高橋一人 さん プロフィール

  •  
高橋一人さん: 最新!ネットで稼ぐ方法まとめ
ハンドル名高橋一人 さん
ブログタイトル最新!ネットで稼ぐ方法まとめ
ブログURLhttp://xn--9ckkn0019c8wwb.jp/
サイト紹介文自宅でパソコンを使って好きな時間に「お小遣い稼ぎ」できるサービスを私の体験をもとにまとめました。
自由文自宅でパソコンを使って好きな時間に「お小遣い稼ぎ」できるサービスを私の体験をもとにまとめました。
ググってみたけど、なんか「これはっ!」って感じの「お小遣い稼ぎ」って無いよね…。と思っていたあなた!このページを読めば、きっとあなたにピッタリの「お小遣い稼ぎ」が見つかりますよ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供504回 / 298日(平均11.8回/週) - 参加 2016/12/01 18:35

高橋一人 さんのブログ記事

  • 豪ドル高の理由は3つ?いつまで豪ドル高続くか今後の見通しは?
  • このところ上昇を続けている豪ドル高の理由は何なのでしょうか?実はその理由は3つあります。さらに、いつまで豪ドル高は続くのか?今後の見通しと理由を解説します。【豪ドル高の理由1】豪経済の強い経済指標で豪ドル高へ オーストラリア統計局が14日発表した8月の雇用者数は前月比5万4200人増加し、エコノミスト予想の2万人増を大きく上回った。過去6カ月間の増加傾向がさらに継続した。8月は常勤雇用者数が4万0100人増、非常勤 [続きを読む]
  • インフレ目標(2%)をなぜFRBや日銀は設定するのか?
  • なぜアメリカのFRBや日銀のような各国の中央銀行は、インフレ目標(2%)を設定するのでしょうか?その理由と、実際に起こっている問題について詳しく解説します。インフレ目標(2%)をなぜFRBや日銀は設定するのか?インフレのトレンドは、主に人々の見通しによって決まるため、中銀とそのインフレ目標による影響を受ける。消費者や企業、労働者が2%のインフレ率を見込めば、実際のインフレ率が2%となるよう物価や賃金が設定され [続きを読む]
  • 2016年12月からの円高が終わり118円に向け円安へ
  • 米FRBの12月利上げが現実味を帯びかつ米財政拡張への期待を背景にドル円は2016年12月118.66円からの円高トレンドが2017年9月8日107.32円で終焉となり、今後は再び118円に向けた円安ドル高トレンドに変わると予想しています2016年12月からの円高が終わり118円に向け円安へある在NY金融筋は、「来週にもオバマケア改廃法案が成立し政府の減税法案が審議入りとなれば年内の財政拡張への期待が盛り上がり米FRBの12月利上げを後押しし円 [続きを読む]
  • アメリカいつ利上げ?FOMC予想は2017年12月利上げ
  • 市場では、アメリカの利上げがいつになるのか?利上げ時期に注目が集まっています。アメリカFOMC政策声明 金利は据え置き、利上げは12月予想予想通り今回のアメリカFOMC政策声明では10月利上げは無く、フェデラルファンド(FF)金利の目標レンジを1.00〜1.25%に据え置くことを決定した。緩和的な金融政策のスタンスは維持し、労働市場環境のさらに若干の改善と2%のインフレへの持続的回復を支持する。同時に公表されたFRB当局者 [続きを読む]
  • FOMC政策声明まとめ 資産縮小開始、利上げは12月予想
  • 米連邦準備制度理事会(FRB)は20日まで開催した連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利を据え置くとともに、バランスシートの縮小を10月から開始することを決めました。利上げは引き続き12月予想となっています。FOMC政策声明後、ドル円は112.5円へ上昇。FOMC政策声明の内容を市場はタカ派印象ととらえ、ドル高に反応しました。FOMC政策声明まとめ 10月資産縮小開始、金利は据え置き、利上げは12月予想米連邦準備制度理事会(FR [続きを読む]
  • 今日のドル円予想レンジ 113.5円突破しドル高トレンドへ
  • ドル円は続伸。21日午前3時のFOMCを受け、112.5円へ上昇。本日は手堅く113.5円を通過し、目先114.5円が見えてくるのではないでしょうか?本日の各通貨の予想レンジは、ドル円予想レンジは、112.5-113.5円。引き続きドル高トレンドと予想します。ユーロドル予想レンジは、1.178-1.188ドル。米ドル、ポンドの売り相手として下落と予想します。ポンドドル予想レンジは、1.350-1.360ドル。ポンドドルはポンド高が続くと予想します。豪 [続きを読む]
  • いつ利上げ?アメリカ、ユーロ、イギリス利上げ時期に注目
  • 市場では、アメリカ、ユーロ、イギリスでいつ利上げとなるのか?利上げ時期に注目が集まっています。いつ利上げ?アメリカ、ユーロ、イギリス利上げ時期に注目 イギリスのイングランド銀行(BOE)は14日、インフレ加速を抑制するために政策金利を引き上げる準備を進めていることを示唆した。イングランド銀行は早ければ11月に利上げに踏み切るとみている。実現すれば約10年ぶりの利上げとなる。 アメリカでは経済成長が勢いを欠き [続きを読む]
  • トランプ大統領「お気に入り」の新FRB議長候補とは?
  • トランプ大統領「お気に入り」の新FRB議長候補とは?来年2018年2月にイエレン議長の任期が切れた後の新FRB議長は誰になるのか?市場から注目が集まっています。トランプ大統領「お気に入り」の新FRB議長候補とは?トランプ氏は7月、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)のインタビューで、来年2月に任期満了となるジャネット・イエレンFRB議長の後任候補としてコーン氏を検討していると明らかにした。また、イエレン議長の続投 [続きを読む]
  • なぜ突然ポンド高?理由は?謎のポンド高はいつまで続く見通し
  • なぜ突然ポンド高になったのか?かなり驚いている方が多いと思いますが簡単に言うと、理由は2つです。そして、このポンド高はいつまで続くでしょうか?突然のポンドドル、ポンド円の上昇の理由は?ポンド高はいつまで続くのか?など、ポンド高の謎について詳しく解説します。【理由1】なぜ突然ポンド高?上昇の理由は英中銀(BOE)のイギリス利上げ発言英中銀(BOE)は14日金融政策委員会(MPC)にて予想通り政策金利を0.25%に据 [続きを読む]
  • 今日のドル円予想レンジ 東京市場休みで小レンジ、ポンド高継続
  • ドル円は、15日朝7時ごろ北朝鮮からの弾道ミサイル発射後、109.5円へ下落。しかし、日中には111円台まで上昇しました。しかし、8月の小売売上高が弱く、111円を割り込む結果となりました。それよりも注目はポンドドル。利上げ期待もあり、2日間で4ポイントも上昇。資金がポンドに流れており、相当強いポンド高相場が続きそうです。本日の各通貨の予想レンジは、ドル円予想レンジは、110.5-111.0円。特に指標無く動きは少ないと予想 [続きを読む]
  • 来週のドル円予想 FOMC期待薄く111円天井レンジ相場か?
  • 来週は19-20日の米FRBによるFOMCが注目です。値動きとしては、15日の終値110.8円前後のレンジで110.5円〜111円での推移が予想されますが、万が一、北朝鮮リスクがらみの情報、例えばミサイル発射などが起きると「リスク回避の円高」となり、大きな円高ドル安の動きとなる可能性があり注意が必要です。19-20日の米FRBによるFOMCで、大きなドル高を誘発するニュースとしては、利上げに関する話題ですが、現状ではタカ派的な発言も想 [続きを読む]
  • 今日のドル円予想レンジ 小売売上高受け111円台へ上昇か?
  • ドル円は8月消費者物価指数(CPI)発表後に111円台へ急上昇。しかし、その後、14日21時過ぎに北朝鮮からの弾道ミサイル発射の兆候あり。との報道が出ると、ドルは110.5円へ下落。15日朝7時前に弾道ミサイル発射で早朝は円高に動き109.5円をマークましたが、9時現在は市場は落ち着きを取り戻し110円台にじわりと回復してきています。東京時間にドル円は110.5円を取り戻し、本日午後9時30分からの、アメリカ8月小売売上高(7月前月比+0 [続きを読む]
  • 今日のドル円予想 消費者物価指数(CPI)でドル高継続か?
  • ドル円はリスクオンで続伸。110.5円に到達しました。一方、ポンド、ユーロは急落。ドルの買戻しによる下落となっています。本日は、アメリカ、イギリスで重要な経済指標があります。午後9時30分の、8月消費者物価指数(CPI)ではドル高、午後8時のイングランド銀行金融政策委員会(MPC)政策判断、イングランド銀行金融政策会合議事録では、ポンド安が予想されます。ドルはレンジ幅の110.5に到達 今夜の重要指標8月消費者物価指数(CPI [続きを読む]
  • 今日のドル円予想 リスクオンでドル高へ ポンド安相場も注目
  • ドル円はリスクオンで大きく上昇。ポンドは予想外の強い経済指標を受け、1.329台まで高値更新。過剰な上昇が続く状況のため、大きな反動(ポンド安)が期待できます。ドル全面高 北朝鮮リスクによるドル下落分を取り戻すハリケーン「イルマ」が熱帯低気圧に変化し被害が減少したことや、国連安保理の北朝鮮制裁決議が米国の譲歩で全会一致で決定されたことを受けてリスクオンの流れとなっています。先週はじめのギャップ109.50〜1 [続きを読む]
  • FRB理事になる条件 意外に知られていないその条件とは?
  • 意外に知られていないFRB理事になる条件とは?連銀法に定められているFRB理事に就任するための条件が実はあるんです。FRB理事になる条件 意外に知られていないその条件とは?アメリカの大統領がFRB理事人事で考慮することになっている要素の1つは、候補者の「出身州」だ。連銀法に(全米12の連銀地区の)各地区の出身者は1人までしかFRB理事に就任できないと定められていることがその理由だ。しかし、この曖昧な規則のせいで出身 [続きを読む]
  • 国連安保理の北朝鮮追加制裁発表にダウやドル円為替影響は?
  • 国連安全保障理事会は11日、北朝鮮に対する追加制裁決議案を全会一致で採択しました。この発表を受け、ダウやドル円為替影響はどうなるのか?まとめました。国連安全保障理事会の北朝鮮追加制裁決議案採択にダウやドル円為替影響は?国連安全保障理事会は11日、北朝鮮に対する追加制裁決議案を全会一致で採択した。北朝鮮への石油の全面禁輸や金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の資産凍結・渡航禁止などの措置を取り下げ [続きを読む]
  • なぜハリケーン被害が短期ドル安と中長期的なドル高の材料なの?
  • なぜアメリカに上陸したハリケーン「ハービー」と「イルマ」の被害が、短期ドル安と中長期的なドル高の材料になるのか?詳しく解説します。大型ハリケーン被害 短期ドル安と中長期的なドル高の材料に?今週の為替相場で注目されるのは、米国の大型ハリケーンの影響だ。短期的には安全逃避の米国債シフトが米国債金利の低下要因となるほか、今後の米国指標への悪影響懸念、ハリケーン被害を受けた米FRBの利上げ遅延観測などが、ド [続きを読む]
  • 中国がビットコイン取引所を閉鎖、今後ビットコインはどうなる?
  • 中国では国内の取引所が仮想通貨ビットコインの取引サービスを禁じる規則の草案が作成された。中国当局は数カ月前から検討を重ねており、先週は、企業が仮想通貨の発行を通じて資金調達をするイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を禁止した。中国がビットコイン取引所を閉鎖、今後ビットコインはどうなる?中国人民銀行(中央銀行)が中心となって、国内の取引所が仮想通貨の取引サービスを提供することを禁じる規則の草案が [続きを読む]