てんさい さん プロフィール

  •  
てんさいさん: 天災に備える
ハンドル名てんさい さん
ブログタイトル天災に備える
ブログURLhttp://tensai.info
サイト紹介文「天災に備える」は、これからの防災について真面目に明るく検討していくサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 252日(平均0.3回/週) - 参加 2016/12/02 13:26

てんさい さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 震災発生時、家族間の連絡をどうすれば良いのか?
  • 東日本大震災発生直後もそうでしたが、一斉に被災地にいる親族への安否確認がされたため、携帯回線がパンクし、大混乱となりました。現在では震災発生時の連絡手段も確立されて参りましたが喉元過ぎればなんとやらで利用方法を正確に理解している方はあまりいらっしゃらないと思います。今回は震災発生時にいち早く家族に自分の安否を共有する手段ををご提案いたします。LINEを活用して安否を共有しよう!冒頭にも書きましたが、携 [続きを読む]
  • 懐中電灯特集
  • 百均で購入可能な懐中電灯どこの百均でも一角に懐中電灯コーナーがありますよね。今では豆電球式なんかと比べ物にならない様々なLEDライトが108円で売っています。超便利な世の中ですね!!そんな中から、防災に役立ちそうなものをピックアップしていきます!百均のLEDライトは壊れやすいので定期的に確認が出来る「常日頃携帯する」目的で持っておく方が無難です。壊れてしまったら気にせず買換えが出来るのも百均のメリットです [続きを読む]
  • 備えたいグッズ / レインコート
  • 災害発生時が晴れとは限らない!!防寒シート然りですが突然の災害に見舞われた際、悪天候である可能性も十分考えられます。地震や土砂崩れなどの被害に会った時に雨が降っていたら、足場の悪い中傘を差しますか?被災した上にずぶ濡れになってしまったら、先々への気力すら失われてしまいます。大したものではなくてもレインコートを一枚備えておけば、冬場などは防寒にも役立てる事が出来ます。百均では様々なレインコートを購入 [続きを読む]
  • 備えたいグッズ / 簡易防寒シート
  • 今回ご紹介するグッズは「防寒シート」です。「エマージェンシーブランケット」、「保温シート」などとも呼ばれています。こちらの商品も百均で購入することができます。冬場の被災について3.11の東日本震災の時、宮城では雪が降っている真っ只中でした。今回の鳥取地震も10月ほぼ下旬の朝晩が冷え込む中発生しました。阪神大震災も1月に発生しています。冬場の震災で、ガスや電気などのライフラインが止まってしまった場合、被災 [続きを読む]
  • 備えたいグッズ / 懐中電灯
  • 日本だって停電するんです。未だ記憶に新しい東日本震災時、被災地のみならず関東一帯でも地区ごとにおける輪番制停電を余儀なくされて懐中電灯および電池の売り切れが続出した事を覚えていらっしゃいますでしょうか?現在は昭和時代の様に頻繁に停電はありませんが、災害時のみならず日頃から灯りを必要とする不測の事態に備えて事前に準備しておく事をオススメします。>百均で購入することが出来る懐中電灯や便利な機能を持った [続きを読む]
  • 鳥取地震「災害用伝言板(web171)」運用開始
  • この度の鳥取県を震源とする地震の被害に遭われた地域の皆さまには心よりお見舞い申し上げます。NTT西日本、NTT東日本の「災害伝言ダイヤル(171)」が運用開始されています。 NTT西日本とNTT東日本は21日、鳥取県を震源とする地震を受け、親族らに安否を知らせるための「災害用伝言ダイヤル(171)」の運用を始めたと発表した。 「171」に電話し案内に従うと、無事を知らせるなど伝言の録音や再生ができる。 パソコンや携帯電話 [続きを読む]
  • 鳥取県震度6弱 | 2016年10月21日
  • 平成28年10月21日14時08分 気象庁発表21日14時07分頃地震による強い揺れを感じました。現在、震度3以上が観測されている地域は次のとおりです。震度6弱 鳥取県中部震度5強 鳥取県東部 岡山県北部震度5弱 鳥取県西部震度4 京都府北部 兵庫県北部兵庫県南西部 兵庫県淡路島 島根県東部島根県隠岐 岡山県南部 広島県北部広島県南東部 広島県南西部 香川県東部香川県西部震度3 大阪府北部 兵庫県南東部島根県西部 [続きを読む]
  • 防災グッズの収納について
  • 災害に備えて防災グッズを備えていらっしゃる方は多いかと思っておりますが、格納先に問題はありませんか?備えがあっても持ち出せない事態は防ぎたいものですよね。今回は持ち出した事を前提としてお話しを進めます。災害後の屋外の状況は、規模によっては想像も付かない事となっている可能性があります。仮に手が塞がっていたら予期せぬ怪我をしたり、長い道のりを歩くハメとなってしまった場合、これからの避難生活を迎える前に [続きを読む]
  • 過去の記事 …