宮中魂 さん プロフィール

  •  
宮中魂さん: 宮田中学校 野球部
ハンドル名宮中魂 さん
ブログタイトル宮田中学校 野球部
ブログURLhttp://miyadabaseballclub.blog.fc2.com/
サイト紹介文選手のレベルアップのために、野球の学び情報や全国大会までの中学軟式野球の情報を載せています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供334回 / 262日(平均8.9回/週) - 参加 2016/11/28 22:14

宮中魂 さんのブログ記事

  • 【記事】 疲労回復マネージメント
  • 心身ともに緊張し、プレーが終わったときには身体がグッタリしていることも少なくありません。これが連戦になるとさらに一日一日の疲労が積み重なって、パフォーマンスが低下したり、疲労によるケガを誘発しやすくなったりします。一日の疲れを翌日に持ち越さないためにも、普段から出来ることを心がけておきましょう。●クールダウンを入念に疲れてしまうとそのまま休んでしまうことも少なくないのですが、翌日に疲労を残さないよ [続きを読む]
  • 【記事】 アスリートにとっての、炭酸との付き合い方
  • 「炭酸は体に悪いから飲んではダメ」と言われたことがあるかもしれません。確かに市販の炭酸飲料(ジュース等)にはかなり多くの糖分が含まれており、飲みすぎるとペットボトル症候群(急性糖尿病)を引き起こすほか、炭酸飲料に含まれるリン酸はカルシウムの吸収を阻害し、内臓への影響も懸念されています。しかしこれはあくまでも糖分が多く含まれた炭酸飲料の話。糖分を含まない炭酸水についてはうまく活用することで、血行促進 [続きを読む]
  • 【記事】 「選手を絶対に叱らない」野球指導者が教える「勝利とは何か」
  • 夏の甲子園出場を決める地方大会が佳境を迎えている。おそらく全国の強豪校の指導者は、トーナメントに勝ち抜き、たった一枚の甲子園行きの切符を手に入れるため、すべてを犠牲にして厳しい練習を選手に課し、また選手たちもそれに耐えてきたはずだ。そして、多くの日本人はそのことに疑問を感じることは少ないだろう。しかし、選手ひとりひとりの「個人の成長」を考えた場合、「目の前の勝利」を最優先にすることは、はたし [続きを読む]
  • 【記事】 暑さの中でも気持ちよく走るために知っておくべきこと
  • 暑さに勝つにはどうする?夏の暑い時期は、よほどの注意をもって行うのでなければ、キツいトレーニングや長距離を走るのに向いていません。このことを肝に銘じて、安全で健康的なこれらのヒントを覚えておくことと良いでしょう。ペースで走るのではなく、努力で走る:暑さの中で走ることは、感覚で走ることのよいトレーニングになります。ペース重視ではなく、いつもとは違ったやりかた、つまり「時間」や「努力」を目安にし [続きを読む]
  • 【記事】 睡眠時間を削るのは最悪の選択
  • どんどんふくらむ睡眠負債の先は?【白濱】どうされましたか?――先生のところへ行くと人生が変わる睡眠法を教えていただけると聞いたのですが……。『人生が劇的に変わる睡眠法』(白濱龍太郎著・プレジデント社刊)【白濱】そうでしたか。それじゃあ、まず睡眠時間はどのくらいか教えてもらえますか?――平均4〜5時間くらいだと思います。【白濱】それは、少ないですね。睡眠が短くなると、体の疲れはとれないし、脳は情報整 [続きを読む]
  • 【記事・動画】 (埼玉県)浦和学院野球部 夏大会直前の平日練習
  • 156校が参加する埼玉大会が8日に開幕した。3連覇を狙う花咲徳栄を追うのは、同じAシードの浦和学院だ。3年連続の秋春連覇を果たし、春の関東大会でも2年ぶり6度目の優勝。この勢いに乗り「逆襲の浦学」となって頂点まで駆け上がる!そんな浦和学院の、ナツタイ直前練習に潜入した。春夏22回の甲子園出場を誇る名門の、スピード感あふれる平日練習をレポートする。(取材は6月23日に行われました)26年間の監 [続きを読む]
  • 【記事】 コース別ゴロの割合と外角中心の配球について
  • ■投球の基本はあくまで外角にある 「無難に外角一辺倒」。現役時代に名捕手として名をはせた野村克也氏は、嶋基宏(楽天)の配球にたびたび苦言を呈している。もちろん、これは嶋が楽天監督時代のまな弟子だからこその辛口なエールだろうが、それにしても「捕手のリード」は今なお議論が尽きないテーマのひとつである。中でも、「外角一辺倒」で「強気に内角を攻めない」ことに対する指摘は、野村氏に限らず耳にする機会が [続きを読む]
  • 【記事】 データから救援投手の最適配置を考える
  • tRAは奪三振・与四球・被本塁打の3項目に加え、フィールド内に飛んだ打球の質(ゴロ・内野フライ・外野フライ・ライナー)まで細かく評価し、打球の運や守備力の影響を排除した仮想的な失点率を求める。通常の失点率が「実際に何失点したか」を表すのに対し、tRAは「何失点分に相当する投球をしたか」を表すもの■防御率では投手の能力を評価できない 話を展開する上でまず必要となるのが、「投手の能力」と「局面の重要度」 [続きを読む]
  • 【記事・動画】 ソフトバンク 東浜 巨投手 パフォーマンス術
  • 沖縄尚学3年春のセンバツでエースとして同校を優勝に導き、大学でも数々の記録を残してナンバーワン投手と称された東浜巨投手。プロ4年目の昨シーズン序盤から一軍に定着し、飛躍を続けるいま、好調の要因につながる取り組みについて、じっくり話を聞きました。「レベルの高いチームの中で結果を残すために、トレーニングから栄養補給まで細かく意識しています」納得できるトレーニングが戦い抜く自信につながる高校や大学 [続きを読む]
  • 【記事】 イノベーション手法「X-edit」とは何か
  • 「イノベーションを起こせ」と言われたとき、「ゼロからイチを創造せよ」ということだととらえる人が多いかも知れません。 しかし、実はそれとは別に「すでに存在しているイチ同士を掛け合わせる」というイノベーション手法──すなわち「編集」というやり方があります。編集と言っても、雑誌やコミックスを作るわけではありません。編集は、コンテンツ制作以外にも応用できる、現代ビジネスの1つのキーワードとなりうる技術 [続きを読む]
  • 【記事・動画】 金子千尋 投球術・変化球の秘密
  • カットボールとの出会い金子にはピッチングの師匠がいる。静岡県内のテレビ局に勤務していた矢野典佳という人物だ。「今度、いいピッチャーが入ってくるので見てもらえますか」長野商の監督(当時)・山寺昭徳に誘われ、ピッチングを一目見るなり、矢野は金子の素質にほれこんだ。「これはすごいピッチャーだな……」どこに惹かれたのか。「千尋は僕の理論と合致した投げ方をしていた。足から順に腰、肩とスムーズに運動が連鎖してい [続きを読む]