宮中魂 さん プロフィール

  •  
宮中魂さん: 宮田中学校 野球部
ハンドル名宮中魂 さん
ブログタイトル宮田中学校 野球部
ブログURLhttp://miyadabaseballclub.blog.fc2.com/
サイト紹介文選手のレベルアップのために、野球の学び情報や全国大会までの中学軟式野球の情報を載せています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供307回 / 203日(平均10.6回/週) - 参加 2016/11/28 22:14

宮中魂 さんのブログ記事

  • 【記事】 マイペースで走る難しさと解決策
  • 有森裕子 実は難しい、「マイペースで走る」ということレースでの順応性を鍛える「ウエーブ走」のススメ2017/6/13 有森裕子=元マラソンランナー今年も早いもので半分が終わろうとしています。徐々に梅雨に入っていくこの時期、ランナーの皆さんにとっては、外で走れない鬱々とした日々が続くかもしれません。しかしそんな時こそ、駅や職場での階段の上り下りなど、普段の生活でできる体づくりを目的としたトレーニングを [続きを読む]
  • 【記事】 「 本番に強くなる 」ために必要なことは
  • 格闘技界のチャンピオンメーカー・古家政吉さんに聞く2017/6/1 茂田浩司=ライター「万年2位」と「チャンピオン」の違いはメンタルの強さ パーソナルトレーニングで指導した5人の選手が全員「K-1チャンピオン」になる快挙を達成し、格闘技界の“チャンピオンメーカー”として知られる古家政吉さん。もともと、トップアスリートや芸能人のパーソナルトレーニングを指導していたが、10年前、偶然知り合ったプロ格闘家に「フィジカ [続きを読む]
  • 【記事】 プロ野球から学ぶ配球について(右投手VS右打者)
  • 外角を中心に、内角の直球系を織り交ぜる 〜右投手vs右打者〜  「右投手vs右打者」の投球割合を見てみましょう。1位が外角低めの曲がる系、2位が外角低めの直球系など、トップ5は「左投手vs左打者」とほぼ同じようなランナップになりました。 つまり「左投手vs左投手」「右投手vs右投手」という、打者にとって曲がる系の球が外に逃げていくような体感となる2つのシチュエーションでは、いずれも外角での直 [続きを読む]
  • 【記事】 高校野球二塁送球タイムランキング
  • 捕手セカンド送球タイム※捕手が捕球してから、セカンドが捕球するまでのタイムセンバツ沸かせた二人を抜いて蔵野真隆(智弁和歌山)が1位へ!1 蔵野真隆(智弁和歌山)3年 179/80 右/右 1.82秒 春季近畿大会 NEW!2 篠原翔太(報徳学園)3年 177/80 右/右 1.87秒 秋季近畿大会 3 古賀悠斗(福岡大大濠)3年 174/74 右/右 1.88秒 明治神宮大会 4 森康太郎(静岡)3年 168/68 右/右 1.89秒 選抜高校野球 4 福井章吾(大阪桐蔭 [続きを読む]
  • 【記事】 プロ野球から学ぶ配球について(左投手VS左打者)
  • 外角への直球系と外角低めの曲がる系で約5割 〜左投手vs左打者〜  まずは「左投手vs左打者」の投球割合から見てみましょう。 投球を【「3つの球種タイプ」×「3つのコース」×「3つの高低」=27】に分類し、それぞれの投球割合を算出。ランキングで並べたのが上の図になります。27パターンのうち上位4パターンが外角への投球になっており、5位に内角高め(インハイ)への直球系となっています。 もちろ [続きを読む]
  • 【記事】 夏を獲る執念と前向きな心(作新学院高校)
  • 現状に満足せず、いかに欲を持つか前向きな姿勢が夏の勝利へのカギとなる栃木県の球史に残る、前人未到の夏5連覇を継続している名門・作新学院。能力の高い選手が揃っているだけに毎年の好成績も当然のような気がしてしまうが、実は決してそんなことはない。 秋季大会の敗戦から夏の復活へ。プラス思考で目指す頂 2013年夏の世代。1年夏から甲子園を経験する主将・山下勇斗(現・法大)という注目捕手こそいたが、秋はな [続きを読む]
  • 【記事】 人一倍努力するウサギ イチロー
  • (※2016年8月10日の日本経済新聞の記事より)マーリンズのイチローが大リーグ通算3000安打という金字塔を打ち立てた。本名の鈴木一朗改め「イチロー」としてプロ野球記録のシーズン210安打を放ち、一躍スターダムにのし上がったのはオリックス時代の1994年だった。同年、「パンチ」としてイチローとともに売り出されながら、成績が振るわず引退したのが現在タレントとして活躍するパンチ佐藤さんだ。当時のエピソードや偉大 [続きを読む]
  • 【記事+動画】 分析+コミュニケーションで勝利を呼んだ守備シフト
  • ※スポーツ報知(23日 巨人1−0阪神)三塁線を抜けた瞬間、誰もが二塁打を連想した。同点、いやサヨナラ負けまで頭をよぎったに違いない。だが、左翼手・亀井は左翼線上に最短距離で入り、体の正面で打球を処理して二塁へ送球。単打に変えた。この隠れた好プレーが、白星につながったと言っても過言ではない。 1点リードの9回。先頭は左打者の糸原だった。この試合前まで30試合に出場も打率2割4厘、本塁打のないバッタ [続きを読む]
  • 【動画】 シンプルで効率よく行われる練習(奈良大附属高校)
  • 昨年の選抜で優勝を飾った智辯学園と春夏通算50回の甲子園出場回数を誇る天理。そんな全国にその名を轟かせる奈良の「二強」に果敢に挑んでいるのが奈良大附属。現在行われている「春季近畿地区高校野球奈良県大会」の準決勝ではその天理を破り、本日(5月16日)に行われる決勝戦で智辯学園と対戦する。「二強」に迫る勢いで力をつけてきている奈良大附属は普段どんな練習をしているのだろうか?限られたスペースで行われる [続きを読む]
  • 【記事】 太陽光が体に良い「3つの理由」
  • ■ 結論 ■(1)血圧が下がる(2)近視抑制に効果(3)ビタミンDを作る■血圧を下げる「紫外線を浴びることで血圧が下がることが報告されています」 こう言うのは東邦大学医学部の東丸貴信名誉教授だ。報告したのは皮膚科学のエキスパートで英国エディンバラ大学のリチャード・ウェラー医学博士。皮膚が紫外線にさらされると、皮膚細胞に蓄えられた一酸化窒素が放出されることで血管が広がり、血圧が下がるという。実際に日 [続きを読む]
  • 【知識】 水分補給のポイント
  • 運動前、5〜15度の冷水をコップ1〜2杯飲み、その後はこまめに水分補給。「のどが渇いた」と感じるのは、すでに脱水状態です。そう感じないように少しずつ飲みましょう。身体は体液より薄いものしか吸収しないので、基本は水。ただし、練習後半や炎天下など、エネルギー補給も必要なときは、スポーツドリンクに切り替える。最初から糖分が多いスポーツドリンクだと、体内の水分が逃げてしまうので注意が必要です。利尿作用のある緑 [続きを読む]
  • 【動画】 変化球が打てるようになる!?話題の「軸足理論」とは。
  • プロ通算403本塁打の実績を持つ山?武司さん。球史に残るホームランアーチストはバッティングにおいて最も重要なのは軸足の“タメ”だと言う。だが、それに気づいたのはなんとプロ入り20年を経てからだったそうだ。39歳で二冠王に輝いた打撃の達人に究極の軸足理論を聞いた。こんな球児は動画をチェック!上体が前に突っ込みやすい身体の開きが早い下半身の体重移動がスムーズにできない山?武司の軸足の使い方【ポイント①】 [続きを読む]