直島加奈 さん プロフィール

  •  
直島加奈さん: 私、仕返しします。
ハンドル名直島加奈 さん
ブログタイトル私、仕返しします。
ブログURLhttp://naokana.seesaa.net/
サイト紹介文明るいネガティブが好き。私らしい目線であれこれつっこみたい。どんな仕返しするかはブログでのお楽しみ。
自由文何に仕返しするかって?これまでの私の人生に仕返しってことにしておきます。明るいネガティブが好きな私。50代も後半、いろいろありました。最近は、サラリーマンとして、ただ会社に所属していることにも飽きてきたな〜。会社を定年しても、人生ってまだつづいていくわけだし。そこいらへんのことを中心に、私らしい目線で、あれこれを語りたいです。よろしくおつきあいくださいませ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 175日(平均3.8回/週) - 参加 2016/12/03 16:51

直島加奈 さんのブログ記事

  • 人はなぜ、占いにいくのか。
  • ずばり、悩みを人に聞いてほしいから。・・・人は占いに行くのです。占い師はトシがとっている人ほど人気といわれるけど、それは経験値がありそうで、言ってくれる言葉に信頼がおけるからだろう。若い占い師で人気の人は、いわゆるスピ系(スピリチャル系)の人。霊感系の占い師です。私は全然、スピ系じゃないけど、リーディングとは、勘のようなものなので、どんな占い師も少しはスピを使っているのかもとも思う。特にカード占い [続きを読む]
  • 占い師にはとてもなれない。
  • 占いを習い始めて1年半が経った。最初はタロットから始め、今は占星術を習っている。見識だけということで、手相、九星気学、易、風水のレッスンも受けた。本来、占い師は複数の占いの方法論を持っていることが当たり前、らしい。相手の占的(何を占うか)に従って、相応しい占い方をチョイスする。あるいは複数の占い方法を合わせて占う。目安としては200人を占うこと。200人も占えばプロになれるとのこと。私はプロになるつもり [続きを読む]
  • きっかけは「占い」という話。
  • 会社の話はもういいかな・・・と思っていた。私は50才になってから会社で立て続けに理不尽なことが起こり、それは今も続いているけれども。どんなこともなんとか乗り越えられるもので、今では、もうそんなことどうでもいいと、ほぼほぼ思えるようになってきた・・・つもりだから。きっかけは予想外に「占い」を習い始めたから。「占い」そのものが私を変えたわけではない。何かとんでもなく違うことを始めたことが私の意識を変え [続きを読む]
  • 破天荒なチーム員たちと。
  • 私は上級管理職から平社員に降格されて、定年も間近な今年になって、いきなり中間管理職復帰。でもそれは、仕事はできるけど、誰のいうことも聞かないならずもの集団の、形式的なチーム長を押し付けられたということ。私としては開き直って、ジェットコースター人事でやりたい放題されているけど、もう、こっちも自由にやらせてもらうってかんじ。チーム員も悟っています。10名ほどのメンバーは、かつてチーム長の経験があるものが [続きを読む]
  • 「ショムニ」みたいなチーム。
  • 子供の頃は、優秀な人がより高い地位を与えられるのが当然だと思っていた。わかりやすくいえば、会社では、一番できる人が社長になるのだと。あるいは、上司は自分よりも優秀な人であり、成果を出せば評価されるのが当たり前と。社会に出れば、みな、すぐに悟るはずだけど、会社というような組織において、それらはすべて幻想で、いやむしろ真逆な場合が多いとさえいえると。なので「ショムニ」みたいな私のチームは、実はできない [続きを読む]
  • 過去のある女中間管理職。
  • 今年から中間管理職に戻った。がんが発覚した頃、私は当社では珍しい、女性の上級管理職だった。病気を上司に報告した途端、平社員に降格させられたのだ。・・・ちなみに私の意思には関係なく。これはもう5年以上前の話なのに。この話を思い出すと、今でも切ない・・・その男(元上司)はいつか私の脚を引っ張ってやろうと思っていたんだ・・・それを悟って、心の中で悔し涙が流れるのだ。実際には泣かないけど。後にその元上司も [続きを読む]
  • 風邪も治ってきたし。
  • 病院に行ってまさに1週間目で、ようやく風邪が治り始めてきた気がする。よかった〜。風邪だとしても、今日も私はロカボダイエット・・・それを私流にアレンジ、だけど。ロカボダイエットは、ゆるやかな低糖質の食事をするというダイエットのメソッドらしい。糖質の高い炭水化物はぜったいに摂らない・・・という考えではなく、通常量の半分か1/3に減らすというダイエットだ。その分、タンパク質、特に動物性のタンパク質・・・ [続きを読む]
  • ロカボ ダイエット。
  • 2キロ減った体重が、連休中の気のゆるみと、風邪の影響もあって(栄養をつけて治そうとして)・・・ほぼ元に戻ってしまった私。とほほ。今週は定期的に通っている循環器科の診察があり、その病院にあった、「ロカボ」というダイエットの本が気になり、ざっと読んでみました。私のダイエットの知識は古い・・・ということがわかりました。もはやカロリーを計算するダイエットの時代じゃないんですねえ。炭水化物抜き・・・など、抜 [続きを読む]
  • 健康に不安がつきまとう。
  • 風邪の方は昨日よりも落ち着いてきた。薬が効いているのだろう。よかった・・・。4月に受けた人間ドックの結果が来た。私は7年前に血液がんになっているので、健康に関しては、どこか自信がない。大腸がんの検査も自分では疑わしいところあると思い込んでいたし、子宮頸がん、子宮体がん、マンモグラフィもいつか、再検査といわれるのではないかとドキドキしてしまう。でも、今回もそれらはクリア。問題なしでした。ただし、骨密度 [続きを読む]
  • どうやら風邪のようだ。
  • ノドが痛い。あまりにもノドが痛いので、首が凝り、耳の奥まで痛いような気がする。熱は出てないと思うけど、微熱くらいの日もあったなあ。(私は毎朝、熱を測る習慣があるのです)さすがに病院に行きました。抗生物質など薬をもらってきました。確かに会社では風邪を引いている人がけっこういるし、実は熱があまりでないインフルエンザも流行っているらしい。しかも、いずれも長引くのが特徴と聞いた。ああ、気を抜いてしまったか [続きを読む]
  • GWついに終わる。
  • 今年のゴールンウィークは自分へのご褒美休暇となりました。会社のこと、仕事のことはすっかり忘れ、持ち帰った宿題の書類は一度もめくられず。連休後半は彼氏と釣に行ったり、買い物に出かけたり。富士山を背中に背負って、駿河湾のとある堤防で、姫鯵を私が7匹、彼氏が2匹釣りました。素揚げにしただけで味付けもせずに丸かじりで食べて美味。買い物は、私が下見をしておいたニトリに彼氏を誘いました。彼もバブル世代で、今の家 [続きを読む]
  • どうってことなくGW2日目。
  • 50代後半、ダイエット中の女のゴールデンウィーク2日目もどうってことなく、なんなく過ぎていきましたよ。午前中は昨日買った花の苗をベランダのガーデニングエリアに植え替え。さらに、アズールコンパクトという豆粒みたいなブルーの花を切り花にして、ミニ花瓶にして部屋やトイレに飾りました。午後はウォーキング代わりに電車で2駅分を往復主要駅まで歩いて行きました。ニトリ、ユニクロを覗く。私はニトリに行くのは今日が初 [続きを読む]
  • ダイエットと断捨離と。
  • それにしてもこのトシになって思うのは1日があっという間に過ぎてしまうということ。私のゴールデンウィーク、第1日目も、ばたばた動き回っているウチにあ、もうこんな時間か・・・ってかんじだった。動き回ったのは、もちろんダイエットを意識してのこと。午前中はスポーツクラブに行き、いつもより力を入れてメニューをこなす。そのままバスでホームセンターへ行き、ガーデニングのための花の苗を買う。GW中にベランダの草花を [続きを読む]
  • 指輪ダイエット1.5日で・・・
  • デカい指輪をはめて間食はいっさいせずに、けっこう歩き回って昨日1日を過ごし今朝の体重は、マイナス0.7キロ。まあ、そんなものだろう。今日の朝食はいつものようにサラダとヨーグルト。昼はこんにゃくおでん。夜は彼氏が買ってきた和食弁当を食べた。今日のポイントは昼食のこんにゃくおでん。こんにゃくはそれだけだと1枚(220g)で12キロカロリーしかない。同居の彼氏は私がデブに思い悩んでいることを知らないので、出張先の [続きを読む]
  • 指輪ダイエット!
  • 本日、またもこれまでの人生で最重の体重記録を更新!さすがに少し怖くなる。だって1年前より5キロ増だから。これは相当まずいだろう。ほんの半年前までは痩せようと思えばいつだって実行できるとタカをくくっていた。これまでは太ったなと思ったらダイエットして、増えた分を戻すことがけっこうすぐにできたから。今はコントロール、不能。新陳代謝がここまで悪化するとは。これも老い? 更年期のカラダということ?確かにそうだ [続きを読む]
  • 50代の飲み方。
  • ゴールデンウィークの第一日目、ウチでゴロゴロして過ごす。GWはかけがえのないご褒美みたいな休みなので、今年こそ、私なりに、有意義に過ごそうと思っている。のにのに、1日目からゴロゴロ。それは昨夜、接待で飲み過ぎてしまったから。接待といっても、今では得意先の方が年下で、話がのっているのにこちらから「帰りましょう」とも言えずついつい。久しぶりに二日酔いか。やっぱりトシだなあと思う。50代の人と飲んで、二 [続きを読む]
  • ほろ酔い気分の夜に。
  • 近所で軽く飲んで帰宅した。ほろ酔いでちょうどいい気分なかんじ。仕事、仕事でバタバタだったここ数ヵ月を経て、何にもやる気のしない腑抜けになって1ヵ月を過ごした。ゴールデンウィークを前に、リスタートだな!と思っている今。デブをこじらせたままダイエットも思うようにできてない。部屋のあちこちをなんとか整理できないものかと、いつになく前向きになってはいるけど・・・どうなることやら。ただ、今、57才の春、①ダ [続きを読む]
  • 2017年、春の日に。
  • M子の治療、動注化学療法は終わったようだ。でも、今回は肝臓の半分を治療したということで、時間を置いて、また半分をやるらしい。私が日曜日に編んだ付け襟の写真を見たM子が、紐に先端にビーズをつけて身につけたいと言ってくれたので、お見舞いとしてプレゼントすることにした。手芸欲のためだったとはいえ、よくよく思い返せば、M子のことを考えながら編んでいたように思う。まるで千羽の鶴を折るように。きっと祈りの気持 [続きを読む]
  • 手芸欲が抑えきれずに。<br />
  • それは定期的にやってくるのだが。突然、たまらなく手芸がしたくなる時がある。前回は確か年の初めに。買い置きの生地でワンピースをつくろうと試みるも、作り始めてすぐに、前身ごろに傷をつけてしまい中断。完成することなく春を迎えてしまった。↑これは手芸ではなく裁縫ですね。やりはじめると、仕事も家事も完全にほっぽりだしてしまうので、2月、3月は意識して節制してました。が、この週末、ついにパンドラの箱を開けてしま [続きを読む]
  • M子の入院。<br />
  • 幼馴染みで、今は遠方に住むM子とは50年くらい文通(今はメール)しているほどの仲良しだけれども。大人になってからは価値観の違いがあって、実はしょっちゅうケンカしている。最近もケンカして、気まずくなった。私はしばらくメールを書く気が起きずにいた。そのM子が今週からまた入院した。6年前にM子に卵巣癌が発覚した。手術をしたものの、翌年には肝臓に転移してしまった。それでも再発するたびごとに抗がん剤やラジオ波 [続きを読む]
  • 平日の朝に部屋を掃除する。
  • ここ数日、気分が晴れないし。なんかもやもやするので今日は出社前に朝から部屋の掃除をしました。祓いたまえ、清めたまえ・・・と神様への祝詞の実践です。以前に(少し騙された)占い師のおじさんに言われたことが蘇ってきました。部屋を汚くしていたら、救おうとしてくれている神も仏も入ってこれないんですって。部屋全体の埃を払って、掃除機をかけて、ガラスのテーブルや鏡も拭きました。興がのって、不要の郵便物を捨て、積 [続きを読む]
  • 春はいつも低空飛行だ。
  • 気分的に低空飛行だ。やるべきことを今こそやろうと決意したのに、やる気が起きないどころか、軽く落ち込んでいる。特にコレという理由もないのに。いや、理由なんて探せばいくらでもあるけれど。去年、定年した先輩と話した。彼の生きざまみたいなモノに圧倒された。60才までが長い研修期間、これからが本番だと威勢がよかった。彼は、すでに自営として、彼なりに妥協のない仕事のポジションを得ている。そのために定年の数年前か [続きを読む]
  • パッとしない週末に。
  • なんだかすっきりしない週末だった。お天気も、気分も。土曜日はお花見にも行ったけど、十分に楽しめず。低気圧のせいか体調も良くなくて、腰痛や肩こりまでひどくなる。何もやる気がしない。日曜日である今日の夕方、こんなことではカラダがなまる・・・と思い立って散歩にでかけた。歩いて20分ほどの近所の公園へ。行くのは1年ぶりくらいか。少し前まではよく出かけていた散歩にも最近はとんと。7年前にがんを宣告されて、抗が [続きを読む]
  • ダイエットは一気に・・・か。
  • 女優の斉藤由貴さんは、テレビに映った姿を見た家族に「最近、背中に肉がついてきたね」と言われてダイエットを決意したという。しかも、自分の性格上、徐々にダイエットというのは向いてないと判断し、少々無理をしてでも一気にやろうと思ったとのこと。で、確か、何かスープを飲む(たぶん食事はそれだけ)というダイエットを決行。で、短期で成功したらしい。わかる。ダイエットは一気にということ。医者は1ヵ月で2キロ減量が [続きを読む]
  • デブをこじらせる。
  • スポーツクラブで、私担当の療法士さんに・・・そのクラブは病院が経営していて、インストラクターではなく療法士さんが付いてくれるのだ。医者と一緒にカルテやレントゲンも診てくれる。・・・そう、療法士さんに「先生(彼らのことをみんなそう呼ぶ)、私、デブをこじらせています」と訴えてみた。先生はまざまざと私の顔を見て、「実は・・・ボクも」・・・ですって。私の先生は30才前半の男性で、昨年結婚したばかり。もう5年 [続きを読む]