しまあじ太郎 さん プロフィール

  •  
しまあじ太郎さん: しまあじ太郎のブログ
ハンドル名しまあじ太郎 さん
ブログタイトルしまあじ太郎のブログ
ブログURLhttp://shimaajitaro.cocolog-nifty.com/
サイト紹介文シマアジにはまっているおじさんの釣り日記。 海上釣り堀中心に船太刀などの釣りなど。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供95回 / 208日(平均3.2回/週) - 参加 2016/12/01 14:02

しまあじ太郎 さんのブログ記事

  • 麻央さん
  • 今、テレビでは連日、麻央さんの追悼であふれている。海老蔵さんの喪失感は半端ないと思う。幸せだっただけにそれは倍増するに違いない。特に病気になってからの3年間は濃密な2人の時間を過ごしたと思うので、突然ぽっかりと穴が開いたという感覚か。太郎も40年連れ添った妻の肺がんで3年半24時間一緒に過ごし、最後は自宅で看取った。2年前のことだが、今でも何をしててもふとそのころのことを思い出す。亡くなって、しばらくは涙 [続きを読む]
  • 鬼あじ刺身&たたき
  • 鬼あじを刺身にしました。40cm越えの1匹分です。いつもは骨抜きで中骨は抜くのですが、今回はたくさんいたので中骨は身ごと切り離しました。美味です。たたきです。鬼あじ2匹分です。生姜、ネギをいれてたたきました。ポン酢でいただきます。これも美味にほんブログ村  にほんブログ村 ぽちっとお願いにほんブログ村 [続きを読む]
  • 鬼あじリベンジつ抜け
  • 7月23日天気ヨシ、風ナシ、大潮、最近そこそこ釣れているということで忠岡へ鬼あじ釣りへ行ってきた。9時出航ということで途中餌のオキアミを買って現地へ着いたのは8時15分ごろすでに5人ほどが待っている。今日は9人ということで結構ゆったり抽選の結果2番右鞆を選択、たぶんベスト。1時間半ほど掛けて友が島沖へ太郎の今日の仕掛けは、ハリス3号6本針のあじサビキにオキアミを付けるという太郎スペシャル。重りは40号。3号PEの [続きを読む]
  • タコ飯&たこ酢
  • タコは一旦冷凍して捌きやすくしました。タコ飯醤油、酒、生姜に漬け込んだ生タコを入れて炊き上げました。昆布を入れるのを忘れた。でも、超美味。たこ酢、ゆでだこちょっと湯で時間が長すぎたのか少々固い。ですが、美味い。にほんブログ村  にほんブログ村 ぽちっとお願いにほんブログ村 [続きを読む]
  • 人生初タコ西宮
  • 天気ヨシ、風ナシ、長潮一度行ってみたかったたこ釣りへ西宮へ行ってきた。人生初なので、ネットでいろいろ調査して、えぎで釣ることを選択。えぎを5種類買って、仕掛けを取り揃えて、張り切って現場に着いたのは3時40分。5時半出航というのに、もう3人の先着がある。今日は21人、左とも11番を選択、たぶん場所はいいはず。5時10分ごろ出航西に走っている。明石海峡大橋が見えてきた。明石海峡大橋を越えて北淡沖へ。たぶん鹿野瀬 [続きを読む]
  • またまた怪しいメール 増えている
  • 怪しいメールがまた届いた。やっぱり添付ファイルがついている。”題名 ダメージ写真いつもお世話になっております。 ダメージ写真を添付致します。 宜しくお願い致します。 ”ダメージ写真て何だろうと開いてみたくなる。開かないけどね写真ファイルなのに、・tXtファイルなのはなぜ?さらに2通目は前回のつづきらしい。”題名 請求書添付書類についてお世話になります 請求書に添付する書類が変更になります 今後、添付いたし [続きを読む]
  • 加太 あじ 返り討ち
  • 6月13日天気ヨシ、風ナシ、中潮ということで加太へあじリベンジへ行ってきた。遅出便ということで10時半出航。人数は15名。くじは11番、残念仕方なく右舷船首寄りを選択。45名ぐらい乗れる船なので結構ゆったりしている。11時前には友が島沖のポイントへ今日は試したかったサビキ仕掛けを選択した。サビキにオキアミを付けるというスタイル。なんと始まって4時間は誰にもあたりなくむなしく時間だけが過ぎる。3時ごろからパラパラ [続きを読む]
  • 東名高速事故
  • 東名高速で車が空中に飛んでバスに衝突するという痛ましい事故が起こった。このニュースを見て太郎が書いた4月28日付のブログを思い出した。事故は乗用車が左のガードレールにノーブレーキで接触してその反動で右に飛ばされて中央分離帯を越えて起こったということらしい。なぜノーブレーキで接触してしまうのか。事故の時の運転者の感覚は吸い寄せられるように接触してしまうということらしい。その原因は高速道路催眠現象といわ [続きを読む]
  • 泉佐野、あじ
  • 天気ヨシ、風ナシ、平日、大潮ということで泉佐野からあじ釣りに行ってきた。出船が11時ということで現地に着いたのは9時すぎ、すでに13人のクーラーが並んでいる。皆さん、早い。1時間かけて友が島沖へ。水深50メートル以上。道理で、電動の人が多い。太郎は手巻き。重りは50号。手巻きで50メートルを巻いてくるのはいかにもつらい。流れが速く1流し、5分ほどで仕掛けをあげてこなくてはならない。釣り始めて1時間ほどは誰にもあ [続きを読む]
  • ウイルス対策
  • 相変わらず、ウイルスの被害が頻発している。メールの添付ファイルを開けてしまった。自宅に持ち帰って、ウイルス対策してないパソコンで自宅で感染して、職場で感染ファイルを開いてしまった。パソコンが最新の状態でなかったため、セキュリティーホールが放置され感染した。結構、初歩的なミスで感染するケースが多いように感じる。太郎も、現役でシステム管理をしていた当時、ある端末のパソコンがウイルスを感知して慌てた経験 [続きを読む]
  • またまた怪しいメール、請求書
  • 表題は 請求書お世話になっております。無事許可となりました。添付の通り許可書類と送り状ご連絡いたします。お世話になっております。無事許可となりました。添付の通り許可書類と送り状ご連絡いたします。幸 この文章に添付ファイルがついています。 もちろん全く心当たりナシ。しかし、添付ファイルを開けてみたくなるそそる文章です。なかなかやる。そういえば、ウイルス対策ソフトの検索に3つ引っかかっていました。ご用心 [続きを読む]
  • 昔昔のよもやま話、古き良き時代
  • 太郎が小学校のころ広島に住んでいた。夏休みになると家族全員で、釣り船をチャーターしてキス釣りに行くのが年1回の恒例になっていた。釣り船は船頭を含めて6人が乗るとほぼ満杯になるような小さな船で当時は焼玉エンジンでポン、ポン、ポン、ポンの音が心地よかった。もちろんGPSや魚探などの機器は影も形もなく、船頭の経験と勘が、釣果を左右していた。道具は船頭仕掛けの手釣りしかなかったが、テントが張ることができるた [続きを読む]
  • 昔昔のよもやま話、誰か倒れても
  • 昔太郎が新人のころ会社の同僚と釣りクラブを作って日本海や淡路島などへ定期的に釣りに出かけていた。あるとき、淡路島へ泊りがけでキス釣りに行こうということになり、4人ほどでフェリーへ乗って出かけた。(当時は明石海峡大橋は影も形もなかった)淡路島へ着く直前、メンバーのAさんが太郎の目の前で突然、喀血して気を失った。救急車を淡路島へ待機してもらい、到着後Aさんを病院へ搬送してもらい、太郎たちは救急車を追っ [続きを読む]
  • 海は端境期
  • とうとう半夜のメバルも終わってしまった。そろそろガシラも終わり。鯛も乗っ込み終了。たこも始まっているがまだまだ少ない。鬼あじも始まってはいるが、ばらつきが多い。キスも走りで、20匹もつれればという状態。もちろん太刀魚はまだまだ。こういう時は海上釣り堀だが、金欠だし、冷凍庫が鯛とシマアジであふれているし、ホームのカタタが海岸工事で大幅縮小を迫られているしどうしよう。しばらくおとなしくしているか? にほ [続きを読む]
  • シラサ海老がない
  • 最近、どこの餌屋に行ってもシラサエビ(すじえび)がない。この1か月改善される様子もない。海上釣り堀釣り師の太郎にとっては由々しきもんだいである。琵琶湖のすじ海老の漁獲高の経年推移(滋賀県水産統計)をみると、昭和51年あたりをピーク(1465トン)として年々減少し、平成27年には84トンまで激減している。近年では漁獲高減で専門漁師が鮎などに転換しているなどもおきているらしい。原因はバスによる捕食などが考えられ [続きを読む]
  • カタタ海上釣り堀わーーい③
  • おばちゃんはせっせと鯛を釣っている。太郎は連続して当たり。祭らないように強引に引き寄せてシマアジ2匹、鯛1匹ゲットDさんにたまに当たりがあるが、合わせられない。シマアジは場所ではないのですよ。棚とあわせのタイミング、そのために行う極秘の作法おばちゃんにその作法を見破られてしまった。シマアジ5匹目(目標達成)を釣ったときスタッフが叫んでいる。青、放流します。このまま、シマアジ釣りを続けるか、青に仕掛け [続きを読む]
  • カタタ海上釣り堀わーーい②
  • つづきそのうち、1回目の鯛の放流同じ棚を責める。当たった。鯛だ。5匹目一応鯛目標達成。シマアジはどこだ。いないのか?また、当たった。また、鯛。今日は、鯛で始まって鯛で終わるのか?あの、逃したシマアジは大きかった。ぐじぐじと引きずる太郎。夫婦のおばちゃんのほうが高らかに青コール。しばらくやり取りしてばらし。と、Aさんのロッドが引き込まれている。太郎が祭った。太郎、青ですか?大声で叫ぶしばらくして、青  [続きを読む]
  • カタタ海上釣り堀わーーい①
  • 天気は曇り(暑さまし?)、風ナシ、シマアジ強化中、人少なそう、この2〜3日あまりつれていない(シマアジたまってそう?)、ということで5月24日カタタ海上釣り堀へ行ってきた。今回の目的もちろんシマアジ、それと食用のフードプロセッサーを駆使して作ったシマアジ太郎スペシャル団子の試し釣り。(超楽しみ)朝一、近所のコンビニで朝飯用サンドイッチとおにぎりを買うとくじを引いてくださいという。パンパかぱーーん、当た [続きを読む]
  • 初心者の海上釣り堀③釣り具、仕掛け
  • このブログで書いていることは太郎の個人的な見解であることを断っておかなければならない。一つの参考程度に思っていただければ幸いである。さて、初心者が海上釣り堀での仕掛けを自分で作ることはかなりハードルが高い。インターネットで検索すれば、いくらでも載っているのだが、現場でいざ作るとなると、結構むつかしい。しかし、簡単に解決できる方法がある。借りることである。貸し道具ではすべての用意が済んだ状態で貸し出 [続きを読む]
  • 鯛ムニエル
  • 冷凍しておいた鯛をムニエルにしてみました。3枚におろして塩、胡椒して小麦粉をまぶしてオリーブオイル、サラダオイルをフライパンに引き強火で焦げ目をつけて表3分、裏返して酒を掛けてふたをし、弱火で3分火を止めて3分余熱で火を通す。レモンバターソースをかけて出来上がり。冷凍でも全然問題なし。うまし。冷凍庫にはまだ鯛も太刀魚も青のみそ漬けも入っている。食いきれるかなあ?にほんブログ村  ぽちっとお願いにほんブ [続きを読む]
  • 初心者の海上釣り堀②合わせ
  • つづきハードルは棚だけではない。海上釣り堀では合わせは大きく鋭くしゃくる大合わせが基本である。この合わせが初心者は大変苦手である。鯛の上顎は大変固く、強く合わせなければ、針がしっかりかからない。シマアジは食いが浅く、合わせが弱いとすっぽ抜けてしまう。しかし、初心者はロッドの取り扱いに慣れていないので、鋭く合わせることができない。太郎から見ると、ただ上げているという感覚だ。合わせはその強さだけが重要 [続きを読む]
  • 初心者の海上釣り堀①棚
  • 前回初心者の友人と釣行して思ったことがいろいろあったので書いてみる。海上釣り堀のホームページを見ると必ず漁果情報が載っている。たいていたくさん並べられた魚の後ろで満面の笑みを浮かべて釣り人の写真が掲載され、鯛10、ハマチ3、シマアジ7などと釣果と釣り人の名前が添付されている。そしてそれ以外に写真のない漁果情報も掲載されている。初心者がこれらを見ると海上釣り堀はなんと簡単に高級魚がたくさん釣れるところだ [続きを読む]
  • カタタ海上釣り堀も一つ②
  • つづきヒラマサ1匹、カンパチ4匹放流。急いで仕掛けを2人分青用に交換。生き餌のバケツを見ると泡立ってイワシの半分が昇天している。あじは全部生存。太郎は残った生きイワシを、友人はカツオ切り身で投入。太郎の羽浮きがじわっと沈む。その後一気に沈んでいく。キターーーーーー3呼吸待ってオリャーーーーードン掛けたなかなか浮いてこない見えたカンパチだ友人が無事掬ってくれる。カンパチゲットヨシ次だまた生きイワシをつけ [続きを読む]
  • カタタ海上釣り堀も一つ①
  • 5月16日天気ヨシ、風ナシ、気温ヨシ、シマアジ強化初日ということでカタタ海上釣り堀へ行ってきた。今日は初心者の友人と2人で参戦。シラサがほしかったのであちこちの店に電話で問い合わせるもどこの店もに品切れ。何があったのだろう。仕方ないので、今日の餌は、団子、海えび、生餌のいわし、あじを持参した。6番生簀3人、2人、2人、3組7人。抽選太郎は2番を引く8番、9番を選択。席は良し。こんな感じ。3人組は若い2人組は高齢 [続きを読む]
  • メバル南蛮漬け
  • メバルを南蛮漬けにしてみました。ポン酢で作ってみました。ツケダレが少なすぎてしっかりつかりませんでしたがそれでもメバルは美味い。1人前3匹、食べごたえあります。にほんブログ村  ぽちっとお願いにほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]