すいりん さん プロフィール

  •  
すいりんさん: 寝ても覚めてもきものの話
ハンドル名すいりん さん
ブログタイトル寝ても覚めてもきものの話
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/miko_kimono/
サイト紹介文40代、着物熱発症2年目。着物自装暦3カ月の初心者のあれこれです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 115日(平均2.6回/週) - 参加 2016/12/03 12:02

すいりん さんのブログ記事

  • 粘着気質か 欲張りか。
  • 昨日の半幅帯結びがあまりにも酷かった為、やっぱり紙媒体見なきゃダメだわ。スマホ画面にらみながらじゃ無理〜!というわけで、アナログ人間な私は、例によって例の如く図書館に出かけて参りました。またしても大量の同じテーマの本。粘着気質なのか、あるいは欲張りなのか。両方かも。ゆっくり図書館で探して、眺めて、厳選する時間がないので、ネットでキーワード検索&予約して、全部借りてきて自宅で選ぶ、ためにこんな事態に [続きを読む]
  • 春ですね
  • 北の方では冬に逆戻り?というお天気のようですが、我が家の周りはうららかに、春です。お出かけに、気軽な久留米絣とタンポポの半幅帯。どなたかのコーディネート写真をこっそり真似させていただいて(とても素敵だったから)、三分紐を蝶結びに。怖いのは、長すぎる被せたタレ先?それとも心霊写真ごっこをしている手?(タレはこの後短くなるよう背中に差し込みました……)半幅帯の方が楽って思っていましたが、規則にのっとって結 [続きを読む]
  • 吉野格子?の名古屋帯
  • 春ですねー、本物の。気分としては、そろそろ桜なのですが、桜の帯を持っていないので、季節を問わない格子の名古屋帯を締めてみました。きものは、叔母の大島紬。格子の帯、憧れていたのですが、いざ締めてみるとタテヨコの微細な曲がりやゆがみも目立ちやすく、難易度高いものですね。また、格子に使われている色と帯締めの色も、なかなかに組み合わせが難しいです。しかも、格子の中で効かせ色らしき朱の縞が、真ん中すぎて帯締 [続きを読む]
  • 桜の帯揚げ
  • 桜の模様の帯揚げを買いました。帯揚げって模様はほぼ隠れたり、見えても部分的ですから、ほとんど自己満足の世界ですよね。密かなおしゃれをこっそり楽しむ感性ですね。蛍光灯の下では紺藍に思いましたが、陽の光で見ると意外と赤みのある、紫がかった地色でした。紫の帯締めと合いそうです。シワになってますが、着用後の写真です。着姿は、また。しばらくぶりのブログですが、それでもアクセスして下さっていた方がおり、感謝し [続きを読む]
  • こんなの見つけた^_^
  • 所用あって久しぶりに郵便局を訪れたら、目に付くところにこんなものが。特殊切手 「和の文様シリーズ 第2集」和の文様というか、むしろきものの文様。しかもきものの形!早速、可愛い〜と、お買い上げになってしまいましたよ。上から牡丹文様と花づくし唐花文様橘文様唐花文様にゆうびん葵文様上から4段目、?唐花文様にゅうびん?に見えて、にゅうびんって何?と思いましたが、よく見たら?唐花文様 に ゆうびん=郵便? [続きを読む]
  • 着せ付け失敗の記録
  • 昨日、襦袢の裾上げなど施したきもの、着せ付けてみましたが…。写真などにおさめられる状態に、あらず。写真館の七五三など、それは可愛く仕上げてくれますが、あれは本当にプロの技だなぁと実感。あと、こどもの協力姿勢にもよりますかな。昨日から母の下手くそな着せ付けを繰り返され、嫌気がさしてしまっているこども、しかも緊張感も何もない自宅で、晴れ着を着ろ、と言われても……全く乗り気になれない相手をグルグルまわし [続きを読む]
  • 着せ付け失敗の記録
  • 昨日、襦袢の裾上げなど施したきもの、着せ付けてみましたが…。写真などにおさめられる状態に、あらず。写真館の七五三など、それは可愛く仕上げてくれますが、あれは本当にプロの技だなぁと実感。あと、こどもの協力姿勢にもよりますかな。昨日から母の下手くそな着せ付けを繰り返され、嫌気がさしてしまっているこども、しかも緊張感も何もない自宅で、晴れ着を着ろ、と言われても……全く乗り気になれない相手をグルグルまわし [続きを読む]
  • ひな祭りの帯
  • おりびと-織美桐-の半幅帯。個人的に、かなり好きです。可愛いけど、ラブリーすぎないウサギ柄。シックな小豆茶色。地紋にうっすら梅模様。見えますでしょうか?お内裏様のお召し物の色が、若草色と空色の二色になってました。裏の矢羽根柄も素敵。ひな祭りに娘に締めてみようかな〜と買ってみました。自分の着付けすらやっとやっとなのに、着せ付けなどできるものなのでしょうか?浴衣ならともかく。と思いつつ、今朝着せてみたと [続きを読む]
  • 深夜のアレコレ
  • 夜中に目覚めて寝付けなくなってしまったので、もそもそと起き出してきました。毛布にくるまって、温かいお茶をすすりながら、シアワセ〜な気分でここ半年ほどの月刊アレコレを眺めておりました。定期購読しているので、届いた時にはもちろん目を通しているのですが、フーン…と読んでいた記事も、いざ自分が着て、困ってから改めて読むと、初めに読んだ時には湧かなかった実感が、改めてフツフツと。まずは着付けの「ここがイマイ [続きを読む]
  • このきものは…
  • オーケストラに着て行きたかった桜色のこのきもの。薄手の上品な絹織物です。薄い桜色といい、テカテカすぎない柔らかな光沢といい、様々な織文様の雲とり柄といい、本当に大好きなのです。母の若い頃のきものなので、昭和40年前後のものと推察されます。袖丈が長いのも時代でしょうね。私の高校の卒業式も、これに袴を合わせましたし、昨年春の娘の入学お祝いのお食事会にも着用。しかし、このきものの正式な種類が未だ分からない [続きを読む]
  • 二重太鼓に初挑戦!
  • 昨日の、桃色の色無地に墨黒六花の洒落袋帯を着てみました。人生初の袋帯自装です。格闘?すること40分くらい。こんな感じ〜う〜ん帯の上がモタモタです…もっと、脇も、シュッと着たい。でも、本当にやわらかくて、ピシッとしたつもりでも、気づくとしなしな〜と……次いで、お太鼓〜初めてにしては、結構上手くいったような…(^^;)ビギナーズラックかな?タレは少し短いし、手の根元の折り込みや、帯揚げに難ありですけどね。で [続きを読む]
  • 春の妄想コーデ
  • 京都市主催の、京都交響楽団による、ドレスコードきもの!のコンサート!!こちら!→きもの×京響 彩コンサートしかも、私の大好きなチャイコフスキーの交響曲5番!!(ものすごい昔ホルン吹いており、第二楽章のアンダンテ・カンタービレが大大大好きでした)こちらの演奏会を知った時から頭の中は春のコンサート用コーディネートで満開(^^;)に。きもの初心者には大層敷居が高く、とっても行きたいくせに、きものでは一番近づきた [続きを読む]
  • 更紗のはなし
  • 年末から、はまっています更紗のおはなし。何冊かの本を図書館で借りて、読んだり、眺めたり。そして、散々迷って、結局こちらの二冊をお買い上げ。どちらも、田中敦子さんのご著書です。田中さん、初心者の私でもお名前を知っている森田空美先生と、都会的で洗練されたきものブームを作り上げられた方、という認識。「きもの自分流入門」もとってもステキ。七緒にも携わってらっしゃるのですよね。とにかくプロの編集者。膨大な更 [続きを読む]
  • 雛人形を飾る
  • やっと、お雛様を飾りました。三段飾り。田舎なので、月遅れ、4月3日まで楽しめます。蘇芳色?臙脂色?からの、紫の薄様に似たグラデーション。お雛様は内側も濃い色だから、匂いって呼ばれる襲の色目になるのでしょうか。緑系入ってなくて、シンプルというか現代的。当時は和の色にさして興味もなく、ただ、落ち着いたシックな色合いが素敵だな、と求めました。慌ただしい日々ですが、お雛様は毎年一緒に飾ったよね〜、くらいの思 [続きを読む]
  • ちょっと休憩
  • 今日はちょっとドラマのはなし(^^;)先週までNHKで放送されてた「超入門!落語ザムービー」。一旦終了してしまいました。家族そろって、すごく楽しみにしていたので、とても寂しいです。耳で聴き、頭の中でイメージできることは大事だと思うのですが、江戸時代があまりにも現代とかけ離れていすぎて、言葉だけだと子どもには、時に大人だって理解するのは難易度高い。紙芝居や絵本もありますけど、実際の噺家さんの話に、味のある俳 [続きを読む]
  • 家きもの で思ったこと
  • 先日、伯母の大島紬に梅の帯で家時間を過ごしました。ことは触れましたね。子ども抱っこしたり、料理したり。しかも、よりによって焼きそば。匂い強いよ?膝下まである割烹着がお供。そうして初めて気づいたこと。きものと洋服では、仕草何もかも全然違う!普段の私どんだけガサツな動きしてんだろ?まず、腕も脚も断然可動域狭まりますね。必然的に細かな動きになりますねぇ。冷蔵庫からテーブルへ運ぶにしても、洋服では大股(の [続きを読む]
  • 週末 家きもの
  • 再び梅ちゃん帯の練習。今度は濃藍の大島紬に合わせてみました。このきもの、着やすいですってブログ始めた頃=自分で着始めた頃に書きましたが、いやいやどうして。全然だめです。帯の上がちっともスッキリできない。どんなに上からピシッとなでてから襟を決めたつもりでも、脇も帯上もモタモタしてしまう。帯締めてからおはしょり引っ張ってもすぐもどってしまいますね。さらに、後ろから見たら、袖のふりから襦袢が!でかけるの [続きを読む]
  • 初心者の帯問題
  • 長襦袢に続きまして、順当に?帯問題に直面。帯に長さの違いがあるなんてっっ!!いえ、袋帯と名古屋帯、名古屋の中でも九寸ナゴヤジタテとか、八寸マツバジタテとか、はたまたヒラキジタテとか、まぁ色々あるのね〜……くらいまでは、昨年一年のうちになんとなく頭に入ってきました。ええ、一昨年までは名古屋も袋も半端すら知りませんでしたけどね。しかし、着物に身丈があるのはともかく、二重太鼓にする袋帯が長いのもともかく [続きを読む]
  • タンポポ 帯まわり
  • 前々記事 、タンポポについての個人的思い入ればかり書いて、肝心の帯についてほとんど触れてないやんっ!タンポポ愛有り余って語り過ぎてしまいましたが、きもの愛もさらに本気で語れるように、軸足据えて参りたいと思います。さて、気を取り直して、 召しませ花 さんの半幅帯 。これがね、すごく良いんですよ。正絹100なので、なめらかで、やわらかで、しなやか。それでいてしっかりもしてます。(※初心者の感想です)今まで [続きを読む]
  • そんなわけですが結局
  • そんなこんなで梅愛とタンポポ愛に揺れる立春の週末をすごしました。結果として袖を通したのは、こちら。タンポポの半幅帯に、ポリエステルの小紋。天気がね、ただの雨や雪ではなく、寒い風を伴うみぞれ。みぞれって霙って字なんですね。おもしろい。外に一歩出れば、溶けた水と溶けかかった雪のマーブル、5?ほどに溜まって泥と混ざり、時間の経ったシャーベット、いやコーヒーフロート状態。いくら洗えても、木綿の裾をびしょび [続きを読む]
  • タンポポに関するエトセトラ
  • 梅がすきーーー の舌の根も乾かぬうちに、タンポポ記事ですみません。タンポポもまた、特別な花なのです。野草ですしね、その辺に咲いてるけど大人になったら特別意識しない花の代表のようですが、こどもの頃を振り返ればたくさん遊んだとても距離の近い花。新春セールで購入したこちら。【召しませ花】シリーズの半幅帯。ネットショップ 街着屋さん  の楽天セール(お買い物クーポンってやつね)で頂きました、タンポポの帯です [続きを読む]
  • 梅がすき
  • 梅が好きです。梅の花、紅も白も、梅モチーフ色々も、梅干しも、甘く漬けた梅も、みーんな好き。楚々として少し控えめ、それでいておめでたさもあり、ぽってりと柔らかな丸みを帯びる感じも好きです。梅柄の帯、あまりに可愛かったので、我が家においでいただきました。木綿です。藍にはアイそう(°o°;)! なんちって。藍大島と。うん うん。決して輝くばかりに明るい帯じゃありませんが、きものの暗さはカバーしてくれそう [続きを読む]
  • やっと週末
  • やっと週末。絹ものに触ることすらできない日々は、妄想ばかりが膨らみ、寝てる時だけきものの話だよ、と自分にツッコミ。先日の新春セールで買いました帯揚げ。よくある二色の縮緬ですが、クリーム色も、水色も明度が高いので、暗くなりがちな藍大島に光を与えてくれます。偶然にも、分不相応ながら(頂いて)持っている道明の帯締め、石黄とほぼ同色。前出の秋月洋子さんのご著書にも「顔色の沈まない明るい色を選んで」という一文 [続きを読む]
  • 襦袢の袖問題と、今年の願望
  • きもの愛好家の方々の中でも、人気のスタイリスト、秋月洋子さん。「いかにも」感がないし、アンティーク、セレブ、普段着…どの方向にも振り子の振りすぎないコーディネートが、本当に素敵とおもいます。ご著書も人気ですよね。久しぶりに眺めていたら、ありました。襦袢の袖余りについて。"はみ出し襦袢"要注意!おさまりが悪いのはとにかく格好悪し!そして、袖幅の中央辺り(肘のあたり)でつまんで応急処置、とのこと。まー、母 [続きを読む]
  • 寒中のお出かけ
  • 寒いですね。そんな中のお出かけ。ポリエステルの小紋です。先日、自宅で他の一般洗濯物と一緒にザブザブ洗い、サッパリ。帯は結局、木綿のカンガ。締めやすいんですもの。柄 on 柄でしたが、大丈夫でした。このポリエステル、厚手。絹の繊細さはないですが、あたたかくて寒い日にはありがたい。鉛色の地色とばかり思っていたのに、陽の光で紫がかって見えてびっくりしました。和装防寒コートはないので、20年前のベネトンの毛布み [続きを読む]