mizuki さん プロフィール

  •  
mizukiさん: サプリマニアのブログ
ハンドル名mizuki さん
ブログタイトルサプリマニアのブログ
ブログURLhttp://supply-mania.sblo.jp/
サイト紹介文健康になりたくてサプリを採るのか。サプリを採りたくて不健康になるのか。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 258日(平均0.6回/週) - 参加 2016/11/26 04:15

mizuki さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 男性こそ使いたい女性向けサプリ
  • 世の中のサプリメント、コスメグッズは「女性向け」が大半です。男性向けというと精力剤ばかりなのですが、男性こそ使うべきの女性向けサプリも多数あるんです。まずは絶対定番の「ハイチオールC」「ハイチオールCホワイティア」(エスエス製薬)です。鈴木京香さんのCMを見て分かる通り、完全に女性向けの美白サプリです。ところが、このハイチオールCは二日酔いを抑えるとして話題になり、Googleで「ハイチオールC」と入れると「 [続きを読む]
  • 根菜こそが元気の源
  • ・朝鮮人参・マカ・クラチャイダム(ブラックジンジャー)・生姜・らっきょう・ニンニクこれらすべて「根菜」です。パワーの源となりそうな物ばかりですね。日頃のサプリメントもよいですが、味噌汁が選べるときには根菜が入った豚汁にする、居酒屋のおつまみには根菜類の煮物を頼む等、ちょっとした事でベースとなる精力増進が期待できます。 [続きを読む]
  • ビタミンBで精力と免疫力
  • 精力アップを考えていると、どうしても高級なサプリ、高いサプリ程効果がありそうに思えてしまいますが、ビタミン類、ミネラル類は安くてもしっかり効果があります。特にビタミンBは2、3日飲み続けていると、男性でも肌の変化に気づく筈です。この季節であれば、髭剃り負けしづらいとか、肌がかさつかないといった効果を実感できると思います。さらにビタミンBは免疫力のバランスも整えますので、風邪の他、下手な物をもらわない様 [続きを読む]
  • 忘れがちなビタミン
  • 山と食欲と私の3巻、オリジナルトレイルミックスを見て改めて気づきました。「ビタミン・ミネラルがなければ、どれだけ糖質・タンパク質をとっても無駄」基本中の基本ですが、どうしても新しい成分に目が言って基本を忘れてしまいがち。マルチビタミン&ミネラルはベースサプリメントとして忘れずに。 [続きを読む]
  • マカ 副作用
  • マカは長年の歴史があります(アンデス地方で4000年と言われています)、また近年では欧米を中心にスーパーフードのレシピとしても広く紹介され、多くのサプリメーカーが研究開発を行っています。これらに裏打ちされた「安全性」の高い食品ですが、ごく軽い副作用が確認されています。・腹痛・お腹の張り・下痢・痛風・喘息の人に対し、呼吸が悪化する可能性・血圧を下げる特定の薬物との相互作用、特定の心臓薬との相互作用特に腹 [続きを読む]
  • セロトニン サプリメント
  • 幸せホルモンとも呼ばれる「セロトニン」。うつうつとした気分の時にはサプリメントに頼りたくなりますよね。セロトニンの95%は腸内で生成され、残りの5%を脳で生成されています。サプリメントで摂取してしまいたいのですが、残念ながらセロトニンそのものを摂取したり、腸内で合成されたセロトニンは、脳にたどり着く事はありません。サプリメントでの直接摂取ではなく、セロトニンの生成を促す食事、サプリメント、運動等を行う [続きを読む]
  • マカ パウダー
  • 海外のサプリメントはどうした事か「パウダー」が多い。マカパウダー、クラチャイダムパウダー、コラーゲンパウダー・・・粉薬のように飲むのかと思ったらそうではなく、ヨーグルトやらスムージーやらにとまぜて「オリジナルスーパーフード」を作るのがブームらしい。クコの実を乗せるとかはわかるんだけど、マカパウダーかけておいしいのかしら。うううん。ヨーグルトはヨーグルト。サプリはタブレットで飲めばいいんじゃないかな [続きを読む]
  • サプリメント 男性ホルモン
  • 男性ホルモンを増やすサプリメントは各種ありますが、「そんなに悠長な事を言っていられない」という人もいます。とはいえ、注射によるホルモン療法はやり過ぎだろうという方にお勧めなのが、男性ホルモンの塗り薬です。サプリメントは当然時間がかかりますし、飲み薬は血液に回る前に分解されてしまう量が多い為、軟膏タイミングが相対的には「少ない量」で済むようです。大東製薬(→公式サイト)は、男性ホルモン「グローミン」 [続きを読む]
  • セックスレス 対策
  • 増えるセックスレス避妊具メーカーのJEXが実施した、20代〜60代の男女約5000人を対象にしたアンケートによると、1か月間のセックス回数「0回」のが、男性30.8%,女性34.0%に登る事がわかりました。実に全体の3割がセックスレスとという状態です。また、これに合わせるかのように離婚率も増えており、もはや日本のカップの3組に1組は離婚するという状態です。そして、離婚申し立て理由の上位には常に「異性関係」「異常性欲」がラ [続きを読む]
  • 二日酔い サプリ
  • 二日酔いを防止するサプリメントは「シジミ」「肝臓水解物」等百花繚乱ですが、とっても地味でオススメなのが「ハイチオールC」です。ハイチオールCは昔ながらのビタミンCのサプリメント+「L−システイン」が含まれています。一般的にLシステインは美肌効果等が話題になるので、ハイチオールC=女性向けの美肌サプリというイメージの場合もあるかもしれません。ところが、このビタミンC+Lシステインの組み合わせは、アルコールや [続きを読む]
  • 生姜 効果
  • 生姜(ショウガ)は食事にも、漢方にも、あまりにも一般的に使われていますし、スタミナアップや体を温める効果等はもはや説明は不要かと思います。また、日本で一般的に流通する生姜以外にも、黒生姜(ブラックジンジャー・クラチャイダム:東南アジア産)等も注目を集めています。細かい効果を書き出すと本が一冊出来てしまう程ですが、生姜がもてはやされる理由を列挙してみたいと思います。数々の健康食材やサプリメントが出て [続きを読む]
  • 鹿茸 効果
  • 鹿茸(ロクジョウ)は、読んで字のごとく鹿のツノを材料にした漢方です。特に、若い鹿が好んで使用されるようです。もともとは漢方で使われていた成分ですが、今では一般医薬品「第3類」となっています。(この為か、過去には鹿のツノを配合していたサプリメントが、トナカイのツノに切り替えている場合があるようです)鹿茸の効果を表すもっとも端的な方法は、「NFLの禁止薬物に指定されている」と言えば、その効果が伝わるで [続きを読む]
  • 高麗人参(朝鮮人参) 効果
  • 漢方薬の素材「高麗人参(朝鮮人参)」は、漢方の中でもメジャーな存在です。高麗人参だけ薬のようにして飲んだり、お茶にしたり、また他の「補中益気湯」のような調合漢方のレシピとして使われる事もあります。<成分・特徴>・ビタミン、ミネラル、アミノ酸が豊富・男性ホルモン(テストステロン)の分泌を促し、さらに男性ホルモンと似た働きもする。<効果>・虚弱体質の改善・肉体疲労の回復、食欲不振の改善・胃腸障害の改善 [続きを読む]
  • アミノ酸 効果
  • アミノ酸(リジンのような必須アミノ酸や、アルギニンのような非必須アミノ酸)はどのような効果があるのでしょうか。アミノ酸の効果を示す「セイウンスカイ」の象徴的なエピソードがあります。セイウンスカイは、競馬のG1レース皐月賞・菊花賞を制覇した有名なサラブレッドです。競走馬の世界では「8割は血統で決まる」という常識があります。競馬に興味の無い方でも、ニュースで「○○の血を引く・・・」といったフレーズや、「 [続きを読む]
  • エビオス 効果
  • エビオスはアサヒビールの「ビール酵母」を中心としたサプリメントです。ビール酵母はアルコール発酵の過程で利用されている酵母=微生物の一種です。アミノ酸やビタミンB、ミネラル、食物繊維等をバランスよく含んでいる事から栄養補給、滋養強壮に利用されています。特に、ビール酵母の細胞壁には食物繊維成分が多く含まれ、これにより整腸作用をが期待されます。また、免疫力を高めるβグルカンや、コレステロール値の低下作用 [続きを読む]
  • トンカットアリ 効果
  • トンカットアリはマレーシア等で親しまれているハーブです。マレーシアの民間療法では、男性の強壮、不妊症、勃起障害に使われています。また、動物を用いた基礎研究では精子機能改善作用や、催淫作用も報告されています。民間療法で長く親しまれており、それ自体の安全性は比較的高いと考えられますが、生産体制が整っておらず、品質のバラつきがあるようです。また、一部製品が重金属汚染されていた事例があり、信頼できるメーカ [続きを読む]
  • ダイエットサプリ 漢方
  • 漢方では、太り過ぎの原因を「固太り」「水太り」の2タイプに分類しています。・固太り(男性に多いタイプ) 便秘がち、月経異常、肩こり等の症状。 血色がよく体力はある。筋肉質。 大食い。脂っこい物が好き。・水太り(女性に多いタイプ) 冷え性。疲れやすい。むくみ。胃腸が弱い。色白。 新陳代謝が悪くリバウンドしやすい。・固太りタイプの人には、大根、ごほう、きのこ、わかめ等、体内の老廃物を排出し、血液の循環 [続きを読む]
  • サプリメント 高麗人参
  • 高麗人参(朝鮮人参)は、ウコギ科の植物で、和名はオタネジンジンと呼ばれます。漢方薬として、中国医学で古くから使われています。中国の民間療法では、さまざまな用途で使われています。・肉体疲労の回復、病中病後の体力の回復、虚弱体質の改善・不妊症・勃起障害・胃腸障害・冷え性改善・抗ストレス作用成分として「サポニン配糖体」(ジンセノサイド)が血流促進や、抗炎症、抗酸化作用があるといわれています。また、それだ [続きを読む]
  • 不妊 生理不順
  • 一般的な整理周期は28日ですが、前後7日程度(21〜35日程度)は許容範囲です。これを超えて不規則な場合や、何か月も生理が無いような場合は生理不順です。ストレスの解消、食生活の改善が重要ですが、その中でも特に血液の不足、胃腸の弱りへの対策が必要です。それぞれの症状にあわせた食事で上手に対策しましょう。◆周期が不安定、ストレス、イライラ、PMSが出る場合シソ、セロリ、蕎麦、マイカイカ(漢方)、ジャスミン◆周期 [続きを読む]
  • 亜鉛 効果
  • 亜鉛は必須のミネラルです。体内におおよそ2グラム前後存在しています。亜鉛はタンパク質(肉等)を分解する為に重要な役割を果たしています。また、不足すると味がわからない「味覚障害」等を引き起こしますが・・・男性にとってはそれ以上に重要な機能を持っています。・テストステロン(男性ホルモン)の代謝に不可欠の栄養素です・精液/精子の中に大量に含まれますつまり、行為におよぶ為にも必要ですし、行為によって大きく [続きを読む]
  • 精力アップ 食事
  • 精力アップには各種アミノ酸やビタミン、ミネラル等をバランスよくとる必要がありますが、その中でもマカ、クラチャイダム等で話題となっている「アルギニン」に注目します。100gあたりのアルギニン含有量大豆 2700mgマグロ 1300mg和牛 1200mg卵黄 1200mgうなぎ 1100mgにんにく 970mg(出展:日本食品標準成分表準拠アミノ酸成分表)やはり、日々「精力がつく」と思っている物は、アルギニンの量も豊富です。そうはいっても、毎日 [続きを読む]
  • 過去の記事 …