広島県社会保険指導協会 さん プロフィール

  •  
広島県社会保険指導協会さん: 広島県社会保険指導協会ブログ
ハンドル名広島県社会保険指導協会 さん
ブログタイトル広島県社会保険指導協会ブログ
ブログURLhttp://yaplog.jp/hiroshimakyouk/
サイト紹介文労働保険・社会保険についてのブログです。
自由文事業所案内
広島県広島市安佐南区安東7-21-4
℡:082-555-9077
FAX:082-555-9076
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 140日(平均1.1回/週) - 参加 2016/11/25 14:22

広島県社会保険指導協会 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 健康保険法の傷病手当金について
  • こんにちは、広島県社会保険指導協会です。今回は、健康保険法の傷病手当金について説明致します。被保険者が療養の為、労務に服することが出来ないときは、その労務に服することができなくなった日から継続して3日を経過した日から、傷病手当金が支給されます。この要件は① 療養中であること② 労務に服することが出来ないこと③ 継続した3日の待期を満たしていることの3点です。支給額は、原則として、(傷病手当金の支給を始め [続きを読む]
  • 出産育児一時金について
  • こんにちは、広島県社会保険指導協会です。今回は、出産育児一時金について説明致します。被保険者が出産する場合に、出産育児一時金は出産に要する経済的負担を軽減する為に支給されます。出産一時金は、1児につき40万4千円と次の要件に該当すると保険者(全国健康保険協会)が認めるときは3万円を超えない範囲内で、保険者が定める金額を加算して支給されます。その要件としては、① 公益財団法人日本医療機構が運営する参加医 [続きを読む]
  • 就業促進定着手当について
  • こんにちは広島県社会保険指導協会です。今回は就業促進定着手当について説明致します。就業促進定着手当は、再就職手当の支給を受けた者が、当該再就職手当の支給に係る同一事業主の適用事業にその職業に就いた日から引き続いて6カ月以上雇用された場合に、その職業に就いた日から6ヶ月間に支払われた賃金を基本手当の賃金日額を算定する際の賃金の総額とみなして算定されることとなる賃金日額に相当する額(みなし賃金日額)が、 [続きを読む]
  • 再就職手当について
  • こんにちは、広島県社会保険指導協会です。今回は、再就職手当について説明致します。再就職手当は、受給資格者が1年を超えて引き続き雇用される事が確実であると認められる安定した職業に就き、又は公共職業安定所長が当該受給資格者が自立すると認められる事業を開始した場合に支給されます。この要件としては、① 就職日の前日における基本手当の支給残日数が所定給付日数の1/3以上であること② 受給資格に係る離職について離職 [続きを読む]
  • 1か月単位の変形労働時間制について
  • こんにちは、広島県社会保険指導協会です。今回は、1か月単位の変形労働時間制について説明致します。1か月単位の変形労働時間制では、使用者が、労使協定又は就業規則(その他これに準じるもの)により、1カ月以内の一定期間を平均し1週間当たりの労働時間が法定労働時間を超えない定めをしたときは、その定めにより、特定された週は法定労働時間時間又は特定された日は8時間を超えて労働させることができます。この要件とは、以 [続きを読む]
  • 育児休業給付金について
  • こんにちは、広島県社会保険指導協会です。今回は、育児休業給付金について説明致します。育児休業給付金とは、雇用保険の一般被保険者又は高年齢被保険者が、1歳又は1歳2カ月に満たない子を養育するために育児休業を開始した日の前2年間に12カ月の雇用保険被保険者期間があれば、子が1歳又は1歳2カ月に達する日の前日までの期間のうち最大1年間支給されます。育児休業は産後の次の期間(黄色の期間)をいいます。この要件とし [続きを読む]
  • 中小企業退職金共済法について
  • こんにちは、広島県社会保険指導協会です。本日は、中小企業退職金共済法について説明致します。退職金制度は、就業規則において、必ずしも記載しなくてもよいことになっています。その為、退職金制度を持たない企業もあります。そこで、従業員のモチベーションアップの為、そして中小企業の振興に寄与するため、国は中小企業退職金共済制度を創設致しました。この制度を利用するためには、次表の中小企業でなければなりません。こ [続きを読む]
  • 専門実践的教育訓練教育訓練給付金について
  • こんにちは、広島県社会保険指導協会です。今回は、専門実践教育訓練給付金について説明致します。専門実践教育訓練給付金とは、中長期的なキャリア形成に資する専門的かつ実践的な教育訓練は厚生労働大臣に指定された教育訓練給付を言います。専門実践教育訓練給付金の対象は看護師、美容師などの業務独占資格、介護福祉士、保育士など名称独占資格などの取得を目的としたものです。専門実践教育訓練は次のような要件を備える必要 [続きを読む]
  • 中小事業主が労災の給付を受けるためには
  • こんにちは、広島県社会保険指導協会です。今回は、「中小事業主が労災の給付を受けるためには」というテーマで説明致します。本来、中小事業主は労働者ではないため、労災の給付を受けることができません。しかし、中小事業主は特別加入をすれば労災の給付を受けることができます。中小事業主とは以下の表の通りの事業主をいいます。要件としては、① その事業について労災保険に係る保険関係が成立していること② 労災保険に係る [続きを読む]
  • 健康保険法と国民健康保険法の傷病手当金の違いについて
  • こんにちは、広島県社会保険指導協会です。今回は、健康保険法と国民健康保険法の傷病手当金の違いについて説明致します。傷病手当金は、健康保険法により以下の要件により給付されます。①被保険者が療養中であること②被保険者が労務に服することができないこと③継続した3日間の待期を満たしていることにより、健康保険では、必ず給付されます。この要件を満たし申請をすると、1日の賃金の3分の2が支給されます。これに対して、 [続きを読む]
  • 児童の保護者の方に強い味方、児童手当
  • こんにちは、広島県社会保険指導協会です。本日は、児童手当について、子育てをされているお子様の保護者の方の立場から、説明致します。児童手当を受給するためには、以下の要件が必要です。①お子様の保護者の方が日本国内に住んでいること②お子様と生計を同じくしいてること③お子様が15歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にあることこの3つの要件を備え、住所地の市町村長の認定を受けると児童手当が支給されます。毎年 [続きを読む]
  • 一般教育訓練給付金について
  • こんにちは、広島県社会保険指導協会です。今回は、一般教育訓練給付金(中長期的なキャリア形成に資する教育とは異なる一般的な教育訓練に対する給付金、例えば日商簿記2級の講座など )について説明致します。通信教育や予備校など厚生労働大臣が指定した教育訓練を修了した場合には、教育訓練給付金として、原則として教育訓練の受講費の20%金額が教育訓練を受けた従業員に支給されます。この給付金を受給するには、次の要件 [続きを読む]
  • 産前産後の休業について
  • こんにちは、広島県社会保険指導協会です。本日は、産前産後の休業について説明致します。使用者は、6週間(多胎妊娠の場合は14週間)以内に出産する予定の女性が休業を請求した場合は、その女性を就業させることはできません。また、労働基準法では、使用者は産後8週間を経過した女性を就業させることはできない、と規定されています。出産予定日より、現実の出産日が遅れることは多分にあります。そこで、現実の出産日以前は産前 [続きを読む]
  • 深夜に労働した場合の賃金は?
  • 労働者が、深夜に労働した場合には、通常の労働時間と同じ賃金でいいのでしょうか?本日は、この点について説明致します。労働者が深夜(22時からあさ5時まで)に労働した場合には、通常の労働時間の時給の1.25倍以上となります。ここでの時給は、時給制の労働者の場合は、通常に賃金計算の時給となります。月給制の労働者の場合には、次のように時給を計算致します。1月の所定の給与÷1月の所定労働時間=時給。では、例えば、22 [続きを読む]
  • 賃金はどのように決めたらよいでしょうか?
  • 法律上、賃金額の上限はありません。下限については、最低賃金法により定められています。最低賃金には地域別最低賃金と特定最低賃金があります。地域別最低賃金とは、国が地域ごとに決定した最低賃金をいいます。特定最低賃金とは、一定の事業又は職業の使用者又は労働者の代表する者と国で決定した最低賃金をいいます。時給制で働く方の最低賃金は確認しやすいですが、最低賃金は月給制の方にも適用されます。例えば、月給が13万 [続きを読む]
  • パートタイマーでも有休はとれるの?
  • 一般に、正社員なら、雇入れから6ヶ月間に8割以上出勤すれば、10日間の有給休暇が付与されます。その後、1年で11日、2年で12日、3年で14日、4年で16日、5年で18日、6年で20日と発生します(労働基準法39条)。では、短時間のパートタイマーでも有給休暇は発生するのでしょうか。社員と同じ日数ではありませんが、発生します(労働基準法39条3項、労働基準法施行規則24条の3)。パートタイマーの有休日数は次のように計算できます。 [続きを読む]
  • 雇用保険料の労働者負担分について
  • 今回は、雇用保険料の労働者負担分について説明致します。雇用保険料は、事業主様と労働者たる従業員様の両方で負担することになっています。事業主様から、次のような質問がよくあります。①いつの賃金から労働者負担分を控除するのか、②雇用保険を計算する為の賃金には 通勤手当や残業手当は含まれまるのか、本日はこの2点を説明致します。①いつの賃金から本人負担分を控除するのかという点ですが、雇用保険に入られた月か [続きを読む]
  • 「代休」と「休日の振替」について
  • 今回は「代休」と「休日の振替」について説明します。代休は休日に出勤して事後に出勤日に取る休みのことをいいます。休日の振替は予め出勤日を休日として休み、休日を出勤日として出勤することをいいます。 どちらも同じに思われるかもしれませんが労働基準法では取り扱いが異なります。まず第一に取得の仕方が違います。代休は休日に出勤して、後に出勤日を休日にします。休日の振替は、事前に出勤日を休日にして休み、休日を出 [続きを読む]
  • 労働者と使用者の定義について
  • 本日は、労働者と使用者の定義について説明致します。労働者の定義とはどのようなものでしょうか。労働者とは、職業の種類を問わず、事業に使用される者で、賃金を支払われる者をいいます(労働基準法9条))。労働者でなければ、労災保険法の適用労働者にはなれません。つまり、業務上、通勤上の負傷、疾病、障害又は死亡に対して必要な給付を、原則として、受けることが出来なくなります。具体的な労働者の要件としては①使用 [続きを読む]
  • ブログ始めました!
  • はじめまして。広島県社会保険指導協会です。今後、我々の仕事についてや、仕事に関係する労務、労働保険、社会保険についての知識を掲載してまいります。どうぞ、宜しくお願い致します!ブログ村ランキングに参加中です。 にご協力をお願いします。↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • 過去の記事 …