kabutomusi さん プロフィール

  •  
kabutomusiさん: kabutomusi.com
ハンドル名kabutomusi さん
ブログタイトルkabutomusi.com
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/ytrei765
サイト紹介文「今日を見て、明日を読む」…株式投資の羅針盤!
自由文コピペブログですが、私自身が納得するとともに、皆様に是非お伝えしたい記事を厳選して投稿いたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供736回 / 298日(平均17.3回/週) - 参加 2016/11/30 11:46

kabutomusi さんのブログ記事

  • 貧乏な家の子どもがお金持ちになれない本当の理由と「思考格差」の正体
  • 貧乏な家の子どもがお金持ちになれない本当の理由と「思考格差」の正体子どもに貧困が連鎖する本当の原因は「親の子育て」にあります。「所得格差が教育格差を生み、貧困が連鎖していく」という説は、厳密には正確ではありません。(『午堂登紀雄のフリー・キャピタリスト入門』午堂登紀雄)「親の経済格差⇒子の教育格差⇒連鎖する貧困」はどこまで本当か相関関係はあっても、因果関係はない雑誌やネットのコラムなどで、「親の所 [続きを読む]
  • 「億り人」になる最後の決め手は、知識でも初期資金量でもない
  • 「億り人」になる最後の決め手は、知識でも初期資金量でもない全世界の市場参加者に勝つために必要なたった一つのモノトレードによって資産額1億円を達成した人のことを、俗に「億り人(おくりびと)」といいます。そのような呼称が生まれるくらい「投資で1億の資産を作る」という壁は高く険しいと同時に、いつかは超えたいものでもあります。ところで、「投資家が『1億の壁』を超えるにあたって最も必要とされるものとは?」と聞か [続きを読む]
  • IPO株は「初値が付いた後」に勝負の時がくる!
  • ウォンテッドリーの初値は5倍だが…2017年のIPOは9月中旬までに48社が上場を終えた。48社の初値騰落率は、日経平均株価が夏以降に膠着状態に入っていたにもかかわらず、平均で120%と絶好調を維持している。今年の1〜9月の期間と、過去5年間を遡って比較すると、今年はアベノミクス相場が本格化した13年に近い初値騰落率と勝率になってきている。特に8月以降、地政学的リスクや為替の影響もあって大型株が伸び悩む中にあって、9月1 [続きを読む]
  • 日本郵政株の巨額売出が相場に与える影響は?
  • どの程度のディスカウント率なら買える?週明け19日(火)の株式市場では、日経平均株価がひさびさに大台2万円を回復した。三連休中、にわかに浮上した解散総選挙の可能性。これで19年10月に消費税の引き上げが実施される可能性が高まり、その増税分の使途を問う選挙だと報じたメディアもあった。消費税が与える家計消費へのネガティブな重みを重々理解している日本人にとって、これが株の買い材料になることなど理解しにくい。た [続きを読む]
  • 富裕層の職業トップ3は? この15年で日本の富裕層が大幅増加
  • 富裕層の職業トップ3は? この15年で日本の富裕層が大幅増加元プライベートバンカーで、現在はフィンテック企業の経営者として金融情報に精通する著者が、その知識と経験を初めて公開する『プライベートバンクは、富裕層に何を教えているのか?』がついに発売! この連載では、同書の一部を改変して紹介していきます。経済規模を考えれば、日本は富裕層が少ない国と言われていますが、最近は富裕層が大幅に増加しているとのこと [続きを読む]
  • 日経平均2万円台 総選挙まで“期間限定”大相場が始まった
  • 日経平均2万円台 総選挙まで“期間限定”大相場が始まった 次元が変わった――。兜町は大騒ぎだ。19日、日経平均は約1カ月半ぶりに2万円の大台を回復。一時は前週末比で400円以上も値上がりし、年初来高値を更新した。20日も11円高で大引け。2万300円台を超えてきた。「たまっていた市場のマグマが一気に爆発した感じです。ここから先は上昇傾向がクッキリしてくるでしょう」(市場関係者) 北朝鮮リスクが消えた [続きを読む]
  • 夫の収入「増えた」過去最高も、「満足できていない」妻は約4割
  • 夫の収入「増えた」過去最高も、「満足できていない」妻は約4割官民一体となって進めている賃上げであるが、その効果を実感できる人が増加している可能性がある。千趣会 の運営するベルメゾン生活スタイル研究所が8月28日に発表した「女性の生活意識アンケート調査」によると、配偶者の給料が「増えた」との回答が、調査開始の2012年6月以降で最高の水準となった。ただ、調査を読み解いていくと、手離しでは喜べないリアルな声も [続きを読む]
  • 配当利回り3.5% 2次売り出し迫る郵政株は「買い」か?
  • 配当利回り3.5% 2次売り出し迫る郵政株は「買い」か?調達規模約1.4兆円――21世紀最大の公募案件とされる国の日本郵政株2次売り出しが迫ってきた。早ければ今月25日にも売り出し価格を決定。29日に受け渡しが完了する。順当なら郵政に対する政府の出資比率は今の80.4%から59%弱に低下する見込みだ。 政府は保有郵政株の売却で2022年度までに4兆円の資金を捻出し、東日本大震災の復興財源に充てる方針を [続きを読む]
  • 投資とは自分を信じること『投資の鉄人』【書評】
  • 投資とは自分を信じること『投資の鉄人』【書評】日本における投資人口は、約1割。1200万人程度と推計されている。これら個人投資家の大半を占めるのは、生活資金に余裕がある40〜60代だ。可処分所得の低さもあって、大学卒業したての20代はほとんど投資をしていない。長らく、日本人にとって投資は一部の人たちがするものと認識されてきた。それは銀行にお金を預けていれば資産は安全、そして少なからず利子がつくという前提があ [続きを読む]
  • 年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
  • 年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント自分の年収を考えた場合、そろそろマイホームを手に入れるべき時期なのか、それとも賃貸住宅を選んだほうが賢明なのか。「住まい」の問題は常に誰もが頭を悩ませる、永遠の命題と言っても過言ではないだろう。「年収」と「住まい」について今一度考え直してみることにしたい。(1)住宅購入は「年収の5倍まで」のセオリーは正しいのか?もし「年収の5倍」の物件を買ったとすると、住 [続きを読む]
  • 外国人ビックリ「日本人のお酒の飲み方」3選
  • ドラマでわかる日本人とお酒の関係「とりあえずビール!」という言葉は、もう古いですか?私が初めて日本人がビール好きだと知ったのは、日本のドラマ「木更津キャッツアイ」でした。ギリシャ人の私は、日本のドラマ・映画オタクです。『木更津キャッツアイ』はジャニーズ好きがきっかけでハマりました。初回のシーンで、野球チームのメンバーが「ビール、ビール」と声を合わせながら、町中をランニングしているシーンが強烈に印象 [続きを読む]
  • ヤマトが荷物取扱量を減らす計画を撤回との報道。どういうこと?
  • ヤマトが荷物取扱量を減らす計画を撤回との報道。どういうこと? 宅配便最大手のヤマト運輸が、荷物の取扱量を前年度より8000万個減らすという計画を撤回したと報道されています。想像以上に法人客が値上げを受け入れているというのがその理由とのことですが、何ともスッキリしない感覚が残ります。 ヤマト運輸は、アマゾンなどネット通販からの配送依頼が急増し、現場が疲弊しているとの理由から、配送料金の大幅な値上げを決め [続きを読む]
  • 「独身男性」必見の株主優待? 注目銘柄7選
  • 「独身男性」必見の株主優待? 注目銘柄7選既婚者は子供が産まれると児童手当がもらえる一方で、単身者には「独身税」の提案が話題になるなど、独身者には何かと逆風となることが多い世の中だ。給与もなかなか上がらない中で、生活には出費がつきもの、工夫してやりくりしないとお金に困る場面も増えてくるかもしれない。そこで投資の一環として、独身者向け(主に男性)の株主優待を実施している株式銘柄を紹介したい。株主優待に [続きを読む]
  • 平均給与1800万円超、時価総額6兆円超のスゴイ企業とは
  • 生産性も驚くほど高い、この企業の正体は?世の中に企業は数多くありますが、その中には多くを語らずとも決算などのデータだけで人をアッと驚かせる企業があります。今回は、データを見ながらそのすごい企業はどこなのか、どういったビジネスモデルなのかをみていきましょう。いきなり答えを明かすのではなく、少しずつデータを紐解いていきます。皆さんもどこの企業なのか考えながら読み進めてみてください。単体の平均年間給与は [続きを読む]
  • 一生懸命まじめに働いても貧乏になる不思議
  • 一生懸命まじめに働いても貧乏になる不思議誰かの「儲けシステム」に搾取されないために私たちは、親や学校の先生から、「まじめに働くことが大事だ」と教わって生きてきました。もちろん、人生のある一定の時期はそういう姿勢が必要な場合もあります。私もそう信じています。しかしこれからの時代、何も考えずに、ただ「まじめに働く」という姿勢では、誰かがつくったシステムに取り込まれて利用され続けるということを意味します [続きを読む]
  • 中央競馬の売上はピーク時の3分の2に。今後の施策は?
  • 停滞する公営ギャンブルの中では大健闘9月16日は「競馬の日」9月16日は「競馬の日」です。これは、1954年(昭和29年)に日本中央競馬会(JRA)が農林省(現在の農林水産省)の監督の下で発足したことに由来します。そのため、日本中央競馬会発足記念日とも称されています。それまでは、農林省畜産部が運営する国営競馬でした。しかし、現在も事実上の国営競馬であることに変わりはありません。競馬に関しては、勝馬投票券(馬券) [続きを読む]
  • 日本郵政株の追加売却が決定 個人投資家は何に注意すれば良い?
  • 日本郵政株の追加売却が決定 個人投資家は何に注意すれば良い?財務省は9月11日、保有する日本郵政 株の公募売り出しを実施すると発表した。15年11月の新規上場以来2回目となる売出しで、売出額は最大1.3兆円程度の規模となりそうだ。発表によれば、引受人の買取引受けによる売出し分 9億1393万7600株、追加売出し分 7616万1500株、合計 9億9009万9100株の売出しを実施する。発行済株式総数の22%相当する。売却価格は9月25日か [続きを読む]
  • 定年延長の議論、あなたはどう思いますか?
  • 65歳定年導入企業はまだ少数派だが、増え続ける60歳以上の雇用盛り上がる定年延長議論「定年」というテーマは、まだ50歳になっていない方にはあまり実感の持てる話題ではないでしょう。また、そもそも定年という制度のない外資系企業にお勤めの方や自営業の方には、それほど関心のない問題かもしれません。ちなみに、外資系で定年がないのは、実力主義が基本であることや、定年が「年齢差別」とみなされることもあるからです。とは [続きを読む]
  • 労働力不足なのに、サラリーマンの給料は上がらないのか
  • 同一労働同一賃金に近づいている?「物の値段は需要と供給の関係で決まる」というのが、経済学の大原則です。労働力の値段、つまり賃金についても同様です。しかし、これだけ労働力不足が騒がれているのに、正社員の給料はなかなか上がりません。今回は、その理由について考えてみました。非正規労働者の時給は、上昇しているアルバイトの時給等、非正規労働者の時給は、すでに労働力不足を反映して上昇しています。非正規労働者を [続きを読む]
  • 「65歳までに3000万円貯めたい!」で投資するのは危険
  • 「65歳までに3000万円貯めたい!」で投資するのは危険失敗しない資産運用の目標設定のルールとは?みなさんはどのような時に将来のお金のことを考えますか?子どもが産まれたとき?家を買いたいとき?電車の中吊り広告で「老後破産」や「老後貧乏」などのキャッチコピーに目が奪われたとき?でしょうか。ライフプランを考えて資産運用に取り組もうとすると、多くの人は貯蓄目標額を決めて投資を始めます。「自分が定年を迎える20年 [続きを読む]
  • なぜ、日本人の「残業」はなくならないのか?
  • 「残業」をなくすため、私たちが今すぐすべきこととは?「なぜ、残業はなくならないのか?」。日本で働く労働者の大半はそんな疑問を持ったことがあるのではないか。そこには、日本企業特有の仕組みが存在していた。日本人の働き方において合理的であった残業を減らすためにすべきこととは?働き方評論家の常見陽平氏にお話をうかがった。働き方改革で本当に社会は変わる?最近、「働き方改革」が盛んに言われるようになっています [続きを読む]