roll さん プロフィール

  •  
rollさん: 母の膵臓癌 希望の最新治療 ナノナイフ
ハンドル名roll さん
ブログタイトル母の膵臓癌 希望の最新治療 ナノナイフ
ブログURLhttp://roll1822.exblog.jp/
サイト紹介文2013年10月、母の膵臓癌が発覚。62歳。奇跡を信じて最新治療ナノナイフを受ける事にしました。
自由文人生3度目の癌は癌の王様でした。手術不可能なステージⅣaですが、まだまだ元気です!ナノナイフには希望があります。きっと治るよ!お母さん!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供172回 / 180日(平均6.7回/週) - 参加 2016/11/27 09:42

roll さんのブログ記事

  • 「ティーエスワン」のジェネリック
  • 本日会社で回覧の記事。製薬企業3社 「ティーエスワン」の後発品、適応不一致が解消製薬企業3社は24日、大鵬薬品の「ティーエスワン」の後発品で追加承認を取得したと発表した。結腸・直腸がん、非小細胞肺がん、手術不能または再発乳がん、膵がん、胆道がんの適応が認められ、先発品との適応の不一致が解消された。この日発表したのは、沢井製薬の「エスエーワン」、MeijiSeika ファルマの「エ... [続きを読む]
  • ”がん患者”、”がん患者”とうるさいです。
  • 昨日、今日と、大西議員の受動喫煙の問題発言ニュースを、よく耳にするのですが。。。”がん患者”、”がん患者”とうるさいです。そもそも、受動喫煙に関しては、がん患者向けの対策ではないですよね?健常人に対しても子供に対しても、みんなに必要な対策なのです。がん患者の就労以前の問題ではないですか?がん患者の就労は、ほんの一部の話に過ぎません。我が家は、喫... [続きを読む]
  • 重粒子線がん治療事業 赤字48億円
  • 山形大が推進する「重粒子線がん治療事業」(2019年度診療開始予定)について、27年度までに単独の累積赤字が最大計48億8200万円に達するとの試算があることが16日、同大関係者への取材で分かった。同施設を運営する同大医学部付属病院の収支全体も赤字に転落する見込み。同事業は国、県が支援する先端事業だが、見直しを迫られる可能性がある。 毎日新聞が入手した試算資料などによると、同施設の収支は1... [続きを読む]
  • がん患者「働かなければいいんだ」
  • がん患者「働かなければいいんだ」 大西議員が発言謝罪受動喫煙防止対策の強化策を議論した15日の自民党厚生労働部会で、大西英男衆院議員が「(がん患者は)働かなければいいんだよ」と発言していたことがわかった。大西議員は22日、取材に「がん患者や元がん患者の皆様のお気持ちを傷つけたことをおわび申し上げます」と謝罪した。 部会は非公開。朝日新聞の取材によると、飲食店の客や従業員の受動喫煙をど... [続きを読む]
  • TS-1と言えば、冷やし中華
  • 昨日、母は夫さんとハイパーサーミアへ。毎週、治療が終わると、二人で食事をして帰って来ます。いつも同じ食堂に行きます。中華も洋食もあって、好きなものを選べるランチありの居酒屋です。オレンジジュースはオレンジを絞ってくれる洒落たお店で、長男も気に入っています。因みに長男は、いつも牛タン定食を食べるのを楽しみにしています。約2年間通っている事を考えると驚きます。いつもはトン... [続きを読む]
  • 母の主治医を褒め称える名医
  • そういえば、富士見市のM先生の初診で、、、「すごいですね〜、3年半も。。。さぞかし抗がん剤が体に合ったんでしょうね〜。主治医の先生がとても良く対応して下さったんでしょうね〜。」「ここまで元気なのは、主治医の先生のお陰ですね〜。主治医の先生に感謝しなければなりませんね〜。」「ここで治療を受ける事になっても、主治医の先生は信頼し続けて良いですよ〜。」褒める、褒める... [続きを読む]
  • 「笑い」はがん治療に効果あるのか?
  • 今日、NHKを見ていたら、面白いニュースが。「笑い」は本当にがん治療に効果あるのか? 検証研究スタート「笑い」には免疫力を高めるなどの効果があるとされますが、がんで治療中の患者に漫才や落語などを見せて、よい影響があるかを科学的に検証する研究が大阪で始まり、落語家の桂文枝さんらが患者らを前に演目を披露しました。この研究は大阪府立病院機構の「大阪国際がんセンター」と芸能事... [続きを読む]
  • 動注化学療法を試したい理由
  • 膵臓癌でも長生きして欲しい。手術が出来なくとも、長く元気に生きて欲しい。目指すは、癌との共存。3年半、母は、痛みなく普通の生活を送る事が出来ています。・・・でもそろそろ限界かなと感じる理由。それは、、、 ” 抗がん剤の種類がないから ”薬剤に耐性が付く癌たち。だからこそ、頻繁に抗がん剤の種類を変えなければなりません。でも、膵臓癌の抗がん剤とし... [続きを読む]
  • 北朝鮮のミサイル?
  • 今朝、保育園&会社に向かう途中、電柱の脇に立っていた鉄の棒を見つけた次男が、一言・・・  「ママ、見て! 北朝鮮のミサイルみたい!」あぁ、確かに・・・ミサイルの形だ・・・めざましテレビのおかげで、ミサイルの形を知っているようです。ミサイル・・・勘弁して下さい。みんな生きてます。生きたくて生きたくて頑張っている人がたくさん居るんです。命の尊さ... [続きを読む]
  • 母に苛々する
  • 私が、HIFUと動注化学療法の計画を立てている中、なぜか主治医に次の治療を相談する母。何を考えているのか。。。母は、今更主治医に何の答えを求めているのか。。。 母:「先生、TS-1が効かなくなったら、次の治療はあるのでしょうか?」 主治医:「フォルフィリノックスでしょうね・・・」・・・分かりきった答えです。そんなの知ってます。主治医は標準治療しか知り... [続きを読む]
  • 富士見市のM病院には行かない、と言う母。
  • 昨日の電話で、 母:「やっぱりよ、埼玉の病院さは、行がねは・・・」はっ?何言ってんの?会社の更衣室で電話をしていた私は、思わずカッとなってしまいました。 roll:「んじゃ良いよ。お母さんが決める事だから!」そして、つい酷い事を・・・ roll:「TS-1は、もう耐性が付いてるから効かないよ!    その後は、フォルフィリノックスしか無いんだか... [続きを読む]
  • 奇跡の先の現実。母に八つ当たり・・・
  • 富士見市のM病院で色々検査され、転移も腹水もなし。動注化学療法は出来るようです。ただ、厳しいお言葉ばかりでした。3年半も、生きられたのは”奇跡”です。さぞかし腫瘍は耐性が出来て、抗がん剤が効き難くなっている事でしょう。ただでさえ膵臓癌は硬くて抗がん剤が効き難いのに。膵臓の周りの血管もガチガチになっているでしょうから、管を通せるかどうか。そして、エコーで確認した結... [続きを読む]
  • 富士見市のM先生にお会いしました。
  • 母と二人、朝一番の新幹線で富士見市に行って来ました。どっと疲れました。母が癌になって3年半、ここ1年は余裕がありませんでした。駆け足で新しい治療を探しては、即行動して来たつもりです。・・・その疲れがいきなり出た感じ。M先生は、有名人でした!昭和天皇や安倍首相のお父様(安倍晋太郎氏)の治療に関わった方で、現在も安倍一族とは非常に仲が良いそうです。昭和天皇の病状を当... [続きを読む]
  • 癌の痛みが消えた?
  • 今日は次男と平清水焼の陶芸教室。保育園行事です。お抹茶教室で使うお茶碗を自分で作る事になっているのですが、5才児に陶芸はまだ早いような・・・。ついつい親が手を出したくなります。長男は、母とハイパーサーミアに行きました。今日は珍しく習い事が無かったので、一緒に病院について行ったのです。待合室のふかふかソファーで、ゲームしているだけなんですが、道中長いので少しは気晴ら... [続きを読む]
  • 医師の神対応
  • 埼玉の病院に問い合わせメールをした所、M先生が直にお電話を下さり、その後、母に資料がたくさん送られて来ました。実家の住所を記入した為に、母の手元に届いたのです。膵臓癌に対する動注化学療法に関する記事や資料がたくさん入っていました。重粒子線やHIFUとの同時治療について、メールで問い合わせただけなのに、医師自らお電話を下さり、数日以内には参考資料が手元に届くのです。... [続きを読む]
  • ガン患者は騙し易い
  • 本日、会社で回覧の業界ニュースです。ガン治療と称する不法会社・製品を注意4/25付で米国FDAから注意喚起文書が通知されています。 「FDA takes action against 14 companies for selling illegal cancer treatments」「Illegal Cancer Treatments: FDA Warning - Frau... [続きを読む]
  • 諦めてはいけない
  • 4月が終わりました。余命半年と言われてから、半年が過ぎました。半年って、本当にあっという間です。母が膵臓癌になってから、せめてお盆まで、、、嫌!正月まで、、、嫌!お盆まで、、、嫌!正月まで、、、と繰り返し、あっという間に3年半が過ぎました。この間、かっちゃん先生との出会いで学んだこと。延命は並の努力じゃない。調査力、理解力、判断力、決断力、そして行... [続きを読む]
  • 1年ぶり!TS-1は親しい友達
  • TS-1を再開し、4日目。 「手がガサガサしてきたな・・・。」 「涙が増えてきたな・・・。」ボソボソつぶやく母。でも、TS-1は親しい友達なので、大丈夫。下痢はまだありません。アブラキサンは便秘気味だったので下剤を飲んでいましたが、今度は反対です。1stステージの時、TS-1の副作用で、涙管が詰まっています。いつも涙を流しています。... [続きを読む]
  • 膵臓癌の抗がん剤、次の新薬
  • 本日の社内での回覧物。『新薬開発一覧・主な国内開発状況』ついつい、製薬会社の抗がん剤開発に目が入ってしまいます。膵臓癌を3つ見付けましたので、情報展開。①膵癌/テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム・ホリナートカルシウム配合剤/経口剤 フェーズ3/TAS-118/大鵬薬品工業②膵臓癌/ガストリンCCK2受容体拮抗作用 フェーズ2/Z-360/ゼリア新薬工業... [続きを読む]
  • 医者から直接電話!?
  • 私の目標は、重粒子線を受ける事です。だから、現時点で他の放射線治療を選択するつもりはありません。重粒子線が受けられない状況となった時(適応条件から外れた時)、その他の放射線治療を視野に入れて行きたいと思っています。重粒子線を適応とする為の現在の最大の目標は、胃から離す事、つまり腫瘍の縮小。その為に色々調査し、埼玉県のM病院に疑問点をメールしていました。驚いた事に、直... [続きを読む]
  • 母の選択
  • 今日は、HIFU治療後、初の地元での診察日。アブラキサン&ジェムザールの効果が無くなった今、次の抗がん剤を選択する日です。私は会社で行けないので、昨日母に電話で説明しました。①フォルフィリノックスを提案されたら断らないで。②TS-1を提案されても断らないで。③フォルフィリノックスかTS-1かどちらにしますか?と聞かれたら、TS-1を選択して。私は、③が濃厚だろうと... [続きを読む]
  • 抗がん剤の副作用軽減には、やっぱり漢方薬!
  • 本日、会社で回覧の業界ニュースです。漢方薬で現実味帯びてきた「和洋折衷」抗がん剤の副作用軽減にエビデンス集積、新薬メーカーも関心免疫チェックポイント阻害剤など新たながん治療の選択肢が増えているなかで、抗がん剤の副作用を軽減する手段として「漢方薬」の使用が広がっている。抗がん剤による食欲不振、口内炎など副作用の存在は知られてはいるものの、あえてそれらをターゲットにした治療薬はなかった。近... [続きを読む]
  • せっかくのHIFUが・・・困った。
  • HIFUが終了し、今日は抗がん剤の日だと思い込んでいましたが、予約が取れたのは水曜日だったとのこと・・・。すぐに抗がん剤をしないと、癌細胞が元気になってしまう!1日でももったいない!しかも、水曜日はアブラキサンの予約が出来なかったとのこと・・・。ん? 何を言っているんだ?受付の話によると、主治医は、既にアブラキサンをストップし、次の抗がん剤を計画... [続きを読む]
  • 癌4年目で下り坂。初心に戻ってみようかな。
  • 母が膵臓癌になって、一番初めに始めた民間療法は漢方でした。効果があるかどうかなんて分かりませんでしたが、一番簡単だったので。HPで見つけた、東京のGクリニック。会社で、”マラリアの特効薬が癌に効く”という論文を見付けました。当時は、すがる思いで早速調べたところ、Gクリニックと出会ったのです。がんの漢方治療と補完・代替医療(未認可医薬品やサプリメント)を専門に診療して... [続きを読む]