児玉将治税理士事務所 さん プロフィール

  •  
児玉将治税理士事務所さん: 児玉将治税理士事務所 公式ブログ
ハンドル名児玉将治税理士事務所 さん
ブログタイトル児玉将治税理士事務所 公式ブログ
ブログURLhttp://mktax.blog.fc2.com/
サイト紹介文岐阜県岐阜市の税理士事務所です
自由文公式サイトはこちら
http://mk-tax.jp
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 258日(平均1.1回/週) - 参加 2016/11/26 22:17

児玉将治税理士事務所 さんのブログ記事

  • 「道をひらく」の書評
  • 松下幸之助の著書「道をひらく」は発行以来500万部を超える、ビジネス書としては世界に名だたるベストセラーです。昭和の大経営者松下幸之助氏がその人生において感じたこと、学んだことを後世に伝えるためにわかりやすく記したビジネスマンにとってのバイブルといってもよいでしょう。松下幸之助氏の教えがいつの時代も尊ばれる理由がいくつかあります。まず最初に何といっても時代を超えても変わってはならない「普遍的な考え [続きを読む]
  • 税法改正と税理士
  • 納税に関する手続きを行っている方々は、知らず知らずの内に手違いを起こしている事があります。それで後で面倒な事態になってしまうケースも、たまにあります。 例えば帳簿付けに関する新ルールです。2014年1月より、白色申告者についても帳簿を記録するという法改正が行われています。それで多くの個人の方々は、その事実を知りません。記録付けという事実を知らない事により、全く記録していない方もたまに見られます。 それと [続きを読む]
  • 「個人事業の帳簿のつけ方 節税のしかた」平石共子 著の書評
  • 今回ご紹介する書籍は「個人事業の帳簿のつけ方 節税のしかた」です。著者は現役の税理士で平石共子さんです。初版本は2005年7月1日ですが、実に21刷と重版を重ねている個人事業主向けの税金・確定申告関連本です。その重版歴からも広い読者層に長らく読み継がれている人気の本であることがうかがいしれますが、私自身この本を初めて手に入れて読んでみたことで、新たな気づきや今まで分からなかったことが明瞭になったことがいく [続きを読む]
  • 経費判断は難しい
  • 会社経営者は、しばしば納税額の軽減を考えています。税金が高すぎるので、何とかそれを少なくしたいと思う事例も多いです。 そういった時は、経費で落とすという選択肢もあります。そもそも所得金額は、引き算によって計算する事になるのです。年間の売り上げ数字が3,000万でも、必要経費が2,500万だった時には、所得は500万になるでしょう。所得が少なくなれば、当然納税額も低くなってきます。 ところで経費で節約するとなると [続きを読む]
  • 起業と税理士
  • 会社経営を始めたばかりの方々には、様々なハードルが立ちはだかることがあります。開業資金などもそうですが、税金に関する問題も軽視できません。 そもそも会社経営を始めたとなると、納税手続きも必要になってきます。脱サラをした方々などは、この納税手続きで困惑してしまう事も多いです。サラリーマン時代と違って、税金に関する事柄を色々勉強する必要があるからです。 それで会社経営をスタートしたばかりの時期は、とにか [続きを読む]
  • 税務手続きと税理士
  • 多くの会社は、税理士と顧問契約をしています。たとえ費用を支払ってでも、税理士と提携する方が望ましいと考える法人も多いです。理由は色々ありますが、例えば税務調査です。 そもそも税金に関する申告作業は、一応は自分自身で行う事も可能です。お金の動きがそれほど複雑でない法人などは、自力で行うケースも珍しくないです。 ところが、稀にミスが発生してしまう事もあるのです。毎年のように行われる様々な法改正などに伴い [続きを読む]
  • 「MFクラウド確定申告」について
  • 経理の仕事をしていると確定申告のたびに入力の手間に思いやられることが多いです。企業に在籍して、そんな思いの担当の方にオススメなのが「MFクラウド確定申告」です。MFクラウド確定申告は銀行口座やカードを登録すれば、全て自動で取引明細を取得してくれるので、神経をすり減らして手入力する手間が省け、必ずある入力ミスがなくなります。そして面倒であった仕訳の必要な取引明細は、勘定科目が自動提案されるので手間も省け [続きを読む]
  • 「個人事業の始め方」中野 裕哲 著の書評
  • 今回おすすめする書籍は「個人事業の始め方〜開業、運営、経理、税金まで全てわかる」という個人事業者向けの指南書です。個人事業者向けの本なので当然税金や確定申告関連も盛り込まれています。著者は「中野裕哲(なかのひろあき)」さんと言う方で起業支援サイトを運営されている会社の代表です。この本は書店巡りをするとあちこちで見つけるので、結構繰り返し読者に読まれている本と推測しています。2ページ単位、見開きで1テー [続きを読む]
  • 帳簿付けは税理士にお任せください
  • 会社を経営する方々は、たまに税金の記録付けに関する問題を抱えています。記録データが膨大になってしまうケースも多々あるのです。 そもそも納税手続きを行う時には、原則として帳簿付けが必要になります。これは例外はありません。たとえ個人事業の方々でも、事業を行っている以上は、必ず帳簿の記録をする必要があるのです。 それで問題は、お金のやり取りに関わるデータが非常に多い時です。そもそも売掛金に関するデータも、 [続きを読む]
  • 経営数値を把握しよう
  • 会社経営を行っている方々の中には税務署を恐れている方もいらっしゃいます。やり手の社長でも、税務署を恐れるケースがしばしばあるのです。 というのも税務署では、たまにお尋ねを出す事がありますし、何らかの疑いなどがある時には、時に強制調査になる事もあります。 例えば、数字データが明らかにおかしな時です。売り上げはそれほど高くないにもかかわらず、必要経費が莫大な数字になっている時には、若干の不自然さが感じら [続きを読む]
  • 費用orリスク
  • 実は、税金に関わる手続きを全て自力で行う事は可能です。税務に関する知識などは求められますが、正確な知識を覚えておけば、納税手続きも全て自力で実行する事自体はできます。 ところが、間違いに関するリスクがあるのです。様々な計算ミスなどに関するリスクもあります。 また制度自体のリスクが曖昧なケースも、しばしば見られます。自分では正確な知識を覚えていたつもりでも、様々な見落としがあって、結局は必要以上に税金 [続きを読む]
  • 税理士選びのポイント
  • 税務に関する手続きを行う場合、任せる相手がポイントになってくる事が多々あります。信頼できるか否かが、大切なポイントになるからです。 税金に関する手続きとなると、多くの法人が税理士に任せる傾向があります。しかし、どの税理士でも良いという訳ではありません。それぞれ特徴が異なるからです。自分にとって最適な税理士を選ぶ事はとても大切です。 例えば得意分野に関する問題もあります。そもそも税理士は、それぞれ得意 [続きを読む]
  • 節税するなら税理士が必要!?
  • 税金に関する手続きを経験してくると、節税を検討するようになります。なぜなら、税金がかなり高くなるケースもあるからです。収入などにも左右されますが、税金はそれなりに高くなってしまい、時には驚愕する方々も見られます。それで税金が高いとなると、やはり人々は節税を検討するケースが多いのです。脱税は良い事ではありませんが、節税は大いに行う方が良いとの意見も多く見られます。それゆえに会社経営者は節税を行うので [続きを読む]
  • 確定申告あれこれ 平成28年度分からの確定申告について
  • 確定申告について、副業をしても経費や控除を国税庁の「確定申告書作成コーナー」で作成し、数字を打ち込んで所得が発生しない、または「あなたの納税額は0円です」と表示されれば申告する必要はありません。ただし、副業を専業にしていて、年間所得が収入から経費を差し引き、さらにそこから残額が発生すれば確定申告をして所得を申告する必要があります。国税庁の確定申告関連サイトこれまでは白色申告では帳簿の保存義務はあり [続きを読む]
  • 記帳代行だけで十分?
  • 世間には、代行に関わる様々なサービスがあります。税金に関する代行サービスも幾つか存在するのです。 それで税金の代行となると、多くの方々は税理士をイメージしています。確かにそれは間違いではありませんが、実は記帳代行というサービスもあるのです。 税理士と比べると費用に関するメリットが見られます。税理士に任せた場合は費用がやや高めになるケースも目立ちますが、記帳代行業者の場合は、それなりに費用を抑えられる [続きを読む]
  • 確定申告
  • 確定申告を初めて行う方々は、しばしば困惑しています。様々な計算ミスに関する問題があるからです。そもそも納税手続きでは、総じて正確さが求められます。ミスが発見されると、二度手間になってしまう事が大変多いのです。それで人間の手作業ですから、たまに計算ミスをする事はあるでしょう。それがきっかけで二度手間が発生し、大変な時間を浪費してしまうケースも見られます。それは余り望ましい事ではありません。また手作業 [続きを読む]
  • 「フリーランス&個人事業主のための確定申告」山本 宏 (監修) の書評
  • 技術評論社が出している確定申告関連の専門実用書籍としては、「フリーランス&個人事業主のための確定申告」という本がありますのでご紹介します。人生で初めて確定申告などを行う個人事業主やフリーランス、零細企業事業者などの方には大変うってつけな解説本といえるものかもしれません。青色申告・白色申告の何れにも対応がされているような仕様内容になっており、翌年度以降などにおいて何れかどちらの申告様式に切り替えても [続きを読む]
  • 節税と脱税
  • 税金はなるべく払いたくない。と言うのが多くの方のご意見だと思います。税金は使い道の悪さが沢山有りますので、そう思われるのは仕方ない事だと思います。しかし、税金を減らすためには安易に売り上げの一部抜いたり人件費などの経費を水増したりすると、税務署がやって来ることになるでしょう。あらかた、通帳や源泉徴収簿などを調べられて、修正申告による追加納税をさせられることになります。しかも手口が悪質と取られて、重 [続きを読む]
  • e-Tax
  • 税理士に仕事を依頼する方々には、色々な目的があります。それこそ状況は多彩ですが、e-Taxが目的の方もいらっしゃるかもしれません。e-Taxとは国税に関する各種の手続について、インターネット等を利用して電子的に手続が行えるシステムで、正式名称は国税電子申告・納税システムです。そもそも納税手続きを行うとなると、税務署に直接訪問する事もあるでしょう。ところが人によっては、税務署からかなり距離が離れている事もあり [続きを読む]
  • 税務調査と税理士
  • 「税務調査」とは、納税者が申告した内容を、税務署が帳簿などを確認し、疑わしい部分や誤りについて是正を求めることを言います。例えば、フリーランサーなどの個人事業主が申告した内容に漏れがあった場合、または計算が合わない場合などに、虚偽がないかなどを調査します。調査した結果次第にはなりますが、納税者と税務調査官の間で誤りについての議論を行い、お互いの解釈をすり合わせ、少しずつ核心に迫るといった一連の流れ [続きを読む]
  • セルフメディケーション税制
  • 今年から新たに創設された「セルフメディケーション税制」について説明します。これは医療費控除の“特例”のようなもののため、通常の医療費控除orセルフメディケーション税制のどちらか1つのみ選択適用できます。医療費控除とは1年間に支払った医療費(診察代、薬代など)が10万円を超えた場合に、その超えた部分について所得から差し引くことができるものです。それに対して、セルフメディケーション税制とは、1年間に支払った [続きを読む]