lee さん プロフィール

  •  
leeさん: 2023年中学受験、無分別が虎口前の肝要なり
ハンドル名lee さん
ブログタイトル2023年中学受験、無分別が虎口前の肝要なり
ブログURLhttps://ameblo.jp/lee3287254/
サイト紹介文働く母/お受験/私立小学校/中学校受験/中受/家庭学習/スマイルゼミ/ピアノ/DWE/モンテッソーリ
自由文ワーママ白書です。小学校受験を終え、急に手持ちぶさたになったプライベートをどのように過ごせば良いのか・・・。一人息子は、2023年中学受験予定です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 272日(平均2.3回/週) - 参加 2016/11/27 00:52

lee さんのブログ記事

  • 手作りDIY教具★FLAG・MAP
  • モンテッソーリ教育について調べていたら、“地図上に国旗を立てていく”教具があることを知りました。 モンテッソーリ地理材料 - 旗スタンド、世界地図と36国旗 Amazon うちの息子は、“色”に対する興味が強く、昔から国旗の図鑑を眺めて興奮していました。国旗をデザインとして楽しむという感じですので、その国旗がどの国のもので、その国が世界のどの辺りに位置しているのか、そこまで覚えてはいないと思います。 だけど、 [続きを読む]
  • “市販の教材”と”塾用教材”そして“通塾”を考える
  • ワタクシ、趣味が本屋で息子用の教材を見漁ることなのですが、最近、市販されない“塾用教材”なるものの存在を知りました。ここに言う“塾用教材”とは、出版社が塾用に作った問題集のことで、塾のオリジナル教材は除きます。 言われてみれば当たり前のような気もしますが、大手塾を除き、個人塾がオリジナル教材を使うことは少ないですよね。かといって、書店に並んでいる市販された教材を使うことも少ない。 調べると、出版社 [続きを読む]
  • 皆既日食!アメリカ横断!
  • 今、息子の一番の興味は、8/21にアメリカで見られる皆既日食ですアメリカを横断するように皆既日食が見られるのは、なんと100年ぶりなのだそうです 息子は、リアルタイムでライブ中継を見たいというのだけれど・・・日本時間にすると8/22 AM1:30頃だというので・・・難しいと思います ウェザーニュースが『YouTube Live』でライブ中継を行うようですね。自分のためにも、リンクを貼っておきます weathernew [続きを読む]
  • 実験!河原の石が丸いワケ
  • お盆の期間、息子のサマースクールはお休みでした。そこで主人が息子に合わせて、仕事をお休みしてくれました。(・・・私はどうしても休暇がとれませんでした) 男2人は、毎日、BBQや川遊び、花火をして遊んだようです ある日、息子が河原で石を拾ってきました 事前に『川に行くなら、石の形をよく見てみて』声かけをしたからなのですが、河原で石をよく観察した息子は、『河原に転がる石には角がない』ことを学習してきたようで [続きを読む]
  • 模型を作ろう!
  • 地形の学習で、地形の呼称と定義を学んだ息子の“地理に対する興味”は、まだ続いています。 地形カードと世界地図、日本地図を照査して、嬉しそうにしているのが、とてもほほえましいです そんな息子と、今、地形の模型作りに挑戦しています。 100円均一で、トレイと白色粘土を購入しました。そして息子に粘土で地形を模ってもらいました。 只今乾燥中〜 4〜5日して完全に乾いたら、色づけし、ニスかマニュキアのトップ [続きを読む]
  • 息子の絵日記(小1夏休みの宿題)
  • 我が家では、作文の類いにマインドマップを利用しています学校の授業でもマインドマップをたびたび使うようです。 マインドマップは、一つのテーマを様々な視点から整理すること、連想を広げさせることに長けた有能なツールだと思います私も仕事で思考の整理が必要だと思ったときにはよく使用します。 大人のマインドマップは、幹(テーマ)を整理するとき、あらかじめ分類(サブテーマ)ごとに枝を作ってそれぞれ色づけをした [続きを読む]
  • 地形の学習
  • 私は、『息子のためにモンテッソーリ教育を学ぶ』ということをしてきませんでした。でもそれは、『モンテッソーリ教育』を選択肢として挙げられるだけの知識がなかっただけで、決してモンテッソーリ教育を批判的に捉えているわけではありません。 それどころか、昨年の11月にブログを始めてからは、モンテッソーリ教育にとても魅力を感じています。それは、それだけ周囲にモンテブロガーさんが多く、それだけ魅力的な取り組み( [続きを読む]
  • 辞書引き学習、3か月の軌跡
  • 我が家が辞書引き学習を始めたのは、今年5月の中旬頃でした。学校で辞書引き学習が始まるから・・・どうせなら家庭でも・・・と思ったのが始まりでした。 それから早3か月。息子の“言葉”に対する興味は尽きることなく、辞書はこのような状態になりました。 最近では、分からない言葉があると『まず辞書をひく』。そんな癖がついてきたように思います。 実際のところは、息子の“言葉”に対する興味が尽きないのでは [続きを読む]
  • 買って良かった四字熟語辞典
  • こんにちは!今日は仕事をお休みしましたサマースクールがお盆休みで、息子の預け先がなかったからです息子はベビーシッターを嫌がるので、よほどのことがない限りは、ベビーシッターは利用しません。シッターが来ると、「ココ、見られるんじゃないか」とか「お部屋臭うかしら・・・」といろいろ気疲れするので、私も嫌ですし しかしまぁ、平日に息子とお昼ご飯を食べられるなんて本当に幸せです さて、最近はサイエンスな記事ば [続きを読む]
  • 実験!ペーパークロマトグラフィー!
  • 以前、顕微鏡で印刷物を覗き、色の三原色について学習したことがありました 息子はすっかり忘れていたけど 今度は、ペーパークロマトグラフィーの技術を使って、“色”について学習します クロマトグラフィーとは、『固定相』に定着させた物質を分離する方法。『固定相』の内部を『移動相』が通過するとき、固定相に定着している混合物の分離が見られます。 ペーパークロマトグラフィーとは、紙を媒体としてクロマトグラフィ [続きを読む]
  • 科学のイベントへ!大興奮のプラズマボール
  • 小1息子、科学のイベントに参加してきました息子が大興奮だったのは、このプラズマボール 真ん中の装置で、プラズマを発生させています。 そもそもプラズマって何だ?ということで、帰宅してから息子と一緒にインターネットや図鑑を使って調べ物をしました。 物質は、加熱することで固体液体気体と状態を変化させます。 気体は加熱し続けると、プラズマという状態に変化するのです このことから、プラズマは、物質の4つめの状態 [続きを読む]
  • サーモグラフィーで視覚的に"熱”を捉える
  • 義理の祖母(息子にとっての曾祖母)が倒れました。見舞いのため、また帰省しています8月一杯は入院が必要のようですが、思ったよりも元気だったので、ほっとしています ━━━━━━ 『赤外線サーモグラフィー装置』を体験する機会に恵まれました体験会では、サーモ画像を印刷してもらっただけで、詳しい装置の説明などはなかったので、帰宅してから調べてまとめました  絶対零度以上の温度をもつ物体は、赤外線を放射してい [続きを読む]
  • 天体モビール作りと化石発掘②
  • 3連休に岐阜県の瑞浪市へお出かけしたお話の続きです午前中は、サイエンスワールドを訪れ、午後には、瑞浪化石博物館を訪れました(入館料200円)。 博物館では、実物の化石に手で触れることができました。展示が少なかったのは残念。 でも、博物館に入ってから博物館を後にするまでの間、息子の好奇心が減退しなかったのは、展示が多くなかったからかもしれません。子供にちょうど良い量というのでしょうか。あまりに広く [続きを読む]
  • 天体モビール作りと化石発掘①
  • もう夏休みなのですね〜我が家では、お盆以外の期間、息子をサマースクールに通わせる予定で、お盆以外、通常通り(出発時間も帰宅時間も同じ)の日々を過ごすので、夏休みを実感していませんでした 今年の夏は、サイエンスな夏にしたいと考えています。『暗記ではない、楽しむサイエンス』、こんな余裕のある学習、低学年でなければできないですもんね 自宅での実験のほか、ワークショップを目当てにできる限りおでかけしたいな [続きを読む]
  • 毎年恒例の『中学受験大百科』。
  • 取り寄せました、『中学受験大百科』。ここ数年、毎年購入してます。 合格者の声、不合格者の声、やってよかった対策などが細かに書かれている上、最新の各校の特色(偏差値、昨年度卒業生の進学情報など)も載っているので、重宝してます。 やはり!渋幕が大躍進の年でしたね東大合格者(現浪合計)が78名。開成、筑駒、灘につぎ、全国4位で、麻布に並びました共学になってからの伸びといったら、目を見張るものがありますね。 [続きを読む]
  • スーパーエリート問題集
  • 以前に記事にしたように、我が家の算数学習は、問題集を“スーパーエリート”に絞って進めています スーパーエリートは、低学年向きの教材ながら、中学校受験を視野にいれた問題の出し方がなされていて、解答には、親に向けて「この問題がどのように中学受験と結びつくのか」説明がされているので、一つ一つの問題に納得して取り組むことができます。 今のところ、学校の授業に息子が遅れているとは感じていない(しかし、余裕が [続きを読む]
  • 平均点の低いテスト
  • テスト返しがありました。息子は泣いて帰って来ました 息子の小学校では月に一度、テスト週間があり、単元テストが行われます。 そして、期末毎に期末テスト。それから、模試や検定も団体受験します。 小学生になってから、たくさんの試験を受けたけれど、彼が泣いたのは初めて どうも、カタカナ50音のテストが98点だったらしいのです。 1文字2点で、50音100点満点です。 −2点は、『ツ』のバランスの問題でした。 [続きを読む]
  • おはなしの記憶、お薦めの問題集
  • おはなしの記憶といえば言わずもがな。あらゆる因子から能力を量られるお受験において、記憶力、常識(季節感など)、数の操作(四則計算、暗算)、想像力、理解力、集中力他にもいろいろ・・・たくさんの能力を一度に量れるおはなしの記憶は、どの小学校の受験問題にも、必ず1題は出ると言って過言でないくらい頻出課題となっています。 先日(といっても、ずいぶん前なのです)、おはなしの記憶について、コメントを頂戴しま [続きを読む]
  • 選挙教育
  • 東京都議会選の報道を受けて、小1息子の好奇心がウズウズ主人と私がニュースを見ながら話していたら、間を割って話に入ってきました 「ねぇ、政党って何」「(都民)ファーストってどういうこと」「過半数ってどういう意味?」「過半数以上だと何か良いことあるの」 質問攻めでございます。 我が家では、家庭教育の方針の一つに『選挙教育』掲げています。 私自身が、投票権を与えられたときに“どうすれば・・・?”という戸惑 [続きを読む]
  • 個人面談
  • 小学校の担任の先生は、とてもとても良い方です。よく息子を観察してくれていて、息子のポテンシャルを的確に把握してくださっていると感じました。それに、息子の弱点をよく見抜いてくれていて、その改善のため、恐縮してしまうくらい素敵な導きをしてくださいます。まだまだお若いようにお見受けしますが、さすがプロだワ〜! 今まで保育園の面談では、生活面、特にお友達との関わりを中心にお話を伺うことが多く、『小学校の面 [続きを読む]
  • ねぇ、生物ってどうして生まれたの?
  • と聞かれました。数年前、宇宙の図鑑を買ってやり、それに夢中になった息子。 隕石がぶつかって地球ができたという知識があります。 厳密には、息子が夢中になったというより、私が気に入って、そればかり読み聞かせていたというのですが・・・  「隕石には、きっと生き物はいなかったでしょ?」 「もし、隕石に生き物がいたとしても、衝突のパワーで死んじゃったと思う。熱かったと思うしね。」 「そうしたら、地球にいる生き [続きを読む]
  • 作文頑張る、息子の絵日記②
  • す小1息子の科目テストが続き、そのフォローに追われていて、なかなかブログを更新できませんでした。これからもテスト週間が始まると更新が止まるかもしれません。それほどに過酷! 5月の終わりから漢字学習が始まりました。まもなく1年生で習う漢字を全て終えます。冬には、漢字検定を団体受験するようです。 算数はさほど進度が速くないように思いますが、それでもすでに引き算の学習を終えています。今は2桁の計算を学習 [続きを読む]
  • 「陰山先生に聞く」と「公文式の算数」
  • 100マス計算で有名な陰山先生。先生は、100マス計算の他にも様々な教材を出されていて、我が家もその恩恵にあずかっています。例えば、陰山先生の音読プリントは、学習の始めに取り入れていますが、音読をすると、一気に『集中力』が増す・・・というか、『遊び脳から勉強脳への切り替え』ができると実感しています。息子にとっては、ある種のスイッチになっているようです。音読で前頭葉を刺激している効果・・・? 陰山メ [続きを読む]
  • 息子の絵日記
  • 学校の宿題の中に絵日記があります。絵日記が宿題でないときには、家庭での取り組みとして、息子に、その日にあったことを一行作文で表現してもらうことにしています。絵日記や作文の類いは、題材探し等に時間を取られるので、確実に息子の睡眠時間を圧迫していると言えます。特に絵日記は、題材に沿った絵を描かなくてはならないので、その手間は一入です。 その点では、懸念が残りますが、しかし、この数週間で、『絵日記や作文 [続きを読む]
  • 早稲田大学、大学入試の新思考問題のサンプルを公開!
  • 表題のようなネットニュースを見かけたので、早速、早稲田大学入試センターのホームページに行って、問題例を印刷しました。※新思考問題を用いた試験は、全ての学科で実施されるわけではありません。 中学校受験で言えば、公立中高一貫校の検査問題に近いでしょうか。  表を読み取り、読み取った情報を整理した上、問題点やその対応策等を論理的な文章にまとめる問題 出願動機に絡め、回答者の意識を確認し、現実的な実 [続きを読む]