高橋一人 さん プロフィール

  •  
高橋一人さん: 最新!ネットで稼ぐ方法まとめ
ハンドル名高橋一人 さん
ブログタイトル最新!ネットで稼ぐ方法まとめ
ブログURLhttp://xn--9ckkn0019c8wwb.jp/
サイト紹介文自宅でパソコンを使って好きな時間に「お小遣い稼ぎ」できるサービスを私の体験をもとにまとめました。
自由文自宅でパソコンを使って好きな時間に「お小遣い稼ぎ」できるサービスを私の体験をもとにまとめました。
ググってみたけど、なんか「これはっ!」って感じの「お小遣い稼ぎ」って無いよね…。と思っていたあなた!このページを読めば、きっとあなたにピッタリの「お小遣い稼ぎ」が見つかりますよ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供230回 / 181日(平均8.9回/週) - 参加 2016/12/01 18:35

高橋一人 さんのブログ記事

  • ポンド円予想 英国議会選挙意識して急変動リスクに要注意
  • ポンド円は英国議会選挙を意識した急変動リスクに今後も注意が必要です。今後、ポンド円を仕掛けるタイミングは「選挙前」です。選挙の事前調査結果がニュースとして発表されるタイミングで為替相場は選挙結果を選挙前に織り込んでしまいますので、実際の選挙結果が発表された後は相場の変動は実はあまりないのです。ですので、選挙前の絶好のタイミングを狙いましょう。その辺のコツについて詳しく解説します。ポンド円予想 英国 [続きを読む]
  • ドル円は113円をターゲット 今週の重要景気指標に注目
  • 今週は重要な景気指標の発表が目白押しです。ズバリ、ドル円は113円をターゲットと予想します。30日の4月個人所得・支出、PCEデフレーター、31日の米地区連銀経済報告(ベージュブック)、6月1日の5月ADP全米雇用報告と5月ISM製造業景況指数、6月2日の5月雇用統計。その辺の見通しについて詳しく解説します。今週は欧米の雇用やインフレ統計、FRB高官発言など盛りだくさん今週、米国と欧州では、主要指標である雇用や物価に関する [続きを読む]
  • ドル円 ポンド円は米英市場休場でレンジ相場の見通し
  • 本日29日の海外市場は、英国がスプリング・バンク・ホリデー、米国がメモリアルデーで休場となるため、アジア時間も狭いレンジ幅でのもみ合い相場が予想されます。先週末のG7でも為替市場に影響あるニュースや要人発言は無く、本日の市場の動きは限定的と予想されます。その辺の見通しについて詳しく解説します。ドル円 ポンド円は米英市場休場でもみあいレンジ相場の見通しG7でトランプ米大統領は地球温暖化対策のパリ協定で他国 [続きを読む]
  • ドル円相場 北朝鮮のミサイル発射に反応せず111.3円
  • 北朝鮮が29日早朝に弾道ミサイルを発射。しかし朝方のアジア為替市場では円相場はほとんど反応なく、再三再四繰り返される挑発的な行為に市場の反応は限定的になりつつあります。その辺の見通しについて詳しく解説します。ドル円相場 北朝鮮のミサイル発射に反応せず北朝鮮が29日早朝に弾道ミサイルを発射したが、朝方のアジア為替市場では円相場はほとんど反応なく、先日の北朝鮮ミサイル発射時と同様に市場は反応薄。 29日の海外 [続きを読む]
  • ベン・バーナンキFRB前議長が日銀で講演 日本はインフレ
  • 日本の国内での経済指標をみると「日本は過去10年間で最長の景気拡大局面にあり、失業率は20年ぶりの低水準。絵に描いたような回復。」とのこと。しかし、実際に私たち日本人は「どこが景気拡大なの?」と疑問に感じてしまうのは何故だろうか?その辺の内容を詳しく解説します。ベン・バーナンキFRB前議長は長期にわたり日本に注目長期にわたり日本に注目してきた米連邦準備制度理事会(FRB)のベン・バーナンキ前議長は日銀で今週 [続きを読む]
  • G7閉幕-トランプ大統領に不信感も為替市場への影響無しと予想
  • 主要7カ国(G7)首脳会議が27日に閉幕。各国の首脳からトランプ大統領への不信感が生まれるも、注目の為替市場への影響は限定的と予想。特に、週明けの29日は米国市場は休日となるため、全般的にレンジの小さい相場に落ち着くことが予想されます。ドル円に関しては引き続き111円台でのレンジ相場の見通しです。その辺の状況と見通しについて詳しく解説します。G7閉幕も為替市場への影響無しの見通しロイター通信によると、イ [続きを読む]
  • 来週の相場展望-米国経済指標に注目。ドル円レンジ相場抜けるか
  • 来週はトランプ大統領の疑惑の行方に注目。 新たな報道による更なるドル安の可能性が高い一方、反対に混乱一服ならドル高に向かう可能性も。その辺の見通しについて詳しく解説します。来週の相場展望-米国経済指標に注目来週の注目は6月2日の雇用統計を始めとした米国の経済指標です。今週は減速の経済指標が目立ち、FRBによる6月利上げの織り込み進捗とあいまって、「次回利上げの大幅遅延と今後の利上げペース鈍化」の思惑が米国 [続きを読む]
  • 来週のポンド予想 6月8日の英国議会選挙予測次第で大荒れも
  • 来週のポンドは、6月8日の英国議会選挙での与党保守党の圧勝見通しが後退した影響が続きそうです。今後の選挙予測次第ではポンド円の下落基調が続くかもしれません。逆に与党勝利の観測が強まると、ポンドは再上昇となる可能性もあります。その辺の見通しについて詳しく解説します。ポンドは6月8日に控えた英国議会選挙前の予測次第で大荒れ相場も来週のポンドの動きについては、6月の英国議会選挙での与党保守党の圧勝見通し後退 [続きを読む]
  • ドル円110.9円 ポンド急落につられ円高へ
  • 26日の欧州外為市場では、ドル円、クロス円で円高。英総選挙での与党優位の後退などの影響でのポンド安につられる形で円高進行しています。その辺の状況と見通しについて詳しく解説します。欧州勢参入で円高、英総選挙と米連休欧州勢の参入とともに、原油安、米国の政治と経済指標不安、週末からの米連休入りとG7サミット、英国議会選挙での与党優位調査の後退 などの影響でリスク回避で円高が進行している模様です。05月26日 15時 [続きを読む]
  • ポンド急落 6月8日英総選挙世論調査で保守党のリード縮小
  • 26日の欧州外為市場では、ポンド安が再燃。英総選挙に関する世論調査で与党保守党のリード後退が懸念されました。これまでの世論調査では、保守党の圧勝が予想されていただけにインパクトが大きかったようです。その辺の状況と見通しについて詳しく解説します。6月8日の英総選挙の世論調査で保守党のリード縮小でポンド急落 26日の欧州外為市場では、ポンド安が再燃。英議会選に関する世論調査での与党保守党のリード後退が懸念さ [続きを読む]
  • 最高値に迫る米ダウ警戒 調整入れば円高ドル安の可能性も
  • 米ダウ市場では特に材料がなくとも上昇する日が多く、トランプ大統領の政治の不透明感にもかかわらず、米株式相場が最高値圏にあることは警戒すべきとの指摘が上がっている。その辺の状況と見通しについて詳しく解説します。最高値に迫る米ダウ市場に警戒の声 円高ドル安の可能性も米ダウ市場では、このところ特に材料がなくとも上昇する日が多い。 しかも、米トランプ大統領の政治の不透明感が晴れないにもかかわらず、米株式相 [続きを読む]
  • 相場予想-経済指標に注目も米国市場連休でドル円もみあいか
  • ドル円は26日の米国の経済指標に注目ですが、米国市場が27から29日まで連休のため、激しい動きは無くもみあいの展開が予想されます。その辺の状況と見通しについて詳しく解説します。相場予想-経済指標に注目も米国市場連休でドル円もみあいか為替相場はドル円、クロス円で円高一服ながら政治不安や26日の米国の経済指標、米国市場の27-29日の連休、G7サミットが意識され、もみあいの展開が予想されます。05月26日 09時06分 日経平 [続きを読む]
  • OPEC減産量維持の失望売りでNY原油先物下落で円高へ
  • OPECと非OPEC産油国が減産期限を2018年3月まで延長することで合意したものの、原油価格は急落。ドル円相場もリスク回避の円買いがやや優勢となり111.6円近辺へ下落しています。その辺の状況と見通しについて詳しく解説します。OPEC減産量維持の失望売りでNY原油先物下落で円高へ26日午後の東京外為市場のドル円相場は、OPEC総会の減産量維持の失望売りによるNY原油先物下落や日経平均の反落によるリスク回避の円買いがやや優勢とな [続きを読む]
  • トランプ大統領がロシアゲート疑惑や捜査妨害等で孤立
  • 市場では「ロシアゲート」疑惑に揺れるトランプ大統領が今後大胆な政策を本当に実行に移せるかどうか、不確実性が一層強まりつつあります。その辺の状況と見通しについて詳しく解説します。トランプ大統領がロシアゲート疑惑や捜査妨害等で孤立市場では「ロシアゲート」疑惑で早くもレイムダック化したトランプ大統領がリセッションを防ぐために大胆な政策を本当に実行に移せるかどうか、不確実性が一層強まりつつあります。05月24 [続きを読む]
  • 米FOMC議事録の反応は限定的 ドル円は112円から下落へ
  • 米FOMC議事録発表を受けドル円は、112円台から111.5円レベルまで下落。ただ、市場ではドル円111円前後からの買戻しに妙味が生じていることもあり、引き続きドル円は底堅い動きが予想されます。その辺の状況と見通しについて詳しく解説します。米FOMC議事録の反応は限定的 ドル円は112円から下落へFOMC議事録発表を受けドル円は売り圧力が強まる展開となり、112円台から111.5円レベルまで下落しています。05月25日 03時08分 ドル/円 [続きを読む]
  • 米FOMC議事録でドル円111.5から112.6円を予想
  • 本日は4月FOMC議事録の発表、ドラギECB総裁やプラート理事などECB高官発言に注目。4月FOMC議事録は、6月利上げは織り込み済みとして、経済見通しに注目が集まっています。従来通りの強気判断が踏襲されればドルの反発が期待されます。その辺の状況と見通しについて詳しく解説します。米FOMC議事録でドル円111.5から112.6円を予想本日は4月FOMC議事録の発表、ドラギECB総裁やプラート理事などECB高官発言も予定されます。4月FOMC議 [続きを読む]
  • ドル円は112円台へ円売り優勢-米国内の経済指標が好調
  • ドル円市場は112円台を久々に回復。 米フィラデルフィア連銀製造業景況指数などの米国内の経済指標が好調で、4営業日ぶりにドル円市場が大きく動いています。その辺の状況と見通しについて詳しく解説します。ドル円は112円台へ円売り優勢-米国内の経済指標が好調為替市場はやや円売り優勢。ドル円は111.90円レベルまで小幅に上昇、本日、15時ごろには112円台を久々に回復しました。05月24日 08時33分 やや円売り優勢、ドル/円は111 [続きを読む]
  • ドル円はFRB幹部講演や24日のFOMC議事録に注目
  • 今週の為替市場での注目は米FRBによる金融政策の先行き動向です。24日のFOMC議事録などでは「年内残り2回の利上げと年後半からのバランスシート縮小論議」の方向性が再確認される可能性も消えていなく、その場合は中長期でのドルの押し目買いが予想されます。その辺の状況と見通しについて詳しく解説します。ドル円はFRB幹部講演や24日のFOMC議事録に注目今週の為替相場で注目されるのは、米FRBによる金融政策の先行き動向だ。 24 [続きを読む]
  • マンチェスター・アリーナのアリアナ・グランデ公演中に爆発
  • 23日の東京為替市場では、ドル円、クロス円で円高。ドル円は111円割れ。 イギリスのマンチェスター・アリーナで死者、爆発との報道があり、リスク回避の円高が後押しされています。その辺の状況について詳しく解説します。英国マンチェスター・アリーナのアリアナ・グランデ公演中に爆発でリスク回避の円高23日の東京為替市場では、ドル円、クロス円で円高。ドル円は111円割れ。 イギリスのマンチェスター・アリーナで死者、爆発と [続きを読む]
  • ビットコインのドル建て価格が連日最高値を更新中
  • インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」のドル建て価格が連日にわたり最高値を更新しています。資金の大半は中国マネーとされ、資本規制で投資先が限られ規制の抜け穴としてビットコインに資金を移す動きが強まっているようです。現在の状況と今後の見通しについて詳しく解説します。ビットコインのドル建て価格が連日最高値を更新中インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」のドル建て価格の上昇が続いており前週末に初の [続きを読む]
  • 北朝鮮が弾道ミサイル発射も為替市場への影響は限定的
  • 北朝鮮が弾道ミサイルを発射したとの報を受け、22日早朝にドル円は一時111円台を割り込むが、午前9時を過ぎるとドル円は111円60銭近辺まで上昇。北朝鮮の再三再四繰り返される挑発行為に市場は辟易。市場の反応は限定的でした。その辺の状況について詳しく解説します。北朝鮮が弾道ミサイル発射も為替市場への影響は限定的北朝鮮が弾道ミサイルを発射したと報じられ、22日早朝にドル円は一時111円台を割り込んだが、午前9時を過ぎ [続きを読む]
  • 来週の相場展望-ドル円は円安ドル高転換か市場の動きに注目
  • 来週はトランプ大統領の疑惑の行方に注目。 新たな報道による更なるドル安の可能性が高い一方、反対に混乱一服ならドル高に向かう可能性も。その辺の見通しについて詳しく解説します。来週の相場展望-ドル円は円安ドル高転換か市場の動きに注目今週末から来週にかけては、トランプ大統領の疑惑の行方に注目。コミー前FBI長官の議会証言の可能性や新たな疑惑リーク報道が出ると、更なるドル安やリスク回避の円高へ動く可能性が高い [続きを読む]
  • トランプ大統領の弾劾リスクは?ハードル高く非現実的との声
  • トランプ大統領の弾劾は米国の政治の仕組み上、現実的にはハードルが高いというのが実態です。しかし市場の動きは、来週以降も「ロシアゲート」問題に関するニュースに影響される相場が続きそうなので要注意です。その辺の見通しについて詳しく解説します。トランプ大統領の弾劾リスクは?ハードル高く非現実的との声トランプ大統領の弾劾は米下院で過半数の同意が必要であり、上院で開く弾劾裁判では3分の2以上の賛成票を得る必要 [続きを読む]