million さん プロフィール

  •  
millionさん: 武士団の軌跡
ハンドル名million さん
ブログタイトル武士団の軌跡
ブログURLhttp://www.plus-blog.sportsnavi.com/million
サイト紹介文バスケットボールクラブ金沢武士団の軌跡を追うブログです。わが街石川の顔となることを夢見ています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 170日(平均1.3回/週) - 参加 2016/11/27 11:15

million さんのブログ記事

  • 朗報届く。B2リーグ昇格!!
  • みなさん、本当におめでとうございます。更新が遅くなってしまいましたが、5月11日、朗報が届きましたね。金沢武士団、ライジングゼファーフクオカのB2昇格が発表されました。まず間違いないとは思っていたものの、やはりこうしてプレスリリースされると本当にほっとします。いよいよ来季からはまだ見ぬ新天地での戦いに臨むことができます。チーム数も18チームとB3リーグよりもぐっと増えます。組み込まれるリーグは中地区か [続きを読む]
  • 対 東京サンレーヴス戦 人事を尽くして。
  • 対東京サンレーブス戦5月6日 88-64 (20-13 21-18 31-11 16-22)5月7日 93-62 (25-22 18-6 25-8 25-26)2連勝でシーズンを締めくくることが出来ました!残念ながら、ライジングゼファーも2連勝したため、順位は2位のまま。それでも、できることをやりきってシーズンを終えることができました。これで、結果は出揃いました。今期B3からB2へ上がれるチームが、事前発表通り2チームであるなら、昇格はまず間違いないと思うのです [続きを読む]
  • 対 ライジングゼファー福岡戦。 苦い敗戦も前を向こう。 
  • 対 ライジングゼファー福岡戦。一つでも勝てればファイナル優勝、B2リーグ昇格を大きく手繰り寄せられるはずだったこの2連戦。悔しい敗戦となってしまいました。初戦は完敗。2戦目はフィッツジェラルドを長い時間出せない中で懸命に皆で得点を重ねましたが、あと一歩及びませんでした。これでゼファーに首位を明け渡す形となっています。残りは2試合です。自力での優勝は困難。ゼファーが負けることを期待するしかない立場で [続きを読む]
  • 対 八王子トレインズ戦。着実に星を重ねよう。
  • 対 八王子トレインズ戦。ファイナルステージ第3節。初戦を82−60。2戦目を81-67。しっかりと連勝を刻んでくれました!2戦、計8Qのゲームだったわけですが、どのQも合計得点でリードを許すことなく終えています。安定感のある、しっかりとしたゲーム運びと言ってよいでしょう。得点も過度に特定の選手に集中することなく、チームでバランスよく得点できています。これで、6連勝。実力や実績で上回った相手に取りこぼすことなく [続きを読む]
  • 大塚商会アルファーズ戦。一歩ずつ、一歩ずつ。
  • 対 大塚商会アルファーズ戦。80 (19-13 26-16 15-13 20-19) 61ファイナルステージ第2節を快勝で滑り出しました!スタメンはポマーレ、月野、井上、井出、与那嶺。序盤から安定した試合運びできっちりリードを作り、主導権を握ることができました。ポマーレのリバウンドはもちろん、昨日は井上もしっかりとスコアを残してくれました。そしてビショップが攻守に躍動。得点にリバウンドに。きっちりと結果を残してくれました。す [続きを読む]
  • ファイナルステージ開幕。昇格への準備整う。
  • 対 埼玉ブロンコス戦91(18―7、22―15、34―15、17―20)57完勝です!先週は色々なことがありました。・B2リーグライセンスの交付。これは待ちに待った交付です。ついに認可がおりましたね。これでまずはB2への昇格する資格を手に入れることができました。・B2B3入れ替え戦の不実施の発表。今季はB3リーグから2チームが「入れ替え戦なしで」昇格することが発表されています。これも非常に大きい。まず2 [続きを読む]
  • 第17節 東京サンレーヴス戦①②
  • 第17節 東京サンレーヴス戦1戦目 93-67 (23-10, 30-14, 17-18, 23-25) 2戦目 101-77 (22-17, 24-13, 31-21, 24-26)レギュラーシーズンの行方がかかる最終盤。相手を寄せ付けず、しっかりと勝ち切ってくれました。初戦はビショップが20分しっかり出場し、20点越えのスコアを記録。二戦目はフィッツジェラルドに時間を与えて、やはり20点越えのハイスコアをマーク。選手のローテートもうまく効いているようです。これで、 [続きを読む]
  • 第16節 ライジングゼファーフクオカ戦①②
  • 対 ライジングゼファーフクオカ 16節1,2戦目。1戦目 74-67 (10-16, 28-24, 16-18, 20-9) 2戦目 48-64(12-15, 18-16, 6-17, 12-16)凄まじいゲームでした。ライジングゼファーは強いチームでした。モチベーションも非常に高く、ここまでほとんど負けていない理由、嫌という程分からされました。事実、初戦の序盤は圧倒されましたし、2試合目は苦杯を飲まされました。しかし、初戦勝ち切れたことは本当に大きいです。フィッツ [続きを読む]
  • 第15節 東京海上日動ビックブルー戦 ② と週末決戦について
  • 対 東京海上日動ビックブルー 15節2戦目。99-35 (20-8 27-4 24-18 28-5)週末の試合。遅い振り返りになってしまいましたが、日曜日も土曜日に引き続いて完勝でした。これで22連勝を達成・・・ですが、あまりこの数字には意味はありませんね。大切なのはライジングゼファーとの差を詰めさせず、今週末の決戦を迎えられると言うことです。そう、週末は大一番です。対ライジングゼファーフクオカ。B3リーグの中にあって、我々の一 [続きを読む]
  • 第15節 東京海上日動ビックブルー①
  • 対 東京海上日動ビックブルー 15節1戦目。88-46 (21-12 24-13 22-12 21-9)隙のない試合運びで完勝です!1Qスタメンは、ポマーレ、月野、井手、与那嶺、井上。序盤こそ互角の展開でしたが、ポマーレ、与那嶺の得点で中盤以降はしっかりと展開を掌握。サイズの差も生かす形でビショップ、ポマーレの得点が伸びて9点差をつけます。2Qフィッツジェラルドが無双します。開始3分半で10得点。一気にリードを広げて流れを決定付けてく [続きを読む]
  • 第14節 アイシンAWアレイオンズ安城戦②
  • 対 アイシンAWアレイオンズ安城 14節2戦目。激戦でした・・・。77-72 (10-18 22-16 18-15 19-18 OT 10-5)1Qスタメンは、ポマーレ、月野、井手、与那嶺、井上。1戦目と同じスタメンで臨みます。初戦は大勝を飾った相手。今日はまた別の試合とわかってはいても、若干緊張感の欠如があったでしょうか。初戦とは対照的にシュートが決まらずにリズムに乗れません。反対に敵方の3Pシュートが決まり、流れは相手に。終始チグハグとした [続きを読む]
  • 第14節 アイシンAWアレイオンズ安城戦①
  • 対 アイシンAWアレイオンズ安城 14節1戦目。103-57 (24-10 31-19 22-14 26-14 )19連勝達成です!1Qスタメンは、ポマーレ、月野、井手、与那嶺、井上。序盤からしっかりと得点を決めて相手を引き離します。ポマーレがリバウンドを攻守で抑えることでリズムができましたね。中盤からはビショップを投入。アシストに得点に躍動します。14点リードで1Q終了。2Qビショップ、フィッツジェラルドを並べてスタート。やはりこの日のビショ [続きを読む]
  • 第13節 大塚商会アルファーズ戦②とリーグ展望
  • お仕事の忙しさが全く緩む気配なく、更新がこんな時間になってしまいました。忙しいのはありがたいのですが、度を超えるとなかなかキツいですね。ああ。。。。ゲームが見たい。。。。。さて、愚痴はやめて、とりあえず未消化のゲームを簡単に振り返りましょう。13節 対大塚商会アルファーズ②79-64 (15-17 26-12 17-21 21-14)18連勝を達成してくれました。スタッツを確認すると、ポマーレが20得点9リバウンドで目を引きますが [続きを読む]
  • 第12節八王子トレインズ②+第13節 大塚商会アルファーズ戦①
  • 対 八王子トレインズ 12節2戦目。77-60 (19-11 16-11 14-19 28-19 )対 大塚商会アルファーズ 13節1戦目65-52(12-5 16-12 20-20 17-15)更新が遅れて申し訳ありません。恐ろしいほど昨週から今週が忙しく。。。。。しっかりと試合を見ることができませんでした。この2戦、結果のみUPさせていただきます。申し訳ありません。来週はもう少し時間がありますように・・・・八王子トレインズに因縁を断ち切る勝利。アルファーズにも先 [続きを読む]
  • 第12節 八王子トレインズ戦①
  • 対 八王子トレインズ 12節1戦目。82-58 (23-13 17-16 17-17 25-12 )因縁のあった相手というのは、どのチームにも存在します。武士団にとって、トレインズは正に鬼門の相手です。ファーストステージでは食中毒で選手をそろえることが出来ず、不戦敗。雪辱を期したレギュラーシーズンでもホームで2連敗と返り討ちにあっています。ファーストステージから数えると、都合4試合相手に白星を献上してしまっている相手。そんな不穏な相 [続きを読む]
  • 第11節 埼玉ブロンコス戦②
  • 対 埼玉ブロンコス 11節2戦目。67-54 (12-12 21-14 19-14 15-14)個人的都合により、十分に試合を見ることができませんでした。結果のみ記載させていただきます。すみません。。。前節同様、ロースコアゲームに持ち込まれましたが、慌てることなく勝ち切ってくれたようです。これで14連勝。レギュラーシーズン首位通過に向けて、進み続けるのみです。問題は次節。因縁の八王子トレインズ戦ですね。大きな試練になる予感ですが、 [続きを読む]
  • 第11節 埼玉ブロンコス戦① 薄氷中の薄氷。
  • 対 埼玉ブロンコス 11節1戦目。91-84 (15-16 21-17 18-10 18-29 OT 7-7 OT 12-5)形容しがたいゲームとなりました。。。。。1Qスタメンは、ポマーレ、月野、井手、与那嶺、鈴木。滑り出しは悪くありませんでした。ポマーレ、鈴木と交代で入った井上の3点プレイ。8-4と順調に滑り出した印象でした。しかしその後雲行きが怪しくなります。とにかくシュートが決めきれない。相手も決定力を欠いていた印象なのですが、こちらの得点が [続きを読む]
  • 第9節 豊田合成スコーピオンズ戦①②
  • 対 豊田合成スコーピオンズ 9節1,2戦。1戦目 90-43 (22-10 27-10 22-8 19-15)2戦目 84-76(18-13 25-18 17-23 24-22) 12連勝を達成です!1試合目、2試合目は対照的な試合になりました。1戦目は特に言うことはありません。やることなすこと、全てはまりました。井上、ポマーレ、フィッツジェラルドらがインサイドをきっちり固め、外角からのシュートも妥当に決める。1−3Qは相手を圧倒。40点以上の差をつけます。さすがに [続きを読む]
  • 第8節 東京サンレーヴス戦②
  • 対 東京サンレーヴス 8節2戦目。83-68 (16-20 14-17 28-12 25-19)苦しいゲームを逆転で勝利しました!!スタメンは、井手、後藤、月野、井上、ジーノポマーレ。大勝した一戦目と同じスタメンで臨みます。1Q、後藤のスリーポイントで幸先良くスタートを切りましたが、その後停滞します。シュートがリングに嫌われてしまいなかなか得点できません。一方でサンレーブスは確実に得点を積み一時は7-14とダブルスコアに。もらったフリ [続きを読む]
  • 第8節 東京サンレーヴス戦①
  • 対 東京サンレーヴス 8節1戦目。88-59 (24-7 24-8 25-14 15-30)2017年の初戦を制しました!スタメンは、井手、後藤、月野、井上、ジーノポマーレ。1Q序盤こそ相手にリードを許しますが、すかさず井上の得点でリードを奪うとそこからは地力を発揮。ディフェンスもよく機能して24-7と大きくリードします。2Q、3Qも相手を圧倒。40点を超える大量リードを奪います。4Qはそこまでの流れの反動がきてしまったか、点差を詰められますが [続きを読む]
  • 第7節 ライジングゼファーフクオカ戦②
  • 対 ライジングゼファーフクオカ 7節2戦目。73-61 (20-10 14-17 19-20 20-14)首位攻防戦第2ラウンドも制して、奪首です!!初戦の勝利を無意味にしないためにも大切な2戦目。スタメンは、井手、高松、月野、鈴木、ジーノポマーレ。井上に変えて鈴木がチョイスされました。1Q序盤、0−4と若干出遅れますが、ここからチームターンノーバー、スティールで流れを奪い返します。ポマーレがリバウンド、得点に奮闘すれば、スタメン抜 [続きを読む]
  • 第7節 ライジングゼファーフクオカ戦①
  • 対 ライジングゼファーフクオカ 7節1戦目。67-60 (15-14 19-12 15-13 18-21)首位決戦、そのファーストラウンドを制しました!!スタメンは、井手、高松、月野、井上、ジーノポマーレ。前節と同じスタメン。息詰まる熱戦。厳しくも激しいゲームとなりました。1Q序盤、相手の厳しいディフェンスに手を焼き追いかける展開を強いられます。個人的にゲーム序盤のバロメーターと感じている、井上のシュートも落ち、ミスパスも目立つ苦 [続きを読む]
  • 第6節 東京海上日動ビックブルー戦②
  • 対 東京海上日動ビックブルー 6節2戦目。106-42 (29-11 27-9 24-8 26-14)見事に6連勝です!スタメンは、井手、高松、月野、井上、ジーノポマーレ。昨日と同じスタメンで臨みました。展開は昨日とほぼ似ている印象。ビックブルーはアウトサイドのシュートを主体に攻めてきます。初っ端にスリーポイントをもらったものの、ポマーレの3点プレイ、高松のお返しとなるスリーポイント、井上、井手の得点で11−3とリードしたところで流 [続きを読む]
  • 第6節 東京海上日動ビックブルー戦①
  • 対 東京海上日動ビックブルー 6節1戦目。121-64 (22-10 29-20 16-37 18-33)大勝で連勝継続です!スタメンは、井手、高松、月野、井上、ジーノポマーレ。前の試合活躍を見せた高松が継続してスタメンです。この試合序盤目立ったのは井上。外国籍選手をおいていないビックブルー。サイズの不利があるポマーレのところでは無理に勝負してきません。インサイドを預かる日本人選手として井上の出来がチームの調子に直結すると考えてい [続きを読む]