直島加奈 さん プロフィール

  •  
直島加奈さん: 私、仕返しします。
ハンドル名直島加奈 さん
ブログタイトル私、仕返しします。
ブログURLhttp://naokana.seesaa.net/
サイト紹介文明るいネガティブが好き。私らしい目線であれこれつっこみたい。どんな仕返しするかはブログでのお楽しみ。
自由文何に仕返しするかって?これまでの私の人生に仕返しってことにしておきます。明るいネガティブが好きな私。50代も後半、いろいろありました。最近は、サラリーマンとして、ただ会社に所属していることにも飽きてきたな〜。会社を定年しても、人生ってまだつづいていくわけだし。そこいらへんのことを中心に、私らしい目線で、あれこれを語りたいです。よろしくおつきあいくださいませ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供77回 / 140日(平均3.9回/週) - 参加 2016/12/03 16:51

直島加奈 さんのブログ記事

  • 2017年、春の日に。
  • M子の治療、動注化学療法は終わったようだ。でも、今回は肝臓の半分を治療したということで、時間を置いて、また半分をやるらしい。私が日曜日に編んだ付け襟の写真を見たM子が、紐に先端にビーズをつけて身につけたいと言ってくれたので、お見舞いとしてプレゼントすることにした。手芸欲のためだったとはいえ、よくよく思い返せば、M子のことを考えながら編んでいたように思う。まるで千羽の鶴を折るように。きっと祈りの気持 [続きを読む]
  • 手芸欲が抑えきれずに。<br />
  • それは定期的にやってくるのだが。突然、たまらなく手芸がしたくなる時がある。前回は確か年の初めに。買い置きの生地でワンピースをつくろうと試みるも、作り始めてすぐに、前身ごろに傷をつけてしまい中断。完成することなく春を迎えてしまった。↑これは手芸ではなく裁縫ですね。やりはじめると、仕事も家事も完全にほっぽりだしてしまうので、2月、3月は意識して節制してました。が、この週末、ついにパンドラの箱を開けてしま [続きを読む]
  • M子の入院。<br />
  • 幼馴染みで、今は遠方に住むM子とは50年くらい文通(今はメール)しているほどの仲良しだけれども。大人になってからは価値観の違いがあって、実はしょっちゅうケンカしている。最近もケンカして、気まずくなった。私はしばらくメールを書く気が起きずにいた。そのM子が今週からまた入院した。6年前にM子に卵巣癌が発覚した。手術をしたものの、翌年には肝臓に転移してしまった。それでも再発するたびごとに抗がん剤やラジオ波 [続きを読む]
  • 平日の朝に部屋を掃除する。
  • ここ数日、気分が晴れないし。なんかもやもやするので今日は出社前に朝から部屋の掃除をしました。祓いたまえ、清めたまえ・・・と神様への祝詞の実践です。以前に(少し騙された)占い師のおじさんに言われたことが蘇ってきました。部屋を汚くしていたら、救おうとしてくれている神も仏も入ってこれないんですって。部屋全体の埃を払って、掃除機をかけて、ガラスのテーブルや鏡も拭きました。興がのって、不要の郵便物を捨て、積 [続きを読む]
  • 春はいつも低空飛行だ。
  • 気分的に低空飛行だ。やるべきことを今こそやろうと決意したのに、やる気が起きないどころか、軽く落ち込んでいる。特にコレという理由もないのに。いや、理由なんて探せばいくらでもあるけれど。去年、定年した先輩と話した。彼の生きざまみたいなモノに圧倒された。60才までが長い研修期間、これからが本番だと威勢がよかった。彼は、すでに自営として、彼なりに妥協のない仕事のポジションを得ている。そのために定年の数年前か [続きを読む]
  • パッとしない週末に。
  • なんだかすっきりしない週末だった。お天気も、気分も。土曜日はお花見にも行ったけど、十分に楽しめず。低気圧のせいか体調も良くなくて、腰痛や肩こりまでひどくなる。何もやる気がしない。日曜日である今日の夕方、こんなことではカラダがなまる・・・と思い立って散歩にでかけた。歩いて20分ほどの近所の公園へ。行くのは1年ぶりくらいか。少し前まではよく出かけていた散歩にも最近はとんと。7年前にがんを宣告されて、抗が [続きを読む]
  • ダイエットは一気に・・・か。
  • 女優の斉藤由貴さんは、テレビに映った姿を見た家族に「最近、背中に肉がついてきたね」と言われてダイエットを決意したという。しかも、自分の性格上、徐々にダイエットというのは向いてないと判断し、少々無理をしてでも一気にやろうと思ったとのこと。で、確か、何かスープを飲む(たぶん食事はそれだけ)というダイエットを決行。で、短期で成功したらしい。わかる。ダイエットは一気にということ。医者は1ヵ月で2キロ減量が [続きを読む]
  • デブをこじらせる。
  • スポーツクラブで、私担当の療法士さんに・・・そのクラブは病院が経営していて、インストラクターではなく療法士さんが付いてくれるのだ。医者と一緒にカルテやレントゲンも診てくれる。・・・そう、療法士さんに「先生(彼らのことをみんなそう呼ぶ)、私、デブをこじらせています」と訴えてみた。先生はまざまざと私の顔を見て、「実は・・・ボクも」・・・ですって。私の先生は30才前半の男性で、昨年結婚したばかり。もう5年 [続きを読む]
  • 代休、とりました。
  • 深刻ではないけど、心のバランスが崩れかかっている気がする。だから、M子のメールでも、彼女の美術の活動に関してはタブー領域で、何十年も触れていなかったのに、つい踏み込んでしまった。春という季節のせいかな。春は不安定になりやすい・・・そんなイメージがある。先月、休日出勤をいっぱいしたので、代休が溜まっているから、今日は会社を休んでみた。唐突に。何ができるかと考えたけれども。スポーツクラブに行って、4月 [続きを読む]
  • M子とケンカ中。
  • M子は幼馴染で、半世紀以上の文通をしている(今はメール)仲だけれども。常に仲が良いというわけでもなく・・・実は今、ケンカ中です。ケンカの理由は、彼女のライフワークでもある、現代アートの制作活動に関すること。自分のやりたいことを30年以上も続いているのだからそれはそれで大したものだと思うのだけれども。彼女に、彼女のそうした活動と私の仕事とを同一レベルに並べて話されると、無償に腹が立つのだ。彼女は私に「 [続きを読む]
  • 温泉に行って来ました。
  • ようやく仕事も一段落したので、思い立って温泉と美味しいモノを堪能するために箱根に行ってきた。さすがに3月は忙し過ぎた。さすがに、もう限界だったかも。必然のリフレッシュです。〓 シンプルでモダンな部屋にかけ流しの温泉付き。〓 少しずつが何種類もの料理。そして、なんだかんだでもう4月か。気持ちを切り替えて、何か計画したいなあ。★ランキングに参加しています。 ↓ ↓ ↓にほんブログ村にほんブログ村にほんブ [続きを読む]
  • デブはつづくよ。どこまでも。
  • まだ、デブである。人生最大の体重を更新している。最近、買い揃えた新しい服で、なんとか自分の気持ちを奮い立たせているけれども。オフィスのガラスに映った自分のシルエットに絶望することしばしば。こんな私であるはずがない・・・あきらかに体形が変わったのは去年か。5年前と同じ体重でもワンランク上級のデブになったと思う。腹が出て、胸が厚くなって、背中も丸くなった。完全にオバ化したこの体形。年齢的なこともあると [続きを読む]
  • 『ラ・ラ・ランド』を観る。
  • 雨の休日、ひとりで『ラ・ラ・ランド』を観に行く。よくわからないままに、鑑賞中、ふと多幸感に襲われる。この映画は、最初の5分で賛否が分かれるといわれているが、映画の魔力からかもしれない。しかも、予想外に涙してしまった。他にも泣いている人がいました(しかも男性)。もちろん、私は「賛」の方。あの映画をけなす人の気持ちがわからない。もう一度観てもいいと思うくらい。そんな映画、めったにないのに。ネタバレにな [続きを読む]
  • 次々に納品週。
  • 今年に入ってから、いきなり仕事が混んで行った。1月、2月と月が増すごとに加速して、3月は休んだのが1日だけ。休日も出勤していたからだ。今週はそんな日々の最終週か。連日、最後の仕上げ的な現場作業が続き、次々に納品。土曜日の今日も出社し、伝票の整理的な雑務を集中してやった。これをやってしまうと来週がラクになるから。その足で、また銀座へ。欲しかったスニーカーを見て銀ブラした。(当然、購入した)この忙しさ [続きを読む]
  • 買い物ホリックか。
  • 体形のオバ化を悟り、これまでのお気に入りの服があきらかに似合わなくなった。で、洋服の買い直しを決意。もちろん経済的に厳しい中での英断。これは経済活動を共有している同居の彼氏には内緒だ。でもでも、仕事の今後・・・これからの数ヵ月間のことを考えると。よりストレスが増すことが予測される。・・・たぶん・・・そうなる。外へ出かけて行く時に、デブやオバ化した体形を気にしている場合じゃないのだ。コンプレックスを [続きを読む]
  • 体形のオバ化を自認。
  • 今週も、ようやくの思いで週末に辿り着いた。最近は1週間をこなすのに精一杯になってきている。仕事、仕事で日々廻っている。休日に仕事を持ち込むことも多かった。久しぶりの休日でもある今日は銀座へ出かけ、ショッピング。家でゆっくり休めばいいものの、気晴らしもかねて外出。ここのところショッピングすることが多い。そう、服を買うための。なぜなら・・・あからさまに体形がオバ化して体形が変わってしまったことを実感し [続きを読む]
  • 今日も残業23。
  • 今日も23時頃に、デスクの上に散らばった書類や、ノートPCをかたづけて会社を出た。残業といっても、会社で居残って仕事する場合は、23時まで、となんとなく決めているから。他の社員も同じようなもので、今夜も私が社を後にする頃には、残っている社員は20代の若い社員が3人くらいだったか。でもさ。今は過剰な残業など「働き方」が問題視されているし、こんなこというのもなんだけど。バブルを乗り超えて来た世代だから言える [続きを読む]
  • 休日も仕事、仕事だ。
  • なぜ、こんな風に忙しくなってしまったのか、ほんとうのところは自分でもよくわからない。つい数ヵ月前までは、会社という大きな組織の中では、次代に譲っていくべき世代であるということを自覚し、だから自然の流れの中で私は徐々に暇になって行き、定年になる・・・という考えでいたのに。つまり、今の会社の私への理不尽にも目をつぶってやっていたのだ。50才をピークにお給料だけは順調に減らされて、今、これほど忙しいといの [続きを読む]
  • どこもかしこも、ゆがんでいる。
  • え、まだ?と思われるかもしれないけれども。1月頃から準備し始めた税の確定申告、実はまだできていない。我ながら、焦る。締め切りは3月15日と、迫ってきている。友人でもある会計士に必要書類のすべてを手渡したのが2月末なので、仕方ないか・・・と思っていたものの、さすがにあと1週間に迫っているので、会計士の彼と、彼の事務所に雇われている私担当の女性に今、どんな具合ですか・・・というメールを送ったら。女性から返信 [続きを読む]
  • もう、お金はいいね。
  • 最近、同世代の人と会ってホンネを話すことがある。特に同業だったりすると、これまではお互いにけん制し合うこともあったけど、50代ともなると、もはやその時期も過ぎて、これまでになかった発言をし合うようになるものか。最近、私が同世代と話して共感したのは、「もう、お金はいいね」という言葉。これは成功して、お金の心配のいらない人の台詞ではなくて、私もそうだけど、儲かってもいないのに仕事をあくせくしているモノの [続きを読む]
  • 重たい現場は、もう無理かも。
  • 今週は連日の撮影があり、最終日は朝までかかってしまった。吹きさらしのスタジオでの長時間の作業は、アラカンの身にはかなり厳しい。最近の記事にも書いたけれど、何十人もの人が入り乱れるスタジオの中でいちばんの最年長者はどう考えても今回も、この私。寒さと寝不足とトシで体力の限界が来ても、現場を去ることもできない立場。1日目はあくびで済んだけれども。2日目は、何度も何度も、30秒くらい無意識に意識が飛びました。 [続きを読む]
  • がんの、気持ちの後遺症。
  • がん寛解後、6年目の検診では問題なしだった。もはや大学病院に行って、検査結果を待つことにドキドキすることもない。さて。がんになって失ったものはいろいろあるけど、私の場合は、そのひとつに「友人」が挙げられるか。少数の「親友」には病気のこともその他もことも打ち明けて、むしろ愚痴を聞いてもらったものだけれども、がんのことを打ち明けるのにしっくりこない友人というのは何人もいて、結局は交流を断つことになって [続きを読む]
  • 職場の浦島太郎。
  • 40代も半ばを過ぎると、仕事の現場で最年長になったりする。干支が同じ同僚が、二回り年下であることにショックを受けたり。50代ともなると、ついさっきまで真顔で議論し合っていたスタッフに、話の流れで、お母さんはおいくつ?なんて訊くと、私と同い年か、年下であることが発覚したり。もはや今の私の職場で、私よりも年上は少なくとも視野に入る範囲内にはいない。深夜まで残業していると、ふと、私のような、四捨五入すれば60 [続きを読む]
  • 占いにだまされる。
  • 私が2月の初めに行った占い・・・こちらから情報を与えていないのに、言われることが妙に具体的で、おかしいと思っていました。それをスピだから見えているのだろうと思い込もうとしていたのだけれども。私の知っている他のスピの人でもあれほど詳細ではないし、スピにしては1時間1万5千円は安い・・・と思っていました。で、私がレッスンを受けている占いの先生が、占い業界の方々にこのスピの人のことを聞いたら、やはりトリック [続きを読む]
  • 買い物して、すっきり。
  • 今週も怒涛の1週間だった。ようやく金曜日までたどり着いたかんじ。プレミアムフライデーなんて・・・私にはまったく関係な〜い。いや仕事ばかりではなく、公私ともに忙しく、ある意味欲張りな日々を過ごしている私。充実はしているけれども、その実感はない。何か追われているばかりで、何も溜まっていってないような、流されているだけのような。そんな思いにかられて、よし、今日は洋服を買おう!と決意する。なんの脈絡もない [続きを読む]