歴史風味 さん プロフィール

  •  
歴史風味さん: 歴史風味
ハンドル名歴史風味 さん
ブログタイトル歴史風味
ブログURLhttp://fuum.me/
サイト紹介文このサイトでは日本史世界史を問わず、様々な事象を歴史の観点から面白く・分かりやすく紐解いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 114日(平均3.7回/週) - 参加 2016/11/27 09:43

歴史風味 さんのブログ記事

  • 琉球王国の始祖?日本で初めて切腹をした源為朝とはどんな人物か?
  • 平安時代の末期に「源為朝(みなもとのためとも)」という武将がいます。名前の通り、源氏の者ですが、この人物、なかなか有名な人物なんです。 なぜ有名なのかというと、「琉球王国の始祖である」と言われていたり、「日本で始めて切腹した」人物だとも言われているんです。 かーなり破天荒で面白いいわくつきの人物なので、ご紹介したいと思います。 破天荒の幼少時代、九州制圧。この人の何がすごいって、父親も [続きを読む]
  • 【キングダム】史実から学ぶ、主人公「李信」の有名な子孫とは?
  • 歴史は漫画からかなり多くのことを学べます。というものの、漫画は絵によるストーリー仕立てとなっているので、頭に入りやすいですしなにより頭に定着しやすいんですよね。 さて、またまた漫画「キングダム」から学べるネタがあるので、ご紹介しようと思います。キングダムの紹介はもういいですよね。秦国が中華統一を目指すお話です。最終的には秦の始皇帝誕生となるわけですね。 その主人公である「信」。「司馬遷」の [続きを読む]
  • 昔話「金太郎」のモデルとなった源頼光の四天王、坂田金時とは?
  • 「まさかりかついで金太郎〜♪」でおなじみの昔話金太郎。 桃太郎や浦島太郎は内容までしっかり知ってる人が多いと思いますが、金太郎って桃太郎や浦島太郎に比べたら、そこまでメジャーじゃないと思うのは私だけでしょうか? と、金太郎を別にディスってるわけじゃありませんが、この金太郎には実はモデルとなった武将がいます。 どちらかというとそちらの方が私にとっては面白いので、そのお話を紹介したいと思い [続きを読む]
  • 江戸時代の「江戸」という名前の由来を簡単に解説
  • 「江戸時代」。言わずもがなですが、日本の歴史において約250年もの間大きな戦もなく平和であり、日本文化が隆盛した、俗に言う「徳川時代」ですよね。 ところで、この「〜時代」という言葉、その当時の幕府や政治を行う中枢が置かれていた「場所」がその名前となっています。たとえば!簡単な例でみると「鎌倉時代」です。あれば、源頼朝が鎌倉で幕府を開いたからですよね。室町もそうですね。 では、江戸時代の「江戸 [続きを読む]
  • 村上水軍登場!最後の日本三大奇襲、厳島の戦いとは?
  • 日本三大奇襲シリーズ、ラストは「厳島の戦い」です。<日本三大奇襲シリーズ>【大河ドラマ おんな城主直虎】桶狭間の戦いにみる、信長奇襲戦のすごさ桶狭間だけじゃない!日本三大奇襲の一つ、川越城の戦い(川越夜戦) 厳島、そうです。あの日本三景の中の「宮島(厳島)」でもあるあの小さな島で戦国時代に日本三大奇襲の一つである「厳島の戦い」が勃発しました。時に1555年のことです。桶狭間の戦いの5年前ですね。いま [続きを読む]
  • 関東を説明したので、関西の地名の由来も簡単に解説
  • 前回の記事で坂東(関東)の地名の由来について解説したので、ここで関西の地名の由来も説明します。関西は関東という考え方があってこその地名なので、このタイミングで説明するのが一番しっくりくるんです。では、さっそくいってみましょう。<参考記事>その昔、関東は坂東と呼ばれていた。その名前の由来と理由について解説 関西というのは単なる対表現前回の記事では、もともと関東というのは「坂東」であり、それが「関 [続きを読む]
  • 戦国時代や江戸時代のアルバイト事情について語る
  • アルバイトって知ってますよね??そうそう、ドイツ語で「労働」を意味する名詞である「Arbeit」であり明治時代に学生が使ったことから流行り始めた・・・・・という話じゃないんです。私も学生時代にアルバイトをやって小銭を稼いでましたが、実はアルバイトって近年始まったものじゃないんです。なんと、戦国時代や江戸時代もちゃんとしたアルバイトが存在していました。アルバイトって言葉じゃないですけどね。本日は、戦国時代 [続きを読む]
  • だるまの正体は?その由来はインド人仏教僧達磨であったという話
  • 「だるま」といえば、日本ではおなじみの存在ですよね。だるまにちなんだ言葉はそれこそたくさん溢れています。だるまさんが転んだにらめっこ(だるまさんだるまさん、にらめっこしましょ)だるま落としでもでも、よーく考えてみてください。だるまって一体なんなんでしょうか??赤い体に怒ってるようなしかめ面の大きな顔。七転び八起きの象徴でもあり、縁起物としても扱われますが、その正体を知っている人はほとんどいないでし [続きを読む]
  • 日本という国名はいつから使われたのか?その由来にせまる
  • 当たり前のことですが、我々が住んでいるこの国はJapan、「日本」ですよね。これ、まず大人で知らない人はいません。いや、子供もか。では、この「日本」という国名はいつから使われ始めたのでしょうか??これはなかなか知っている人は少ないんじゃないでしょうか。せめて、自分の国の成り立ちは知っておいても損はありません。ということで、日本の国名の由来にせまります。 そもそも日本はなんと言われていたか?日本とい [続きを読む]
  • 和同開珎?富本銭?日本最古の貨幣についてせまる
  • 以前の記事で、日本最古の日本紙幣について書きました。日本最古の紙幣は江戸時代が終了し、明治時代に入ってからつくられたものですが、それ以前にももちろん紙幣ではない形で通貨貨幣が存在していました。大判小判なんかもそうですね。本日は、その日本貨幣のうち、一番古い貨幣についてせまりたいと思います。<以前のお金に関する記事>・日本初の肖像画紙幣(お札)はなんと女性だった!どんな人物か解説・一文銭っていくら? [続きを読む]
  • 様々な国を滅ぼし、最後は那須の殺生石となった九尾の狐伝説
  • 古くから日本には「九尾の狐伝説」が存在します。よく漫画やゲームなどにも九尾の狐は登場してきますが、その元となっているのは、この日本の九尾の狐伝説が発祥なんです。NARUTOなんかもろ、九尾の狐が出てきますよね。NARUTO-ナルト- コミック 全72巻完結セットposted with カエレバ岸本 斉史 集英社 2015-02-04Amazon楽天市場これ、歴史の観点からみるとなかなか面白い話なので、ご紹介したいと思います。 美女に化け国を [続きを読む]
  • 嬬恋と吾妻の地名の由来はあのヤマトタケルにあった?
  • いや〜すっかり冬本番ですね。激寒です。てやんでぃ!ということで、行ってまいりました、スノボ。冬のシーズン、1度はいかなきゃですね、雪山。今回は、群馬県の嬬恋村にあるスキー場にいってまいりました。嬬恋はキャベツでも有名ですよね。群馬県の長野県境にあるこのあたりは、嬬恋やら吾妻やら、なにやら「妻」とか「恋」とか女性に関する文字がでてくる地名が多くあります。これって、地名にしては珍しいと思いませんか?と [続きを読む]
  • 草津温泉の白旗源泉(白旗の湯)は源頼朝と深い関わりがある話
  • 「草津よいとこ〜一度はおいで〜♪」で始まる草津節。いや〜いいところですよね、草津。この日本三名泉(草津温泉・有馬温泉・下呂温泉)の一つである草津、私も毎年訪れています。湯畑あたりの雰囲気もさることながら、草津の他との圧倒的な差は「湯質」です。強酸性であり成分の濃いあのお湯は、他の温泉の群を圧倒的に抜いています。と、温泉成分の話はここまでにして、今回はその草津温泉の中にある源泉の一つ、「白旗源泉」の [続きを読む]
  • 【大河ドラマ おんな城主直虎】今川義元の名軍師、太原雪斎に注目
  • いよいよ人物関係が複雑になってきました。いや、決して複雑ではないんですが、毎回たくさんの人がでてくるので、この時代背景を知らない人は覚えることがやっとなことでしょう。そこで、今回は井伊家を支配している今川家にとって非常に重要なキーパーソンの一人である「太原雪斎」についてまとめます。この人は、今川家にとっても日本史にとっても今川義元と同じくらい有名な人なんです。 軍師、太原雪斎まず、太原雪斎の人 [続きを読む]
  • 正倉院秘蔵の織田信長も欲した香木「蘭奢待」とは?
  • 「正倉院」ってありますよね。正倉院ってどんなイメージですか??「東大寺にある倉庫」やら「校倉造」というキーワードが思い浮かぶ方は中学高校の歴史をよく覚えている方でしょう。正倉院は確かに東大寺内にあるのですが、その納められているものの歴史的価値や重要性から、今は宮内庁管轄となっています。天皇家にまつわるものも多数納められていますからね。正倉院に納められているのはいってみればお宝なので、表側に出てこな [続きを読む]
  • 世界で初めて全身麻酔手術を成功させた華岡青洲
  • 皆さんは全身麻酔の手術を受けたことってありますか??私は過去3回に渡って受けたことあるんですけど、あれ、すごいですよね。麻酔の吸入が始まったとたんに意識がなくなり、次に気づいた時は手術が終わってますからね。すごいことですよ、これは。仮に麻酔がなかったと思うと・・・・・絶対手術なんて受けたくないですよね笑 さて、この「全身麻酔」という医療ですが、実は世界初めての全身麻酔に成功したのがなんと日本人 [続きを読む]