三四郎 さん プロフィール

  •  
三四郎さん: 三四郎の日記
ハンドル名三四郎 さん
ブログタイトル三四郎の日記
ブログURLhttp://koenraku.hatenablog.com/
サイト紹介文ゲームのプレイ日記と日々の備忘録
自由文リネージュ2はグランカインサーバーにてウォークライヤーで活動中
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 120日(平均3.4回/週) - 参加 2016/11/28 16:45

三四郎 さんのブログ記事

  • 罰鯖での歩み
  • ちょいと調べ物してたら過去の罰鯖における勢力図の画像が出てきて、あまりにの懐かしさに見入ってしまった。というわけで今回は罰鯖で私が歩んできた思い出を語ろうのコーナーです。大地に立つ知人からβテストの権利が付属したCDをもらったのが切欠でリネージュ2を始めたわけですが、MUというPOTゲー出身だったのが仇となり、包帯を回復剤だと思って大量に買い込んだり、POTで全然回復しなくてキレたりと、始めた頃は四苦八苦 [続きを読む]
  • チャーリーズエンジェル
  • DCローブを解除しました。おかげさまで超ボンビー!野良で傲慢7F行ってみたわけですが、天使に殴られたら2発程で床舐めるんで厳しい。ちゃんとした編成で挑むか、下手したらバフだけローブでやって後は重に着替えることも已む無しかもしれんな。後、ちらほらと傲慢はまずくなったという声を耳にすることがあるんですが、個人的にはそこまで大差ないと思うんで、みんなもレイドの合間に野良PTへ行こう!来て下さい!お願いします [続きを読む]
  • モチベーションをイノベーション
  • スカイランサーのボス感は異常最近、全くモチベが上がりませんな。アップデートが来てからというもの、レイドレイドの毎日でおよげたいやきくん状態です。確かに経験値的には美味いんだけど、レイドのスケジュールがギチギチ過ぎて野良PTを募集しても人が集まらない事が多くなってきております。普通PTやら槍PTも楽しいんだぜ。そういえば今更だけど、クラシック鯖のソウルクライってゴミみたいな威力になってたんですね。65に [続きを読む]
  • プロゲーマーごっこをして教訓を得た話
  • MUに飽きてからというもの、拭い切れない喪失感から悶々とした日々を過ごしていたある日のこと、新たな開戦を予感させる一陣の風が吹いたのであった。そのゲームこそ世界中のキッズ達を夢中にさせ、今も尚人気沸騰中のFPSゲーム「Counter-Strike」である。今回はこのゲームを通して、私がプロゲーマーの真似事をして失敗した話を語ろうと思います。切欠と結成当時は野鯖(みんなでワイワイ遊ぶサーバー)で遊ぶ程度だった私は [続きを読む]
  • 移籍しました。
  • Hybrid血盟に体験入隊しました。お世話になります。昨晩はグラン鯖初のザケン討伐が行われたようで、自分も参加しようと思っていたのですが、昼寝して起きたら夜中だったという残念な結果になりました。どうやら結果は失敗に終わってしまったそうですが、ザケンのHPを5割まで減らせたそうなので、そのうち討伐出来そうですね。ここらへんはトライ&エラーの繰り返しで、折れないハートが重要となってくるでしょう。クストが来 [続きを読む]
  • アデン大陸カントリーサインの旅
  • バイウムの司祭を初めて見た時に思った。そういえば水曜どうでしょうの新作をやるみたいですね。楽しみです。今週はクストが来なかったので、やる気が微妙に下がり気味ではありますが、相変わらずレイドや野良にはしっかり通っているおかげで、64になりました。これでガイダンスが3になり、残すところはフォカとVレイジのみ。ウォクの厳しいところはバフの完成が68と遅いところですね。しかし、公式での発表があったようにフィ [続きを読む]
  • ドクターW
  • これは一匹狼のウォークライヤーの話である。オーク村のシャーマン達は弱体化し、命のやり取りをするバッファーもついに弱肉強食の時代に突入した。その危機的なバッファーの穴埋めに現れたのが、フリーランスすなわち一匹狼のウォークライヤーである。例えばこの男、群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌いウォークライヤーのライセンスと、叩き上げのスキルだけが彼の武器だ。ウォークライヤー三四郎、またの名を「ドクターW」 [続きを読む]
  • そして俺は斧を捨てた。
  • オークレンジャーに転職しました。右手を添えるはナポレオンの如し、ナポレオンは左手でしたっけ?どうでも良い話は置いといて、結界タリスが150Mでも売りがなさそうなので、とりあえず貯めたアデナを使ってDCローブセットとハザードボウを買いました。弓は司祭レイドやら70以上のレイドであれば便利だなと思っていたのと、オリンでもちょっと使ってみたいと思っていたので、来期のオリンが楽しみですな。DCローブは買うつもりな [続きを読む]
  • 三四郎の村へようこそ!
  • 連日連夜のレイドのおかげで完全にパリピです。ウェーイ!先日は新たに追加された司祭シリーズを討伐すべく、70レイドに紛れ込んできました。どうやら低確率でボスアクセもドロップするようなんですが、何より驚いたのが一体辺りの経験値が11mも貰えるということです。こうなったらもうレイドだけでレベル上げて、後は釣りしときゃいいんじゃないかな・・・。そういえば同じPTに、グランカインで最も愛されている盟主と噂される最 [続きを読む]
  • レイド美味すぎ問題
  • 昨晩のレイドツアーにて無事に峠を越えました。長時間に及ぶツアーだったので、中の人の峠も越えそうでしたが・・・。それにしてもアップデート後のレイドはどれも経験値が大幅に増加しており、一体辺りおよそ1m以上は貰えるようになってました。おかげで60の90%から61の30%まで上がりました。美味すぎんぞ!もっとやってくれ!問題はこれからソロはどこで狩りしたら良いのか。フィールドの経験値が軒並まずくなってしまったので [続きを読む]
  • 三四郎、壁こえるってよ
  • 大型アップデートがやってきました。ゲートキーパーもお立ち台でスポットライトを浴びるレベル。ラストの1.5倍をフルに生かして何とか70%まで持ってきました。さてアップデートで色々変わってしまいましたが、青狼シリーズにスタン耐性が付いたり、第二の故郷だった栄光の平原がゲロまずくなってしまったりと阿鼻叫喚が飛び交う中、地味に嬉しかったのがチャントオブヴァンパイアの効果がライブに近い感じになったことですかね。 [続きを読む]
  • 第二の壁ってやつ
  • もみくちゃの中、とうとう第二の壁であるLv60に到達しました。ある人の話によると第一の壁である55より楽だと言ってましたが、言ってた本人が急に71のキャラを捨てて、タイラントを育て始めて既に70になっているという頭のネジが1万本ぐらい足りない人なので、参考にはならさそうですね。60といえば布染めクエストが受けれるようなので、それも終わらせて行かないといけませんね。グランカインでは頻繁に布染めPTが開催されてい [続きを読む]
  • 傲慢なアサシンは狩場を探す
  • 実写映画化が発表されたのが2年ほど前だったかな?漸く待ち望んでいたアサシンクリードの映画がやってくるようです。Xboxで最初に買ったゲームがギアーズオブウォーとこれでしたね。ギアーズも随分と前に映画化の話が出てたけど、話が頓挫しているのか全く出てきませんな。日本と同じく海外もゲームの実写化は多数あって、ここ最近だとウォークラフトなんかは有名ですね。個人的にはハリウッドの莫大な資産を使ってバイオショック [続きを読む]
  • 仁義なき染料
  • そういえば以前のミュジーックステーションでタトゥーがドタキャンして、ミッシェルガンエレファントが代理でライブを行ったという珍事がありましたね。確かデッドマンズギャラクシーデイズをやってたような・・・。リアルタイムで見てて、ドタキャン云々よりもゴールデンタイムにミッシェルガンエレファントが見れるなんてと興奮してたような覚えがあります。リネ2はと言いますと、ライブ時代には弄れなかったはずの染料によるINT [続きを読む]
  • もうちょいやれることありそう
  • 紙タバコをやめて、加熱式タバコiQosにして半年程が経ちました。「実際どうなの?」とよく聞かれますが、個人的には超オススメします。まず灰が出ないというのがもうストレスフリーなのと、匂いは若干ありますがタバコ程の嫌な匂いでもなくすぐ消えるので、部屋や服に匂いがつかない。慣れるまでに多少は味に違和感はあるけど、間違いなくオススメ。レッツiQosライフ。リネ2は2月になってからのオリンが始まりまして、私も参加 [続きを読む]
  • ネトゲと出会って全員が廃人になった話
  • 学生になっても相変わらずゲーセン通いが続いていた頃、行き着けのゲームセンターにネットカフェが併設されました。ネットカフェと言っても店の一角だったスペースを利用してパソコンを並べただけで、どちからといえば海外にあるようなPCBANGに近かったですね。その店の店長からオススメされて始めたのが「MU 奇蹟の大地」というMMORPGでした。かくしてネトゲ廃人となる火蓋が切られたわけです。とにかくネットゲームというも [続きを読む]
  • カベの向こう側
  • 「オレが手に入れてやる・・・・!”その領域”・・・」「”カベの向こう側”を・・・!!」というわけで苦節55年、とうとうこの時がやってきました。経験値1.5倍だから追い込むぜーとやっきなってたものの、晩飯を食べてからダラダラしてたら寝てたという失態を二日共やってしまい、結局は普通の狩りと変わりない状態で追い込みすることになりました。最後の3%辺りがマジで辛過ぎた。これでヘイストが2になり、アキュメンとデスが3に [続きを読む]
  • ○すべて
  • オリンに二週ほど参加してみた。PvPはやらないつもりだったけど、報酬に目が眩んでしまった・・・。というのは建前で本音はちょっとやってみたら面白かったから。俺の中に眠る獅子が目覚めたんだな。PvPするなら正直ウォクでやるより、短剣でやりたいってのがあるから、とりあえずどんなもんか試す感じで数十戦やってみた感じ、めちゃきつい。こっちのフィアーが決まればワンチャンっていう運ゲーしてたけど、スタンや精錬帽による [続きを読む]
  • インド人を右に
  • 格ゲー黎明期における情報収集源といえば、ネットやらスマホなんてものはなくて、ゲームセンターに置いてあるコミュニティノートや雑誌なんかがもっぱらで、中でも「ゲーメスト」はゲームセンターに通う人達にとってバイブル的な存在でした。ところがこの雑誌、情報の多さも然ることながら誤植の多さも凄かった。リネ2はと言いますと、相変わらず壁だりー壁だりーなーと言いつつもソロしたり、野良PTで傲慢に通う日々が続いて [続きを読む]
  • 折り返し
  • 先日、慶應大学にてプロゲーマーの梅原大吾氏の講演会が開かれました。私が梅原氏を知ることになったのは、ストZERO3時代に行われた世界一決定選がTVで放送された時に、日本最強のプレイヤーとして登場した時です。開口一番、対戦相手のアレックスに対して「負ける要素はない」と言い放ち、こんな愛想ないやつが日本一なのかと当時は思ってました。「BeasTV」17/1/19 - 一日ひとつだけ強くなる 慶應丸の内シティキャンパス講演 [続きを読む]
  • 自分が格闘ゲームをやらなくなった話
  • 私は格闘ゲームが大好きでした。学生時代は鬼神の如く対戦を繰り返し「相手が誰であろうと勝てば良い、勝率こそが全てだ」と思い込んでいたので、とにかく乱入しまくってました。おかげさまで地元でもかなりの腕前になっていたと自負しても良いでしょう。しかし、強さに反比例して対戦相手は減っていく一方でして、最初は知人や常連連中もワイワイと乱入してくれてはいたものの、やはり対戦ゲームというものは勝てないとつまらな [続きを読む]