還暦姫 さん プロフィール

  •  
還暦姫さん: 還暦姫 直子の軽やかおうち介護
ハンドル名還暦姫 さん
ブログタイトル還暦姫 直子の軽やかおうち介護
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/anchorwoman1/
サイト紹介文85歳の母は、10年前から認知症を患っている。娘が日々のおうち介護の様子を軽やかに綴る。
自由文娘直子が還暦姫を称して、認知症の母を、軽やかにおうち介護する様子を楽しく綴る。
4世代同居も、認知症の母にとっては、よい薬のようだ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 26日(平均5.4回/週) - 参加 2016/11/28 14:51

還暦姫 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ゆず湯
  • 昔から、季節の行事を大切にしていた母。冬至でゆず湯に入るのも、忘れなかった。それが今は…季節を感知できない。私は、「今日は冬至だから、ゆず湯よ」と、母に説明するも、母は、「へー?」と言うだけ。続きを読む [続きを読む]
  • ライフサポート
  • 土曜日に内科を受診した。診察までの待ち時間が長く、待ち合い室で、インフルエンザなどのウィルスを貰うのではないかと思った。いつものことなので、受診の時には、母共々、マスクを着用しようと思いつつ、マスク持って行くのを忘れてしまった。約2時間待って、やっと診察室へ。先生「タツエさん、変わりない?」私「はい、特に変わりありません」先生「85歳やね。今。95歳まで頑張りましょか!」母「はい」先生「それにしても、 [続きを読む]
  • 天気がいいので内科受診
  • 昨日は、天気が良かったので、母を内科に連れて行くことにした。内科受診は、2ヶ月ぶり。いつも、42日分貰っている薬がきれたためで、特に、身体の変調はない。いつもの外出の時のように、身だしなみを整えて、お化粧して、歩いて、内科受診に行けることは、幸せなことだと思う。母は、昨日も笑顔がキレイだった。続きを読む [続きを読む]
  • トイレに手すり
  • 秋口から、母は、右ひざあたりが痛いと言い、立ち座りに時間がかかるようになった。トイレでの立ち座りも、悪戦苦闘している様子。トイレの手すりについて、ケアマネージャーに相談したところ、すぐに介護用品のレンタル会社に連絡してくれた。レンタル会社の人に、家のトイレと母の立ち座りの困難状況を見てもらった結果、ツッパリ棒的な手すりがいいとの助言。早速、ツッパリ棒的な手すりを付けてもらった。やはり、手すりがある [続きを読む]
  • 骨密度を保つためにリカルボン錠50mg
  • 母は、約1年前から、骨強化のために、リカルボン錠50mgを服用している。この薬は、破骨細胞による骨吸収を抑えて骨密度と骨強度を高め、骨を折れにくくしてくれるという効用があるそうだ。通常、骨粗鬆症の治療に用いられるそうだが、母の場合、幸いにも、骨粗鬆症には至っておらず、骨強化のためだ。この薬は、毎日服用する薬ではなく、月1回の服用を遵守しなければならない。服用時の注意点は、服用後30分間は、・横になら [続きを読む]
  • デイサービスオフ日はおうち入浴
  • 今日は、デイサービスオフ日。午前中、おうち入浴を行なった。母は、3年前の夏、右足の大腿骨を骨折して以来、入浴は、介添えが必要になった。立ち座りに便利なように、お風呂用の椅子も購入した。入浴中、随時、「はい、洗って!」「はい、手すり持って!」「はい、湯船に入って!」などと、声掛けが必要だが、今日も、無事に入浴タイムを終えた。入浴は、いろんな危険リスクが多いため、毎日の入浴は避けている。介添えする私が [続きを読む]
  • 久々の内科受診ー夏を感じながら
  • 母の認知症の薬は、近所の内科で処方してもらっている。いつも、40日分処方してもらっている。母の場合、この薬を必ず飲まなければ、生命に別状をきたすわけではないので、介護している私は、そういう気の緩みから、薬を飲ますのを忘れることもしばしば。今日は、前回受診してから、約2ヶ月ぶりの受診。夏を感じながら、笑顔で、歩いて内科に行けるということは、元気な証拠だ。続きを読む [続きを読む]
  • 85歳の母。幸せな生涯を一冊の本に
  • 母は現在、85歳。戦後、広島の女学校を卒業し、愛媛県西条市の倉敷レーヨン西条に就職。そこで、父と巡り会った。母は、父と巡り会ったことで、幸せな生涯を送ることができた。母が認知症になる前、私にいろいろなことを語ってくれていた母。その語りを、私が、一冊の本としてまとめることにした。私が、母のゴーストライターになって。阪神タイガース 戦力外通告されなかった あるプロ野球投手の妻の物語続きを読む [続きを読む]
  • 過去の記事 …