teruc さん プロフィール

  •  
terucさん: Next Azure Racing - Teru
ハンドル名teruc さん
ブログタイトルNext Azure Racing - Teru
ブログURLhttp://nextazureracing-teru.hatenablog.com/
サイト紹介文クラウド系エンジニアのロードバイク初級ブログです。レースやトレーニング、機材など。
自由文ロードバイク4年目の初級者です。
レースレポートやトレーニング、機材、ZWIFTなどロードバイクにまつわる様々なことを書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 117日(平均0.9回/週) - 参加 2016/11/28 23:15

teruc さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 大磯クリテリウム第6戦 ビギナーDNF
  • 結論から言うと、集団からは早々に千切れ、最終周回でちょい接触からのDNFでした。写真はレース後に登ったヤビツ峠にて。以上!と思ったけど、一応振り返りを。大磯クリテリウムはシーズンオフの冬の間に大磯ロングビーチの駐車場を活用して毎月行われるウォークライドさん主催のレースです。シンプルな周回コースで距離も短く、ピュアビギナークラスもあり初心者にも配慮されているし、エリートクラスでは有名な強豪 [続きを読む]
  • ブレーキ片効きの意外な原因
  • ブレーキキャリパーがブレーキをかける度に偏ってしまう。何度センタリングの調整をしても一度引いただけでズレてしまう。フレームを組み換えた直後も同じでした。ブレーキキャリパーはフレームに規定トルクで取り付けてあります。これ以上締め付けてもフレームにダメージがあるので、絶対にやってはダメ。一度取り外して気付いたのは、取付ワッシャー(いわゆるギザワッシャーではなくザラワッシャーとかジャリワッシャーとか [続きを読む]
  • Cannondale SuperSix EVO hi-mod 2016 完成
  • 注文していたハンドルが届きました。実はここに至るまでにハンドルを3本注文しています。全部AliExpressで1本約30ドルのものを3本。送料無料なので合計1万以下でした。ヤバいですね。安過ぎですね。ひとつはリーチが長過ぎてNG、あとはハンドル幅の違いで400mmと420mm。カーボン製のエアロタイプです。いわゆる中華カーボン。ブランド品なら10倍くらいの値段なので、こんな買い方は出来ないです。品質の違いを見るため、あえて異 [続きを読む]
  • Cannondale SuperSix EVO hi-mod 2016 組み立て4
  • ここまででDi2ケーブルの配線とBBの取り付けが終わっているので、後はコンポーネントを組み付けて調整するだけです。前回ダウンロードしたディーラーマニュアルを参照しながら、クランク、フロントディレーラー、リアディレーラーの順に取り付け、Di2ケーブルも接続しておきます。フロントディレーラーは先にDi2ケーブルを接続し、ケーブルガイドに挟んでから直付台座に取り付けます。台座は最初からフレーム付いており、フロン [続きを読む]
  • Cannondale SuperSix EVO hi-mod 2016 組み立て3
  • 今回はDi2ケーブルをフレーム内に配線し、BBの取り付けを行います。順序は重要ではありませんが、シマノのディーラーマニュアルに従って配線、セッティングします。マニュアルはこちらから。http://si.shimano.com/#/ja/search/Seriesプルダウンでコンポーネントのシリーズを選択して、検索を押します。そうするとシリーズ毎にDMから始まるマニュアルが見つかると思います。パーツごとに表示されますが、コンポーネント単位で1 [続きを読む]
  • Cannondale SuperSix EVO hi-mod 2016 組み立て2
  • 今日はフロントフォークのコラムカットとステム、トップキャップの取り付けまで。ご覧の通りコラムが非常に長く出ております。付属のコラムスペーサーを全部入れても全く足りない長さです。フレームセットってコラムカットが必須なんですね。まずはステムが届いたので仮組みします。3T(スリーティ) ARX2 PRO +-17° 100mm ST-3T-091出版社/メーカー: 3T(スリーティー)メディア: スポーツ用品この商品を含むブログを見る3T [続きを読む]
  • Cannondale SuperSix EVO hi-mod 2016 組み立て1
  • フレームセットからの組み立てですが、コンポは今のフレームからUltegra Di2 6870を載せ換えます。ハンドルとかステムを調達するので1〜2週間くらいは掛かりそう。その間ローラーに乗れなくなるのは困るので、今のところ出来るのは。。。ほとんどない!というわけで、今回はパーツの確認をして、ガラスコーティングとフレームの仮組みまで。付属品を確認します。フレームとフロントフォーク。ヘッドパーツ。左上がトップキ [続きを読む]
  • Cannondale SuperSix EVO hi-mod フレームセット入手
  • 約4年前、最初のロードバイクでCannondale CAAD10に乗って以来、Cannondaleには思い入れがあり、いつかはSupersix Evoに乗りたいと憧れのような気持ちを持っていました。その後、GraphiteDesignのZaniahという素晴らしいカーボンフレームを頂いこともあり、CAAD10とはお別れ。多数のレースやイベントにZaniahで出場してきました。しかし、2016年モデルのSupersix Evo hi-mod Team Editionのデザインを見てから、いつかオークショ [続きを読む]
  • サイクリストにおすすめの読み物 14作品
  • 年末年始は乗り込むぞと気合を入れていたものの、仕事からの一時の解放感からか熱を出して寝込んでしまいました。そんな人にもおすすめのロードレースに関わる小説やノンフィクションを一挙に紹介したいと思います。どれもロードレースをやっている人なら感情移入できること間違いなし。ロードレースやロードバイクをやっていない人でも、専門的な内容には解説が入るので、楽しめるはずです。1. サクリファイスサクリファイス (新 [続きを読む]
  • そでがうらサイクルセンチュリーマラソン
  • 2016年最後のレースとして袖ヶ浦フォレストレースウェイで100kmのセンチュリーマラソンというカテゴリで走りました。前日深夜までQiitaに投稿する記事を書いていて寝たのが3時過ぎ。寝坊するだろうなと思ってたら寝坊した。幸い10時スタートだったので、7時に起きて急いで準備して出掛けて間に合いました。朝コンビニで朝食を買う予定だったけど少しでも早く到着することを優先したかったので、現地に着いてたこ焼きを食べて補給。 [続きを読む]
  • パワーメータ 4iiii Precisionを1年半使ってみて
  • 4iiii InovationsというメーカーのPrecisionというパワーメーターを1年半程使用してきました。現状最も低価格なパワーメーターのはずですが、周囲で使っている方がいなかったので、購入の経緯や使用しての感想をまとめておきたいと思います。4iiii Inovationsの公式サイト4iiii Innovations - Sports Performance Technologies日本ではまだマイナーな格安パワーメーターですが、結論から言うとPrecisionを購入してとても満足し [続きを読む]
  • リアディレーラーが壊れてた
  • 気が付いたのはツール・ド・おきなわでのレース後半、脚攣りや力が尽きてきたころ、フロントをインナーでリアをロー寄りに変速するとチェーンがディレーラーに挟まってジャリジャリという音と共に脚に負荷を感じました。しかし、レース中に止まって冷静に修理する自信もないので騙し騙し走っていました。帰宅してからチェックすると、フロントをインナーでリアをのロー側のギアを変えていくと、チェーンがテンションプーリーに乗り [続きを読む]
  • Stravaのクラブでグループライド
  • 先週はStravaのクラブ機能を利用して集まった方々とグループライドに行ってきました。最近、Stravaのスマホアプリで、普段走っているサイクリングロードの名前が付いたクラブが表示されるようになったので、何気なく登録していました。しばらくすると、グループライドが企画されたので参加させていただきました。10名程の参加者がいつも走っているサイクリングロード上に早朝から集まり、各々の都合によって途中参加や途中離脱 [続きを読む]
  • レース中に補給食を摂るための工夫
  • 長距離のロードレースやソロでエンデューロに参加するようになってから最近導入して良かった物をご紹介したいと思います。レースに参加しはじめてからしばらくはチームエンデューロにばかり参加していたので、連続での走行時間は長くても1時間程度で、走行中の補給食はあまり考えずに済んでいましたが、最近は100km以上を単独で走るレースにも出場するようになり、高速巡航する集団内などでは補給食を摂るタイミングが難しく課題 [続きを読む]
  • ツール・ド・おきなわ 100km 初参戦
  • 「ツール・ド・おきなわ 100km」に初参戦し、今後の自分ためにレースレポートを残しておきたいなと思ったので、ブログとして開設しました。結果は完走で160位台なので、レース展開も何も無く、上位の方の参考になるようなものではありません。目標はしっかり出し切っての完走。まずスタート前、7時過ぎにはスタート地点に到着していたので、まだ3時間はあるなぁと。ひと通り準備とアップをして、列に自転車を並べます。オーバー40 [続きを読む]
  • 過去の記事 …