たかはる さん プロフィール

  •  
たかはるさん: お空の上から 書く手紙 パパとママへと 届くといいな
ハンドル名たかはる さん
ブログタイトルお空の上から 書く手紙 パパとママへと 届くといいな
ブログURLhttps://ameblo.jp/takaharu0719-0929/
サイト紹介文お空の下にいる、パパとママへの手紙
自由文2015年7月19日に、妊娠7か月764gで産まれ、いくつもの病気と闘ったけれど、2か月の9月29日に死んじゃいました。
お空の上から、パパやママやお姉ちゃんを見ながら、お手紙を書いていきます。
他にもいろいろお話ししたいです。
お空の上のお友だちが増えるといいな。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供272回 / 301日(平均6.3回/週) - 参加 2016/11/28 15:24

たかはる さんのブログ記事

  • お姉ちゃんに初めて会う。(2年前.19)
  • 2年前。9月24日は、お姉ちゃんに初めて会えたんだよ!!個室に移動したら、パパに抱っこされたお姉ちゃんが保育器の中のぼくを見ながら、「たかはる、お姉ちゃんだよ」って、何回も何回も言ってくれたんだよ!パパなんてそれだけで目が真っ赤なんだよ!お姉ちゃんにも抱っこしてもらえたし、お風呂のときも足を洗ってもらえたし、幼稚園の遠足に行ったときの絵も描いてくれたんだよ!先生も看護師さんたちもみんなにこやかだった [続きを読む]
  • 死ぬ前に、お揃いのグッズや思い出を。(2年前.18)
  • 2年前。ぼくを看取るってなってから、パパとママは大急ぎでいろいろな物を作ってくれたんだよ。お揃いのタオルや色紙、キーホルダー、ペンダントや、他にもいつか記事にするけどパワーストーンやお祭りのハッピとか、いろいろオーダーして作ってもらったり買ってくれたんだよ。思い出が少ないからって、いろいろなグッズを買ってくれたんだよ。だかど、迎えたくない現実でも準備しなくちゃって、棺や骨壺とかも泣きながら探して [続きを読む]
  • 『死別を体験した子どもによりそう』
  • パパとママが、著者たちの講義やパネルディスカッションを聞いてきたんだよ。パパなんてぼくやお姉ちゃんのことを考えながら、また泣いていたんだよ。「(内容、アマゾンより)「どうやって生きていったらいいの?」と問う子どもたちにどうよりそうか。毎年自殺や事故によって多くの子どもたちが親を失い、東日本大震災でも多くの子どもたちが身近な人との死別を体験した。子どものサポートにかかわってきた著者がおくる。」『死別を [続きを読む]
  • 誕生2ヶ月(2年前.17)
  • 2年前。9月19日は、ぼくが生まれて2ヶ月だったんだよ。看取るって決まってから、お風呂にも何回か入ったんだよ。点滴やらいろんな管が湯船に入らないように、看護師さんが二人がかりでぼくを支えてくれて、パパとママがぼくをそーっと洗ってくれるんだよ。すっごく気持ちいいんだよ!毎日ママにも抱っこしてもらえて、幸せなんだぁ。2ヶ月記念はね、看護師さんがプレゼントカードをくれたんだよ。身長は37cm、体重は1838gだか [続きを読む]
  • ぼくが死ぬことの、お姉ちゃんの反応。(2年前.16)
  • 2年前。ぼくが死んじゃうことをね、パパもママもお姉ちゃんにはまだ伝えてなかったの。言いづらくって。だけど、お姉ちゃんはパパとママの様子がいつもと違うってことを、なんとなく気づいていたんだよ。お姉ちゃんにはまだ一度も会ってないから、保育器に貼ってある写真でしか知らないんだよ。お姉ちゃんも、ぼくの顔は写真でしか知らないんだよ。パパとママがね、お姉ちゃんにぼくが死んじゃうことを伝えたよ。泣きながら。当 [続きを読む]
  • 初めてパパのだっこ。(2年前.15)
  • 2年前。保育器が変わったんだよ。それまでのふたに覆われたベッドじゃなくて、ふたのないベッドになったんだよ。だから今まではふたの中に手を入れるしかできなかったパパやママのお顔が、すっごく近くに見えるようになったんだよ。パパなんておでこにちゅーしてきたんだよ。点滴も4種類に減ったんだよ。もう、積極的な治療じゃないから。この日はパパに初めてだっこしてもらったんだよ。ママと違って、ごついんだよ。お姉ちゃ [続きを読む]
  • 初めてママのだっこ。(2年前.14)
  • 2年前。看取るって決まって、パパとママは先生たちに要望を書いたんだよ。抱っこしたい、お風呂に入れたい、お姉ちゃんに会わせたい、などなど。声が聞きたいって要望は、ダメだったんだよ。ぼくは口の中に管が入ってて、声も泣き声も出ないから、パパとママはぼくの声を知らないんだよ。他には、お外でぼくに太陽の光と風を感じさせたいっていうのもあって、それはぼくの体調やNICUに十分な人手があるときっていう1番高い望みだ [続きを読む]
  • 看取ることに。(2年前.13)
  • 2年前。望みの少ない再手術をするか、看取るか。十分に頑張ったからもう休んでもらおうって、パパとママは、ぼくを看取ることを先生に伝えたんだよ。先生も看護師さんたちも、「最期まで家族でより良い時間を過ごせるように、要望があったら言ってください」って言ってくれたんだよ。看取る。パパたちは、つらかったんだよ。ドラマ『コウノドリ』の9話で、新生児科医が「諦めたくない」とわずかな可能性にかけて手術の決行を主張 [続きを読む]
  • 宣告。(2年前.12)
  • 2年前。この日は台風でお姉ちゃんは幼稚園がお休み。先生たちがばたばた忙しそうだっんだよ。ぼくのことで、カンファレンスっていう、大事なお話があったみたい。パパとママとお姉ちゃんがお見舞いに来てくれたんだけど、主治医の先生2人に呼ばれて別室に行ったパパとママ。お姉ちゃんは病院にいる保育士さんと遊んで待ってたんだよ。パパとママは、海外から薬を輸入するお話かなと思いながら、それでもひとりの先生がずっとうつ [続きを読む]
  • 毎日お見舞いに来てくれるパパとママ。(2年前.11)
  • 2年前。パパはお仕事を辞めていたから、毎日ママとぼくのところに来てくれた。お姉ちゃんがいるときは待合室でお姉ちゃんと遊びながら、交代で来てくれた。だけどパパはたまに、夜中にもひとりで来てくれてたんだよ。ママとお姉ちゃんが眠ってから、夜中にそーっと来て、明け方ママたちが起きる前に帰るの。NICUは24時間面会可能だったから、パパはふらーっと来てくれた。ぼくは寝てたけどね!だけどたまに目を開けると、パパも椅 [続きを読む]
  • 時に残酷なパパの夢。
  • 近頃のパパは残酷な夢を見る。親指くらいの虫がいて毒を持っていて危なくって、パパはその虫を捕まえて半殺しにしていた。そばにいた人に、「殺さないの?」ってきかれたけどパパは首を横に振った。「死なないだけで、生きてればそれだけでいいんだ」って。パパ、残酷。ぼくのことを思い出して、生きてて欲しかったって。病気のままでもいいから生きていて欲しかったって。そんなこと考えながら半殺しって、虫さんかわいそうだよぉ [続きを読む]
  • 『くまとやまねこ』
  • ママの本棚にある本をご紹介。パパも大好きなご本だよ。「(内容)ある朝、なかよしのことりが死んでしまって・・・。物語はちょっとショッキングな出来事で始まります。くまは泣きながら木箱を作り、花をしきつめ、ことりをそっといれます。大事なものを失くしてしまう、という感覚は、誰の身にも起こりうる事だけど、その心の痛みを代わってあげるということは決してできません。例え、それが小さな心の持ち主であろうと。くまが箱 [続きを読む]
  • 腸の手術。(2年前.10)
  • 2年前。お腹の手術だったんだよ。手術室まで、ママやパパや先生や看護師さんたちが付いてきてくれたんだよ。それが嬉しかったのと、緊張して怖かったので、ぼくは移動中に寝ちゃったんだよ。「大変なときなのに、貴陽くんはどこ吹く風ですね」って先生が呟いて、みんなの空気が和んだんだって。小腸の、真ん中よりも胃に近いほうに孔が開いていて、先生がお腹の外に出して人工肛門にしてくれたんだよ。腸が悪いから体の中で栄養を [続きを読む]
  • 奇策、未承認の薬を輸入?(2年前.9)
  • 2年前。多いときで点滴9種類。輸血もしてるよ。手術をする前にね、先生から別のお話があったんだよ。ぼくは肝臓も悪くなっちゃったんだよ。生まれてから一度も腸も機能していないみたいだし、いろいろ大変な状況の中、それでも先生はいろんなことをしてくれた。先生がパパたちに持ちかけた話、それはね、日本では未承認の薬を輸入して治療にあてようっていうの。肝臓が悪くなっちゃったんだけど、外国ではその治療に効果的なお薬 [続きを読む]
  • 急にむくみだした。(2年前.8)
  • 2年前。急にむくんじゃったんだよ。体重は2日で400g増えちゃって、1400g。顔も耳も脚もお腹もぱんぱんに膨れちゃって、目が片方しか開かなくなっちゃったんだよ。むくみすぎて膝の位置もわからないくらい。ママもパパも、ぼくを見ると目が真っ赤になってたんだよ。だけどいっつも、手を握ってくれたり頭をなでてくれて、それが嬉しかったんだよ。お腹に管を刺してお腹の中の空気を抜いたんだけどね、次の日にまた膨らんできちゃ [続きを読む]
  • 泣きたいときにパパが泣く方法。
  • パパはよく泣く。夕焼けを見たり波の音を聞くだけでも泣けちゃうときがあるんだって。何かを思い出したり、考え込んだり、寂しさだったり。泣きたいときは泣けばいい。ってパパは言うよ。それでもやっぱり人前ではなかなか泣けないから、1人のときにふと泣けちゃうんだって。泣きたいけど泣けなくて鬱々としちゃうときにパパが無理やり泣く方法があるんだよ。1、DVDでドラマ「コウノドリ」を見る。特に小栗旬役の男性が主人公の [続きを読む]
  • 涙ぐむパパ⑤(寝ながら)
  • パパは寝ているときに夢を見たんだって。パパとママとお姉ちゃんの3人で高い山にいる夢。すっごく高くて緑が綺麗で白い雲が下に広がって景色が良くって、パパは思わず「ここから飛び降りたら、みんなで貴陽に会えるね」って言ってたんだって。そうしてパパは、泣き笑いをした。そこで夢はおしまい。目覚めたパパの目からは涙がひと筋流れてたんだよ。センチメンタルパパだ。 [続きを読む]
  • ママに会いたいな。
  • ぼくって、どうして生まれたんだっけ?ぼくって、なんで死んじゃったんだろ。たまーに、寂しくなって、お空の上で泣いちゃうんだよ。ママに会いたいな。 [続きを読む]
  • 松任谷由実「Hello,my friend」(槇原敬之カバー)
  • 夏。20年くらい前なのかな、出た当時からパパが大好きなこのお歌。前にも載せたけど、また紹介するね。聴いてると、パパはぼくのことを考えながらまた泣いちゃうんだよね〜。「Hello my friend 君に恋した夏があったねみじかくて 気まぐれな夏だったDestiny 君はとっくに知っていたよね戻れない安らぎもあるとこを Ah…悲しくて 悲しくて 帰り道探したもう二度と会えなくても 友達と呼ばせてHello my friend 今年もたたみだしたス [続きを読む]