健康保険の保護の対象となる被扶養者とは、一定の要件を満たしていることを保険者(全国健康保険協会や健康保険組合)から認定された親族に限ります。ただし、後期高齢者医療の被保険者等である者は、被扶養者とはされません。次のいずれかに該当する者は、被扶養者となります。①被保険者の直系尊属、配偶者(届出をしていないが、事実上 [続きを読む]
  • 家族療養費
  • 岡山県社会保険指導協会です。本日は、被扶養者に関する保険給付のうち、家族療養費についてご説明させていただきます。●支給要件被保険者の被扶養者が保険医療機関等のうち自己の選定するものから療養を受けたときは、被保険者に対し、その療養に要した費用について、家族療養費を支給します。ただし、被扶養者に関する保険給付はすべて、あくまでも被保険者に対して行われるものです。したがって、被保険者が退職や死亡によりそ [続きを読む]
  • 療養費
  • 岡山県社会保険指導協会です。本日は、健康保険の被保険者に関する給付のひとつである療養費についてご説明させていただきます。健康保険では、保険医療機関の窓口に被保険者証を提示して診療を受ける「現物給付」が原則となっていますが、やむを得ない事情で、保険医療機関で保険診療を受けることができず、自費で受診したときなど特別な場合には、その費用について、療養費が支給されます。 療養費が受けられるのは以下のような [続きを読む]
  • 出産の際の給付(健康保険)
  • 岡山県社会保険指導協会です。本日は、健康保険の被保険者に対し、出産の際に給付される保険についてご説明させていただきます。●出産一時金被保険者及び被扶養者が出産したときに支給します。支給対象となる出産は、妊娠4月以上の出産に限られます(妊娠1月は28日なので、妊娠4月以上の出産は妊娠85日以上の出産となります)。→妊娠4月以上の出産であれば、生産、死産、流産(人工流産を含みます)又は早産を問わず、支給されま [続きを読む]
  • 健康保険の傷病手当金
  • 岡山県社会保険指導協会です。本日は、健康保険の傷病手当金についてご説明いたします。傷病手当金は、被保険者(任意継続被保険者を除く)が療養のため労務に服することができないときは、その労務に服することができなくなった日から起算して3日を経過した日から労務に服することができない期間、傷病手当金を支給します。次の①〜③をすべて満たしたときに支給されます。①療養のためであること②労務に服することができないこと [続きを読む]
  • 標準報酬月額とその決定・改定の方法
  • 岡山県社会保険指導協会です。本日は、標準報酬月額とその決定・改定の方法についてご説明させていただきます。被保険者ひとりひとりの報酬は千差万別です。もしこれらの異なる報酬を使用して保険料の算定をすることになると、その事務負担は尋常ではありません。そこで、事務処理の便宜を図るため、被保険者の3カ月平均の報酬を報酬月額とし、これを一定の金額の範囲ごとに区分した標準報酬月額等級に当てはめ、仮の報酬を決定し [続きを読む]
  • 健康保険の報酬・賞与
  • 岡山県社会保険指導協会です。本日は、健康保険の報酬・賞与についてご説明させていただきます。健康保険では、保険料の算定等を行うに当たって、実際に受ける報酬額などをそのまま用いるのではなく、標準報酬を用います。→標準報酬とは、標準報酬月額と標準賞与額をいい、これらの算定の基礎となるのが報酬であり、賞与です。●報酬の定義「報酬」とは、賃金、給料、俸給、手当、賞与その他いかなる名称であるかを問わず、労働者 [続きを読む]
  • 健康保険の適用を除外される人
  • 岡山県社会保険指導協会です。今回は、健康保険の適用を除外される人についてご説明させていただきます。次のいずれかに該当する者は、日雇特例被保険者となる場合を除き、適用事業所に使用される場合であっても、被保険者とされません。①船員保険の被保険者(強制被保険者)例外:疾病任意継続被保険者は、適用事業所に使用されれば、被保険者となります。②臨時に使用される者で、(a)日々雇い入れられる者例外:1月を超えて引き [続きを読む]
  • 健康保険・厚生年金の被保険者
  • 岡山県社会保険指導協会です。本日は、健康保険の被保険者についてご説明させていただきます。まず、「被保険者」とは、適用事業所に使用される者及び任意継続被保険者をいいます。ただし、適用除外事由に該当する者は、日雇特例被保険者となる場合を除き、被保険者となることができません。ここでは、一般の被保険者についてご説明いたします。被保険者となる者、ならない者の具体例は下記の通りです。①法人の理事、監事、取締役 [続きを読む]
  • 時間外労働・休日労働について
  • 岡山県社会保険指導協会です。今回は、時間外労働・休日労働についてご説明させていただきます。使用者は、法定労働時間を超えて労働させること、また法定休日に労働させることはできないのが原則です。しかし、企業経営上、時間外又は休日に労働させる必要性が生じることもあるため、次の場合には例外的に時間外・休日労働が認められています。①災害等による臨時の必要がある場合②労使協定による場合(労働基準法36条に規定され [続きを読む]
  • 継続事業の一括
  • 岡山県社会保険指導協会です。 本日は、継続事業の一括についてご説明させていただきます。●一括の要件 継続事業の一括が行われるためには、2以上の事業が、次の要件を満たさなければなりません。 ①それぞれの事業の事業主が同一人であること ②それぞれの事業が継続事業であること ③それぞれの事業が、次のいずれか1のみに該当するものであること  (それぞれの事業について成立している保険関係が同じであること)  ( [続きを読む]
  • 有給休暇
  • 岡山県社会保険指導協会です。今回は、年次有給休暇についてご説明いたします。年次有給休暇は、人たるに値する生活を営むための金銭的、時間的ゆとりを保障するため、労働者に対して所定の休日以外に休暇を与え、その間通常の賃金を支払うこととした制度です。(1)年次有給休暇請求の要件〜付与要件〜使用者は、労働者が次のいずれをも満たした場合に、有給休暇を与えなければなりません。①雇入れの日から起算して6カ月間継続勤 [続きを読む]
  • 不当労働行為
  • 岡山県社会保険指導協会です。本日は、不当労働行為についてご説明します。 労働組合法7条において、使用者が次に掲げる行為(不当労働行為)をすることは、禁止されています。①労働者が労働組合の組合員であること、労働組合に加入し、もしくはこれを結成しようとしたこと又は労働組合の正当な行為をしたことを理由として、その労働者を解雇し、その他これに対して不利益な取扱いをすること。(不利益取扱い)②労働者が労働組合に加 [続きを読む]
  • 特例一時金
  • 岡山県社会保険指導協会です。本日は、特例一時金についてご説明させていただきます。特例一時金は、季節的に雇用されている方等を、短期雇用特例被保険者として、一般の被保険者と区別して支給される制度です。この制度を利用するためには、住居所を管轄する公共職業安定所において特例受給資格の決定を受けなければなりません。短期雇用特例被保険者であって、以下の要件を満たす方が特例受給資格を認められます。(1)離職により [続きを読む]
  • 介護休業給付金④
  • 岡山県社会保険指導協会です。 本日は、前回に引き続き介護休業給付金についてご説明させていただきます。●支給額 介護休業給付金の額は、1支給単位期間について、休業開始時賃金日額に支給日数(原則として30日になりますが、休業終了日の属する支給単位期間については、当該支給対象期間の日数です)を乗じて得た額(賃金月額)の67%相当額になります。   支給単位期間において事業主から賃金が支払われた場合は、次のよう [続きを読む]
  • 介護保険法の概要
  • 岡山県社会保険指導協会です。 本日は、介護保険法の概要についてご説明させていただきます。介護保険法は、平成9年に制定され、平成12年4月に施行されました。原則として40歳以上の方々を対象として保険料を徴収し、「要介護状態(介護が必要な状態)」、「要支援状態(要介護状態よりも少し軽度な状態)」になったときに保険給付をします。原則として、介護に要した費用の9割が支給されます。(つまり1割負担。一定以上所得があ [続きを読む]
  • 介護休業給付金③
  • 岡山県社会保険指導協会です。 本日は、前回に引き続き介護休業給付金についてご説明させていただきます。●支給単位期間 介護休業期間を、休業を開始した日から1箇月ごとに区分していった各期間をいいますが、最後の支給単位期間は、当該最後の区分日から介護休業終了日(被保険者が、介護休業を開始した日から起算して3月を経過した日以後も引き続いて休業している場合は、当該3月を経過した日)までの期間となります。 例えば [続きを読む]
  • 介護休業給付金②
  • 岡山県社会保険指導協会です。 本日は、介護休業給付金についてご説明させていただきます。①支給要件 介護休業給付金は、一般被保険者が、次の要件を満たした場合に、支給単位期間(介護休業期間を1箇月ごとに区分した各期間をいいます)について支給されます。ただし、育児休業給付金の場合と同様、支給単位期間中に事業主から支払われた賃金額が休業開始時賃金月額等の80%以上である場合は、当該給付金は、支給されないことに [続きを読む]