あしとん さん プロフィール

  •  
あしとんさん: マンションを買って良かったと思えるように
ハンドル名あしとん さん
ブログタイトルマンションを買って良かったと思えるように
ブログURLhttp://02fc2blog0002.blog.fc2.com/
サイト紹介文ビジネスハラスメントをなくそう。住まいはビジネス感覚では心地良くない。
自由文動物嫌いが猫を飼い始めました。お金を極力かけないダイエット方法を模索中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供373回 / 120日(平均21.8回/週) - 参加 2016/11/25 22:03

あしとん さんのブログ記事

  • 4 犬の散歩だ、どうだ、可愛いだろう!?
  • 犬が好きな方は少し傲慢かもしれません。動物が嫌いな人に対する配慮がない。みんな自分の犬をかわいいと思っている。だから、お犬様になってしまうのかもしれません。歩道を我が物顔で、堂々と、「犬の散歩だ、どうだ、可愛いだろう。」と、真ん中を誰にも譲らずに歩いている。ひどい人は糞も取らない。オシッコしても、そのまま。知らん顔。ショッピングセンターでも同じ。動物嫌いな方への配慮なんてない。「どう、うちのワンち [続きを読む]
  • 高齢化はチャンスです
  • 高齢化のすべてが悪いことのように報じられています。マンション管理に関しては「高齢化はチャンス」です。ただし、高齢化を上手に活用できるマンションとするにはコツが入ります。高齢化による問題に触れてきた経験値が必要です。ニュースで観た程度の知識でマンション管理を捉えたら上手く行きません。マンション管理は理屈ではなく、対人の管理だということをどれだけ体験してきたかで決まります。高齢化を嘆くより、高齢化を活 [続きを読む]
  • 事前に受け入れ準備が大切
  • 初めてペットを飼う場合、衝動買いも結構多いのではないかと思います。私がその衝動買いでした。なので、買ってしまってから、慌ててケージや餌やトイレを購入しました。どれが良いとか、そのあたりは全く勉強しなかった。猫の性格ばかり、勉強してました。その先も大切です。ケージは安いので良いと思い、間違えて犬用の屋根なしを購入。あとで慌てて屋根を作りました。猫のケージは最低2階建てが良いことを後で知りました。 [続きを読む]
  • ペットショップでお見合いは大切
  • ペットショップでは購入を検討するときに触らせてくれる。そのときの感覚は大切だった。しかし、私はそこに気が付かなかった。私は猫を触ったことがないので、当然無理。なので、妻が抱えた。そのとき、他の猫と違って、抱っこしてからすぐに逃げ回っていた。それを単に元気なんだなと思ってしまった。実は人に触られるのが大嫌い。抱っこされるのも大嫌い。そこに気付いていれば買わなかったと思う。今思えば、気が付かなくてよか [続きを読む]
  • 猫に一目ぼれ
  • 一件別のペットショップに立ち寄ってから、激安ショップに行った。お目当ての仔猫はいたけど、若い女性がずっと見つめていて近づくことができない。少し待ったけど、動く気配はない。別のショップに行くことにした。その後、昼ご飯を食べてから、激安ショップに戻った。もう、若い女性はいなかった。今度は近くで見ることができる。おとなしそうに、頼りなげにうつむいていた。一目ぼれしてしまった。激安価格なので、保険を手厚く [続きを読む]
  • 安いペットショップは危険なの!?
  • マンチカンが欲しい。けど、簡単に買えるような値段ではない。ネットでは安いペットショップの猫は先天性の病気を持っていたり、すぐに病気になったりすることがあると書いてある。だけど、必死で探したら、激安のペットショップのチェーン店を見つけた。悩んだけど、そこに行くことにした。病気になることも覚悟して、保険に入っておこうとか考えながら。 [続きを読む]
  • 猫の下調べ
  • 猫の本を数冊読みました。初めて飼うにはどの猫がよいのか。娘はマンチカンがいいと言っている。妻の家ではアメショーが2匹いました。私はちょっと柄が苦手なので、できればアメショーは外したいといいました。マンチカンはスコティッシュと一緒で病気になりやすいとか書いてあります。悩みました。結果、陽気で比較的飼いやすく、お留守番が出来ると書いてあったマンチカンにしました。しかし、値段が高い。あちこちのペットショ [続きを読む]
  • ペットショップは悪いのかな
  • 猫を買うことにして、ネットで調べていると。ペットショップで買うことを批判している投稿やペットショップは罪悪で里親や拾ってきたことを自慢する投稿がやたら多い。確かに金儲けだけの悪徳業者はいるのかもしれない。しかし、それはどの業界にもいる。ショーケースに並んでいて価格がついていることを非難している。でも、その場所がキッカケで幸せに暮らしている犬や猫もたくさんいる。反対に無責任に拾ったり、もらったりした [続きを読む]
  • 譲ってもらうのを諦めて
  • 誰か譲ってもらうのを諦めてからはペットコーナーに顔を出した。猫を飼うと決めたものの、少し犬にも未練があった。しかし、なんとなく、見に行ったペットコーナーで、猫をショーケースに複数入れているのを目撃。じゃれ合っている仔猫に心を奪われた。猫が欲しい。正直、人生で初めて本気で猫を飼いたいと思った。あとは、種類とお値段の問題。 [続きを読む]
  • 里親募集カフェに行ったけど
  • 最初は猫を買うつもりはなかった。娘の友達が仔猫を譲るという話があったから。しかし、決断が遅く、2ヶ月前の話で、もういないそう。次はネットで募集している里親を検索して調べた。だけど、全く知らない人からもらうことに不安を感じて断念した。次が里親募集カフェ。しかし、入ったとたんの犬臭と猫のオシッコの臭いに圧倒され、5分も持たずに店を出た。衛生面で、もう少し気を利かせて欲しかった。平気で室内のカフェで食事し [続きを読む]
  • さあ、飼うぞ
  • 生活の不一致について考えることをしないまま、ペットを飼うことにした。犬か猫かの問題は自然と解決した。一つは経済的にトリミングやシャンプーまで負担するのはきついから。もう一つは、それぞれに仕事や学校があるし、面倒くさがりな性格な家族なので、犬の散歩は無理だという結論になった。妻は犬も猫も飼っていたので、家の家具や建具を破壊されるのも困るという。噛んだり、掘ったりで、元気な犬だと大変になるらしい。そし [続きを読む]
  • ペットを飼う覚悟は結婚と同じ!?
  • 経済力も重要なことの一つだけれど。一番大変なのは性格の不一致。これはペットと人間にもあるんだということを飼ってから思い知らされた。それでも、飼った以上は捨てることはできない。どんなに性格が不一致でも、引き取り手がいない以上は最後まで飼うのが責任だと思う。動物は好きで飼い主のところに来たわけではないし。自分の想像していたペットとの生活が思い通りにいくとは限らないことを、飼う前に知るキッカケを作るべき [続きを読む]
  • ペットを飼う覚悟はお金!?
  • ペットを飼うには覚悟がいることを再確認した。人間の治療費以上に高額な医療費。保険に入るとしても月数千円掛かる。餌代に排泄物用のシートなど。子供も大きくなったし、最悪自分が我慢すればカバーできるかなと思った。猫はそうでもないけど、犬はトリミングなどの費用も掛かるらしい。しかし、ペットを飼う覚悟はお金だけではないことを飼ってから知った。 [続きを読む]
  • 犬か猫か!?
  • ペットを飼うことを決めたのはいいのですが、犬がいいかなと思う私と娘。猫がいいという妻と息子。2匹飼うほどの余裕はない。とりあえず、ペットショップを見ることに。どっちも可愛い。決められない。 [続きを読む]
  • 4 ペットで漏水の危険
  • 上の階から水が漏れてくると連絡があり、伺ってみると。上階の洋室から下階の洋室に水が漏れていました。垂れてくる水を触ってみると臭いはしない。洋室の周りに配管は通っていない構造です。しかし、水の色は黄色く見える。上階に連絡して、「洋室に水槽を置いてますか?」「置いてます。」上階の方が帰宅すると、ワンちゃんが水槽をひっくり返したらしい。どうやって?いずれにしろ、水槽の水が垂れてきたということ。保険で下の [続きを読む]
  • 3 バルコニーへの侵入者は意外な生き物
  • 意外なペットトラブルがあります。私も経験がありますが、バルコニーの隔て板(パーテーション)の隙間から、亀が入り込んできて大騒ぎでした。動物が嫌いな私は新聞紙で隣のバルコニーへ押し戻しました。ほかには猫、ハムスターなどが侵入してきます。侵入されたくないからといって、周りをふさぐこともできません。隔て板はいざというときに破って隣のバルコニーに避難するためのものです。隣に避難できなくなったら、いざという [続きを読む]
  • 2 におう猫屋敷
  • ペットトラブルで2番目に多いのは猫屋敷です。のらネコちゃんに餌を与える住民が問題を引き起こします。確かにのらネコ問題は人間が悪いので、難しい問題です。しかし、マンション内や隣接地で餌だけをあげるのはどうかと思います。猫のオシッコは臭いです。トイレのお世話もしてあげてほしいです。そうでなければ、餌をあげて喜んでいるだけで、飼うことはしない。ずるい人、無責任な人と言われても仕方ない気がします。マンショ [続きを読む]
  • 1 ペットトラブルの主役はお犬様
  • ペット飼育でのトラブルの主役はお犬様です。鳴き声、足音、抜け毛、臭い、オシッコ、排便、散歩。トラブルになる要素がたくさんあります。犬をマンションで飼うのであれば、上記のことを留意しなければトラブルになるということです。ワンちゃんは可愛いのですが、お犬様にしてしまう飼育者が問題です。 [続きを読む]
  • 20 お互いに防音で平穏を・生活音のトラブル対策(11)
  • 音を出している側が防音すべきですが、音が気になる側も防音することで自分を守ることも必要だと思います。壁や天井に防音材を使用して対策を取ることをお勧めします。特に音で悩んでいる側の方は、音がしない安心できる部屋を一つ確保するだけでも違うのではないでしょうか。そのほかの防音というと、床があります。こちらは販売当初にどのような防音対策となっているかを確認することから始まります。また、リフォームの際は特に [続きを読む]
  • 自分を変えたいと思ったら動物だった
  • 子供たちが大きくなってから、また、犬や猫を飼いたいと言うようになった。妻も猫の本を買って読んでいる。大きくなった子供だけど、どうしても子供が気になる。子離れが難しい。それも変えたいし、自分も変えたい。その結果が動物を飼うだった。動物に愛情を注げば、子供にはそんなに干渉しなくなるだろうと。 [続きを読む]
  • 犬臭のする人、猫は化け猫
  • 私は神経質で動物が嫌いでした。だから、犬や猫を飼いたいと、ずっと前から子供や妻に言われても。断固拒否していました。電車に乗っていると、犬臭のする方がいて犬は臭いというイメージがある。かなり強烈な臭いがするのに気が付かないのかなと不思議です。また、猫屋敷を知っていて、そこを通ると凄い悪臭がするので猫も臭いイメージがある。また、猫は化け猫なんていう言葉があるので怖い。夜、目が光っているのも怖い。だから [続きを読む]
  • 19 話し合いは果し合い・生活音のトラブル対策(10)
  • 音の問題でトラブルになって、理事会立ち合いで話し合っても解決は難しいです。というか、悪化することのほうが多いのかもしれません。話し合いというよりは果し合いになっているように思います。第三者がその場にいることで、お互いに譲れない状況を作ってしまうからなのかもしれません。私の知る限りでは、理事会や管理会社で話し合いの場を設けて解決したケースはありません。いずれも引っ越すこととなったり、建物への強い疑念 [続きを読む]
  • 18 ママが注意してくれたなら・生活音のトラブル対策(9)
  • お子さんの足音や騒ぐ声。お子さんが許せないのではないんだと思います。本気で止めさせようとしない親が許せないのだと思います。そういう親がいるという話で全体の話ではありません。そういう周りに配慮ができない親に対して不満が募ってしまう。注意している姿や声を聞けば、「子育ては大変だなぁ、注意してくれているんだ」と普通は思ってくれます。子育てイコールみんなの理解ではないと思います。相手への配慮が見えなければ [続きを読む]
  • 17 最後の手段・生活音のトラブル対策(8)
  • 音を出している側が納得いかない場合。音に悩んでいる側として解決したい場合。どちらかが意を決して訴訟へと進めば必ず結論が出ます。訴訟費用は掛かりますが、結論が出るという意味ではスッキリするかもしれないです。裁判前に測定器を借りるなり購入するなりして計測したり、証拠集めが必要になります。ただ、数値だけではなく色々な角度から検証され判決が出ます。受忍限度を超えてるのに、改善努力を怠れば、生活音を出してい [続きを読む]