箕面から世界へ Have a nice day! さん プロフィール

  •  
箕面から世界へ Have a nice day!さん: 箕面から世界へ Have a nice day!
ハンドル名箕面から世界へ Have a nice day! さん
ブログタイトル箕面から世界へ Have a nice day!
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kyoumo3456
サイト紹介文ネット上の英字新聞から気になる記事を取り上げています。英文と私の感想も発信、英語学習の道楽日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 148日(平均3.1回/週) - 参加 2016/12/02 15:24

箕面から世界へ Have a nice day! さんのブログ記事

  • たしかなこと - 小田和正
  • たしかなこと - 小田和正世の中は、今 ゴールデンウイーク、真っ只中日ごろ、何もしないで、ゴロゴロしている者にとっても世間が 休暇モードになれば、それ以上に?休みたくなるから、不思議だこのゴールデン・ウイークは、NHKなどは「大型連休」とのみ呼び、「働く人」への配慮も高齢者のシルバー族にとっても、この期間は「ゴールデン」だが人出の多い商業施設に出かけ、「疲れた」より遠くに出かけず、「家族と一緒に」や [続きを読む]
  • ロボットが招く 大失業の時代?
  • ロボットが次々と人間を解雇する世の中に、、、次はあなたかも、、。特殊な技術者からサラリーマンまで、すべての職業の人に「解雇通知」が、、、それもロボットから受け取る?ロボットやITと呼ばれる現在の科学情報技術の発展は、今のところ先進国に限られてはいるが、これが、東南アジアなどの「発展途上国」に波及すると、どうなる。その時、これらの国々に依存している(先進国の)仕事の8割以上がロボット化され、これらの [続きを読む]
  • ?電池”電車 地方で活躍
  • 地方に住む人の移動が、採算の合わない鉄道の廃線で問題になる中で、畜電池で走る鉄道「でんちゃ」が走行。JR東日本が、栃木県での烏山(からすやま)線に続き、3月に秋田県の男鹿線で開業。<北九州ではすでに走行>架線もいらず、ジーゼル油などのCO2排出量も60%も削減できるほか、「清潔で静か」「操作も簡単」。弱みは走れる距離が「短」距離。だが、移動に困る高齢者や「廃村の危機」、「環境にやさしい、これからの技術」目 [続きを読む]
  • 生涯独身者に 前途なし?
  • 「パラサイト・シングル」と呼ばれている若者の前途は多難?これまで親に頼り(パエラサイト)きってい若者の未来はどうなる。永年、頼りきっていた親が亡くなった後は?35才から54才までの450万人にものぼるとされる「親と同居」の人たち(2016年現在)。20年前から増加しつつあるこうした人たちの将来は?こうした「中年層」、貯金や年金が十分でなければ、すでに危機にある社会保障制度にさらなる重荷を負わすことになる、と総 [続きを読む]
  • スマート・シャツ 心臓を守る
  • 心臓病の危険を予知したシャツが、警報で知らせる。高温の戸外で働く人達など用に開発された。「クラボウ」と大阪大学の共同で。T-シャツに取り付けられたセンサーが、心臓の鼓動や汗の量から危険を未然に知らせる。危険を察知すれば、その情報を無線で、医療機関に送り診断、職場の責任者にスマートホンで知らせる仕組み。この器具付きシャツの発売は2018年度の予定、価格も未定。・・・・・・心臓に入れたペースメーカーが、無 [続きを読む]
  • 26歳 浅田 スケートは「人生」
  • 「(全力を)出し切って悔いはない」と26歳の女性・ 浅田真央さん、スケート選手。「スケートは人生」だったとも語った。世界を魅了したフィギュアスケート女子の浅田真央選手が、競技スケートから引退を発表し記者会見。NHKテレビで、これほど何度も、そして、長時間の中継や報道の番組を知らない。だけど、26歳の女性とも思われない大人の会見ぶりに、久しぶりの「さわやか気分」を味わった。あの氷上のスケートの点数のつ [続きを読む]
  • 2016. 9/27 「君の名は?」全国ヒット
  •  アニメ映画「君の名は」が大ヒットしている。 公開以来、わずか28日で10億円の収入で、あの宮崎駿作品を超した。 監督・新海誠のこの大ヒット作品は、現代らしく「体の入れ替わった2人の男女」の物語。 今のところ、史上9番目に多い興行収入で、10億円越えの宮崎作品を追う。 この新海誠氏は、宮崎駿氏の後継者とみなされていただけに、日本のアニメ映画界にとっても、喜ばしい。 原作も、深海氏作品で、100万部越えベスト [続きを読む]
  • 宅配便は コンビニで
  • 大手宅配業者が即日宅配の中止を検討したり、運転手の加重労働が問題化している現在。品物の受け取りは、近所の「コンビニで受け取り」が広がる。ネットショッピングでの受け取りや、日本郵政の宅配物も。「ハコ(箱)ポスト」と呼ばれる日本郵便の「ユーパック」は、3日間留め置きされる。コンビニにで働く人に「しわ寄せ」がくるかもと、心配もするが、受取人は建物の内外のハコから「パスワード」で受け取る。レストランが深夜 [続きを読む]
  • 甲子園で 日本酒販売
  • 今日から始まる甲子園での阪神ー巨人戦、どうやら朝方の雨も心配ないだろう。球場での日本酒販売という「新人」の登場で、プロ野球観戦の新しい魅力となるか、、。これまでのビール全盛にとって代わる「サケ」が「ナサケナイ」戦いにならないように。仕事の後に、夜空を見上げながらの、野球観戦は、今でも「お父さんたち」の絶好の夜の過ごし方。もっとも、最近は女性フアンも多く、テレビの画面に映る観客の半数以上?は女性。「 [続きを読む]
  • (さくら)森山直太朗・森山良子
  • さくらの季節が やってきた・・・・・この残酷な 季節だれが、日本の今にふさわしいとだまし続けているのだろうか、、、、風が吹き、雨が降り晴れの日は、ほんの数日のこの季節別れが来て またふたたび 同じ別れを繰りかえすことを 知りながら失っても また取り戻せると 錯覚し歌い 呼びかけるこの 愚かさを知る・・・・桜の季節が やってきた [続きを読む]
  • 時計職人の技 財産として生きる
  • 日本の伝統の美を手製の技術で、豪華な時計つくりにセイコー社が挑む。彫刻を施した最高級の限定版で、わずか8個。3次元彫刻?で、表面上は、そのデザインは分からないとか。高級ウオッチブランド<クレドール>。「桜」と「牛車」をモチーフに日本独自の「裏勝り(うらまさり)」とか言われる美学を体現?よくワカランが、値段は950万円(プラス税)、0.06カラットのダイヤモンド16個付き。もちろん、このほかにも手ゴロな時 [続きを読む]
  • 人口増加で 歩くのも困難
  • 急速なマンション建設による人口増が、駅周辺での通勤客の「歩行困難」を引き起こしている。2020年の東京五輪を控えた、東京湾岸エリア(地区)。道路に「混雑注意」の看板さえ設置され、地元自治体や鉄道当局は混雑の歯止めに苦慮。タワーマンションと言われる高層ビルからの通勤客で、地下鉄・勝鬨橋駅付近の8時30分頃は、道路も「満杯」。20年以上この地区に住む人も、「ラッシュ」を避けて早朝の7時に出勤を早めたという。「プ [続きを読む]
  • 活躍する女性 森友学園に
  • 二人女性が、安倍首相を篭絡させる、その「色じかけ」で、イヤ、その言質で。首相婦人・安倍昭恵と防衛大臣・稲田朋美の二人。米紙の記事を借りて、朝日新聞が伝える。「女性の活躍する社会」を目指す現政権の重要な役割を果たすかのように?二人の女性がそろって、国有地での小学校設立に「協力」姿勢を見せる。一方の主人公・籠池氏の記憶力と証拠固め?準備の周到さも、初めから筋書きがあったようにも感じるが、、。「事実であ [続きを読む]
  • 建設現場の主役 老人とロボット
  • 労働力不足の深刻な建設現場で働く主役は、ロボットやドローン。重いものを運んだり、生産性や効率性を上げるには、今や人ではなく「機械」頼み。高齢化で人には頼ることもできない。日本建設業協会では、2025年度には、125万人が不足するとのこと。2015年度現在でも建設業で働く人は30%以上が55歳以上で、29歳以下は10%に過ぎない。今後10年間に90万人が建設業界に入ることが予測されてはいるが、それでも尚30万人の人手不足が [続きを読む]
  • アマゾンの流れ クロネコが支配
  • ヤマト運輸が値上げを決めた、この秋からも27年ぶりに。金額は決まってはいないが、最大手の値上げは他の輸送会社はもちろんん、他のアマゾンなどインターネット物販企業にも影響を与えそう。ヤマトの開発した輸送の「ノウハウ」は、世界でも注目される「輸送革命」とも言われるが、その反面、高度な効率性が配送労働者に「負担」とも、と言われてきた。また、最近の労働労働力不足や留守宅への再配送の負担が、今回の「値上げ」を [続きを読む]
  • サウジアラビア国王ら 1000人越す日本視察団
  • 石油王国・サウジアラビアの国王ら1,000人を超す同国の「視察団」が、明後12日から4日間日本に滞在する。46年ぶりの来日、宿泊する高級ホテルや国内移動用の車両で特需を生んでいて、お金持ちたちのその人数と日本での「お金の落としぶり」に注目がいきそうだが、、、、、。アメリカの中東における勢力の低下に伴い、サウジアラビアは「中東の盟主」として世界での地位を確立したいとしている。エネルギーオイルの産出国として地位 [続きを読む]
  • 髪の毛も 男も磨く理髪店
  • 男も女性並みの、自分の髪の毛や容貌、それに気分転換に、お金と時間をかけたら、と呼びかける理髪店が人気?東京・広尾のサンパツ屋?は、豪華な部屋つくりや待合室などを備えた半個室で、スーツ姿の理髪師が対応。「イギリスのパブやカフェ」のようにデザインした、と経営者。?男性にゆとりの時間を提供したい”とも。日本で、現在のように男が理髪店に行き出したのは、明治維新の頃、横浜に到着した西欧人から、と言われる(「 [続きを読む]
  • 豊洲市場 地下に埋まる密約
  • 小池・都知事の「移転延期」がもたらしている、東京中央卸売市場の移転問題。汚染された?豊洲市場の土地以上に汚染が心配されてるものがあるらしい。当時の石原・都知事、浜渦・副知事と土地の所有者・東京ガスの「密約」交渉。2001年当時の両者の交渉が、「地価に埋められて」有権者には知らせれされていなかった模様、当然、都議会にも。土地の売買は、それが大きな額や公共用地に関係するものは、しばしば、文字通り「地価(地 [続きを読む]
  • 深まる売却疑惑 豊中の国有地
  • 公文書で「保存期間1年以内」というのが、あるのかな、、。そんなに軽いのかな? 借金に苦しむ国の財政なのに。昨年6月締結の売却された豊中市内の国有地は、どこまで明らかにされるのだろうか。実質200万円の土地。この問題の発端を開いた豊中市議も「立派」、日本最多の発行部数を誇る某紙も、最初は「ダンマリ」だったらしいのに、、(その理由も知りたいが、、、)・・・・国なんてこんなもんだ、、どんなもんだ、、とは、誰 [続きを読む]
  • 転職者300万人 中高年に多く 
  • 昨年中の転職者が、7年ぶりに300万人を超えた。国際化対応、高度な技術を持つ人や有能な管理者を求める企業の意向を反映したものと思われる。一昨年より8万人増えて、306万人となり2009年ぶりで300万人を超えた(2月17日の統計局の発表)。これまでの最多は、2006年および2007年の346万人だった。その後は、金融危機もあり減り続けていた。45歳以上の企業の中堅と思われる人や、正規社員の転職が90年代から多くなり、転職者の大半 [続きを読む]
  • 食べ残しゼロ  政府が推進へ
  • 環境省は、「食べ残しゼロ」を目指し、キャンペーンを始める。宴会、パーティで、食べられずに捨てられる食品の量は、2013年度で約632万トンもあるとされる。この運動、実は2011年に、長野県松本市で始まり効果をあげている、?30−10(サンマル・イチマル)”運動と呼ばれ、「宴会開始後30分、終了前10分」は(酌に回らず)自席で食事をすることを呼びかけるもの。同種のキャンペーンは、2916年度現在18の府県と62の自治体で取り [続きを読む]
  • 「残業できますか」 訪ねる会社3割越す
  • 労働組合「連合」の調査によると、就活の「面接」で、「残業できますか」と訪ねる会社は36%になるという。そんなことは、「あたりまえ」か「何を聞くのか」、と驚くか。職を求める多くの女性にとっては、「職に就く機会を少なくしかねない」と、連合は語る。「休日出勤は?」などとともに、もちろん、男性にも同じ質問がされる。同じく面接では、「既婚か結婚の予定はあるか」とも聞かれる。昨秋の約3,600社への調査結果で、その [続きを読む]
  • 隊列トラック 高速を自動運転
  • ?渋滞している車の先頭車はどうなっているんでしょうね!”という、漫才のセリフがあるが、高速道路の渋滞をなくすために、、、。先頭車だけは人間がハンドル操作で先導し、先導車と同じスピードの(人間ナシ)自動運転のトラックを、数台連ねて皆同じスピードで走らせて、渋滞をなくする。要は、トラックの列車版。交通渋滞と、トラック運転手不足の解消が目的。そんな実験を政府が3年後の実用化を目指し始める。車がそれぞれ異 [続きを読む]
  • 昨年の2倍に 増加するホテル建設
  • 昨年の国内のホテル建設は、前年の2倍の面積にもなった。外国人の利用者の増加に伴うものと思われ、前年(2015年)の2.1倍の196万平方メートルにもなった。国土交通省の発表。観光庁によれば、東京、大阪の昨年11月の客室利用率は80%を超えたと言われ、これは、「予約困難」レベルとされる。ビジネスホテルにしても、東京、大阪でのほか、他の12府県で80%を超えている。こここ数年、二桁の伸び率を記録する外国人訪日者数。一方で [続きを読む]