あきの さん プロフィール

  •  
あきのさん: あきの80路を歩む
ハンドル名あきの さん
ブログタイトルあきの80路を歩む
ブログURLhttp://aterayama.seesaa.net/
サイト紹介文80歳を超えた今、自由と退屈と、ときどき懸命に何かをしながら生きています。
自由文目下83歳、人生のどん尻まで来て感じることを日々綴って4500回近く。
文章修行、文字だけで綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供195回 / 181日(平均7.5回/週) - 参加 2016/11/27 10:24

あきの さんのブログ記事

  • NO...4577
  • 犬友の食事会でした。メニュー選びを工夫するようになってから、同じ金額でも、ご馳走たっぷりの感じがします。場所はいつものジョナサン、定位置にテーブルをとるので、着席すぐから、べちゃべちゃ、笑、笑。気兼ねなく話ができるメンバーをもっている気楽さは本当によいものです。ただし近ごろは、どうも年取ったことが話題の中心になっていけません。そこで意識して話題を変え「朝ドラの話」に。昭和40年ごろは何をしていたかと [続きを読む]
  • NO...4576
  • さくらさんはブログ友で、アメリカの西海岸に住んでいます。今月の連休後に日本に帰国しました。そして驚くことを始めたのです。なんと目標「東海道五十三次」踏破。東京日本橋を出発して、1日25キロを目標に歩き、20日ほどで京都の三条大橋でテープを切る予定とか。最初の三日 間は定宿にしている亀有へ1日歩いた後に帰り、翌日は、前日歩いた最後の場所から歩き始めていましたが、ついに昨日からは、あちこちで宿をとりながら歩 [続きを読む]
  • NO...4575
  • 住んでいるマンシヨンは、ベランダに絶えず風が吹いています。遠くを眺めると無風に見えるのに〜。育てている植物たちが気になります「気の毒になあ」と。「こう風が吹くのでは落ち着く暇がないのでは」と。わたしは風が嫌だと戸を閉めれば済みます。でもトマトなどは上に伸びたくても横から絶えず吹く風が迷惑なはず。それでも、しそは、風になよなよと従いながら、うまく葉を広げます。しかしトマトは伸びた分だけ風当たりが強い [続きを読む]
  • NO...4574
  • わたしはせっかちな性格、やることも手早い。そんなだからモタモタは好きではありません。ところが川上弘美という作家の文章はモタモタ。そして登場人物もモタモタのような人。こうなると、イライラするので読まないはずなのに、どういうわけか、この人のモタモタは不快ではないのです。まるで時計が同じに回るのではないような「物語づくり」なのに、それを楽しんで読みます。どうしてでしょうねえ〜。だいたい主人公の名前が「の [続きを読む]
  • NO...4573
  • イーナにノミがいるーー娘が大騒ぎ。そこで朝の散歩から帰って、すぐに昨夜の残り湯で体を洗ってやることにーー。まずイーナの入る大きさのプラスチックケース探し。ありました。中身をベランダに出して風呂場に持ち込み、綺麗にしてから、湯にレモン水を。ここへ犬を浸けること10分。そして次はシャンプー、毛をゴシゴシ、終わってバスタブへわたしと一緒に沈ませます。(ノミを窒息死させる算段)その後、ドライヤーをかけたので [続きを読む]
  • NO...4572
  • 市民図書の本は、冊数が多くないために、借りたい本に詰まってしまう時があります。読みたくない作家は(食わず嫌い)手が出ません。先週がそんな感じで、ざっと読んで返し、今日また別のを借りてきました。若手の売れている作家はテクニックが凄すぎて、気にかかり読む気がしなくなったり、宮部みゆきとか東野圭吾などは、どうしてか手が出ません。で、今日借りてきたのは ①葉室麟著「春雷」②川上弘美著「風花」③板倉弘重著「 [続きを読む]
  • NO...4571
  • 北アルプス国際芸術祭は、松本を通り越して10キロほど行った大町市で行われます。ここのディレクターは北川フラム氏です。先週東京から北川氏関係の人たちがバス一台でここに行って来ました。そのバスに娘も乗せてもらいました。(娘は来月また一泊二日で出かけるようです)帰宅してアルプスがすぐ近くで湖もあり素晴らしいところだと感激して話しました。そして町の主婦たちがエプロン姿で食べ物を作って売っているようです。わた [続きを読む]
  • NO...4570
  • 今日の関東は曇りだと天気予報は言い、そして天気図にはないが思いがけない雨が降ると。さて午後の散歩は難しい。そう思っていつもより、1時間早く出かけました。外に出ると、もうポツリポツリと降り出しています。見上げると雨雲。さて困った。途中で本降りになると面倒です。犬の散歩は傘なしですから、降れば必ず濡れるーーとなります。迷いましたが、とにかく行くことに。今日の行き先は野菜を買うーーこれが目的地。南に向か [続きを読む]
  • no...4569
  • 以前、ここに紹介させていただいた草野章二氏が亡くなられました。わたしは時々氏の意見が聞きたくて「今度は何を書かれているかな」と、ずっと追い続けていました。ことに東京都の新知事については、ようやく世間が気づき出した問題(モノゴトを決められない知事)を早くから指摘しておられました。最後に書かれたのは「妻(家内)の疑問」です。(29年2月25日付)その後、しばらく間が空いているのでどうされたかと思っていたと [続きを読む]
  • NO...4568
  • マンションには居間の前と、わたしの部屋の前にベランダがあることは書きました。入居して2回目の春、ついにわたしは部屋の障子を外して整理ダンスの後ろへ隠し、部屋をベランダと一体化した感じに〜。そしてベッドをずらして、その前にこたつを置くとガラス戸すぐに植物が続く感じがします。ようやく借り物の家ではない空間ができました。トマト・じゃがいも・しそなどと名も知らない花など11個の鉢と吊るすカゴ5個がすぐ横で風に [続きを読む]
  • NO...4567
  • 〓?米原万里著「心臓に毛が生えている理由」このおかしな題名のエッセー集にこんな箇所がありました。『人類は実に長きにわたって、肉体労働を全くしないことこそが、最高の幸せだと考えてきた。というか、人類の研究や発明の足跡をたどると、重労働をいかに軽減するかに心を砕いてきたかがわかる』〓?「ダウントンアービー」というイギリスの貴族社会を扱ったドラマにも働くことを軽蔑する場面がありました。3度の食事にお茶、 [続きを読む]
  • NO...4566
  • 母の日、長男の家からは毎年虎屋の羊羹がプレゼントされます。今日も宅配便の人から受け取った時、虎屋の羊羹だと開けなくても見当がつきました。さっそく娘とランチの後に〜。「あまり甘くなくておいしいねえ」これが娘の感想。以前来宅した従姉妹のツーちゃん(74歳)は、虎屋の羊羹が憧れの品。この場にいれば喜んだろうにと話したところです。わたしが叔母の葬式に行った時、ツーちゃんを誘って、一緒に帰宅しました。高速バス [続きを読む]
  • NO...4565
  • 引越しでトラック3台もモノを捨てたので、もう何も買うまいと決心して生活しているのに、俄然モノが欲しくなる時があります。意志薄弱。料理番組を見ていて欲しくなった皿がありました。1年も前から気になっていたのですが、我慢していました。そしてついに昨日注文を出したのです。すると、今日届きました。ネットで買うのは品質がわかりません。だから「買った人の書き込みを頼りに半日もあれこれ検索して「えいっ!」と発注した [続きを読む]
  • NO...4564
  • 12日朝の「ひよっこ」は、初めての給料日。月給12000円ほど。いろいろ差っ引かれて手取り6000円ちょっと。みねこは考えてから、5000円を家へ仕送りします。部屋の仲間たちも、月給を当てにしている故郷へそれぞれ送金しました。郵便局から帰ると、給料日を当て込んで出張販売が寮に品物を並べて待っていました。みねこはここでノートと消しゴムを弟のために買い、ノドから手が出るほど欲しかった花柄のブラウスは諦めます。ーー後 [続きを読む]
  • NO...4563
  • 今日こそ、獣医に行こう。フィラリヤの検査をして薬をもらって来ないと〜。シニアカーを運転しながら思い出しました。「もしかしたらN動物病院は水か木が休診日?」無駄足は嫌なので、通り道にある犬友のSさん家へ寄り、リーのママさんがこの病院を利用しているので電話で確かめてもらうと、やはり休みだと。あ〜あ、この前行ったときは時間外でダメだったし、ツイてないなあ〜。去年までは近くのイオンペットショップに来る獣医で [続きを読む]
  • NO...4562
  • 今日のサウナの話題はフランス大統領夫人について。「女の人が25歳も上なんて〜、でもフランスでは誰も何にも言わないよね」こんな話が出て、家に帰ると今度はテレビが同じことを取り上げていました。司会者も内心軽蔑ぎみなのか薄笑いしているのがありありと分かり、そうなるとわたしなど根性曲がりですから、どうして女が歳上だとテレビまでが興味半分に取り上げるのかと不快になります。男が25歳上なんていうのは話題にはならな [続きを読む]
  • NO...4561
  • 孫の誕生日に合わせてカードを送りたいと郵便局へ行きました。切手の可愛いのを貼りたいためです。終わってすぐ前のコーナーで一休み。5月の陽気はなんと気持ちの良いことか。通る人たちを眺めます。年寄りが85パーセント、学校帰りのランドセル部隊が通らなければ、パーセンテジはもっと上がりそう。「お帰り〜」とわたしが声をかけたのは犬に寄ってきた子供たちへ。「おばあちゃん、みんなと同じくらいの孫に誕生日カード出しに [続きを読む]
  • NO...4560
  • 朝ドラの「ひよっこ」毎朝楽しみに観ています。あのころを体験している人なら「うんうん」と頷づきっ放しではないでしょうか。主人公が上京し、向島電気に勤め始めます。トランジスタラジオの組み立てラインに入り一列に並んでの流れ作業。不器用な人がいると流れがスムーズにいかない。するとダサい感じのブザーが「ぶーっ」と鳴ってベルトコンベアーが止まります。今の人たちには、考えられないような人海戦術。その工場の宿舎は [続きを読む]
  • NO...4559
  • 3階のYさんと2階のBさんが建物の横に花壇を作り始めています。わたしも参加させてもらうことにしました。ところがYさん「ここは日が当たらないから、花壇の場所を変えたい」と言い出し少し先にある、かつて花作りをした形跡のあるところへ場所替えをしました。落ち葉と草取りをすると、ちょっと綺麗になりました。さっそくみんな持ち寄っていろいろ植えることに。今朝はリーのママさんの家まで行ってカモミールやミントなどを根ご [続きを読む]
  • NO...4558
  • 娘と三男の家へ行きました。ゴールデンウイークという特別な感じがしてものすごく楽しかったです。車で迎えに来てくれ送ってくれという楽チン身分。何しろ、いつもはマンションとまわりの散歩ぐらいですから、変化に乏しい生活なので、その気持ちを汲んで楽しませてやろうと考えてくれたなんてうれしいですね。三男夫婦に感謝。葉山の家はすぐ裏に山桜の大木があって、2階のリビング・ガラス全面に緑が揺れる家。イーナも自分の第2 [続きを読む]
  • NO...4557
  • 納豆は日本だけのもの思っていると、高野秀行著「謎のアジア納豆」でタイの北部やミャンマー、ネパール、ブータンなど一帯に納豆文化があることを知りました。タイの場合、納豆(トナオ)の種類 ①トナオ・ケップ(せんべい状の納豆 ②トナオ・サ(糸引き納豆)③トナオ・ウ(ブロック状の納豆)糸引き納豆は香菜などと一緒に炒めてチャーハンのように食べますが、ブロック状のは調味料として削って使うようです。我が家には納豆 [続きを読む]
  • NO...4556
  • 昼に娘と横浜ラーメン店へ行きました。連休はこんなところも混んでいます。「ネギラーメン」と「餃子」を注文。待っている間、目の前には「とんこつ和風ラーメンを美味しく食べるには、こうすると良いですよ」と書いてあるのが貼ってあるのを眺めます。しばらくして、ソーメンのように切ったネギが皿にてんこもりに出てきました。ラー油とかすかな塩味。サラダとして食べても美味しいです。ラーメンは柔らか・固ゆでなど、茹で加減 [続きを読む]
  • NO...4555
  • 次男家族の来宅。みんな大きくなったから〜と、朝から好きそうな食べ物を量を多く作りました。そして次男にはわらびの卵とじ、ふきの煮物など、家ではなかなか食べないようなものを用意しました。こう書いてみると、食べ物の用意がかなりな比重。これが済めば、先日買った100円ストアの年齢別の簡単な本をコタツの上に。ゲルマン民族の大移動がやってきました。ちょっと見ぬまに、みんな背が伸び、チビも一段とたくましく育ってい [続きを読む]
  • NO...4554
  • ベランダのモッコウバラが盛りです。日に向いて咲きたいらしく裏側から見ている感じ。で、昨日はついに無理やり居間の方を向いてもらい、豪華に黄色が見えるようになりました。その横にはゼラニュームが直径10センチ近くの花をつけて3鉢あります。正直に打ち明けると、モッコウバラは公園の1枝を失敬してきて挿し木で育てたもの。ゼラニュームもあっちこちから集めたものばかり。昔「花泥棒はOK」と聞いたことがあるので、良心は痛 [続きを読む]
  • NO...4553
  • ボク、イーナだよ。あのね、ボクがどうやってコミュニケーションをとっているか知っている?例えば、朝、明るくなるでしょ。どうしても散歩に行きたい。そこでバーちゃんの寝ているところへ行き後ろから頭を足でガィガィと引っ掻く。すると「待って、待って〜」と言いながら確実に起きるよ。水を飲みたいのに器にないときは、器を足で引っ掻くとカランと音がしてバアちゃんは気づき「ゴメン・ゴメン〜」と急いで水を入れてくれるよ [続きを読む]